家族で小規模な有限会社を経営しています。
資金繰りの悪化から、消費税及び地方税(前期分と前々期の一部)の滞納が続き、この度、税務署に「納税の猶予」の申請をし、認可される運びとなりました。

税務署職員が言うには・・・・・
「申請分については、分納を認める。しかし、分納中の猶予期間において新たな滞納は認められない。
新たな納税の猶予申請も認められない。
したがって、来月納期予定の今期分(決算処理がまだなので、額は確定していない)に関しては、期日内に一括支払いをすること。
もし、一括で支払えずに滞納が発生した場合には、納税の猶予を取り消し、差押をする。
これらは、全て法律で定められている」
とのことでした。

私見では、現状で一括支払能力がないために、納税の猶予という制度の申請をしてそれが認められたのに、今期分に関しては、申請も分納も認めず、一括払い以外の方法がない ということに、現状に見合わない矛盾した制度だという思いがあります。

「法律だ!」と言われたのですが、本当にそのような法律が在るのでしょうか?

納税の猶予の申請書をもらうにあたっても、「申請をしてはいけませんとは、言えませんが・・・」と言いながら、申請をさせない方向に話を進めている様子がアリアリだったので、話の内容を素直に信じられずにいます。

そのような法律が存在するのか?(国税通則法・国税徴収法の何条?)
また、今期分の支払いに関しても、分納などの方法がないのか?

本当に切迫している状況にあります。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です。

お礼をありがとうございます。
私の考えで色々お話して、かえって混乱させてしましましたね。
申し訳ありませんでした。

改めて調べてみたところ、
国税通則法では49条に納税の猶予の取消しが規定されています。
49条1項4号に「(略)その者の財産の状況その他の事情の変化によりその猶予を継続することが適当でないと認められるとき。」
とあります。
また、この取扱いについて規定する国税通則法基本通達の第49条関係として
「この条第1項第4号の「財産の状況その他の事情の変化によりその猶予を継続することが適当でないと認められるとき」とは
猶予金額の徴収の見込がなくなる程度の資力の喪失、納付困難と認められる金額がなくなる程度の資力の増加、
【新たな滞納の発生】等により、【その猶予を継続することが適当でない】と認められる場合をいう。」
とあります。
税務署の方が言う「新たな滞納が出れば猶予を取り消す」は一応理屈がとおる事になります。
(基本通達は”法律”ではないと思いますが、定められた決まりではあります。
ついでに言い訳すると、基本通達の46条関係を読んでいただけると、
私が”納税猶予に該当するかな?”と思ったのがご理解いただけるかも知れません。)

>杓子定規な正論ではなく、個々の実情に沿った行政の対応を切望しているのですが…
心に刺さる言葉です。窓口のお客様に良く言われます。
ただ私の考えですが、行政(役人)とは法律(その他の規定)に則って業務を行うのが正しいと思っています。
担当者(名目上は税務署長)の権限で自由に運用して良いとなってしまえば
「○○さんはいい人だから、納税はいつでもいいよ」
「××さんは私は嫌いだから、今日納税しないなら差し押さえるから」
という、どこかの国のような事が実現してしまいます。
それが良いか悪いかは人によるのでしょうが、私はあってはならない事と思っています。

ご質問者様の事情を汲み取らずの話を続けてしまい、申し訳ありませんでした。
「何とかできるなら何とかしたい。でも何も出来ない」というの想いをいつも抱えています。

この回答への補足

何度もご丁寧にありがとうございます。

>「この条第1項第4号の「財産の状況その他の事情の変化によりその猶予を継続することが適当でないと認められるとき」とは
猶予金額の徴収の見込がなくなる程度の資力の喪失、納付困難と認められる金額がなくなる程度の資力の増加、
【新たな滞納の発生】等により、【その猶予を継続することが適当でない】と認められる場合をいう。」
とあります。

この、
〔【新たな滞納の発生】等により、【その猶予を継続することが適当でない】と認められる場合をいう〕
というのは、どこに記載されているのでしょうか?

「国税通則法の49条に納税の猶予の取消し」のところを探しても、上記の文章が見つけられないのですが・・・・。

お手数をおかけしまして申し訳ございませんが、教えていただけるようお願いいたします。

>ご質問者様の事情を汲み取らずの話を続けてしまい、申し訳ありませんでした。
「何とかできるなら何とかしたい。でも何も出来ない」というの想いをいつも抱えています。

とんでもないです。
ご丁寧にご回答くださり、本当に感謝しています。

補足日時:2007/12/17 11:31
    • good
    • 1

#2(3)です。


丁寧なお礼、改めてありがとう御座います。

件の「新たな滞納の発生が取消事由」というのは
国税通則法ではなく、『国税通則法基本通達』です。
簡単に言うと、
法律をそれぞれ勝手に解釈するのではなく、こういう風に運用しなさい。
と、取り決めたものです。この解釈が行政の解釈として実務を行っています。
国税庁の該当URLを貼っておきますので、参考にして下さい。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお手数をおかけしまして申し訳ございませんでした。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2007/12/19 11:37

地方税の担当なので国税の状況には自信が無いのですが、


本当に「納税の猶予」ですか?
この他に「徴収猶予」と「換価猶予」というものがありますが、
私はこのどちらかではないかと思うのです。

通常「納税猶予」とは災害などにより納期限を延長する事であり、
事業悪化によるものでは無いと思うのですが…
対して「徴収猶予」とは(簡単に言うと)税の取立てを行わない、という事であり、
「換価猶予」とは財産を換価しない、売り払って金に替えることはしない、という事です。
つまり、徴収猶予と換価猶予は税を払わなくて良い期間ではありません。
特に換価猶予は(割合は減りますが)延滞税(金)が加算されます。
また、(公文書を偽造して無理に行うのは別として)納税猶予と徴収猶予は適用される用件があり、
職権では行えないはずです。誠実である等職権で行えるのは換価猶予だけではないでしょうか。

もし私が考えているとおりだとすれば、税の支払いを猶予されているのではなく、
徴収課の判断で取立てを猶予されているのではないでしょうか?
そうであるならば、猶予しているのが担当者(とその上司)の判断ですし、
取り消すのも担当者の判断でできることと思います。
まずはご質問者様の状況を改めて確認されてみてはいかがでしょうか。

それと、(法律上の建前として)担税力の無い人には課税されません。
住民税なら、前年にそれだけの所得があるから課税されるのですし、
消費税は、そもそも相手方から預かっているお金であって、会社のお金ではありませんよね。
税を課される、ということは、税を払える人、という考えなのです。
行政に対する思いは色々あると思いまし、我々も大多数がどう思っているか自覚しておりますが、
やはり、新たに滞納する=納税に誠実である、とは言いがたいかもしれません…
そうでなくては、借金してでも税を納めている方、
嫌々でも延滞税(金)を納めている方に説明がつかない、と考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>本当に「納税の猶予」ですか?
この他に「徴収猶予」と「換価猶予」というものがありますが、
私はこのどちらかではないかと思うのです。

>通常「納税猶予」とは災害などにより納期限を延長する事であり、
事業悪化によるものでは無いと思うのですが…

はい。納税の猶予の申請をしました。
国税通則法46条の中の納税の猶予該当事由には、災害等の事由の他に、
「事業につき著しい損失を受けた場合・またはそれに類する事実があった場合」というのがあり、その要件に該当する旨を詳しく説明した上で、認可される運びとなりました。

>消費税は、そもそも相手方から預かっているお金であって、会社のお金ではありませんよね。
税を課される、ということは、税を払える人、という考えなのです。
行政に対する思いは色々あると思いまし、我々も大多数がどう思っているか自覚しておりますが、
やはり、新たに滞納する=納税に誠実である、とは言いがたいかもしれません…
そうでなくては、借金してでも税を納めている方、
嫌々でも延滞税(金)を納めている方に説明がつかない、と考えています。

おっしゃる通りだと思います。
しかし、税務署の方々が認識する正論と、中小企業の経営の実態には、大きな隔たりがあります。
そもそも、現実問題として、消費税さえサービスしなければ売れないこともあります。
が、数字上、納税義務が生じます。
借金して、それも、高利の借金をしてなんとか納税してきましたが、ここにきてどうしようもなくなり、今回の申請に及んだ次第です。

杓子定規な正論ではなく、個々の実情に沿った行政の対応を切望しているのですが、それを望むのは、やはり難しいのでしょうか!?

お礼日時:2007/12/15 18:05

国税通則法第四十六条第3項で1年以内と明記してありますが、7項にてやむを得ない理由がある場合は2年までは延長を認めることも可とありますね。



私は過去、納期限分毎(事業年度毎)の分納・延納の申請には同行したことがありますが、質問者様のように累積して滞納という状況に対して税務署がどう指示するのか分かりません。 しかしこれだけ滞納者が多い税目なのですからもう一度状況を説明して納付意思があることを述べれば、何らかの方法を模索してくれると思うのですが。 
大変だと思いますが、あなたさまの誠意が伝わり上手くいく事を願っております。

参考URL:http://www.bms-net.ftw.jp/u50856.html?21064#6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>もう一度状況を説明して納付意思があることを述べれば、何らかの方法を模索してくれると思うのですが。 

残念ながら、何度 現状を説明しても、どうすれば納付できるのかを模索している旨を説明しても、
「それが出来ないなら、差し押さえです」という回答以外は得られませんでした。

>大変だと思いますが、あなたさまの誠意が伝わり上手くいく事を願っております。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/12/15 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜクレジットカード払いだけ手数料が納税者負担?

 今年も自動車税(県税)の納税通知が来ました。支払方法は、各金融機関、コンビニ、あとヤフー公金支払いを通じたクレジットカード払いがあるようです。
 しかし納得いかないのは、なぜかクレジットカード払いだけ、納税額とは別に決済手数料が納税者負担とされていることです。各金融機関やコンビニで支払う場合も、決済手数料が発生し、自治体がコンビニ等に支払っているのではないでしょうか。だとしたら、非常に不公平だと思うのですが。
 なぜカード払いだけ納税者が決済手数料まで負担するのか、教えてください。

Aベストアンサー

トヨタファイナンスが指定代理納付者の指定を受け儲けるため。

Q「所得税の納税地の移動に関する届出書」の納税地について

引越しのため、「所得税の納税地の異動に関する届出書」(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/pdf/06.pdf)
を提出しようと思っていますが、わからないことがありました。

(1)「異動前の納税地」、「異動後の納税地」には、それぞれ、異動前と移動後の住所を記入するのかと思うのですが、一番頭にある「納税地」という欄には、異動前の住所を記入すればよいのでしょうか。

(2)事業所がない場合は、3の「事業所当の所在地及び事業内容」は記入しなくてよいのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記の施行令第57条を厳密に読むと、この届出は異動後に提出しますので、
頭の納税地は、異動前、後の各税務署共、異動後の納税地を記載すれば
よいでしょう。

所得税法施行令
(納税地の異動の届出) 第五十七条
 法第二十条(納税地の異動の届出)に規定する届出は、同条の納税地の
異動があつた後遅滞なく、異動前の納税地及び異動後の納税地を記載した
書面をもつてしなければならない。



所得税の納税地は、国内に住所を有する場合はその住所地です。(所法15条)
また、住所のほか、居所、事業場等を有する場合は、その住所地にかえて、
その居所地、事業場等の所在地を納税地として選択することができます。(所法16条)

「上記以外の住所地・事業所等」は法定事項でもありませんので、
事業場等がない場合はは空欄でかまいません。

Qクレジットカードでの納税

米国や韓国ではクレジットカードでの納税が可能と聞いておりますが、日本では、出来ないのでしょうか?

いろいろセキュリティや法制度の問題でできないのでしょうか?

ご存知の方、情報やサイトの提供よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クレジットだと決済したその場でお金がクレジット会社から支払われるよう約束されるのでとりっぱぐれが無くていいと思いますけどね。仮にクレジット会社が使用者から回収できなくてもそれは使用者とクレジット会社との問題ですから。税金は差し押さえができるからでしょうか。やはり手数料が勿体ないということでしょう。
TVCMでは「病院でも○○が使えます」と流していますがまだまだ使える所は少ないです。病院は診察した後支払いが遅れる人がよくあり、強制的に回収する方法、法的手段を取るをシステムを持っていませんのでこれからクレジット可の所も増えるかもしれません。

Q地方税(市民税県民税)

昨年までの地方税と今年からの地方税の算定基準どのように変わったのか教えてください。本年から無くなった老年者控除が地方税にどのように影響するのでしょうか・

昨年度(2005)地方税は
市民税:17400 県民税:10500 合計:27900 でした
同居の母親・・・なし

本年度(2006)
市民税:56700 県民税:36700 合計:27900
同居の母親
市民税:1500  県民税:600  合計:2100

所得税の申告では母親(89歳)を同居老人として扶養申告しています。また母親は認知症で要介護(1)に介護認定を受けております。

Aベストアンサー

 こんばんは。

○ お二人の所得が分かりませんので、計算が出来ないのですが、お母様については、ある程度想像が出来ます。

○ お母様のケース

・65歳以上で前年の合計所得金額が125万円以下の人に適用されている非課税措置が,平成17年度をもって廃止されました。
 ただし,平成18年度と平成19年度は,昭和15年1月2日以前に生まれた人で,前年の合計所得金額が125万円以下の人については,経過措置があります。

・具体的には
 (平成18年度)
所得割(市民税・県民税)…本来課税される金額の1/3
 均等割(市民税)…1000円、(県民税)…300円

 (平成19年度)
所得割(市民税・県民税)…本来課税される金額の2/3
 均等割(市民税)…2000円、(県民税)…600円

(以降)
 所得割(市民税・県民税)…本来課税される金額
 均等割…本来課税される金額(市民税…3000円、県民税…1000円)

○ ちなみに、人によっては、前年の7倍程度の金額が課税がされるケースもあったそうです。

http://www.city.kyoto.jp/rizai/zei/kojin.html#zeikai

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/rizai/zei/kojin.html#zeikai

 こんばんは。

○ お二人の所得が分かりませんので、計算が出来ないのですが、お母様については、ある程度想像が出来ます。

○ お母様のケース

・65歳以上で前年の合計所得金額が125万円以下の人に適用されている非課税措置が,平成17年度をもって廃止されました。
 ただし,平成18年度と平成19年度は,昭和15年1月2日以前に生まれた人で,前年の合計所得金額が125万円以下の人については,経過措置があります。

・具体的には
 (平成18年度)
所得割(市民税・県民税)…本来課税される金額の1/3
...続きを読む

Q去年12月に故郷納税をクレジットカードで行いリボ払いにしました、支払いが全額済んでない状態で個人再生

去年12月に故郷納税をクレジットカードで行いリボ払いにしました、支払いが全額済んでない状態で個人再生を3月に司法書士の先生にに相談して現在支払いは全て停止しています、この場合、故郷納税はしたことになるのか、でなければ私は、何か、今すべきことがあるのか教えていたたけると大変助かります、お願いいたします。

Aベストアンサー

した事になってます

Q農業相続の納税猶予について

農業相続の納税猶予について、以前の質問を読みましたが、どうも飲み込めません、宜しくお願いいたします。
現在までの経過
20年の農業相続の納税猶予を、受けて18年目で亡くなりました。
最後5年の内、3年位は、年を取って農業が出来ない為、私(息子)が、草取りをしていつでも畑が、出来るようにし、残り2年間、親戚の人が作物を作っています。
今後は、私は、サラリーマンの為、宅地等にしたいと思っています。
動けるまで農業を、してきたのですから、
税を、減額又は、免除と言う方法は、無いのでしょうか、?
  例、20年の内18年は、免除等(20分の18    免除等)

Aベストアンサー

#3です。

なるほど、おじい様からお父様へ相続が発生した際の納税猶予が問題なのですね。

下記が参考になると思います。。
http://www.city.takayama.lg.jp/noumu/IINKAI/souzoku_yuuyo.html

「農地に該当するもの」の範囲から「農地に該当しないもの」になれば、当然「転用などその他の一定の事由」に該当するものと考えられますが、「農地に該当するもの」の範囲から「農地に該当するもの」の範囲内であれば、一定の事由にはならないものと考えられます。

よって、今回のケースは、たとえ本人が耕作を行っていなくとも、「農地に該当するもの」のうち1や5に該当し、全額免除されると思いますが。

Qクレジットカードの作り方 クレジットカードはどうやって、何処で皆さんは作りましたか? Amazon

クレジットカードの作り方

クレジットカードはどうやって、何処で皆さんは作りましたか?
Amazonで使いたくてクレジットカードを作りたいのですが、皆さんが作ったところを教えて頂けませんか?

現在質問したいことは

クレジットカードをどうやって、何処で作ったのか
オススメのクレジットカード
クレジットカードのメリット
デメリット
クレジットカードが作れない人の対象


どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>クレジットカードをどうやって、何処で作ったのか
そもそもは「ついで」でしたね。銀行のカードとかTSUTAYAのカードを作る時に選べたので選んだだけ、という感じ。
後になって作ったのは持っておきたいブランド(VISAとかの事)用。
今持ってるのはVISAとJCBで、銀行系と流通系です。

>オススメのクレジットカード
特に無いですね。ポイントやマイルを貯めたいとかあまり無いもので。

>クレジットカードのメリット
一般的に言えば、現金を持たずに済むこと(特に海外)ですかね。
後は仰るとおりオンライン決済をするには不可欠と言えます。

>デメリット
お金がなくても買えてしまうので、使いすぎに陥りやすいってことでしょうね。
特に収入が少ないとリボの罠にハマりやすいでしょう。
で、結果借金が減らずにいつの間にかカード破産する、と。

>クレジットカードが作れない人の対象
収入が少ないまたは不安定であり、尚且つ保証人になれる身内もいない人。
過去にカードでの事故歴がある人。
要は信用力が低い人です。

Q納税猶予のゆうじょ規定

贈与税の納税猶予で、贈与年が昭和50年であった場合
3年毎に継続届書の提出を要しますが、提出が期限内に
間に合わなかった場合、その時点で全部確定となる
のでしょうか?
何かゆうじょ規定みたいなものはありますか?

Aベストアンサー

条文上では下記の様ですが、実際にはどれくらい宥恕されるかは残念ながら存じません。
実務上では、確か署から通知が来るのではなかったですか?

措置法70条の4

 22 第1項の規定の適用を受ける受贈者は、同項に規定する贈与税の全部につき同項の規定による納税の猶予に係る期限が確定するまでの間、同項の贈与税の申告書の提出期限の翌日から起算して3年を経過するごとの日までに、政令で定めるところにより、引き続いて同項の規定の適用を受けたい旨及び同項の規定の適用を受ける農地等に係る農業経営に関する事項を記載した届出書を納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。

 23 前項の届出書が同項に規定する期限までに提出されなかつた場合においても、同項の税務署長が当該期限内にその提出がなかつたことについてやむを得ない事情があると認める場合において、政令で定めるところにより、当該届出書が当該税務署長に提出されたときは、次項の規定の適用については、当該届出書が当該期限内に提出されたものとみなす。

 24 第22項の届出書が同項に規定する期限までに提出されない場合には、第1項に規定する贈与税(既に第4項又は第5項の規定の適用があつた場合には、これらの規定の適用があつた農地等の価額に対応する部分の金額として政令で定めるところにより計算した金額に相当するものを除く。第28項及び第29項第1号において同じ。)については、第1項の規定にかかわらず、当該期限の翌日から2月を経過する日(当該期限後同日以前に当該贈与税に係る受贈者が死亡した場合には、当該受贈者の相続人が当該受贈者の死亡による相続の開始があつたことを知つた日の翌日から6月を経過する日)をもつて同項の規定による納税の猶予に係る期限とする。

条文上では下記の様ですが、実際にはどれくらい宥恕されるかは残念ながら存じません。
実務上では、確か署から通知が来るのではなかったですか?

措置法70条の4

 22 第1項の規定の適用を受ける受贈者は、同項に規定する贈与税の全部につき同項の規定による納税の猶予に係る期限が確定するまでの間、同項の贈与税の申告書の提出期限の翌日から起算して3年を経過するごとの日までに、政令で定めるところにより、引き続いて同項の規定の適用を受けたい旨及び同項の規定の適用を受ける農地等に係る農...続きを読む

Qクレジットカード

今自分が持っているクレジットカードはUFJ銀行のクレジットカードとツタヤのレンタルカードにクレジット機能がついているクレジットカードの2枚です。
国内の高級ホテルや高級旅館に泊る場合、ツタヤのクレジットカードでは恥ずかしいでしょうか?
海外でも使えるようなアメックスやVISAのクレジットカードを作って使った方がいいでしょうか?
みなさんはどのようなクレジットカードを使っているのでしょうか?

Aベストアンサー

>国内の高級ホテルや高級旅館に泊る場合、ツタヤのクレジットカードでは恥ずかしいでしょうか?

はっきり言って、どのカードでも同じ対応です。
プレミアムカードで払っても、一般カードで払っても同じなんですよ。
客商売は、カードによって接客を差別しません。

>海外でも使えるようなアメックスやVISAのクレジットカードを作って使った方がいいでしょうか?

つたやのJCBカードでも(日本人が出かける)海外で利用できますよ。
ホテルの場合ですが、ダイナース・アメックスで泊まってもセゾンで泊まっても対応は同じです。
違いがあるとすれば、優待だけです。

優待は、クレジットカードを持つよりもホテル会員になった方が良いです。
また、希望すればクレジット機能を付ける事が可能です。
例えば、オークラホテルはアメックス、ヒルトンホテルは三井住友VISA、ニューオータニはダイナースクラブと提携しています。

>みなさんはどのようなクレジットカードを使っているのでしょうか?

私の場合は、ダイナース・アメックス・VISA・JCB・Masterの5枚を使っています。
ダイナース・アメックス以外は、年会費無料の提携カードです。

>国内の高級ホテルや高級旅館に泊る場合、ツタヤのクレジットカードでは恥ずかしいでしょうか?

はっきり言って、どのカードでも同じ対応です。
プレミアムカードで払っても、一般カードで払っても同じなんですよ。
客商売は、カードによって接客を差別しません。

>海外でも使えるようなアメックスやVISAのクレジットカードを作って使った方がいいでしょうか?

つたやのJCBカードでも(日本人が出かける)海外で利用できますよ。
ホテルの場合ですが、ダイナース・アメックスで泊まってもセ...続きを読む

Q特別区民税・都民税 納税通知書

はじめまして。
税金について一切の知識がなく、アドバイスをいただきたい思い書かせていただきます。

都内で1人暮らしをしながらH16/10/26~H18/2/10までアルバイトとして働いていました。
バイトをやめて今は実家で生活をしています。仕事はしていません。

今日都内で住んでいた区から「特別区民税・都民税 納税通知書」というのが届き、中に4枚の納付書が入っていました。
総所得1017600円、課税額70100円と書かれています。

支払う義務があればもちろん支払います。
ただ仕組みがよく分かっていないので、どうしてこのような通知が来たのか教えていただけないでしょうか?
ちなみに去年はこのような通知は来てないのですが、それもなぜなのか教えていただければと思います。

Aベストアンサー

>給料3ヶ月分程度(45万程)なので、このまま働かなかった場合、H20の住民税は発生しない。

その通りです。

>前の職場の所得45万とH20/1/1までの所得が90~100万円を超えた場合は再度住民税が発生する…という解釈でよろしいのでしょうか?

そうです。
ちなみに「所得」ではなくご質問の場合は「収入」になります。
税金では「所得」と「収入」は区別しています。
給与所得=給与収入-給与所得控除
という計算式で求めます。
”給与収入”が90~100万(幅があるのは自治体により違いがあるためです)を超えた場合には課税されるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報