私はアルマゲドンという映画がなぜ大ヒットしたか理解できないんです。どうも手抜き作品であり、お金とCGだけで観客をだました映画としか思えないんです。  私には同じ時期に公開されたディープインパクトの方がはるかに完成度の高い作品でもっと大ヒットすべき映画なのではと思います。
みなさんアルマゲドンって歴史に残るほどの名画って思いますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

かなり同意見です。

私も『アルマゲドン』を見て
すべてに中途半端さを感じずには居られませんでしたし。
すべてが薄かった気がします。
人間模様がすべて上の方だけ沢山のエピソードちょっと
集めてみましたーって感じで。
これ以来この監督が撮る作品は見ないだろうなと実感。
一作目の『バッドボーイズ』は面白かったのですが…
その点、ディープインパクトの人間性、心の葛藤
すべてのエピソードに共感し、人間をディープに描いた
作品だなと思いましたよ。
確かに、海が押し寄せて山の頂上で助かってしまうみたいな
設定など少し無理はあったように思いますが(笑)
それを思ってもパニックシーンよりも人間の心の葛藤を
描いたこの作品の方が勝っていると思います。
アルマゲドン…、どういっていいのか悩みますが…
ヒット間違いなしだなと作られただけの作品かなと。
忠誠、犠牲、恋愛、家族をテーマにした娯楽作品ですね。
どこかを心の深くに刻み込むようなエピソードや
深く考えさせられる部分は微塵もなかったです。
単調に見れてしまったと言うのが最大の私にとっての
この映画の難点だったかも。
深く考えればおかしい事も多々あるし(笑)
人それぞれなんでしょうけどね…こればっかりは。
    • good
    • 0

私が始めてみた時ぼろぼろ泣いてしまいました。


なんてすばらしい映画なんだと思っていたのですがこの前テレビでやったとき見たら
「?」こんなもんか?と思ってしまいました。

なぜ一回目にあれほど感動して2回目にしらけてしまったのか理由を考えると
私が変化しただけかもしれません。(空想科学[映画]読本を読んでそういえばそうだよなと思いました。でも、科学的にはディープインパクトも五十歩百歩らしいです)

歴史に残るほどの名画ではないと思います。

どっちが良いかといわれると大して変わらないような気がします。
2本連続で見たら分かるかもしれないけど。
    • good
    • 1

こんにちは。



個人的には、どっちもどっち。駄作だと思います。
内容は「アメリカ万歳、アメリカが世界を救い・アメリカだけが生き残る」
科学的にもでたらめだし、描かれる人間像もハリウッド的に紋切り型で薄っぺらい。オチも、映画が始まったところで予想できるほどの予定調和ですし。

ただ「アルマゲドン」の方が大衆受けする流行の役者を沢山揃えて、宣伝を派手に売った効果が出ているのでしょう。
ハリウッド娯楽大作映画は、宣伝だけで内容が伴っていないのも沢山ありますから・・・。

アンチハリウッド派の映画ファンの私見でした。
(ハリウッド作品が全て駄目と思っているわけではありません。念のため)
    • good
    • 0

個人の趣味や主観の世界の話ですから


一概に「あれは●●だ!」と決め付けられる世界ではないので
あくまでも個人としては、、

同感ですね。しかもかなり同感ですね。

映画やドラマの場合、その人の知識や経験によって「面白さ」に差が出ます

たとえば、学校関係者が教師が主人公のドラマや映画をみたり、警察関係のひとが刑事物をみたりする場合は、やはり「んな、あほな!」みたいに思う事があるようです。

そのせいかどうか、、ともかく。
SFファンとしては、どうもアルマゲドンは、「やり過ぎ」の感がありました。
あれじゃ、宇宙版「ダイハード」みたいで。「んな、わけあるか~っ!!」って感じです。
ディープ・・の方が同じ題材としては好きですね。

ま、、でも 人それぞれ、、ということで。

ちなみに、まったく同じ感想を「ワイルド、ワイルド、ウェスト」を見た時感じました。
まぁ、、笑えましたけどね。
    • good
    • 0

はじめまして。



「もう一度、観たい!」とまでは思いませんでしたが、
そこそこ楽しめました。

自分にとっての映画は、あくまでお手軽な娯楽のようです。
映画館やビデオで満足するときといえば、
まず「分かりやすかった」が基本ですもん。

まわりの映画好きにすすめられたモノを
観ることも少なくないのですが、
自分にとっての「ハズレ」は意外に多いです。
その作品の“味わい”というものが、むずかしすぎて。

・・・というワケで、このテの人間に需要があるのではないでしょうか?
たとえ「駄作」だとしても。
    • good
    • 1

こんばんは。


どちらも見ましたが、確かディープインパクトだって十分な興行成績だったのでは?
どちらもいわゆる大衆娯楽映画だと思いますので、
ある線を越えればあとはマーケティングの力だったり、
勢いだったりしますよ。
単にアルマゲドンの方が「ネタ」(俳優、主題歌など)が沢山あり、
より「泣きやすい」仕掛けになっていた程度です。

また、良作がヒットしない事があるというのは映画の世界では普通です。
実際、派手な仕掛けのない、人間を丹念に描いた作品などは評価されてもヒットしませんし。
タイタニックだってあの沈没シーンがなければヒットしなかったでしょう。
(個人的には恋愛モノではなくSFの佳作だと思っています)

ただ「手抜き」ではないですよ。
むしろ「力作」でしょう。
初めからオスカー獲ろうなんて思ってませんから。

歴史に残るか?記録には残ると思います。
この先10年は「泣ける映画」にも選ばれるでしょう。
しかし例えば「市民ケーン」と同列に語られるか、と言えばノーです。

蛇足ですが、泣きましたよ、どっちの作品も。
変に難しい話を入れて半端になるよりは、
単純にした方が感じやすい、と言うことでしょうか。
    • good
    • 0

ディープインパクトのほうが、というのは個人の好みなので。

あの内容ゆえに身内ではチープインパクトと呼んでました。科学考証云々ではアルマゲドンより常識外れなだけではない程度と思うのですが。アルマゲドン自体は失敗作ではあるけれどウド・キアーとスティーブ・ブジェミのツーショトは楽しめましたね。

それはさておき、眼の肥えた人ばかりが映画を見に行くわけではないので、名前の知れた監督とプロデューサーと俳優を揃えて大量の宣伝を繰り返せばどんな駄作でもそこそこヒットします。シナリオがまずいのは、あれぐらいお金のかかった映画だとタイタニック同様、興行的な失敗は許されないので、どうしても万人受けする、結果的に凡庸な内容になります。巨匠と呼ばれる監督でも、予算の少ない初期作品のほうが面白く、莫大な予算を使った後期の作品が駄作になるのと同じことです。ここ10年ぐらいの作品のうち名作と呼ばれるものは単なるヒット作で、数十年後に名作として残るものはほとんどないのでは。
    • good
    • 0

 ブルースウィルスが主演で、アメリカが地球を救う映画だったから


アメリカでうけが良かったんでしょう。インディペンデンスデェイ
と同じと思います。
    • good
    • 0

かなり大味な内容の映画でしたねぇ・・・


不朽の名作かと問われれば、「違う」と答えるでしょうね。
同じ内容を扱ったことでディープインパクトとよく比較されるようですが、僕的にはどちらもあまり(以下略)といった感じです(w
    • good
    • 0

こんばんわ。



まったく同感です。
科学知識が少しでもあれば、
「そ、それはちゃうやろッ!」
と思わずツッコミを入れたくなるシーン満載ですもんね。

たしか
作家の山本弘さんが
「この映画で泣けるようなアホにならんでよかった」
的な内容の発言をされていたように思いますが
まったくそのとおりです。

なのにあれだけヒットするということは、
いかにわれわれの知識がデタラメで、
提示される情報には疑いの目を向けないかが、
示されたように思います。

逆の意味でなら歴史に残るでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルマゲドンのラストシーン

ビデオを撮ってみたのですが、最後が切れてしまいました。。。
ブルースウィルスが「オレが残る」といって娘(リブタイラー)と話すところで終わっちゃいました。
ラストシーンはどうなったのか教えて下さい。

Aベストアンサー

娘の恋人役がくじを引いて残るはずだった物を無理矢理ブルースウィルスが船に押し戻します。

いざ発進と思ったらエンジンがかからない。
いろいろアメリカの女性技師がみて多ところロシア人が「ロシアではこうやって直す」といってスパナで機器をたたきます。
映画なのでこれでエンジンがかかるようになり発進します。
星に残ったブルースはボタンを押そうとしますがガスや自身の関係で吹き飛ばされ後リミットまで数秒のと頃でようやく穴からはい上がってスイッチを押し見事に隕石は2つに割れて地球をそれていきます。
後はシャトルは無事に地球に到着。
ブルースの娘と恋人が抱き合っているところに軍人の宇宙飛行士がきて世界でもっとも偉大な絵中飛行士の娘さんと握手させてくださいといい、握手をします。

後はエンドロール。

Q映画「アルマゲドン」で科学的におかしいところありますか?

先日テレビで「アルマゲドン」をみました。
三度目ですが、よくできた映画だと再確認したしだいです。

ところでこの映画が封切られてまもなくのころ、友人がしきりにこの映画をけなしていました。
科学的な考証がなされていないということだったのですが、中身は、重力がどうのこうので、当時は意味がわからずいい加減に聞き流していました。

この映画の中で科学的におかしなところがありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「空想科学映画読本」 柳田理科雄/著 という本にここがおかしい旨が書かれているので要約いたします。
・銀河系のはるか彼方でもないのに、ましてや全長1200km(火星の直径の18%)もの小惑星が衝突の18日前(2000万km。火星までの四分の一の距離)まで見つからないのがおかしい
・軌道を変えるための核爆弾のエネルギーを得るためには4000億tのウランが必要だが、ウランの地球埋蔵量は600万t。
・小惑星の速度は3万6000km(衝突15日前)。月の重力を利用して最高速度3万6000kmを達成し背後からシャトルで追いつくという作戦だが、その時点で小惑星は太陽と地球の重力により加速されている(秒速17km=時速6万1000km)なので永遠に追いつけない。

参考URL:http://www.7andy.jp/all/search_result/?fromKeywordSearch=true&kword_in=%B6%F5%C1%DB%B2%CA%B3%D8%B1%C7%B2%E8%C6%C9%CB%DC&

Q映画アルマゲドンの主題歌

98年頃ブルースウィルス主演の「アルマゲドン」の映画で主題歌になってた
エアロスミスの歌がありましたよね
アルマゲドンのサウンドトラックでなくて、エアロスミスのその主題歌の入った
CDが欲しいんですが、あるでしょうか?

Aベストアンサー

最新アルバム『JUST PUSH PLAY』に収録されています。
なお、国内盤のボーナストラック扱いですので、間違って
輸入盤を買わないようご注意を。

参考URL:http://www.towerrecords.co.jp/TOWER/towercdj.nsf/SearchProductID/SRCS-2440

Q映画アルマゲドンについて

先日久しぶりにDVDでアルマゲドンを観ました。

以前アルマゲドンにはsawのアマンダ役のショウニー・スミスが脇役で出演していたと聞いた事があったので、探してみました。

ロックハウンドがバーでナンパしていた女性(2週間前に結婚したと言っていた人)がショウニー・スミスに似ていたので、この人の事だと思いました。

しかし今日ウィキペディアを見てみたら、キャストの欄にはストリッパーのモリーをショウニー・スミスが演じていたとの事!!(´・ω・`)

バーの女性が似ていたと思うのは私の勘違いだったのでしょうか?それとも2役やっていたのでしょうか?(モリーは化粧が濃かったのでよく顔がわかりませんでした)

どなたかご存じの方がいらしたら、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

モリーはLayla Robertsらしい。
Shawnee Smithはバーでナンパされてた人であってます。

https://vimeo.com/82445817
http://www.imdb.com/title/tt0120591/fullcredits?ref_=tt_cl_sm#cast

Q2月6日土曜日のアルマゲドンを見た方教えて!

変な質問で申し訳ないのですが、土曜日のテレビ放送のアルマゲドンを見た方いますか?本当にアルマゲドン放送していましたか?

実は私は初めのほうをちらっと見て、「あ、GODZILLAやってる」と思ってチャンネルを変えてしまったんです。で、映画が終わった頃新聞を見たらアルマゲドンって書いてあるのでびっくりして。。。でもあのシーンはどう見てもGODZILLAだった!私は夢を見たんでしょうか・・・??

Aベストアンサー

松田聖子がNY?をタクシーに乗っているシーンのあたりでそう感じたんじゃないでしょうか?
アルマゲドンはやってましたよ。

Q映画アルマゲドンでハリーが核爆弾スイッチを押す

シーンが、
グスコーブドリの人工的火山爆発起爆シーンや
鉄腕アトムの黒点正常化ロケット太陽突入シーンと
重なって見えます。
人類あるいは地球上生命を救うため身を捧げることを躊躇わない挺身思想は、
日本人特有のものではなかったのですか?

Aベストアンサー

あのラスト。確か、主人公のハリーには、愛すべき娘がいて、そして、息子同然に思い続けていた部下が彼女の恋人。

だから、世界を救う以前に、二人を救う事で、世界が救われる。

ハリーの場合、壮大な世界を救う意味での自己犠牲よりも、娘とその恋人を救う事で、二人の未来も救える。
それは、これからの世界を救うことにもつながると。
判断しての、自己を犠牲にして、新しい未来への種をまく。

それはなにも、一国の特権では無いと思います。

寧ろ、個々の人間性の問題だと思います。今回の、ハリー・スタンパーの様に。

だから、回答1方が言うように、様々な形で、自己を犠牲にして他を救うやり方は、アメリカ人独自の考え方と人間性によって、それぞれ形が違っているはずです。

結果として、自己犠牲によって世界が救われる結果になった落ちもあるはずです。

で、その場合、助かった人間が、犠牲となってくれた人へ、感謝をこめて祈るシーンや、歓喜の声をあげるシーンとか、これも様々な形で、生き残った事への喜びと共に、犠牲となってくれた人達への感謝の気持ちの表れのシーンも、数多く探せばあると思います。

あのラスト。確か、主人公のハリーには、愛すべき娘がいて、そして、息子同然に思い続けていた部下が彼女の恋人。

だから、世界を救う以前に、二人を救う事で、世界が救われる。

ハリーの場合、壮大な世界を救う意味での自己犠牲よりも、娘とその恋人を救う事で、二人の未来も救える。
それは、これからの世界を救うことにもつながると。
判断しての、自己を犠牲にして、新しい未来への種をまく。

それはなにも、一国の特権では無いと思います。

寧ろ、個々の人間性の問題だと思います。今回の、ハリー・スタ...続きを読む

Q夕日が海に沈むのは

非常におバカな質問で申し訳ありません

海に沈む夕日の写真を撮りたいなと思って
ふと気が付いたら、自分の住んでいる地域では
太陽は海から上って山に沈む感じです

で、もしかしたら太平洋側では太陽は海の方から
昇り、反対側に沈むのでしょうか?

日本海側では逆に海に沈むのでしょうか?

本当に馬鹿で無知ですみません

お教えいただけると大変ありがたいです
どうか、よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>もしかしたら太平洋側では太陽は海の方から
>昇り、反対側に沈むのでしょうか?
>日本海側では逆に海に沈むのでしょうか?
おおざっぱに言うとそうなりますよね。
日本地図を広げるか、頭の中で想像してみて下さい。
太平洋というのは、概ね日本列島の東側にありますし、日本海は西側に位置する地域が圧倒的に多いです。太陽は東から上り、西に沈むわけですから、日本全体で考えると太平洋側から上り、日本海側に沈むと言えると思います。

ただし、北海道の日高地方沿岸は、西側に太平洋があり、その先の陸地もかなり遠いので、恐らく「太平洋に沈む夕日」が見れると思います。
地図で見る限り、房総半島や伊豆半島の先端部、御前崎(静岡県)、和歌山県南西部、高知県南西部も同様だと思います。

Q『失敗作』とされている映画は、ヒットしなかったからなのか?作品そのものがダメなのか?

ここ何年かの例ですが、ウォーターワールド、キャットウーマン、ジャンパー、アイランド、大いなる陰謀等、公開当時から失敗作と言われていたり、いつの間にか俳優のキャリア上で汚点である、という評価をされる映画があります。

私個人ではウォーターワールド、キャットウーマン、アイランドは劇場で鑑賞して、失敗作どころか、お気に入りに入れてもいい程の面白さ・映像の凄さの作品でした。
ところが、興行成績では主演スターにしては期待程のヒットにならなかったからか?評価は高くない様です。
ま、ウォーターワールドはセットに金がかかり過ぎたのが原因だそうですし、キャットウーマンはハル・ベリーがラジー賞に選ばれたり、アイランドはプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーの手がけた作品でないのでマイケル・ベイ監督作にしてはヒットしなかった、という事は聞いています。

ジャンパーと大いなる陰謀は私は未見ですが、アメリカ国内での成績・評価は散々な様ですし…

個人の好き嫌いは勿論ありますが、失敗作とされる理由や条件には何があるのでしょうか?
因みにポストマン(ケビン・コスナー)、バトルランナー、アサシン(ニキータのリメイク)、ファイトクラブ等は世間の評価とは反対に私は大好きです。ってコトは私の感性がズレてるのかな(笑)

ここ何年かの例ですが、ウォーターワールド、キャットウーマン、ジャンパー、アイランド、大いなる陰謀等、公開当時から失敗作と言われていたり、いつの間にか俳優のキャリア上で汚点である、という評価をされる映画があります。

私個人ではウォーターワールド、キャットウーマン、アイランドは劇場で鑑賞して、失敗作どころか、お気に入りに入れてもいい程の面白さ・映像の凄さの作品でした。
ところが、興行成績では主演スターにしては期待程のヒットにならなかったからか?評価は高くない様です。
ま、ウ...続きを読む

Aベストアンサー

お金をかけ、事前宣伝に力をいれ、有名俳優を出演させ、一応名のある監督が演出をした「話題作」といわれる作品が、公開されたあと、酷評レビューなどによって、観客動員できなかったものは、製作側からみて失敗作とみなされるのではないでしょうか?

前評判が高いほどガッカリさせられることも多いですし、とはいっても作品自体は、好みがわかれるところですから、一概にはいえませんが・・・。

最近の作品、邦画では「日本沈没」や「隠し砦の三悪人」洋画では「紀元前1万年」のような作品でしょうか・・・。

Q好きな洋画の主題歌はありますか?

タイトルの通りです。
映画を見ていて、この主題歌(挿入歌も含む)いいなと思ったことあると思うのですが・・・
有名なので言うとセリーヌ・ディオンが歌う「タイタニック」のテーマソング、エアロスミスの「アルマゲドン」などがありますが何か好きな曲はありますか?
歌手や曲名が分からなくても映画(出来れば洋画で)の名前さえ分かれば結構です。いくつでもいいです。
私は映画「コン・エアー」「イレイザー」などが派手なアクションの割りに歌は大好きです。
お願いします。

Aベストアンサー

有名どころですが。
一部、映画音楽ではなく、映画で使われたクラシックもあります。
タイタニックのテーマも好きですが、「賛美歌312番」もいいですよ。
「善き人のためのソナタ」という映画の挿入曲で、素晴らしい名曲があるのですが、曲名が見つかりません。最初の方と最後の方に歌劇が出てくるシーンがあるのですが、最後の方の歌劇のBGMでほんの数秒流れるのでが、これは、きっと名曲に違いないです。見つからなくてとても残念です。

・ゴッドファーザー愛のテーマ
http://jp.youtube.com/watch?v=TPQwx7frJp4&feature=related
・ニューシネマパラダイス
http://jp.youtube.com/watch?v=7T05ZVCXtgQ&feature=related
・パイレーツ・オブ・カリビアン(彼こそが海賊)
http://jp.youtube.com/watch?v=Dv7-oLFKejA
・エデンの東
http://jp.youtube.com/watch?v=IIzgr-J1Sbs&feature=related
・オペラ座の怪人(Phantom of the Opera)
http://jp.youtube.com/watch?v=Ej1zMxbhOO0
・トップガン
http://jp.youtube.com/watch?v=ntOyTr_wZeg&feature=related
・スタンドバイミー
http://jp.youtube.com/watch?v=2kxUT9hw9a8
・スターウォーズEPI/Duel of the Fates
http://jp.youtube.com/watch?v=WyCigHHwOcE
・タイタニック/賛美歌312番 Nearer My God to Thee
http://jp.youtube.com/watch?v=BtE0Y6CTQMQ&feature=related
・プラトーン/Adagio for Strings
http://jp.youtube.com/watch?v=VxVkXj26qds
・オズの魔法使い/Over The Rainbow(虹の彼方へ)
http://jp.youtube.com/watch?v=X96sdKIxbdc
・ゴッドファーザーIII/カヴァレリア・ルスティカーナ
http://jp.youtube.com/watch?v=Ae1NfktyPjE
・ハンニバルライジング/ゴルトベルク変奏曲
http://jp.youtube.com/watch?v=rCuALWK6ZNg
・ハンニバル/「Vide Cor Meum」(ヴィードゥ・コル・メウム)

邦画も2曲

・菊次郎の夏/Summer
http://jp.youtube.com/watch?v=sHhtFOVSC0k
・戦場のメリークリスマス
http://jp.youtube.com/watch?v=ZY5J03EDe9k&feature=related

有名どころですが。
一部、映画音楽ではなく、映画で使われたクラシックもあります。
タイタニックのテーマも好きですが、「賛美歌312番」もいいですよ。
「善き人のためのソナタ」という映画の挿入曲で、素晴らしい名曲があるのですが、曲名が見つかりません。最初の方と最後の方に歌劇が出てくるシーンがあるのですが、最後の方の歌劇のBGMでほんの数秒流れるのでが、これは、きっと名曲に違いないです。見つからなくてとても残念です。

・ゴッドファーザー愛のテーマ
http://jp.youtube.com/watch?v=TPQ...続きを読む

Q「太陽がいっぱい」という映画はなぜヒットしたのか

1960年の仏・伊の映画「太陽がいっぱい」とは、
なぜ当時ヒットしたのでしょうか。
ヒットした理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

欧米ではある時期まではゲイや完全犯罪のようなペイする犯罪を映画で描くことはタブーでした(小説ではOKだったようです)。
ですから失うもののない無名の監督ならいざ知らず、功成り遂げた監督やメジャーな製作会社にはそれらを描くことは難しかったでしょう。
「太陽がいっぱい」も映画ではトムとフィリップがマルジュを取り合いましたが原作ではトムとマルジュがフィリップを取り合います(映画と実際の小説では一部人物名が異なります)、当然殺害動機も異なります。
また原作ではトムの完全犯罪は成功して続編の小説もあります。
原作者のパトリシア・ハイスミスはこの2点を取り上げて自分の小説と映画は別物と言い切っています。
しかしこの変更が逆にこの映画が当たった原因でしょう。

またクレマン自身も相当気合が入っていた、当時台頭していたヌーベルバーグと呼ばれる若手に対してベテラン健在をアピールしたかったようです。
撮影中はドロンとロネは仲がよくヒマなときは海でよく一緒に遊んだようです、それで日焼けしすぎてクレマンを困らせたようですがやんちゃな二人を辛抱強く使い続けました。

主題曲に対しても評価は高いですが当時発売されたレコードはいわゆるカバーの演奏もので、オリジナルのサントラは発売されませんでした。
理由は作曲者のニーノ・ロータが拒否した為だと言うことです、彼自身にとってはもっと素晴らしい代表作と呼べる曲が一杯ある、それなのにあんな単調なメロディの繰り返しの曲が代表作だなんていわれるのは心外だという気持ちがあったようです。

キャストについては確かにドロンのトムはハマっていました、しかし最初のキャスティングではドロンとロネの役は逆だったようですが後に入れ替えたと言うことです、この変更も当たった原因のひとつでしょう。

欧米ではある時期まではゲイや完全犯罪のようなペイする犯罪を映画で描くことはタブーでした(小説ではOKだったようです)。
ですから失うもののない無名の監督ならいざ知らず、功成り遂げた監督やメジャーな製作会社にはそれらを描くことは難しかったでしょう。
「太陽がいっぱい」も映画ではトムとフィリップがマルジュを取り合いましたが原作ではトムとマルジュがフィリップを取り合います(映画と実際の小説では一部人物名が異なります)、当然殺害動機も異なります。
また原作ではトムの完全犯罪は成功して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報