プロが教えるわが家の防犯対策術!

幼少期に親に愛されない・虐待されるなどの、いわゆるアダルトチルドレンの人は、なぜその傷が一生消えないままなのでしょうか?

たとえ親に愛されなかったとしても、成長して他人と接すれば愛されることを通して癒えると思ったのですが、そうではなさそうですね。何十年とトラウマのように抱えて不幸に生きてる人がたくさんいます。メンタルヘルスのカテゴリーにもよくいます。

なぜ幼少期の傷って癒えないのでしょうか?
そういうのを治す研究ってされてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

他人から見て「傷」だから消えないといけない・・と言われても、本人には自分が作られていった真髄の部分でしょうから、消えると困るんじゃないでしょうか?


確かにそういった経験がある場合、自己否定が強くなったり、人間関係を作るのが苦手になったりとか苦労はあると思いますが、その深い体験をどう理解でき、どう乗り越えることができるかなんでしょう。
「消す」「治す」というものではないと思いますがどうでしょう?
世の中の“普通の人”には、「自分」をうまく自覚できずに、集団帰属だけを無意識に行なうような人=「帰属層」は結構多いようですが、何らかの傷がある人の方が、「自分」に気づいている人が多いかもしれないですね。

ちなみに私の場合は、出生状況がかなり変わっており、自分は周囲と違うということが物心がついたころからわかっていましたので、思春期の頃から「自分」を考えはじめることはできました(自分とうまく折り合いをつけるのには時間がかかりましたが)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>消えると困るんじゃないでしょうか?

自分の一部分になって消えたら困るというのは驚きの回答でした。
でも、自分の一部ならなおさら変える必要があるんじゃないでしょうか。

すごく偏見的で残酷な言い方をすると、そういう人って社会性が無くなったりして、世の中の迷惑になるのではないでしょうか?だから消す・無くす必要がある気がします。

それを自分だからそのままで良いっていうのは、自分のことしか考えてないというか、周囲の人に迷惑をかけても関係ないというように感じました。

誰しもそういう傷はあると思うのです。でも、みんなそういう傷を一つ一つ努力して消そうとしてるのではないでしょうか。

お礼日時:2007/12/17 13:12

脳の急激な発達段階での「心の傷」だからではないでしょうか。



脳は生まれた時から(正確には母親の胎内で胎児の「脳」が作られてからかもしれませんが)成長を続け、成人でほぼ完成するそうですが、生まれてから幼少期までの間が、発達が最も顕著ではないかと思われます。その頃の子供は、日本語やものの名前や形など意識しなくても自然と覚えていきますが、すごい記憶力ですよね。

基本的な人格もこの頃作られます。母親、又はそれに代わり自分を本当に愛してくれる人間との関わりによって主に形成されるそうです。
「三つ子の魂・・」と言いますが、脳の発達段階で形成された人格は脳の回路に深く刻み込まれ、その人の性格の基本となるのだと思います。

>たとえ親に愛されなかったとしても、成長して他人と接すれば愛されることを通して癒えると思ったのですが、そうではなさそうですね。
元の脳に、「人から愛されるに値する自分像」「人の愛を信じられる心」の回路がない為、成長して(脳が完成してしまってから)他人と接したからといって、幼少期に親に愛されなかった傷が癒えるとは考えられないのだと思います。
生まれた時からアメリカにいれば英語を話すのは簡単なのに、日本人として成長した後で英語を取得するのが難しい事と同様に・・。

人は誰でも多かれ少なかれ「幼少期の心の傷」はあるのではないでしょうか。
完全な人間がこの世にいないのと同様、完全な母親・父親もいない、完全な養育もないと思います。
それなりに折り合いをつけ、生きているのだと思います。

この回答への補足

>脳の急激な発達段階での「心の傷」だからではないでしょうか。

そこまでわかっておきながら、現代の精神医学では幼いころの心の傷を癒す研究というか、学問があまり進歩してないきがしますね。そういう研究を進めていかないと、アダルトチルドレンやうつやリストカットなどの問題って解決しない気がすました。

ありがとうございます。

補足日時:2007/12/16 21:28
    • good
    • 0

心理学をほんの少しだけかじっている者です。



エリクソンは人間のライフサイクルを8つの発達段階に分けました。
そしてそれぞれの段階の発達課題を達成することで次の段階に進んでいくことができると考えました。
詳しくは、下記URLで分かりやすく説明されていますので、そちらを参考になさってください。
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nobu-nisi/soudan/kyou …
http://www.mainavi.net/aaa2.html

>なぜ幼少期の傷って癒えないのでしょうか?
虐待などによって、幼少期に達成すべき課題が達成できなかったことが原因ではないかと思います。
エリクソンの発達段階によれば、乳児期の発達課題は基本的信頼対基本的不信となっています。生まれたての赤ちゃんはまだ母親と一体になっている状態です。このときに母親や母親的役割の人との間に安心感や信頼感を抱けなければ、自分や他人を信頼することができなくなってしまいます。
次の段階である幼児期の発達課題は自律性対恥、疑惑です。この時期には自立心が芽生え、なんでも一人でやろうとします。このとき、幼児期の課題が達成されておらず、自分や他人への信頼感を得られていなかったり、自立を妨げられてしまうと、自分や周囲に対して無力感に陥ってしまうそうです。
また、自立には母子の分離が不可欠ですが、虐待や無関心はむしろ分離を妨げる行為だと考えられます。適切なときに適切に分離が行われないと、いつまでも母子はくっついたまま、ずっと引きずっていってしまうのではないでしょうか。

>そういうのを治す研究ってされてるのでしょうか?
詳しくは分かりませんが、ないはずはないと思います。曖昧ですみません。
    • good
    • 1

私の考えですが・・・


大人になってから、様々な事で苦しむと思うのですが、
本人が「何故、自分はそういう思考になってしまうのか?」とか「何に対して不安や恐怖やこだわりがあるのか?」等、まず苦しむ内容や理由と、どうなりたいのかについて、気付く・・・というか、取り組む事で、癒しが始まるのではないか?と思います。自分を探ると言うか。
ただ、長年慣れ親しんだ感情なので(例え苦しくても)、それが当たり前になっているので、自分の抱えている感情の問題点に気が付かない事も多いと思いますが。
他者や環境が変われば、自分も楽になると思っているかも知れませんが、
自分の感情を解放してあげなければ、同じ事を繰り返すのでは?と感じます。上手く話せずにすみません。
私はアダルトチルドレンではないと思いますが、多少、趣旨とずれる内容かも知れないのですが、大好きなセラピストさんのHPがあるので、もしお時間があったら、読んでみてください。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/ayukadairy/
    • good
    • 0

心理学を学んだわけでもないのでまったく個人的な考えですが。


赤ちゃんやひよこ、子猫など可愛いですよね?これは愛されるために可愛く出来ているんだと聞いたことがあります。
この絶対的に愛されるべき幼少期に愛されなかったというのはやはり人格形成に多大な影響があるのではないでしょうか?
成長してから修復は難しいということではないでしょうか。
    • good
    • 0

同じ経験を繰り返す事と、逆らいがたい目に見えない支配関係があるからです。


幼少期は、特に絶対的な力の差と経済的優位が親にあるので、意外に
深く記憶している部分があり、反応的にそうなります。

人により何で充足、心の安定が得られるか?二違いがあるのでそうなります。

人により希望の形の差があるので、それを理解すると変容があると思います。人によって、根本的には、希望を<何で心の充足が得られるか?>形が違うだけで、そういった支配関係にも根本的には、心の充足を得る形があるだけだとうまく内面で切り返せれば、変容するのではないか?
というのが、一応自分の模索の中では最良なんですが。


これは、特に信仰にもいえます。一つの神を信仰する人にとっては、
他宗教で、特に原理主義であると、絶対的な正義が必要で、それ以外
のグループを、何かあると苦しみと失望から悪としてモチベーションするしかない場合があると思いますが、しかし、信仰には、根本には
今の自分を変えようとか、心の安定を求める為にしている目的が最初にあり、その希望の形に違いがあるだけなのだということを感覚的に理解すると
別の共有があるのではないか?という発想です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Q幼少期に親から十分な愛情を得られなかった男性

複雑な幼少期を過ごされた男性の方にお尋ねさせてください。
実体験に基づく、ご自身の恋愛傾向や恋愛感を教えていただけないでしょうか。

子供時代に両親からの愛情を十分に得られなかった(虐待や暴力ではなく)ことで、大人になってからの恋愛関係において相手に何を求めるのか、どういう関係が心地良いと感じるのか。逆にどういった関係が苦痛になるのか、どういうタイプの人に惹かれるかなど。

Aベストアンサー

私の元旦那がそうでした。

私の元旦那は(離婚して 2年以上が経ちました) 年子の妹さんがいますが 3歳くらいの時に お母さんが浮気して両親が離婚、父親に引き取られ 祖母と叔母に育てられたそうです。

父親は再婚すると 先妻の子は 放置で 後妻との生活をしていたそうです。
後妻との間に 2人子供ができました。

その後も 先妻の子と 後妻の子で ごく近所で 別居でした。
先妻の子(元旦那と妹さん)は 祖母の家、父親と後妻、子供は ごく近所の家でした。

という環境で育った元旦那は「愛情を知らない」と言っていました。

でも、間違いなく 祖母、叔母 その他親戚には とても愛情を注がれたようでした。

でも、両親の愛情、特に母親の愛情は大きいもので 女性に対する「要求」が多かったです。

まずは主婦じゃなきゃいけない。
子供は 小さいうちは預けない、自分の思い通りに行かないと 怒りだす。
働かない、浪費、大変でした。
もちろん 束縛もすごかったです。

元旦那の恋愛において 相手に何を求めるのかは「揺るがない深い愛情」ですね。
絶対的な愛情、優しさ、です。
優しさは 我儘を言ったりして 確認するようです。
尻が軽そうな女性はダメみたいです。
惹かれるのは プライドが高い為 外見は こだわりがあるようです。(だからと言って絶世の美女と言うわけじゃないです。あくまで好みです。)

そんなこんなですが 私の今の彼は 幼少時代はわかりませんが(両親の愛情など) バツ2で 2回とも浮気され、浮気して離婚したようです。

やはり 元の旦那のように 「絶対的な愛情」を求めているようです。

何より裏切られることに 怯え、人を信用できず でも、絶対的な愛が欲しい、んです。

保身のために 浮気する、みたいなこともあるようです。

今 私は彼のお母さん兼 彼女、みたいですよ。

彼の「お世話」をしてるような時もあります。
例えば お風呂上がりに 髪に 美容液をつけてあげたり 服を着たまま 寝たら 脱がしたり…
風邪をひけば 薬を飲ませたり。
もちろん 自分でしっかり できる人ですから 社会的には 立派な人です。
でも 愛情として求めるのに 「お母さん」のような 彼女を求めるようです。
 
できるけど してもらうことで愛情を確認してるような気がします。

彼が安心できるなら、と 私は してます。

だからと言って 彼は 偉そうにしたリしないので私は できるんですが。

私の元旦那がそうでした。

私の元旦那は(離婚して 2年以上が経ちました) 年子の妹さんがいますが 3歳くらいの時に お母さんが浮気して両親が離婚、父親に引き取られ 祖母と叔母に育てられたそうです。

父親は再婚すると 先妻の子は 放置で 後妻との生活をしていたそうです。
後妻との間に 2人子供ができました。

その後も 先妻の子と 後妻の子で ごく近所で 別居でした。
先妻の子(元旦那と妹さん)は 祖母の家、父親と後妻、子供は ごく近所の家でした。

という環境で育った元旦那は「愛情を...続きを読む

Q片親に育てられた子供は両親そろっている子と「何か違う」の?子をもつもたない関係なく意見を聞きたい。

以前どなたかの質問の回答を読んでいたときに目に入ってきた文なのですが。死別は別とし離婚・未婚で片親に育てられた子供は幼稚園、小学校、、、などで他の子達(両親揃っている家庭で育った子達)とくらべ何が違うのでしょうか?
最近ではたとえ両親がいる家庭にいても家に帰らない子や親を殺す子、燃やす子、、沢山の事件で子供を持つ親は色々な情報に迷わされてしまう世の中です。「この子育てが1番正しい!」というのは無いと思います。接する時間が短くても子に愛情が無い親も居ません(虐待する人は論外ですが)大人の都合で親が1人・・・子供には何の責任もありません。何があっても守ってやりますが、「何か違う」という感覚は何、と思い質問しました。私自身シングルマザーです。きっとシングルM/Fの人の参考になると思います。こちらが良い気がしないご返答でも結構なのでお聞かせください。

Aベストアンサー

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるということが難しいようですね。働いているのでどうしても時間が足りず、叱りつけるだけのしつけ+おとなしくさせるために、おやつやおもちゃなどのモノで釣るなどの傾向があります。)

例えば、両親がそろっている子の家は夕方6時ごろ夕食としますよね。
それならばその家に遊びに来ている子供は普通は5時くらいには家に帰ります。
休みの日の朝は通常なら7~8時ごろ朝ごはんですよね。そうすると友達は早くとも10時くらいに遊びに来ますよね。
が、片親の子供たちは、人の家で夕飯が始まろうとも帰らないし、朝は9時前から遊びに来たり。
親がそれを止めようとせず、「私は仕事だから●●ちゃんの家にでも行って遊んでおいで」と相手の家の都合も考えず子供を外へ出してしまったり・・・。

他には、友達の家に遊びに行くと、友達の親に対して、自分のことばかり見て!!というような態度で接し、子供同士で遊ばずに友達の親にばかり話しかけてきたりと、いまいち子供同士で遊んでいられない感じでした。

最近体験したものを2つほどかきました。
で、本題なのですが、世の中にはこの子みたいな子ばかりではなく、ほんといいこもたくさんいます。
でもなぜか、一つでもその子供やその親に落ち度があるとすぐに「やっぱり片親だから」と言われてしまうのです。
似た事例で連れ子の場合もそうです。「あの子は釣れ子だし」「親が離婚しているし」とか言われてしまいます。
人間って不思議なもので、差別の対象を見つけて差別しないと気が済まないというか生きていけなというかコミュニケーションが取れないというか・・・。
差別なんてしてない!とお思いの方でも、どこかでなにかしらを差別しているんです。
片親の子供というのは格好の的になってしまいます、気の毒ですが・・・。

そしてそういうのを知った片親の方はどういう行動に出るかというと、そういうことを言われていると知っている親は、「子供にみじめな思いをさせたくない」や「不自由なんてさせてない」と周りに主張したいがために、必要以上にものを与えたり、甘やかしたり、子供同士でいざこざがあった場合、親がしゃしゃり出て「うちの子がいったい何をしたの!」と言わんばかりに必要以上にかばう・・。
もちろんそうでない方もいらっしゃいます。
なので、最初に書いた人それぞれ・・に戻ってしまうのですが。

いろいろ書きましたが、何が違うかというと、やはり周りからの印象でしょうね。勝手に周りから枠に入れられてしまい、決めつけられてしまうのだと思います。
残念なことですが、世間的信用も両親がそろっているところより低いと思います。

とても気に障ることをズケズケと書いて申し訳ございません。
正直な話、私も差別しなければ気が済まない一人の人間だと思っています。もちろんそういう気持を極力周りに知られないように努力してはいますが、敏感な子にはわかるかもしれませんね。

あ、そうだ。片親の子は敏感な感情の持ち主が多いですよ。
時々かわいそうだな・・と思うくらい気を使ってくれる子がいます。
そういう子を見ると気の毒だなと思います(ぬ;これも差別しているのかも)

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるという...続きを読む

Qやりたいと思う女って?

セックスしたいと思う女性ってどういうタイプですか?

24歳♀です。
20歳をすぎたぐらいから急に男性から
性欲をもたれることが多くなって、
はじめは自分はモテるんだなって
まんざらでもなかったんですが、最近はこれは「モテる」
ではないことに気づいてきました。


私はぜんぜん美人ではなく、むしろ不細工で、
胸も大きくなく、足がきれいなわけでもないです。
でも男性は私とセックスしたがります。


外見的にはおとなしく、女性らしくみえるらしいのですが、
性格的にはすごく男っぽくてびっくりされることもあります。


食事に誘われることも多いのですが、
その後セックスしようって言われることも多いです。
私としてはせっかく仲良くなったのに、、、って感じです。
男友達がいなくて、仲良くなったと思ったら告白されるか
セックス誘われるかどっちかです。


私の友達は逆で、彼氏と同棲しているんですが彼ができない人で
彼女が不満らしいです。
(たぶん、彼女にセックスアピールが足りないんだと思います。
私を見たときの彼氏はギラってしました…普段生活しててもギラって
いう視線があったりします)
セックスがなくても付き合っているってすごくいいなぁって
思ったんです。人間的にお互い好きなんだなぁって。


私が今まで付き合った人も私が好きで付き合ったんじゃなく
やりたいから付き合ったんじゃないかと思います。

私自身は本来セックスが嫌いな方ではないと思うのですが、
いままで男性本位な感じだったのでできればしたくないです。
セックスなしの恋愛って世間的にありですか?



男性に質問なんですが、
1回ぐらいやりたい女が長く付き合いたい女に
変わることはできますか?
どうすればいいのでしょうか。
また、やりたいと思う女性と思わない女性の違いを教えてください。



女性のかたでも同じような境遇の方や何か良いアドバイスが
あれば教えてください。



わかりにくい文章ですいません><

セックスしたいと思う女性ってどういうタイプですか?

24歳♀です。
20歳をすぎたぐらいから急に男性から
性欲をもたれることが多くなって、
はじめは自分はモテるんだなって
まんざらでもなかったんですが、最近はこれは「モテる」
ではないことに気づいてきました。


私はぜんぜん美人ではなく、むしろ不細工で、
胸も大きくなく、足がきれいなわけでもないです。
でも男性は私とセックスしたがります。


外見的にはおとなしく、女性らしくみえるらしいのですが、
性格的にはすごく男っぽ...続きを読む

Aベストアンサー

このご質問の回答は、至って簡単です。
まずは質問者様の外見からですが、

>私はぜんぜん美人ではなく、むしろ不細工で、
胸も大きくなく、足がきれいなわけでもないです。

とあります。男性からご質問者様を見た場合、失礼ですが、ハードルが高くないということです。そして、男性の多くは胸が大きい女性が好きではなく、むしろ小さい方が好まれます。それに、年齢が24歳という若さです。

次に内面ですが、

>性格的にはすごく男っぽくてびっくりされることもあります。

少し気の強い面があるようですね。男は本能的に征服欲がありますので、質問者様のように男っぽい女性をセックスで征服したいのです。
ですから、外見、内面ともに、かっこうの標的にされているのでしょう。

>1回ぐらいやりたい女が長く付き合いたい女に
変わることはできますか?

ないとは言えないでしょうね。一度のセックスで相手に情が湧くと付き合うこともあるでしょう。

>また、やりたいと思う女性と思わない女性の違いを教えてください。

これに関しては、人それぞれ好みの女性が違うように、一概には言えません。ただ、先ほども言いましたが、征服したいと思う女性がそれに当たるでしょうね。

これは、あくまでも想像でしかありませんが、文面から受け取れる印象では、ご質問者様は男性と簡単に身体の関係になってしまうことはありませんか?
もしそうだとしたら、ご自分の女性としての価値を落とすだけですので、もっと自分のことを大切にしてくださいね。

このご質問の回答は、至って簡単です。
まずは質問者様の外見からですが、

>私はぜんぜん美人ではなく、むしろ不細工で、
胸も大きくなく、足がきれいなわけでもないです。

とあります。男性からご質問者様を見た場合、失礼ですが、ハードルが高くないということです。そして、男性の多くは胸が大きい女性が好きではなく、むしろ小さい方が好まれます。それに、年齢が24歳という若さです。

次に内面ですが、

>性格的にはすごく男っぽくてびっくりされることもあります。

少し気の強い面があ...続きを読む

Q人を毎回いじめ続けると

その人の心の中はどうなりますか?
何故人をいじめても心が晴れなくて
毎回ターゲットを変えて、いじめるのでしょうか?
心理学に詳しい方々お願いいたします
人をいじめ続けて幸せなのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

補足要求をしておきながら、回答せずに失礼しました。

>私が、いじめられる被害者の立場です
>加害者の人や人達の心理が知りたいです

私への補足は、ページが変わってしまって、気付かなかった方もおられるようですね。


さて、私は心理学の専門家ではありませんが、自分の体験から言うと、人をいじめる人(人を悪く言う人)というのは、他者と比較することでしか自分を評価できない人です。

あの人と比べて自分は~である。
あの人よりも、自分は~である。

と、常に他人の居場所から自分の立ち位置を割り出そうとするので、自然と自分を良く評価するため、他人を下げて評価するのだと思います。
自分に自信がないから、他人を気にする。
片っ端から他人が気になるので、つぎつぎターゲットが変わる。

精神分析家で臨床心理学者の北山修氏の本に書かれていましたが、人は心の中に何かしらの罪悪感を持って生きているそうです。
その罪悪感とうまく共生出来ない人は、罪の意識に押され、神経をすり減らせて神経症になるのでしょう。
そこまで行かない人の中には、無理に罪の意識を隠すために、他人を蔑み相対的に自分の立場を上げることで、心のバランスを取る人もいるのではないでしょうか?

いじめ続ける人は決して幸せではないと思います。
なぜなら、自分の立ち位置が他人という不確かなモノの上にあるので、自分でコントロールできず、常に新しい場所探しに追われるからです。

多くの場合、他人に頼って自分を作るなどと言う不確かな環境は、自立した大人になった段階で解消されるモノだと思います。
私の体験からと始めに書きましたが、ここに書いた見解は、学生時代の典型的なボス女子の行動と発言を自分なりに解釈したモノです。

彼女もまた、自分に信じるモノがある時には、大変優しく、頼りがいのある普通の学生でした。
しかし、満たされないことがある時には、味方を募り、ターゲットを絞って陰口をたたいたり、仲間はずれをしていました。

質問者様には、闘うことや、無理に受け流すことは強制しませんが、相手の心ない言動に必要以上に怯えることなく、ご自身に非が無いことを信じ向き合ってください。
自信が無くおどおどしているというのは、いじめっ子にとって、大変つっこみやすい、ターゲットにしやすい人物だと思いますので。

No.1です。

補足要求をしておきながら、回答せずに失礼しました。

>私が、いじめられる被害者の立場です
>加害者の人や人達の心理が知りたいです

私への補足は、ページが変わってしまって、気付かなかった方もおられるようですね。


さて、私は心理学の専門家ではありませんが、自分の体験から言うと、人をいじめる人(人を悪く言う人)というのは、他者と比較することでしか自分を評価できない人です。

あの人と比べて自分は~である。
あの人よりも、自分は~である。

と、常に他人の居場所から自分の立...続きを読む

Q自分が許せません。過去の自分全てが嫌いです。

30代女性です。長文になりますが、どうかアドバイスをいただけばと思います。
自分の犯してしまった過去の過ちを、自分自身許すことも、受け入れることもできず、拒否し続けては自分を責めています。

人はみな、生きていれば失敗や過ちは犯すものと、みなさんおっしゃられていますし、私もそう思っています。
もしも親兄弟や友人や主人が、過去の過ちを悔い続けていたら、同じ言葉をかけると思います。

でも、自分にはかけてあげることができません。
自分が、人に好かれないことや人を信用できないことを悩み、些細なことでキレたり、怒りを感じやすく怒りを感じた自分を責め続け、本当の自分って何なのかもわからなくなってしまっているのは、自分を許せていないから、受け入れられていないからだと思いました。
だからちゃんと、その頃の自分を受け入れようと、考えてはみましたが、到底無理です。

私は、小学校時代から自殺願望を持っていて、友人を誘って一緒に死のうとしたこと、同級生の男の子の太ももを手のひらで叩き続けていた記憶、クラスメイトの物やお店の物を盗んだり、女子の手紙や交換日記を盗み読みしたり、それがバレても誤摩化したり、親の財布からお金を盗むこともずっと続けていました。
友人たちに嘘をついたり、優しくしてくれた人に不機嫌な態度で接したり、人に言えないようなお金目当てのバイトをしたこともあります。誰とでも寝るような軽い女でした。
罪のない人に罪をきせ自分は被害者ぶるようなひどい嘘をつき、人を騙し、傷つかなくてもよかったはずのたくさんの人を傷つけてしまったこともあります。

私のついてしまった嘘は、ほぼ全てバレています。バレているのに、謝る機会を逃し、謝ることもできないまま、なるべくその頃の話には触れないように生きています。
自分から掘り返して、相手を不快な思いにさせることが怖くて、自分から切り出すこともできずにいます。
でもみんな知っている。知られているのにノウノウと生きている自分はなんて恥ずかしいのだろうと思います。

嘘、盗み、性的なこと、、、過去の自分で、好きになれた瞬間の自分がいたためしがありません。
全ての自分が嫌いです。消してしまいたいし、できるのなら今の自分自身、消えてしまいたいです。
でも親や主人のことを考えると、自分から死ぬことはできません。

きっと全て気付いているはずの親も、主人も、友人たちも、今までの私をきっと許してくれています。
「大人になったね」と話してくれます。
主人のことも、ひどく傷つけ、不眠症にさせるほどひどい嘘をついてしまったことがあります。
それも、許してくれている、もしくは受け入れようと努力を続けてくれていいると感じます。
とてもありがたいです。ありがたいから余計に、苦しくて恥ずかしくて消えてしまいたくなります。

最近、道ですれ違う人や電車乗車前の列に並んでいる人、不意にぶつかってしまった人、自分とは関わりのない人に対しても、異常なほどの怒りを感じることがあり、絶対に道を譲らないとか、後ろから煽ったりしてしまい、、、異常です。
後ろに立っているこの人が、押してきたらこうしてやるとか、この人がこう言ったらこう言い返してやるとか、そんな無駄なことまで考えて、さらに怒りを募らせたりします。とても疲れるし、こうやって一つずつ、嫌いな自分を積み重ねている気がします。

違うかもしれませんが、こんな感情が起こるのは、自分を受け入れ許していないことが限界にきているからなのではないかと感じました。
私は人に好かれようと、笑顔で明るく愚痴にも同調し、みんなの仲間でいられるように演じることがよくあります。
演じても、好かれたことも必要とされたこともありません。私の存在に関心を持ってくれる人もいません。そもそも、演じているつもりでもそれが本当の自分なのか、それもわかりません。
昔は人見知りもせず、たくさんの人と関わることを好んでいたのに、最近はいてもいなくてもいい人、という位置にしか留まれない自分は、人には全く必要のない人間と感じ、そう感じる回数を増やしたくなくて、人との関わりを最低限に押さえてしまっています。

主人には「お前は人が大好きだから、嫌われることを恐れて人を怖がっている」と言われました。
本当に、その通りです。
好きなはずなのに、人を騙し裏切ってきた私への、これは罰なのでしょうか。
今は、嘘をつくことはありません。が、これまで嘘を何度もついてきているので、結局は今の自分も嘘なのではないかと感じることがあります。
子供を作ろうという話もありますが、こんな私から産まれ、育てられる子供が可哀想だと思うと、産む勇気も、育てる自信もありません。
何度も死にたいと思ってきたのだから、そのときに死んでおけばよかったのに、ここまで生きてしまいました。
でも今は、死ぬことはできません。
当然の報いと思っても、今の気持ちのまま生きて行くのは辛いです。
どう対処し、どうしていけばよいのか、許してよいものなのか、許せるものなのか、アドバイスいただけると嬉しいです。
長文失礼いたしました。最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

30代女性です。長文になりますが、どうかアドバイスをいただけばと思います。
自分の犯してしまった過去の過ちを、自分自身許すことも、受け入れることもできず、拒否し続けては自分を責めています。

人はみな、生きていれば失敗や過ちは犯すものと、みなさんおっしゃられていますし、私もそう思っています。
もしも親兄弟や友人や主人が、過去の過ちを悔い続けていたら、同じ言葉をかけると思います。

でも、自分にはかけてあげることができません。
自分が、人に好かれないことや人を信用できないことを悩み、...続きを読む

Aベストアンサー

40代既婚者男です。

今のあなたは、自分自身の陰陽の中の、あなたが拒絶して
しまうような陰(闇)の部分を否定して見ないようにして
いるから苦しいのです。

人にはあなたと同じように、陰陽両方の部分を持ち合わせて
います。
そして必死に陰を隠し、陽の部分のみ見せようと努力しています。
ここに苦しみの根本が隠れているのです。

醜い部分、汚い部分、恐ろしい部分は誰でも見たくありません。
隠したいものです。
そしてそんな部分を持っている自分は、悪い子とか、駄目な
人間だと卑下してしまいます。

しかし、それでは幸せにはなれないのです。
陰陽それぞれの自分をそのまま、あるがまま認めてあげること
こそ、幸せへの道です。

人は、第三者を許すことは、比較的簡単に出来ますが、自分を
許すというのは中々難しいものなのです。
自分を許すというのは、つまり自分の存在そのものを許すと
いうことです。

どんなに綺麗に着飾っても、全ての人の心の中には、深い闇が
存在するものなのです。
それを表に出すか、出さないかだけの違いなのです。
むしろ、そうした部分をさらけ出す事の出来る人の方が、幸せ
になれるのかもしれません。

いいですか、あなたがこれまでしてきた事を、良い・悪いで
ジャッジしないでください。
いいも悪いも無いのです。あなたがその経験からどう感じて
行動したのかのみが重要なのですからね。
あなたが過去の経験から学び気付いた事があったならば、そこから
今後に生かしていけばいいのです。
自分が経験して傷ついた場合、必ず過去で同じような経験を
加害者立場か、受ける側かで体験しているはずです。
そして違う立場で経験することで、あの時あの人はこんな気持ち
だったんだ。本当にごめんなさい。と思えればこれはとても
素晴らしい経験となるのです。

過去の過ちを持ち出して、苦しむことに意味はありません。
そうした過去の体験を元に、これから様々な体験を通して
気付きと学びを得ていけばいいだけのことです。
苦しみは逃げでは絶対に解決しません。向き合うことでしか
乗り越えられませんので、それだけは忘れないでくださいね。

40代既婚者男です。

今のあなたは、自分自身の陰陽の中の、あなたが拒絶して
しまうような陰(闇)の部分を否定して見ないようにして
いるから苦しいのです。

人にはあなたと同じように、陰陽両方の部分を持ち合わせて
います。
そして必死に陰を隠し、陽の部分のみ見せようと努力しています。
ここに苦しみの根本が隠れているのです。

醜い部分、汚い部分、恐ろしい部分は誰でも見たくありません。
隠したいものです。
そしてそんな部分を持っている自分は、悪い子とか、駄目な
人間だと卑下してしまいます...続きを読む

Q冷え切った夫婦の間で育つ子供

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、まともに取り合おうとしません。大の男が無視なんて・・・とはじめは怒る気持ちもあったのですが、夫に対しては何の感情もありません。
夫のように無視、一緒にいても見もしません。
本当に最悪の環境です。
修復なんて不可能のように思えるし、万に一つも夫と修復の努力をしてみたところで、その先に待っているものなんてあるんだろうかと空しさを感じます。

そんな環境の中、心配なのは、まだ幼い子供たちです。

夫も私も子供たちを愛しているのは変わりないので、子供たちのためだったら、お互い親としてすべき責任をきちんと果たそうと日々努めています。
夫は仕事熱心で、きちんとお金を家に入れてくれて、私と子供たちが生活に困ることなどありませんし、私も母親としてすべきことは、完ぺきとは言えないまでも、子供のことを一番に考えて、最大限の努力をしているつもろいです。
子供の前で罵り合いのけんかなどしません。
これくらいのことは、子供を持った人間なら最低限すべきことだとは思いますが・・・。

こんな冷え切った夫婦の姿を子供たちに平気で見せていることに、ものすごく苦しい思いをしています。子供は両親の関係を見て、いろいろなことを学んでいくと思うのです。夫婦でお互い愛情を持って思いやりながら、家庭を築いている両親を持った子供は、異性を思いやる気持ちを持った優しい人間になるのでは、そうでないうちのような家の子は、ひねくれてまともに愛情を表現できない人間になったり、将来家庭をもっても私たち夫婦のように冷え切った家庭になってしまうのでは・・・などと漠然と不安を感じ、子供たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そうはいっても家族が皆で一緒にいれば、私たち夫婦が無視し合っているだけで、私も夫も子供たちとは賑やかにしゃべったり、子供たちも好きなようにふるまって、父親や母親に甘えたり・・・と、今のところは大きな問題になっている様子はありません。
今は子供たちが小さいのでまだ救われているという感じです。

正直何度も離婚を考えていますが、子供たちがまだ小さいこともあり(未就学児)、離婚して、仮に私が子供を引き取っても、再就職も難しく、金銭的に不安なこと、夫が子供を引き取っても仕事をしながら、母親のような世話をするのは困難だろうこと、を思うと離婚に踏み切れないでいます。
夫も今は離婚することは考えていないようです。おそらく子供たちのことを考えてだと思いますが。

何より一番上の子供が、私たちの状況を薄々感じていながらも、お父さんもお母さんも一緒がいいと言います。

それでも、ときどき親の顔色をうかがったり、気を遣ったりしている様子がわかると、こんな小さい子に気を遣わせて、と親として情けなく子供たちがかわいそうになります。

夫にそれを言っても、頭ではわかってはいるでしょうが、私のことが心底嫌だという感情が理性で抑制できないようで、せめて子供たちのまえだけでも普通にふるまうことができそうにもないみたいです。

どうやっても行き場もなく、やりきれない思いで日々過ごしています。
こんな親に育てられた子供たちは不幸になるでしょうか?子供たちに申し訳ないです。
生活が苦しくても、離婚して、親の不仲を見せつけるような今の状況から脱したほうがいいのか、
子供なんてそのうち親から離れていくのだから、夫婦仲が悪く、親としての理想からはかけ離れていても、それまでは不自由なく育ててやるのがいいのか、どちらがいいものなんだろうと悩んでいます。

似たような境遇にある方、私たちのような親に育てられたという方の経験や、ご意見を伺ってみたいです。

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、ま...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生まれ持った性質だと私は思います。

両親の不仲というものをどう捉えて育って行く子なのかはお子さん自身の力にかかっていると言えます。
食べさせ着せて教育を受けさせてもらえればとりあえず子供は育ちます。
それだけで親の存在価値はあると言って良いわけです。
両親の関係というものが人間形成に大きな影響を及ぼすことは否めないけれど、それでも夫婦協力しあって子供を育てて行くという事には変わりはないものだと思います。

お子さんがこの先いろいろな問題を抱えた時に「やはり夫婦がうまく行ってないからだ」という事に終結することなく、決して諦めず努力して行く態度というのが重要なのではないでしょうか。
昔は非行や不登校は家庭に原因があるものとされてきましたが、近年はそうとばかりは言えません。
何不自由ない家庭で育った子ですら様々な問題を抱えます。
夫婦の不仲を解消できないなら、その逆境のなかでも精一杯子供に向き合って行こうとする姿勢が大事なんじゃないでしょうか。
その結果として結婚を継続するか、離婚を選択するかも答えを出したら良いのじゃないでしょうか。

ご自身も、離婚のネックとなっている経済力にたいしての努力が必要と思います。
その必要があれば離婚という選択肢もある状況を作り出すことです。
離婚できないからしないのでなく、できるけれども選択しない、という状況で結婚を続けることがより健全な家族関係を築ける礎となるのではないでしょうか。
お子さんがある程度大きくなったら社会に出るという準備をすすめてみる事ではないでしょうか。

最後に、夫婦仲が悪い場合、その負担が子供に行く大きな原因となるのが母親の子供への依存です。
お子さんはおそらく両親の不仲を察知して自分が鎹になろうと、離婚を食い止めようと、必死に良い子を演じると思います。
その努力が功を奏して出来の良いお子さんになる可能性も高いでしょう。
そうなると知らずのうちに母親は子供を頼り心のよりどころとし依存してしまうようになります。
これは将来的に本当にお子さんの負担になりますので絶対に避けたいことです。
お子さんを成人させるまでが夫婦の責任と割り切るなら、子供が巣立った後はすっぱりと子離れして自分の老後の生活を確立しましょう。
その心構えを今からできるのなら、仮面夫婦も悪くないのではないでしょうか。

私自身も円満な夫婦に育てられてはおらず両親は熟年離婚しております。
夫の両親は不仲でこそありませんでしたが問題多き親で、早くに親元を離れた夫です。
そんな私達夫婦は、世間様に羨まれるぐらいの家庭を築けたと自負しております。
今年、結婚30年目。反面教師という親も、悪くないものだと思います。

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生ま...続きを読む


人気Q&Aランキング