【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

第三者割当の引受先に迷惑をかけたくないとの理由で東和銀行は、社員に自社株買い&購入方法を強制したそうです。
上場している第二地銀の目に余る不祥事ですが、もし東和銀行が上場廃止にでもなれば、自社株買いで損が出ていれば、購入代金、株式目減り分、購入融資の金利等は社員に補償されることはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

地元の新聞によると銀行側は否定しているが、行員の談話として上司からの支持で断りづらい雰囲気だったということで、これが事実だとすれば共済会で借り入れまでさせて株を買わせていたことになり、金融庁も見過ごすわけにはいかないのではないだろうか。

話しを本題にもどすと
仮に上場廃止になっても当然損失や金利等を銀行側が補償することはないでしょう。株主代表訴訟でも起こせば別でしょうが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

株主代表訴訟は社員では起こしづらいですよね。基本的には泣き寝入り、ということですね。東和銀行の強烈パワハラ、社員かわいそー。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/26 15:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング