【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今年の春、母が永眠しました。
・・で、今日、墓石を設置しに石材屋さんが来るのですが、
知り合いに、設置に来た業者の方に
それぞれ、心づけ(この言葉で合っているのかわかりませんが?)
を渡さないといけないみたいなことを言われました。
いくらぐらいの相場なのか全然わかりません。。。
また、建立は祝い事になるので、赤ののし袋で。であってますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

端的に言ってしまえば気持ち次第で良いことだと思いますが、新しく建立されたと言う事はお祝い事ですから、ご祝儀ということで5千円か1万円(その差は仕事の丁寧度で量られ)程度はお包みなるほうが宜しいかと思います。


ちなみに我が家も今年建立しましたが、その際は1万円包みましたよ)

>建立は祝い事になるので、赤ののし袋で。であってますか?
はい、赤のしと言う言葉はありません、紅白結びきりの祝儀袋にお入れください。

↓には3~5千円とありますね
http://www.aoishikiten.com/sougi/ofuse.shtml
    • good
    • 0

2です、少々付け加えさせてくださいね。


1番の方へのコメントを読んで思ったので・・・

>今、すでに来られて作業をしていただいてます。
午後にかかると言う事を聞いてましたので、
お昼の折は用意しています。

普通は開眼法要(納骨)の際にお渡しするものだと思います。(全て終了してから)
今日は墓石の設置だけなのであれば、まだお渡しにならなくても宜しいかと思います。

間に合えばよいのですが・・・
    • good
    • 3

赤のしで・・・1万円でOKです。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いろんな方に聞いたところ、
*墓石代に設置料も含まれているので、不要。
*3千円程度。
*5千円。
ということでした。
今、すでに来られて作業をしていただいてます。
午後にかかると言う事を聞いてましたので、
お昼の折は用意しています。
参考にさせていただきますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/18 08:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお墓を建てたときのお礼について

現在お墓をたてている最中です。来月頭に据付することになっています。ここの検索で石材店のお礼というのがかかって初めて知ったのですが、石材店にお礼ってしなければいけないのでしょうか?
仏壇を購入した時も知らずにお礼はしていません。
地方によっても違うものなのでしょうか?(当方中国地方)
もしもしなければいけないとしたら、納骨のときに立ちあってくれる人にだけすればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

地方習慣にもよりますが、お礼・志・心付け・ご祝儀といういろいろな形でお渡しすることもあります。
お墓を建てた場合の法要は、お祝いの法要となります。したがって家を建てたときに建て前(上棟式)や新築祝いで、棟梁や飛びの親方にご祝儀を渡すのと同様にご祝儀やお礼という形で差し上げる場合もあります。(昔は多かったですが、今は家の建築でも行わないことが多くなったので減ってはいます)
また、葬儀の際に、葬儀社や火葬場の火夫さん、運転手さんなど送葬に関わった方々に志や心付けを出す習慣も以前は全国的でしたが現在ではかなり無くなりつつあります。これと同様に、納骨に立ち会ってくださった石材店さんに志や心付けを出す習慣もあります。
ただ、ご質問の「しなければいけないのでしょうか?」には、してもしなくても良いと回答させていただきます。
あくまで、気持ちの問題であります。
石材店さんとのお付き合いがこれからも続くのかどうか(管理が石材店であるとか、御茶屋として使うとか)とか、古い習慣のある地域なのかとかで判断するしかないと思います。合掌

Q石屋さんに渡す「志」

明日、祖父の四十九日の法要があり、納骨をします。
その際、石屋さんに「志」として、お礼をお渡しするのですが、その「志」に金額は記載すべきなのでしょうか??

それとはまた別に…
先日、前もってお寺さんに、法要の際のお塔婆をお願いする為、電話をしたところ「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
なので、金額は2万円をお支払します。
それで、今日、親戚がそのお寺へ別件で伺う用があり、ウチのお墓にお参りして来たそうなのですが…その親戚から「お墓に名前がまだ彫られていなかったけど、どうなっているの?」という電話が掛かってきました。

納骨までに名前は彫られているものでしょうか?
また、石屋さんにお支払する「志」には納骨の際に墓石を動かしてもらう工賃だけで、名前を彫って頂くにはまた、別にお支払しなければならないものでしょうか?
普通はどうなんでしょうか?

あと、卒塔婆料の袋には、裏書で金額記載すべきでしょうか?
何本分とか?
数え方は本?基?どちらでしょう?

Aベストアンサー

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備にも手間を掛けます。何が起こるかわからないリスクを負って向かうので、それらを考えると2万円も妥当かなと思えるのです。

墓誌の彫刻代なら「石屋さんは儲けがない」金額です。ただし
○石屋さんとお寺さんは日ごろからお付き合いがある。あるいは霊園の指定業者である。
○墓地は売り出し中で、割と頻繁に墓地に出入りしていて、建て込みの片手間に墓誌の脱着ができる。
だったら、2万円でも不可能ではありません。

原則的には、彫刻は別途石屋さんに依頼するものです。普通はお寺さんとお付き合いのある石屋さんを紹介してくれます。
それにしても、お寺さんが金額を直接指定するのは不思議な気がします。

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備...続きを読む

Q納骨時に、石屋さんに「気持ち」は必要?

近日中に、亡夫の納骨を行います。
墓を建てた石材店には、3万円で納骨をしてもらいますが、その際に、寸志などは必要でしょうか。
特段、用意しないつもりでいるのですが…。

Aベストアンサー

 必要ではありません。
おさい銭と同じです。あなたの気持ち次第です。
十分に包めば、充実感があり、堂々とふるまえます。
少なければおどおどするでしょうね。

子育ての最中には5000円の香典にも躊躇しました。
 リタイアして、焼香に行けば最低10000円払います。
葬儀の最初から最後まで、堂々とふるまえます。弔問外交とでも申しましょうか。
斎場の入り口付近に立ちふさがっている市議会議員らも、体で押せるようになりました。

石材店にの現場さんに、小さな不祝儀袋にで2000円程包んで「ジュースでも飲んでください。」と貴方のお名前だけ書いて
渡しても良いのでは?  1000円@人 見当なら十分です。
まとめて5000円も包めば、堂々とふるまえます。

もちろん約束の3万円を現金で払えば、バブル期も終わったのでこれでも十分です。
 すべて、貴方の度胸次第です。

Q石材店さんへのお礼について

お墓を建てる事になったのですが、その際に石材店の方にお礼(祝儀?)と食事料を渡そうと思うのですが、表書きと祝儀袋はどのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

お披露目ですから「祝い事」となりますので、石材店には紅白ののし袋に「御礼」でいいかと思います。お寺さんにも同様で表書きは「御布施」か「供養料」とします。仏壇の購入の際も同様です。

参考URL:http://www.taka.co.jp/okuru/o-sou14.htm

Q墓石開眼供養時の石屋さんへのご祝儀は?

カテゴリー内を拝見したのですが見つけられず質問させていただきます。
昨年主人が若くして急逝し、分家ということで新しくお墓を建てる事になりました。
次の日曜に1回忌と墓石の開眼供養と納骨を行うことになり
昨日の大安に石屋さんがすでに設置ずみで、当日の用意も
こちらがお供えの材料を揃えればすべて整えてくれる、というお話なのですが
この場合、石屋さんへの「ご祝儀」というのは必要ないのでしょうか?

墓石の建立については一切を主人の父親が取り仕切り
田舎ということもあって、私の予想からというか
普通の感覚から思えば法外な値段のお墓を、
石屋さんに言われるままに注文したようで
「あれだけの大金を支払うのだから余分には必要ない」と義父は申しますが
墓石の建立、開眼は慶事として扱うときいておりますので
一般のマナーとしては「ご祝儀」を包むべきではないかと思うのです。
お寺さんにお尋ねしましたら、それは個々の判断で、とおっしゃいますし
義父は出すつもりはないようで、私の息子と義父の先々の付き合いを思うと
勝手なことをして機嫌を損ねるのも不本意でどうしたものかと困っています。
もし、お渡しするのが常識だとすれば当日の朝にお供えを取りに来てくれた時に
石屋さんへこっそりとお渡しする事はできると思うのですが、
強いて必要ないならさわらぬ舅に・・・で、と考えています。

経験者の方や、石屋さん関係の方でご存知の方がいらっしゃいましたら
どうかアドバイスをお願いします。

カテゴリー内を拝見したのですが見つけられず質問させていただきます。
昨年主人が若くして急逝し、分家ということで新しくお墓を建てる事になりました。
次の日曜に1回忌と墓石の開眼供養と納骨を行うことになり
昨日の大安に石屋さんがすでに設置ずみで、当日の用意も
こちらがお供えの材料を揃えればすべて整えてくれる、というお話なのですが
この場合、石屋さんへの「ご祝儀」というのは必要ないのでしょうか?

墓石の建立については一切を主人の父親が取り仕切り
田舎ということもあって、私の予...続きを読む

Aベストアンサー

石屋へ祝儀などは特に必要はありません。
冷たい飲み物でもとポチ袋に数千円を包んで渡してもいいかもしれません。

Q墓石建立祝いのお返し

父が亡くなり、お墓を建てました。その際、伯父(母の実兄)から「墓石建立御祝」として現金をもらいました。母は遠慮したのですが、祖母(母の実母)が亡くなった時に伯父がお墓を新しくし、その時に妹である母と母の姉がお金を出したので、そのお返しでもあると言っているそうです。しかし、その時には半額相当の商品券を、お返しとしてもらっています。このような場合、伯父に対するお返しはどうしたら良いのでしょうか。また、お礼をする場合、「御祝」としてもらったものに対して、お返しはどのようになるのでしょうか。おめでたいことなら「内祝い」としてお返しできるのでしょうが、いくら墓石を建立したとはいえ、父が亡くなったために建てたのですから、全然めでたくはありません。初めてのことなので、全く分からず困っています。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お墓はお父様の一周忌にでも合わせて建てられたのでしょうか。
お墓を建てるのは、家を建てるのと同じ慶事なのです。開眼法要に参列する親戚の人は、「御開眼御祝」を祝儀袋(紅白)に包むのが、本来の儀礼です。ただ、最近は開眼法要と年忌法要をまとめて行うことも多く、「御仏前」か「御供料」を不祝儀袋につつみ、開眼祝を省略する人がほとんどのようです。
伯父様が「御祝」として下さったことは、決して間違いではありませんので、「内祝い」としてお返しすればよいということになります。しかし、あなたがめでたいことではないとお思いなら、「志」として、不祝儀袋でお返しすればよいとも思いますが、伯父様からは、マナー知らずと思われなくもありません。

Q引出物はお寺さんにも渡すのでしょうか

もうすぐ義父の四十九日があります。ネットで検索したところ、「僧侶にも引出物を渡す」といった説明がありました。引出物は僧侶にも渡すものなのでしょうか。ちなみに、法要後僧侶は食事に列席されます。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 忌明けの法要の「粗供養」ですね。

 お渡しされているのが多いですが、100%ではありません。

 法要終了後にお寺さんがすぐに帰られるときは、皆さんが持ってこられるお供えの「おさがり」をお分けしている時間がないので施主よりの粗供養だけお渡ししています。 
 今回は法宴までご一緒なら、おさがりも間に合いますからそれも入れられたらいいと思います。

 みなさん気づかれてないかと思いますが、法要だけでなく通夜・葬儀の時にも通夜供養・当日供養はお寺様にお出ししていることもありますよ。
 
 ただ、地域によって慣習は異なりますので、ご参考までに。

Q施餓鬼のお布施について

父が去年8月になくなりました。
一周忌のお経をあげてもらったときに、施餓鬼を8/17にやる。お布施は15万です。と言われました。
こんなに高いものなのでしょうか?正直こんな金額では払う気もなく、欠席しようと思っていますが、欠席したらお寺さんは気を悪くするものなのでしょうか?
当日欠席するとして、ほんの気持ちだけお布施するとして1万円とかでは少なすぎですか?

Aベストアンサー

宗派や地域差が有りますので、宗教行事は一概に答えは出せませんが、恐らく、寺施餓鬼の事だろうと思います。寺の運営は、檀家総代(何人かの役員で構成される)が会計報告をする(檀家にたいして)義務があります。寺の運営費は、普通は「護持会費」と言う名目で年一回檀家の位に応じて割り当てられます。その集まった金で、お坊様の家族の生活費一切と寺の運営に必要な費用もまかなわれます。
その他には「護持会費」ではまかない切れないような特別な出費が生じた場合は「割り当てでは無く、寄付金」と言う名目でのお願いが有る場合もありますが、飽くまでも、特別、出費であって、しょつちゅう要求される物では有りません。
護持会費の他に、葬儀が有りますが、←この収入はお坊様の別収入(チップを貰うのと同じ)なので、護持会費に組み込まれる事は有りません。←当然、税金も払いません。
---------
寺施餓鬼は、檀家が年一回、護持会費とは別に、お坊様へのボーナスの意味で檀家総代が催す性質の物で、お布施として適宜←額は多い程お坊様は喜びますので、くれる物は拒まずで受け取りますが飽くまでも、護持会費とは別なお布施ですので、遠方の方は、出さない(奇特な方は郵送するかも知れませんが…)場合も有り、←お布施的意味合いですから、出さないからと言って、檀家を追われるような事は有りません。
幾ら新盆(初盆)の家だからと言っても15万円もぼったくるのは、宗教家に有るまじき行為だ!と思いますが…

もし、合点がいかなければ、檀家総代に問い合わせて見ては如何ですか。

宗派や地域差が有りますので、宗教行事は一概に答えは出せませんが、恐らく、寺施餓鬼の事だろうと思います。寺の運営は、檀家総代(何人かの役員で構成される)が会計報告をする(檀家にたいして)義務があります。寺の運営費は、普通は「護持会費」と言う名目で年一回檀家の位に応じて割り当てられます。その集まった金で、お坊様の家族の生活費一切と寺の運営に必要な費用もまかなわれます。
その他には「護持会費」ではまかない切れないような特別な出費が生じた場合は「割り当てでは無く、寄付金」と言う名目で...続きを読む

Q石材店に対するお礼

石材店の方には新しいお墓の引渡しの時と納骨式にそれぞれ
祝儀・お礼としてお金を渡すのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1088121.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa992286.html


過去ログにとても良い回答があります。
地域によっても差があります。
心づけと同様なので、出さなければいけないという物ではありません。

Q位牌の開眼法要

母の49日法要と位牌の開眼法要をしました。
お仏壇の用意もしたのですが、仏壇開きは坊主さんの都合で別の日にする事になりました。
仏事と祝い事は別だと言うのです。
それで質問ですが母の位牌の開眼法要は祝い事ではないのでしょうか。
もし、祝い事なら法衣も着替えると聞きました。
49日のそのままの法衣で坊主はしたのですが変ではありませんか。
仏壇開きには、法衣は違うと聞きました。

Aベストアンサー

こんにちは。
霊園の管理人をしております。

>位牌の開眼供養は仏事か祝いかを知りたいと思っています。
位牌の開眼も、祝い事です。

祝い事であるなら、何故、着替えなかったのか?
何故、仏壇の開眼だけ別の日にしたのか?
と思われたということでしょうか。

お墓もそうですが、仏壇は一家(一族)に対して一つですが、
今回のお母様の位牌はお母様一人のものですから、仏壇の開眼
のように、お母様の供養から切り離す事は出来ません。
着替えるか否かですが、厳格には、法要と法要の間に小休止を
入れて、着替えたり、ネクタイを変えたりします。

着替えなかったという事は、それがデファクトスタンダード
になっているのではないでしょうか。
私は霊園の管理人なので、仏壇に関わる法要の実態は分かりませんが

お墓の例でいうと、お墓でも、お墓の開眼法要と納骨法要が同時に
行われます。宗派問わず9割以上のお寺さんが、一番最初に納骨
しておいてくれと言われます。
しかし、厳格には、開眼法要の後で、納骨をするものです。
つまり、お寺さんが手抜きした間違えたとかではなく、それが
デファクトスタンダード、つまり既成事実となっているのだと
思います。

余談になりますが他にもそういった事はあります。
既にご存知かもしれませんが、皆さん黒白の熨斗袋に御布施を
入れて渡されますが、お寺さんに不幸があったわけでもないの
ですから、本来、黒白は不可です。しかし、みんなそうするので
お寺さんは普通に受け取ってくれます。

悪く言えば、手抜きに見えるのかもしれませんが、よく言えば
実態に沿って対応しているという事ではないでしょうか?

こんにちは。
霊園の管理人をしております。

>位牌の開眼供養は仏事か祝いかを知りたいと思っています。
位牌の開眼も、祝い事です。

祝い事であるなら、何故、着替えなかったのか?
何故、仏壇の開眼だけ別の日にしたのか?
と思われたということでしょうか。

お墓もそうですが、仏壇は一家(一族)に対して一つですが、
今回のお母様の位牌はお母様一人のものですから、仏壇の開眼
のように、お母様の供養から切り離す事は出来ません。
着替えるか否かですが、厳格には、法要と法要の間に小休止を
入れて、着替...続きを読む


人気Q&Aランキング