お酒好きのおしりトラブル対策とは

隣の席の人がきつい香水をするので困っています。本人は「自分の気持ちが華やぐから」とおっしゃいます。しかし、その人が少し書類を動かすだけでもかなりの匂いがします。思わず咳き込んでしまうほど。
ハンカチで鼻を押さえていないと、頭痛がしてくるので業務にも少し差し支えがでています。

高齢のお客様が多い職種なので一度、やんわりと「中には、苦手な方もいらっしゃるかもしれないわ」と話をしてしばらくは控えていたようなのですが、また最近復活しています。座席を代わることはできない状況なので、困っています。

皆さんはこういう場合どう対処されていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

なかなか本人には言えないですよね~



でも私も臭いに敏感で、例え香水といえども具合悪くなるほど苦手だから、気持ち、わかります。

あんまり褒められたやり方ではありませんが、お客様を偽ってクレームのお手紙を出されてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか言いづらいですし、一度話をしてもまた香水を平気でつけてくる人なので。
大の大人に何度も話すのもなんだかね~と思っています。

今の職場は人数が少ない部署なのですが、社としたらかなりの人数になるので一度発信元がわからぬように苦情を申し入れてもいいかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/17 13:22

こんにちは。



人事で教育研修を担当してきた者に過ぎません。

KYという空気読めないという言葉が最近あらゆる場面において使われると思いますが、ご本人にとっては周囲にどういう影響を与えているかという自覚がないのですね。

私は食品関係の経験や接客に関わるような業務だっただけに、たとえば自ら研修でビジネスマナーなども担当してきたことも多かったのですが、そのときに必ず項目として入れるまたは入れないといけない事由があります。

しかし、それだけで効果があるとは限りませんし、Tetsujin3さんの会社でそういう機会があるかどうかも分からないので、私の拙い経験から言えば、その方の香水だけでなく、将来、そういったことが他の新入社員などに影響を及ぼす可能性があると思いますので、そのだけを注意や指導するよりも、職場全体でルールやマナーにを啓蒙するか周知徹底しないと後をたたない場合が多いかと思います。一人が良く、また別の「あの人だけは許される」など職場の雰囲気や風紀まで香水に限らず、それが原因で不公平感や疑問が起こりやすい要素が増えてしまうこともあるかと思います。

研修をするような部署や総務や直接お客様と接する責任者の方などでも結構かと思いますので、たとえ簡単な小冊子などを作り、お客様へのサービスに関する一環の補助的な冊子に禁止や好ましくない点などをまずまとめて書いておくことも方法かもしれませんよ。またそれだけでなくマナー面や注意するべき点など。効果がすぐに出るものではないにしても、そういった啓発や啓蒙をしていく職場環境も大切かと思います。
本人に直接注意するといったことよりも全体で取り組むことが大切かと思います。

また、注意するにしても、その方と親しい方に冗談の「ついで」に言う方がいちいち遠慮するのではなく、効果的かも分かりませんが。

また香水の問題だけでなく、髪型や爪、また態度…など、あらゆる面でお客様と接する以上、マイナスの噂などすぐに広がって会社や店舗の信用に関わることも、たかが香水などと言っておられない場合もあるでしょう。

可能であれば全員で周知するまたは啓発や啓蒙するということの方が重要ではないかと思いました。

意味不明な長文になってしまい申し訳ありません。

参考程度にでもなれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全社的に、香水に限らずタバコやみなり等でお客様に不快感を与えていないかどうか問題提起してみたいと思います。

お客様の反応をすごく気にする会社ですので、効果はあると思います
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/17 13:25

寒いし、風邪を引いているため、マスクをしましょう。


しかも花粉用マスクがいいですよ。

理由を聞かれたら、上記のように言いましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに、この時期ならマスクをしてても違和感ないですね。
早速試してみます

お礼日時:2007/12/17 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング