当時南京には20万人いたとされていますが、何年の何月何日の何時何分何秒どこで何人のどういう機関に所属する誰がどういう状況下でどういう方法を使ってそれを記録したのですか。

A 回答 (2件)

> 何年の何月何日の何時何分何秒どこで...それを記録したのですか。



大昔の小学生ですか。
地球が何回回ったとき、とか、いろいろフレーズがありましたね。


南京事件(1937年の南京陥落時に起こったとされる民間人虐殺事件)当時、南京にはほぼ20万人ほどの人間が非戦闘員として生活していました。このことは、当時南京に駐留していたドイツ人ラーベがドイツ本国に書簡あるいは電報で報告していますし、日記も残されています。

彼とともにいたのは、アメリカ人宣教師を中心とした南京での国際支援団体であり、現代でいうところの、イラクにおける人間の鎖やNGOに近いものがあります。

この当時は南京はほぼ完全な配給制ですので、そこから計算すればほぼ間違いのない(誤差の少ない)数値がえられます。彼らは南京を支配していた国民党指導部とかなり近い存在でしたからね。
    • good
    • 0

20万人がびたーっと20万人いたと思ってるの?


一人の数え間違いもなく、航空写真で一人一人数えたとか。誰も屋内には入って居らず、すべてが道路か広場に集まっていたとか。
現在の日本でも不可能だぜ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q”南京大虐殺”の被害者はいったい何人なのか?

”南京大虐殺”って根拠はあるんですか?
と言う質問をしたら

1.加害者側の手記(中島今朝吾師団長の日誌ほか)
2.火葬記録
3.当時のNewYorkTimesの記事

くらいしか出てきませんでした。(自称”被害者”の証言とか捏造された写真は論外です)

1.の中島今朝吾の手記というのは「敵軍が捕虜になりたがって困るから殺害しようか」というものですが、たとえこの手記が捏造ではなく本物であって、この通り殺害したと仮定しても民間人殺害やレイプということはまったく根拠になりません。捕虜と言っても敵軍です。督戦隊とか清野作戦とか自軍の兵士を虫けらのように扱っていた国民党軍や中国共産党軍には責められるはずもありません。便衣兵として卑怯きわまりない事をやっていたのなら尚更です。

2.火葬記録については30万もの遺体を焼却処分したのであればそれなりの物的証拠があるはずですがそれはまだ提示してもらっていません。記録と言うからにはいつ何処で遺体何人分を償却したとわかっているはずですから、遺骨が記録通り出てこなくてはいけないはずです。

3.NYTの記事はダーディンとか捏造記事を書いた人がいましたので記事があると言うだけでは証拠として採用できません。その記事の裏付け資料が必要です。当時は反日プロパガンダがアメリカで行われていましたので当然ですよね?
参考)『ニューヨーク・タイムズ』のティルマン・ダーディン通信員は、1989年10月号の『文藝春秋』においてインタビューに答え、「(上海から南京へ向かう途中に日本軍が捕虜や民間人を殺害していたことは)なかった」と断言し、「私は当時、虐殺に類することは何も目撃しなかったし、聞いたこともありません」と述べていることが伝えられている。

結局、民間人を理由もなく30万人も殺害し、シナ人女性を何万人もレイプしたという反日プロパガンダ映画で描写されているようなことはまったく立証されていないのではないでしょうか?
仮に大量殺人があったとしても、みずから捕虜となった大勢の国民党軍兵士をやむを得ず処分した、ということにとどまるのではないでしょうか?それを大虐殺といっていまも外交カードに使うのはどう考えてもおかしいですよね?
そもそも毛沢東は自国民を7千万殺したと言われています。
通州事件とか民間人が残虐な殺され方をした日本から見て完全にダブルスタンダードです。

そもそも南京大虐殺というのはいつからいつまでの間に起こったのでしょうか?
1937年12月14日ジョンラーベから日本軍司令官へ
http://divdl.library.yale.edu/ydlchina/images/NMP0144.pdf
すくなくともこの手紙以前は南京には秩序が保たれていたはずです。

国民党軍には便衣兵がいたのですから便衣兵はもちろん便衣兵と間違えられた民間人は虐殺の内には入りませんよね?

当時南京で殺された人数の内、兵士でもなく、便衣兵と間違えられて殺された民間人でもなく、さらに国民党軍に殺されたシナ人や日本人でもない、そういう”南京大虐殺”の被害者はいったい何人なのか?

”南京大虐殺”って根拠はあるんですか?
と言う質問をしたら

1.加害者側の手記(中島今朝吾師団長の日誌ほか)
2.火葬記録
3.当時のNewYorkTimesの記事

くらいしか出てきませんでした。(自称”被害者”の証言とか捏造された写真は論外です)

1.の中島今朝吾の手記というのは「敵軍が捕虜になりたがって困るから殺害しようか」というものですが、たとえこの手記が捏造ではなく本物であって、この通り殺害したと仮定しても民間人殺害やレイプということはまったく根拠になりません。捕虜と言っても敵軍で...続きを読む

Aベストアンサー

中国の人はうそを言ったり話を大袈裟に言ったりしたとき、それを指摘されるとさらに上乗せするのが常です。
この壺が10万円か、高いな。
そんなことないよ。別のところでは20万円で売ってます。
そんなことないだろ。
いえいえ、別なところでは30万で売っているところもありました。
まあ、こんな調子です。
日本人が南京虐殺を噴飯物として否定し続けてるので駄作プロパガンダ映画を三本も製作しました。
中国人がもう少し知恵があればハリウッドの大物俳優を説得して大作一本だけにしていれば少しは効果があっただろうと思うのだけど、駄作ばかり三本では却って中国が日本を貶しめようとしてることが知れ渡り逆効果になってしまった。(笑)

Q南京虐殺や慰安婦強制連行は何人の署名を集めればなかったことにできるのか

インターネットでは少なくとも数百人単位でなかったと信じている人がいますが未だ日本政府が誤りを認める気配はありません。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/%5Ctaisen/qa/08.html
南京大虐殺捏造署名運動を行ったとして何件ぐらい集まれば日本政府が南京や日本軍主導の慰安婦強制連行がなかったと認めるか教えてください。
amazonでなかった派の本が何冊ぐらい売れてランキング一位にどのぐらいの期間とどまれば日本政府は事実を認めますか。

Aベストアンサー

『慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会』を支援するとか。

Qいわゆる『南京大虐殺』の数は何人ですか

中国の南京市の「侵華日軍南京大屠殺偶難同胞紀念館」では、現在は、「大虐殺の数は何人」と書いてありますか。15年前に南京を見物した友人は、「大虐殺の数は20万人」と書いてあったと言ってますが。

Aベストアンサー

このリンクは中国の「愛国者同盟網」の書き込みです。
http://bbs.1931-9-18.org/viewthread.php?tid=61009

普通の人は、毎日の仕事や勉強やデートの追われて昔のことを気にしないでしょう。
こんなネットで議論する人、それはそれはすごい愛国者の集まりなんだと思います。
どのような書かれ方をしているのが、拙い翻訳ですが、ちょっと訳してみましたね。
ご参考まで。

为什么南京『30万人』大虐杀?
【なぜ南京大虐殺は「30万人」なのか。】

世界で初めて「南京30万人大虐殺」と言ったのは
ManchesterGadian記者で英国人の田伯烈(Timperley)。である。
(はじめは長江デルタで30万人が殺害されたと言った)

彼は、国民党に雇われて欧米に対して宣伝活動をしていた。
中国社会科学院蔵書の国民党の正式文献に田伯烈は工作者(スパイ)として紹介されている。
同時に、国民党の国際宣伝部長も自叙伝にお金を与えていたと書いている。
(この自叙伝は中国で公開されていない)

日中戦争においては、どれだけの第3国の支援と支持を得るかが重要である。
ゆえに、国民党は外国人を利用して国外で宣伝活動する意義がある。

彼は1937年1月に「南京の30万人が虐殺された」と報道した。
同時に彼はイギリスの出版社に「30万人以上が虐殺された」と電報を打った。
しかし、その電報は上海電報局で日本に没収された。
しかも、日本の広田大使はその電報は日本にあてて打った。
しかし、この電文はアメリカに傍受された。

南京大虐殺紀念館で、この電文は南京大虐殺の証拠として展示され
「南京の30万人大虐殺1937/12/13-1938/1]
どうして1938年1月??
理由はこの電報の期日が1月だからだ。

同時に彼は1938年3月に「外国人の印象の中の日本軍の暴行」の序文に
「私はイギリスに日本の行為を報告するために電報を打ったが没収されたので出版する」
彼は持続的に「4万人大虐殺」あるいは「30万人大虐殺」と喧伝した。
「4万人大虐殺」はBeitsu博士の日記にも記載されている。
(中国語版ベイツ日記ではこの人数が削除されている)
理由は、30万じゃないからだ。

かれが1938年1月に報道して数ヶ月でこの伝言は広まった。
しかも、1938年7月にアメリカ、イギリス、フランスの記者16名は上海から南京へ取材に来た。
しかし、結果は明らかなため、それ以降完全に報道をやめた。
今中国はこの数ヶ月の資料をよく使う。
しかしどの資料もこのような感じで伝聞を聞いていた。
国民党の公式記録も1回の「4万人大虐殺」だけを記録し、その後削除している。
しかし、エドガーとスノーだけが持続的に欧米に対して宣伝活動のために利用していた。
その上、彼は男女比率を操作して、更に残忍性を強調した。
数カ月の伝聞は消え、その後東京裁判までの9年間、誰もその話をしていない。

しかし、東京裁判、アメリカは日本のシンボルを責めなければならない。
アメリカはちょうど原爆投下を正当化するために、シンボルが必要だったのだ。

今も南京大虐殺30万人は中国の一つのシンボルである。
しかし、もし調査したら内容が荒いことは誰にも明白である。
頑固に主張するの自由だ。
しかし、調査したら誰でも疑問に思う。
そして、最も重要な点は「30万人大虐殺」の元凶。
田伯烈 は国民党の工作員。
国民党が金銭を与えていたことは事実である。
しかし、一部の日本兵の野蛮な行為はあったであろう。
南京の司令官、松井と石根は規律違反の部隊を撤収させている。
被害者に対して日本は重い罪をがある。
しかし、それは30万人の大虐殺ではない。
南京30万人第虐殺は国民党の田伯烈の宣伝であった。
日本が中国に侵略したのは事実だ。
しかし、この「南京30万人大虐殺」は大きな疑問である。

このリンクは中国の「愛国者同盟網」の書き込みです。
http://bbs.1931-9-18.org/viewthread.php?tid=61009

普通の人は、毎日の仕事や勉強やデートの追われて昔のことを気にしないでしょう。
こんなネットで議論する人、それはそれはすごい愛国者の集まりなんだと思います。
どのような書かれ方をしているのが、拙い翻訳ですが、ちょっと訳してみましたね。
ご参考まで。

为什么南京『30万人』大虐杀?
【なぜ南京大虐殺は「30万人」なのか。】

世界で初めて「南京30万人大虐殺」と言ったのは
ManchesterGa...続きを読む

Qあなた自身は南京事件を何人と思っていますか?

南京事件についてまた議論になっています。
これを数字の問題として議論するのは、良くないとは思うのですが、とはいえ数字を明らかにしない議論が問題を複雑にしています。

30万人という数字は、日中双方の専門家が否定していますが、未だにこの数字をめぐって議論が行われています。
そして日本の中では、「30万人では無い」という言い方のうちの「無い」の部分だけが一人歩きして、「南京事件そのものが無かった」言う人が多いのは、困ったものです。
しかしこの「南京事件は無かった」説の人に良く聞いてみると、「ゼロとは言っていない」と言います。

さてそこで日本人は今、本音ではどれくらい、と思っているのか?を知りたいと思いました。
(対象は国際法違反の殺害、範囲は南京市内)

ぜひあなたのお考えを聞かせてください。

Aベストアンサー

この問題は既に公的には合意と言う決着がついているのに拘わらず、トンでも説gた横行して困ったものです。

今更トンでも説を言う人は日本では偏っていますので、ネット検索上は圧倒的にトンでも説が有力ですがね。

中野氏の科学的否定については添付の様に、写真鑑定の技術もない人が3万点以上をチェックしたといってる事からも、「科学的」で無い事は明らかですが・・・。

ご質問に戻りますと、2万台の前半が市内の死者数と推定されると言う説が一番信憑性がありそうと思っていますので、そこから質問者さんの限定を除く事になります。
国際法違反について、否定者側は一般市民に紛れ込み攻撃を続けようとする敵軍だがら対象外としますが、簡易裁判等で判定が行われていなければ違反には違いなく、国民党軍は早々に逃げ出した事を考えれば、せいぜい対象は数千人が現場判断の対象と言う事になるでしょう。

従って2万人前後かと言うのが私の推定です。

参考URL:http://www.history.gr.jp/~nanking/propaganda_photo.html

Q今日は皇紀の何年 何月 何日ですか???

今日は皇紀の
2XXX年 何月 何日ですか???

Aベストアンサー

皇紀2667年ですが,紀元前667年の事になります。日本の歴史的位置では縄文時代(昨今の新設では弥生時代は言われいる年代より500年遡りますので弥生中期になります)です。

この様な時代に神武天皇が即位したはずはありません。記紀が天皇家の始まりを古く見せつけるために神武朝の天皇の在位期間を100年という信じ難い設定を行ったためます。

当時の天皇の在位期間を統計的分析すると平均で10年になります。その数字で逆算すると神武天皇の即位は280~290年頃になります。ですから,今年は1729~1719年に相当とするのが妥当ではないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報