よくメーカーが自分の販売会社をもっているケースがあります。それは大企業に限らずです。中小のメーカー(製造企業)が自分の販売会社をもつのはどういうメリットがあるのでしょうか?またデメリットがあるとすればどういうことでしょうか。
どなたかご存じな方、教えていただけませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。



人事で採用や労務など実務を担当してきた者です。

直販店がモデル的効果や販売促進など一般の販売店の見本となることを見込んだケースも多いと聞きます。

またメーカーとして販促的な役割や宣伝的要素が高く、断言できないのですが、大手ではショールームとして製品の紹介なども会社として必要だからという面や、コンビ二のような時点販売などはできなくても、自社製品などの最新情報やお客様様の製品などの宣伝にもなるというメリットもあるかと思います。

しかし店舗を運営するには人件費や経費もかかることから最近ではむしろTVなどの宣伝で「○○○検索」とほとんどのCMでサイトへの誘導が目立つようになってきたことは事実かと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

営業所があって、小売もしているのですが、それを独立して会社にしようかどうか、という考えかたが会社にわきあがっていたので、実際どうなのか、確認したかったのです。

詳しく教えていただいてありがとうございます。

お礼日時:2007/12/20 10:10

メーカーが販売会社を持つ場合のメリットは採算性をしっかり把握して物を造ることができることにあると思います。


逆のケース、すなわち販売会社が製造工場を持つ場合は、採算性よりも納期や注文を受けた製品ができるかどうかに重点が置かれ、結果として赤字製品を生み出しやすいです。まあ、これはどちらかというと中小企業に多い例でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなパターンがあるんですね。勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/20 21:43

実態として、従来は単体ベースの決算が中心でしたので、販売子会社へ押し込み販売(期末に無理やり売上る)等による単体決算の良化を狙ったたものでもありました。

現在では連結が中心ですので、現実的に中小の会社では、親会社からの出向者の受け皿であったり、オーナー企業なら一族の人が販売子会社の役員になったりして、そこで報酬を得たりしてます。 そもそもは機能分化として大企業なら必要なのかもしれませんが、中小企業なら以上のようないやらしい面もあると思います。
あんまり参考にならないかもしれません。すみません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。連結決算となるので、税金面でもメリットがあまりないように感じています。またウチは役員の受け皿とか、そういうことを考えるほどの会社ではないので、やはりあまりメリットがないように思いました。

お礼日時:2007/12/20 10:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【IR、会社情報の見方に】ついて質問です。 ハウスメーカーと呼ばれる住宅会社で上場している企業は多

【IR、会社情報の見方に】ついて質問です。

ハウスメーカーと呼ばれる住宅会社で上場している企業は多々ありますが、IR情報には今年度の上棟(着工)数、来年度の着工数(上棟数)などを見ることは出来るのでしょうか?

飯田ホールディングスやファースト住建の去年の着工数、今年度の着工数、来年度の着工予定数の予測が見たいです。

大和ハウス、積水ハウス、セキスイハイム、住友林業、住友不動産、旭化成の去年の着工数、今年度着工数、来年度の着工予定数が分かる方法を教えてください。

Aベストアンサー

上場企業であれば、まず会社のサイトのIR情報のところを見て、その中の決算短信や関連資料を見てください。報告されている終わった年度についてはおよその数字はあると思いますし、次年度の見通しについてもふれられている部分はないてですか。
それを見て、不明点があれば再度質問していただければよいかと。

Q中小企業なのに給料がいい会社に勤めている

方、いますか?

特に転職するわけでないですが大企業社員だけ高い給料
もらえています。

中小企業なのに給料がいい会社はどんな業種、会社でしょうか?

不動産屋のような歩合制は除きます。

Aベストアンサー

依然私が勤めていた会社がそうでした。

30代後半の入社時は80名の会社でしたが、2年後は年収800万円、40代で1000万円を超えました。
その会社がそのような待遇を出せたのは、ビジネスモデルが独特で他社の追従をゆさなかったこと、社員のモラル管理が非常に厳格で業務次男中は仕事以外はまず無理という環境で、またある程度以上の努力をしないといられないような厳しさがあったことなどでしょうか。

その会社はその後株式公開して今でも優良な上場企業としてがんばっています。

でもそこは中小企業に時代から採用条件は異常に厳しく、応募者数十名について一人採用するかどうかということでした。その待遇と人材のバランスがうまく言っていたことは間違いありません。


でも一方で当時同業者で同様に急成長して、マスコミで私の会社よりも有名になったところがありますが、数年後に消滅しました。そこは開発や営業はまあまあでしたが、どうも管理部門が弱かったようで、最後は資金繰りに窮したようです。企業は成長に応じた管理体制を軽視するとこういうことになるという見本のような結果でした。

従ってベンチャー型の企業はこういうリスクもあるということは覚えておいたほうが良いと思います。

依然私が勤めていた会社がそうでした。

30代後半の入社時は80名の会社でしたが、2年後は年収800万円、40代で1000万円を超えました。
その会社がそのような待遇を出せたのは、ビジネスモデルが独特で他社の追従をゆさなかったこと、社員のモラル管理が非常に厳格で業務次男中は仕事以外はまず無理という環境で、またある程度以上の努力をしないといられないような厳しさがあったことなどでしょうか。

その会社はその後株式公開して今でも優良な上場企業としてがんばっています。

でもそこは中小企業に時代から採...続きを読む

Q中小企業経理部から東証一部上場企業財務経理部への転職

 中小企業(従業員300人規模)の経理部に正社員として3年程勤務しています。将来的に、東証一部上場企業の財務経理部にキャリアアップしたいと考えています。
 しかし、中小企業のため、連結決算等の実務経験を積むことができません。そこで、その実務経験不足を資格で補おうと思ったのですが、補えるとすればどのような資格があるでしょうか。
 個人的には、税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。
 大卒で簿記2級、TOEIC800点を取得しています。
 稚拙な質問で申し訳ありませんが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

>税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、
>簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。


もしできれば、日商簿記1級もあるとさらによいでしょう。
税理士の簿記論や財務諸表論では、工業簿記・原価計算が試験範囲ではないので抜けています。
製造業じゃないから工業簿記・原価計算が不要だと思っている人が多いのですが、それは大きな誤解です。

ある程度大きい規模の会社では、部門別・製品別原価計算や直接原価計算といった知識を応用し、事業部門別あるいは本支店別の比較損益計算書を作っています。
おそらく、現在の会社でもそれと同じようなことをやっているとは思いますが、そういうことを専門的に学ぶ事は非常に有益です。

また、新規事業への投資をする・しない、といった判断をするための意思決定会計というのも、将来の事業計画を企画・立案していくためには必要です。
こういう分野は税理士試験科目ではカバーしていないので、日商簿記一級で勉強するのが早道です。

上場会社ともなれば、連結会計も非常に重要です。
まずは日商一級の商業簿記で連結会計の基礎を固めて、税理士の簿財、法人税と勉強するのがいいでしょう。
最終的に法人税の「連結納税」まで押さえれば、上場会社ではかなり重宝されることと思います。
上場会社の子会社の経理部門でも、連結ができる人というのは有利だと思います。

私のみた限りではありますが、同じ新人でも日商一級を持ってる人は、事業部門別、本支店別の業績比較用の損益計算書などの作り方を教えると、そうでない人よりも非常に飲み込みが早いですね。

また、新規事業の計画案を作らせても、やはりコツを多少教えるだけでそれなりに見栄えのするものを作ってしまいますので、なかなかいいですよ。

頑張ってうまくキャリアアップできるといいですね。頑張ってください。

>税理士試験の簿記論、財務諸表論、法人税法の3科目の科目合格か、
>簿記2級と中小企業診断士の2資格の取得のどちらかと考えているのですが。


もしできれば、日商簿記1級もあるとさらによいでしょう。
税理士の簿記論や財務諸表論では、工業簿記・原価計算が試験範囲ではないので抜けています。
製造業じゃないから工業簿記・原価計算が不要だと思っている人が多いのですが、それは大きな誤解です。

ある程度大きい規模の会社では、部門別・製品別原価計算や直接原価計算といった知識を応用し、事...続きを読む

Qある中小企業の企業情報を知りたいのですが、ニフティやビッグローブなどか

ある中小企業の企業情報を知りたいのですが、ニフティやビッグローブなどから帝国データバンクを利用するには、クレジットカードを持っていないと利用できません。クレジットカードがなくても企業情報を知るサービスはないでしょうか?

情報調査会社に問い合わせたところ、一社を調べるのに5~6万円と言われました。帝国データバンクでしたら、1680円とサイトに掲載されていましたので、できれば数千円ぐらいを希望しています。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

会社四季報に掲載されていれば買えば済む話ですけど?
http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/shikiho/detail/BI/214376b6e2d9d3894d9907a81a8e143c/

Q中小企業の借入金はどのくらい

中小企業の借入金はどのくらいまで借金して大丈夫なのでしょうか?
返済能力がないのに借りてもどうなのか?
資本金に対して何倍ぐらいとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>借入金はどのくらいまで借金して大丈夫なのでしょうか?

高利貸しでない限りいくらでもいいでしょう。
借金も資産のうちともいいますし、
借りた金は返さなければ自分の金という言葉もあります。

>返済能力がないのに借りてもどうなのか?

相手によります。なければ困ります。
が、普通の金融機関なら担保はとっているでしょうから、
問題はないはずですが。

>資本金に対して何倍ぐらいとかあるのでしょうか?

資本金は関係ないですね。
相殺するなら一倍までです。
基本的に借入返済の原資は、当該借入金額の利益相当分に
設定するというのが基本ですが。

中小企業の場合は教科書とおりにはいかないというのも常識ですし。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報