postes parsanes cancellationとはいったい何のことなのでしょうか?
翻訳サイトを使いましたがイマイチ理解できませんでした
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おそらく、postes persanes cancellationと書くつもりで


誤ったものでしょう。まず postes persanes ですが、
英語でいうと、Persian postage, ペルシャ郵政、
にあたるフランス語です。国際的な郵便行政では
フランス語がつかわれます。そして、cancellation
はcancellation stamp 消印のことでしょう。
つまり、ペルシャの郵便の消印、です。
郵趣関連であれば、(ペルシャという国名は過去のもの
なので)昔の切手、消印などを収集/売買対象に
しているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
思わず私が記載ミスした?と思い確認してみましたがやはりpersanesでした。
でもようやく意味が繋がりました!

スペルミスだったんですね~!(んでもってフランス語・・英語の翻訳サイトをして翻訳されなかった訳が分かりました)

大変助かりました。

ありがとうございます

お礼日時:2007/12/15 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語のスペルミスを減らす方法

英語のスペルミスを減らす方法について質問です。

英語で書く論述試験を受験する必要があります。

ネイティブも受けるので、アメリカでいう国語、小論文のような試験です。

英語の試験ではありません。

小論文ではスペルミスが多く、苦戦しております。

もしスペルミスを減らす方法をご存知でしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

語源で覚える、分解して考える、というのはどうでしょうか。

例: preposition = pre + position

Qcan be ~ed と can be ~ing

助動詞の受動態( can be ~ed )と、助動詞の進行形( can be ~ing )についての質問です。

(1) “ can ” と “ can be ~ed ” どちらも「~することができる。」と訳して良いのでしょうか?
   日本語にしたときの違いがわかりません。

(2) “ can be ~ing ” は何と訳すのでしょうか?


ご回答をよろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

日本語の場合,受動態があいまいだからです。

「その仕事は簡単にできるよ」
日本語ではこれでいいですが,英語では
You can do the work easily.
The work can be done easily.

work を主語にしたら,受動態です。
される立場だから。

これを日本語では「仕事はできる」で通じる。
「~は」というのが主語とは限らないせいでもあります。

だから,can be done を「できる」と訳すのは日本語で自然なだけ。
Stars can be seen at night.
星は夜見える。
「見られる」は不自然。
でも英語では stars が主語なら受動態。

一方,can be ~ing はあまり用いられません。
interesting のように形容詞化したものなら
「おもしろくあり得る」のような意味にはなります。

とにかく,can be 過去分詞というのは,
英語の直感的には「~されることができる」
という表現には違いありません。

日本語が独特,というか,英語とは違う。

Q英語のスペルと日本語の歴史的仮名遣い

英語のスペルと日本語の歴史的仮名遣いが似ていると思いました。
今の中学生に、戦前に発行された小説を読ませたら、文字の通りに発音してしまうものですから、おかしなことになります。

英語のスペルも、私たち日本人の習うローマ字とは大分違っていますので、習い始めは発音しにくかったです。

1.英語も昔はローマ字読みのような発音ではなかったのでしょうか。
2.英米人はスペルを間違えて書いたり、発音を間違えたりすることはないのでしょうか。

Aベストアンサー

お考えの通りですし、他の方が指摘されているとおりです。ただ一点変なところで言葉の捉え方のために妙な誤解が起きているようなので補足します。

「ローマ字読み」という言い方は二通りの捉え方があります。「ローマ字」を「日本語を表記するもの」と狭く考えると、全く違う言語である日本語と英語は今も昔も発音が似ているはずがありません。

「ローマ字」とは文字の名前で「ラテン文字」とも言います。ローマ字はもともとラテン語を表記するためのもので母音の長短やアクセントの位置以外は正確にラテン語を表記できます。しかしラテン語以外を表記しようとすると文字が足りず新しい文字を作ったり記号を使ったりとさまざまな「ローカルルール」が必要になります。

現代の欧米などの言語や古い英語はおおよそにおいてそれぞれのローカルルールが成り立っています。この点に基づき多くの言語の入門書では綴りと発音の関係を解説した後「英語のように一つの綴りがいろいろに読まれることはない。ローマ字読みで大丈夫」と書いているのです。これはローカルルールに従えばよいということです。

現代英語も実際には綴りを見れば発音が分かるものが大多数です。当然日本のローカルルールである「ローマ字」とは違います。
それにしても他言語に比べ複雑なのは発音が変化したのに綴りが変化していないというまさに「歴史的仮名遣い」であることと、11世紀ごろからフランス語から大量の単語を輸入したため英語本来のローカルルールと「フランス語のルールが英語なりに変化した新しいルール」が混在しているためです。

英語は世界の広い範囲で使われるため今更綴りを改訂するのは困難であること、綴りを変えると語源との関係が分かりにくくなったり同音異義を区別できなくなる(cite - site / night - knight)ことなどがあり今後も大幅に綴りが変わることはないと思われます。

このような状態ですからネイティブでも綴りを間違えることはあります。しかしこれを逆手に取ってわざと綴りを変える言葉遊びがしやすいのも英語の特徴です。 kool, moar, krazy, ezi などの綴りを見たことはありませんか?英語の「おおざっぱなルール」で読めばもとの単語はすぐ分かりますね。

お考えの通りですし、他の方が指摘されているとおりです。ただ一点変なところで言葉の捉え方のために妙な誤解が起きているようなので補足します。

「ローマ字読み」という言い方は二通りの捉え方があります。「ローマ字」を「日本語を表記するもの」と狭く考えると、全く違う言語である日本語と英語は今も昔も発音が似ているはずがありません。

「ローマ字」とは文字の名前で「ラテン文字」とも言います。ローマ字はもともとラテン語を表記するためのもので母音の長短やアクセントの位置以外は正確にラテン...続きを読む

Q[can do]と[can be done]の違い?

NHKテレビ英会話講座より
Interesting idea, but sorry. That can't be done with these ropes.
面白い考えだけど、残念。このロープはそれができないんだ。
(質問)
[That can't be done.]についてお尋ねします。
(1)done は受動態でしょうか?それとも形容詞としての機能でしょうか?
(2)「それができない」をThat can't be done.で表現していますが、
That can do.とthat can be done.の違いがわかりません。初級者にも解る、易しい説明をお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。いつもご丁寧なお返事を有難うございます。

ご質問1:
<done は受動態でしょうか?それとも形容詞としての機能でしょうか?>

ここは、受動態になります。

1.確かにbe doneは特殊な用法で、形容詞的な用法がありますが、それは「結果としての完了の状態」を表し、「~し終わっている状態である」という、完了の状態で使われています。

2.ところが、この例文では、「このロープで、それをすることができない」という「する」という動作にポイントが置かれています。何をするというアイディアなのか、ここでは推察できませんが、何らかの動作であることは明瞭です。

3.それは、with these ropesという手段を表すwithの使い方によってもわかります。「ローブを手段に使って」というわけですから、何か動作をするのです。

4.従って、このdoneは「動作がなされる」という意味の、受身となります。


ご質問2:
<「それができない」をThat can't be done.で表現していますが、
That can do.とthat can be done.の違いがわかりません。>

(1)これらのdoは代動詞ではなく、動詞です。

(2)That can do:
このdoは「うまくいく」という意味の自動詞になります。

意味は「それはうまくことができるよ」→「うまくいくよ」となります。

(3)that can be done.:
このdoは「~をする」という意味の他動詞になります。

目的語が主語になって受身になっているのです。
例:
You can do that.
That can be done (by you).

動作の主体である人(you)が、特に訳す必要がない場合は、by youが省略されることがあります。

(4)ここでは、主語が誰と特定しているのではなく、「そんなことは、誰もできない」と言いたいので、主体は誰であってもいいのす。

そのため、主語に焦点をあてた能動態ではなく、目的語thatに焦点をあてた受身の文になっているのです。この文のポイントはThat「そんなこと」=「そのアイディアの困難さ」を強調した否定文となっており、そのために使われた便宜上の受動態なのです。

(5)受動態によって、能動態より強調を表す表現はいくらかあります。

例:
The typhoon damaged the village so much.
The village was so much damaged by the typhoon.
「台風の被害を沢山受けた」
など、被害を強調する時なども、受動態の方が能動態より効果があります。

以上ご参考までに。

こんにちは。いつもご丁寧なお返事を有難うございます。

ご質問1:
<done は受動態でしょうか?それとも形容詞としての機能でしょうか?>

ここは、受動態になります。

1.確かにbe doneは特殊な用法で、形容詞的な用法がありますが、それは「結果としての完了の状態」を表し、「~し終わっている状態である」という、完了の状態で使われています。

2.ところが、この例文では、「このロープで、それをすることができない」という「する」という動作にポイントが置かれています。何をするというア...続きを読む

Qワードのスペルチェックでイギリス英語をデフォルトに設定

ワードで英文を書いている時に,デフォルトのスペルチェックはアメリカ英語になっているかと思います
言語の設定で英語(英国)に設定しても,ワードを再度立ち上げる等の操作をすると,再びアメリカ英語でのスペルチェックに戻ってしまいます
常にイギリス英語でのスペルチェックを行う設定にすることはできないのでしょうか?
どなたかご教授お願いします

Aベストアンサー

Office のバージョンは?
2003 の場合では
スタート-プログラム-Microsoft Office-Microsoft Office ツール
Microsoft Office 2003 言語設定 の
使用する言語タブで Microsoft Office アプリケーションの既定動作を定義する言語を選択で 英語(英国) を選べば・・・
2002 以降のバージョンであれば表記は異なりますが設定できるかと。

Q『Yes, we can』の『can』は能力可能ですか?

『Yes, we can』の『can』は能力可能ですか?

日本語の可能表現は大きく能力可能と状況可能にわけられます。
例えば能力可能は
・私は泳ぐことができます。
・私は車の運転ができません。

状況可能は
・(汚くて)この海で泳ぐことができません。
・(道が空いているので)スムーズに車の運転ができます。

という「できます、できません」の例文が挙げられます。


『Yes, we can』はオバマ大統領が演説で使用した有名なフレーズですが、この『can』は日本語に訳すと能力可能か状況可能のどちらのニュアンスがあるのでしょうか?
私は能力可能と解釈しているのですが…

それとも単純に能力可能と状況可能のどちらかに分類するというのができないニュアンスが含まれているのでしょうか?

どなたかご教示いただければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

能力があっても、しない場合もありますよね。

そんな場合の喚起の言葉が、「yes、we can」だと思います。


例えば、教室で誰も掃除をしないと、ゴミだらけになって、それが当たり前になると、他のことも投げやりになって、教室掃除をしないだけのことが、だんだん他の事もおざなりになっていくことになるわけです。

掃除の時間に騒いでお喋りをしている⇒授業中も騒いでお喋りをするのが不自然ではなくなる。

先生もそれに対して、それが普通ということに慣れてしまい注意しない。

生徒は注意されないことに慣れてしまい、大人である親が言っても、聞かなくなるわけです。

それが非行につながり、大きな事件を起こして警察に捕まっても、「なんで駄目なんだよ いいじゃねーか 今まで言われたことはねーんだよ」となってしまう。


本当はやれる・能力がある のにしないので、しないのが当たり前・普通になってしまうわけです。


そのしないことが当たり前・普通の状態になっているところに、「我々はやればできます・できるんですよ・やりましょうよ・変えることができますよ」と刺激を与えるわけです。


しないことが当たり前となっている人が、言われて「あ そうか できるよな やれるよな 何で今までやらなかったのだろう」って意識が変わるわけです。


だからこの場合、 「私は泳ぐことができます。」「運転ができます」という能力に関することを言っているのではなく、、、、

「やればできるんですよ 私たちは」と意識をさせる。。。喚起を呼び起こすために canが使われているのだと。

we do とはちょっと印象が違いますよね。

canの方が強く訴える効果がある。

って思います。

ですが、何か障害があってできなかったわけですから、「できるのなら 今までどうしてできるのにしなかったのか」となり、問題意識を持つことができるようになるわけです。

で、canといわれて どうれば可能なことができるようになるか って考えるようになる。

つまりcanは意識づけとして使われているんじゃないかと。


で、たやすくできることにcanを使っても効果が無い。
今までやってこなかったが、やればできる可能性を持っていることに対して can と意識づけに使う。

「やれるか?」と聞かれて「やります」と答えるわけですが、「やる意志があるか?」という意味なので、「はい やる意志があります」 つまり yes i can となるわけです。
we の場合も「やろうよ」というか、、、そんな賛同を狙った発言だと思います。


という風に感じました。

能力があっても、しない場合もありますよね。

そんな場合の喚起の言葉が、「yes、we can」だと思います。


例えば、教室で誰も掃除をしないと、ゴミだらけになって、それが当たり前になると、他のことも投げやりになって、教室掃除をしないだけのことが、だんだん他の事もおざなりになっていくことになるわけです。

掃除の時間に騒いでお喋りをしている⇒授業中も騒いでお喋りをするのが不自然ではなくなる。

先生もそれに対して、それが普通ということに慣れてしまい注意しない。

生徒は注意されないことに...続きを読む

Q英語のスペルが予想できない。

 私は日本の野球で活躍した外国人選手を英語の公式サイトで成績の検索をするのが趣味なんですが、英語がまったくわからないので、選手名の正しいスペルが解からなく、検索が出来ない事がよくあります。

 どうやったら、大体でもいいのでスペルが予想できますか?
 例えば以下の名前はどういうスペルでしょうか?

 ボブ・ホーナー
 私の予想は[bob houner]
 かと思っているんですが・・・

Aベストアンサー

おもしろい質問ですね。
横レス的回答をおゆるしください。

◆専門家でも、英語名のスペルを正確に当てるのは、ほぼ不可能なのです。
 理由がいくつかあります。

(1)カタカナへの直し方にもよる場合:
たとえば故レーガン元大統領は、Reagan と綴るので、リーガンというカタカナで日本のメディアに紹介されていました。でも正しくは「レイガン」と発音するんです。でも、レイガンという発音からは Reagan という綴りを思いつくことは、まず不可能です。ea をエイと読むのは例外だからです。

(2)そもそも何種類もの綴りがあったりします。
 「マグワイア」「マクドナルド」「マックライト」のように、読み方の分かれる「マック」ですが、人によって正式な綴り方が違ったりします。Mac- となっていたり Mc- となっていたり、M'- となっていたり、Mc-の c を小さく上に寄せて書いたりします。
 キャサリンという女性の名も、C で始まることもあれば、K で始まることもあります。

◆英語の固有名詞は、たくさん数に触れていくしかありませんが、それでも予測不能です。専門家も泣いています。綴りだけが分かっている場合、今度は読み方が分からない、ということもザラなのです。

◆こんな話があります。
 ロード・オブ・ザ・リングの原作者 Tolkien の名の正しい読み方を、ほとんどの人が知らずにいます。日本では多くの書物でトールキンと紹介されていますが、都立大名誉教授の忍足欣四郎氏が直接 Tolkien 氏の娘か孫だかに尋ねたところ、トルキーンだった(※トにアクセント)という話があります。

◆だから、ネット検索では、できるだけ「野球」とかチーム名を入れて、条件を絞っていって見つけるしかないようです。
 苦労するのは、あなたが書いておられるような「英語がまったくわからない」というのが理由ではない、と言いたくて、書かせていただきました。(笑)

おもしろい質問ですね。
横レス的回答をおゆるしください。

◆専門家でも、英語名のスペルを正確に当てるのは、ほぼ不可能なのです。
 理由がいくつかあります。

(1)カタカナへの直し方にもよる場合:
たとえば故レーガン元大統領は、Reagan と綴るので、リーガンというカタカナで日本のメディアに紹介されていました。でも正しくは「レイガン」と発音するんです。でも、レイガンという発音からは Reagan という綴りを思いつくことは、まず不可能です。ea をエイと読むのは例外だからです。

(2)...続きを読む

Q“無生物主語 + can help + O + [to] +原型” の“can”は何故あるの?

次々と質問しちゃってすみません。

Book can become our best friends. They can help you to know interesting people whom you may never meet personally. They can help you to travel to distant places and to understand distant times.

(書物は我々の最良の友になりうる。書物のおかげで、個人的におそらく会うこともない興味深い人々を知ることができるのだ。書物のおかげで遠いところまで旅行したり、昔のことを理解することができるのだ)

この文に2カ所ある
“They can help you to know”の“can”の用法がわかりません。

というのは、主語が無生物主語のときは、
“S + help + O + [to] + 原型”「SのおかげでOは~できる」
と訳すから、あえて“can”は要らないと思うんです。

canの存在意味を教えてください。

次々と質問しちゃってすみません。

Book can become our best friends. They can help you to know interesting people whom you may never meet personally. They can help you to travel to distant places and to understand distant times.

(書物は我々の最良の友になりうる。書物のおかげで、個人的におそらく会うこともない興味深い人々を知ることができるのだ。書物のおかげで遠いところまで旅行したり、昔のことを理解することができるのだ)

この文に2カ所ある
“They can help you to know”の...続きを読む

Aベストアンサー

>“They can help you to know”の“can”の用法がわかりません。

○ この「can」は「可能」ではなく「可能性」や「推量」を表します。その場合の訳は「~できる」ではなく「~する可能性がある」か、または「~するだろう」です。

>主語が無生物主語のときは、“S + help + O + [to] + 原型”「SのおかげでOは~できる」

○ たしかに「・・・のおかげで~できる」という意訳をつけても良いと思います。しかし、「help」の本来の意味は「手助けする、役に立つ、補助的な働きをする」です。単なる「~できる」とは少しニュアンスが異なります。「直訳」の方が元の英文の正確な意味を表すこともあります。

○ お尋ねの英文の全訳です。

意訳:「書物のおかげで、あなた方は遠いところまで旅行したり昔のことを理解することができるだろう。」

直訳:「書物は、あなた方が遠いところまで旅行したり昔のことを理解するのに役立つことでしょう。」

Q英語はスペルも手で書けないと駄目ですか?

英語はスペルも手で書けないと駄目ですか?
センター試験を将来受けたいのですがチャート式新総合英語やってると特に書き取りはないし、センター試験は全部マークシート式とかパソコンで回答したりするのでしょうか?

中学の先生に言われてやっている基礎英語でもそんなに書き取り筆記は重要ではない感じです。
英検2級でも(3級は何とか昔とりました)筆記は重要ですか?

それとも、読めて訳せれば英語のスペルまで正確に暗記しなくて良いですか?

Aベストアンサー

#1です
2次試験の英語は筆記で記述ですよ
一部でリスニングもあるけど極少数

QCan I askとCan I ask a questionの違い

Can I ask? と Can I ask a question?ってどう違うんですか?
askは尋ねるって意味でquestionは質問って意味ですよね
似たような意味なんだからquestionは取ってCan I ask?にしてもいいと思うんですけど…
questionをつけないと文章的におかしいでしょうか?

Aベストアンサー

questionがことさらつけば、付けただけの意味があるので、そこは聞き手が受け止めてね。

訊きたいことあります

訊きたい質問あります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報