痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは、
質問タイトルの件ですが、自分の作品を他の作者に送る際、
どんな文書の手紙を書いたらいいでしょうか?
机の下とか 謙遜な言葉、文書を教えて下さい。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どのような作品かわからないのですが


絵とか写真とかではなく文章のものと推察されますが
どうなんでしょう?

もし、なにかしらの文の作品を作られたのなら
文を紡ぐ作者として御自分の言葉で手紙を書かれたら
よいのではないでしょうか?

せっかく作品を生み出されたのに
誰かの言葉を参考にした手紙を添えるのはもったいないじゃないですか?

別に謙遜しなくても、ご自分の想いを書かれたらよいと思います。
    • good
    • 0

ご質問では文章作品とはおっしゃってませんね。

モノが何にせよ、たぶん普通は「拙作」などと書くのではないでしょうか。
もしちょっと大仰すぎる感じがするなら、「拙い出来ではありますが」と先に書いて、そのあとに差し上げる旨をまとめてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

拙作 とかじゃないですか?

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q自分が凡人であると謙遜して言うとき

自分のことを人より特に優れたところがなくて平凡であるとへりくだって言いたいとき、『凡人』以外に何か適切な言葉はありますか?言葉が出てこないものですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

「若輩者」はよく使われますね。
あと「浅学非才」も。

両方を組み合わせて
「浅学非才の若輩者ですが・・」など。

直接自分のことを指す言葉ではないけれど
スピーチの時など、
「甚だ微力ではございますが・・」とか
「僭越ながら・・」なんて
使いますよね。

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「稚作」のよみかたを教えてください。

タイトルの通り。
私のつたない作品の意味で使われる「稚作」の読み方を教えてください。

ネット上の辞書を探しても出てこなかったので、もしかすると
間違いの言葉なのかもしれません。「拙作」とかと。

Aベストアンサー

 “稚拙”ということばがありますね。
 未熟なしかた、作品を“稚”というと字を、書き言葉の中で遣いますね。
 従って“ち さく”と読む。字書や漢字変換になくても、そういうことばの遣い方でしょう。
 全部の、どんな人のどんな場合の言葉の遣い方も全部字書に登載することは考えられないですね。


人気Q&Aランキング