この二つの作品中で出てきた映画(「グリーンマイル」では、不思議な力を持った大男が処刑前に観た映画。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」では、ビョークがほとんど眼が見えなくなってきた頃にカトリーヌ・ドヌーヴと一緒に観ていた映画。)について、誰かご存知ありませんか?
古いアメリカのミュージカル風映画作品だと思うんですけど、もしかしたらエディー・キャンターが出ている「トッカンカンタ」ではありませんか?
どなたか映画に詳しい方、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースですね。


映画のタイトルはわかりませんが、「カッスル夫妻」か「トップハット」、「コンチネンタル」あたりだと思うのですが・・。

参考URL:http://www1.harenet.ne.jp/~sato2000/movie/musica …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!早速参考URLも見せてもらったのですが、とても参考になりました。「ダンサー~」の方ももう一度映像を見て確かめてみます。

お礼日時:2002/09/19 12:32

調べてきました。


「グリーンマイル」では、やはり「トップハット」でしたね。
「ダンサーインザダーク」は見ていないので同じ映画かどうかはわかりません。
とりあえずこんなところで・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2002/09/19 12:35

jazzdancerさんのおっしゃるように


『トップ・ハット』のようですね。

参考URL:http://www.gaga.ne.jp/movie/greenm5.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考URLもダイレクトで、とても参考になりました。

お礼日時:2002/09/19 12:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカトリーヌ・ドヌーヴ おすすめ映画は?

カトリーヌ・ドヌーヴが出演している映画で、面白かったもの教えてください。

古い作品でも全然いいです。地味でもいいです。

ひとことでいいのであらすじなど書いていただければ助かります。

Aベストアンサー

こんにちは^^

映画 インドシナ が お勧めですよ  綺麗なカトリーヌ・ドヌーヴですよ

失礼しました。

Q『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の支持・不支持。

 理解できない映画、意味がわからない映画という感想がある一方で、泣ける映画、やりきれない映画という感想も聞きます。しかし、私はどちらとも異なる感想を持っています。以下に私の感想を述べますので、私の感想への皆さんのご意見をお聞かせください。

 結論から言うと、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は神話なのだと、私は理解しています。悲劇性はありますが、必ずしも悲劇ではなく、むしろサクセス・ストーリーに思えます。

 たしかに、主人公セルマの行動は自己犠牲的に見えます。でも、自己犠牲そのものが目的となっているのではなく、他の目的を達成することを優先した結果の自己犠牲です。その意味では、利己的な人物です。

 この「他の目的」を母性愛と解釈する感想も多く聞きましたが、母性愛だけでは、セルマがビルとの約束を守り通そうとする理由を説明することができないように思います。セルマは、法廷でもビルとの秘密を守り通します。ビルの行動は、法的にも道徳的にも批判されうるものですから、法廷でビルとの約束を明かした方が、息子ジーンを守る早道となるはずです。しかしセルマはそれをしません。

 セルマのこのような行動を、私は、アガペー(神の愛)によるのだと解釈しました。母親として息子ジーンは守るべき存在ですが、息子ジーンのみが守る全てでないのです。セルマは、セルマ自身の内にあるアガペーをも守っているのだと思いました。しかし、人間は神にはなれません。セルマが自身の神の愛を守ろうとすればするほど、現実社会との間で矛盾が生じ、セルマは死に近づいていきます。人間だからこそ、間近の死にも怯えます。しかし、死を避けることよりも、愛を守ることをセルマは選んだわけです。母親としての愛は、ジーンに手術を受けさせることを意味しており、その念願はかないました。ですから、悲劇性こそあれ、セルマは救われたのだなと、私は、感じます。

 理解できない映画、意味がわからない映画という感想がある一方で、泣ける映画、やりきれない映画という感想も聞きます。しかし、私はどちらとも異なる感想を持っています。以下に私の感想を述べますので、私の感想への皆さんのご意見をお聞かせください。

 結論から言うと、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は神話なのだと、私は理解しています。悲劇性はありますが、必ずしも悲劇ではなく、むしろサクセス・ストーリーに思えます。

 たしかに、主人公セルマの行動は自己犠牲的に見えます。でも、自己犠...続きを読む

Aベストアンサー

ラース・フォン・トリアーの映画は「メタ・ムービー」だと、私は思っています。だから、映画的知識に乏しいと「理解できない映画、意味がわからない映画」だという感想が出てきます。事実、彼は「映画は形式が全てだ」と言っています。
そしてトリアーという人は、物凄い狸親父だと、私は思っています。だから「泣ける映画、やりきれない映画」という感想こそ彼の術中にはまっており、恐らく彼は今ごろほくそえんでいるだろうと思います。
トリアーは「奇跡の海」「イディオッツ」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を3部作扱いにしていますが、恐らく「イデオッツ」をご覧になると、この監督の本質が見えてくると思います。
そして、「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で感動された方は「イディオッツ」を見て憤慨される、逆に「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に偽善を感じた方は「イディオッツ」を見て爆笑することでしょう。
「イデオッツ(=白痴)」は「市民の前で白痴を装ってさまざまな嫌がらせを試み、相手が“障害者じゃ怒れないし…”と困った顔をするのを見ては世の中の偽善をあざ笑ってる若者グループの話」です。
トリアーの凄さは、作品1本1本が物凄いアイロニーとして造られていながら、それなりにエンターテインメント性と、映像的な革新性を両立させてしまうところだと思います。
fuchikomaさんのリクエスト通りの答ではなく、かつ分かりやすい答ではなく申し訳ありません。何か分からない部分で興味を感じられた所がありましたら補足要求して下さい。

ラース・フォン・トリアーの映画は「メタ・ムービー」だと、私は思っています。だから、映画的知識に乏しいと「理解できない映画、意味がわからない映画」だという感想が出てきます。事実、彼は「映画は形式が全てだ」と言っています。
そしてトリアーという人は、物凄い狸親父だと、私は思っています。だから「泣ける映画、やりきれない映画」という感想こそ彼の術中にはまっており、恐らく彼は今ごろほくそえんでいるだろうと思います。
トリアーは「奇跡の海」「イディオッツ」「ダンサー・イン・ザ・ダーク...続きを読む

Qダンサーインザダークを観ようと思うけど・・・

映画「ダンサーインザダーク」を見ようかと思っています。
見た人みんな「見ると凹む」「鬱になる」(でもいい映画。しかし二度と見ない)と言うので、そんなに暗いのか!とちょっと二の足踏んでます。
私は「泣かせるもの」に対するアンテナは鈍いのですが、「凹ませるもの」に対しては非常に敏感で、必要以上に感情移入してしばらく引きずる傾向があるので厄介です。
でも、「良い」と感じさせるものがあるのなら見てみたいのです。
バカバカしい質問ですが、見たことある方、鬱映画を見る際のアドバイスがあれば教えて下さい。
悪い後味の口直しに見た映画とかがあればそれもぜひ。
あ、あと、見て後悔したかどうかも教えて下さい(^^;

Aベストアンサー

DVDも持っていて何度か繰り返し見ています。ストーリー的には、非常に打ちのめされるのは確かです。
でも自分の場合、映画の感動はストーリーではない部分のほうが大きいので(例えば演技、映像、音楽、台詞、役者などです)、僕にとってはとても好きな映画です。
質問者様の質問内容を読む限りでは、ストーリー重視かな?と思いますので、勧めにくいですね。
>鬱映画を見る際のアドバイス
それは、やはりストーリーに引っ張られないことです。映画も「表現」ですから、どこかで誇張があったり偏見があったりするものです。そういうものと、自分の価値観が違っていても、そういうものの考え方もあるんだ、と割り切ることでしょうか。

Q映画「ダンサーインザダーク」観た人お願いします

ラース・フォン・トリアーの「ダンサーインザダーク」なんですが、
あの映画にSEX描写はあるのでしょうか?
教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

母子愛がテーマですので、SEXは全くありません。

ただ、流血シーンはあります。
結構話的にも残酷といえばそうかもしれません。
そういうのが苦手な方で、これから見る予定でしたらほんの少しご注意下さい。
まぁ、気にする程じゃないと思いますけど。
(同じ頃バトルロワイヤルが公開されたから、余計に大したことなく思えます)

でも、そういったもの全てが「必然」の枠の中に存在している、
とても素晴らしい映画だったと思いますよ。

Q映画音楽サントラパリのめぐり逢いカトリーヌのテーマ

オリジナルではトランペットで演奏されているのですが オルガン 多分ハモンドオルガンと思う演奏があります。その昔 TBSの深夜放送 愛川欣也のパックインミュージックで カトリーヌコーナーのBGMに使われていました。演奏者がわかる方お願いいたしますm(._.)m

Aベストアンサー

アナログ時代には日本盤のサントラと海外盤のサントラとで収録曲の内容が違ってました。
CDは日本をはじめアメリカなど数カ国で発売になりましたが、”THEME DE CATHERINE”にはトランペットバージョンのほかにアコーディオンバージョンがあります。
パックインミュージックを聴いていないのではっきりはわかりませんが、アコーディオンバージョンが使われていたのではないでしょうか?

下記で試聴できますので聴いてみてください。7曲目です。
http://www.amazon.fr/Claude-Lelouch-Homme-femme-Vivre/dp/B00004VLDZ/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1293983096&sr=1-1

これじゃないとすると、フランシスレイは自作自演のアルバムを数多く出しているのと(去年も1枚出しました)、レイの音楽仲間でサントラを共同制作しているピエール・バシュレやニコル・クロワジールなども、個別にアルバムを出しているので、その中の音源ということも考えられます。
「パリのめぐり逢い」のテーマ曲ではないので、まったく違うアーチストが劇中曲の1曲を取り上げて演奏することはそうそうないと思うのですが。

アナログ時代には日本盤のサントラと海外盤のサントラとで収録曲の内容が違ってました。
CDは日本をはじめアメリカなど数カ国で発売になりましたが、”THEME DE CATHERINE”にはトランペットバージョンのほかにアコーディオンバージョンがあります。
パックインミュージックを聴いていないのではっきりはわかりませんが、アコーディオンバージョンが使われていたのではないでしょうか?

下記で試聴できますので聴いてみてください。7曲目です。
http://www.amazon.fr/Claude-Lelouch-Homme-femme-Vivre/dp/B0000...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報