エタノールには三重点はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

The following information has been gathered for ethanol: Δfus


¯H= 5.0 kJ/mol, Δvap¯H = 38.56kJ/mol, ρl = 0.7873 Mg/m3, and ρs = 0.815 Mg/m3. Ethanol has a triple point at 150 K with a
vapor pressure of 0.43 mPa.
でちゃんとあります。
添付文書参照。

参考URL:http://chemistry.uah.edu/CourseWare/ch342/s02/ho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学の課題かなにかでしょうか。
なかなか見つけられなかったので助かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/22 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエタノールとメタノールについて

エタノールとメタノールは似た性質を持っていますよね でもこの二つはどのような面から違いがあるのでしょうか?(例えば、価格や安全性など) あと なぜエタノールはメタノールに比べて よく使われているのでしょうか? 

Aベストアンサー

ちょっと余談です。
メタノールは燃料に使うと書いてある解答があります。これは#5の解答にももあるように燃えるものなら安い方が良いという理由です。
反応材料としてはメタノールの必要なものもあればエタノールの必要なものもあります。例えば湿布薬として知られているサリチル酸メチル(これを主成分とする商品の一つがサロメチールです。)ではサリチル酸とメタノールを使います。
日常的な用途ということで言えば安全な方を使います。
メタノールの沸点は65℃です。エタノールの沸点は78℃ですから極端に蒸発しやすいというものではありません。アセトンの56℃よりも高いです。ビンで普通に保管しています。
以前は燃料用アルコールというのを売っていました。薬局で買うときは印鑑が必要でした。消毒用のアルコールを買うときは印鑑が必要ありませんでした。燃料用アルコールはエタノールにメタノールが混ざっています。消毒用のアルコールはエタノールに水が混ざっています。エタノールにメタノールを混ぜると飲用に転化できなくなるので酒税法の対象から外れるというのが安い理由でした。印鑑がいる理由はメタノールが有毒だからです。
今は制度が変わって印鑑が入らなくなったというのを聞いたのですが成分的にどう変わったかは調べていません。
同じエタノールといっても製法によって何が混入してくるかが変わります。飲用目的の場合はppmレベルで問題になる物質もありますから製法を選ぶ必要があるかもしれません。

ちょっと余談です。
メタノールは燃料に使うと書いてある解答があります。これは#5の解答にももあるように燃えるものなら安い方が良いという理由です。
反応材料としてはメタノールの必要なものもあればエタノールの必要なものもあります。例えば湿布薬として知られているサリチル酸メチル(これを主成分とする商品の一つがサロメチールです。)ではサリチル酸とメタノールを使います。
日常的な用途ということで言えば安全な方を使います。
メタノールの沸点は65℃です。エタノールの沸点は78℃ですから...続きを読む

Q無水エタノールと消毒用エタノールの違いは?

無水エタノールは濃度が99%以上ですが、消毒用はだいたい80%ぐらいですよね。
消毒用は濃度が80%ぐらいのほうが適しているのですか?
無水エタノールでは消毒・殺菌はできませんか?
素人から考えると、濃度が高いほうが殺菌力強そうな気がするんですが・・・?

Aベストアンサー

無水アルコールだと強すぎて肌に良くない上に消毒効果が落ちるからだったかな


医療現場だと無水アルコールを希釈して消毒用アルコールとして使ったりもしてるみたいですね
40%以上有れば消毒液として効果があるそうで、通常は70%程度の濃度にするようです(過去には70%が最も消毒効果が高いとされていた)、現在は60~95%では消毒効果にほぼ差はないとされています。

Qエタノールの取り扱いについて

虫よけや清涼感が得られるという事でハッカ油を購入し
今は水道水と混ぜる形で使っているのですが
保存などを考えると、エタノールと精製水と混ぜた方が良いと聞きました。

エタノールと精製水が4:6の割合で混ぜたものに
ハッカ油を数滴、混ぜたものをスプレーで体に吹き付ける形で使用します。

エタノールは消毒用で「エタノール(C2H6O)76.9-81.4vol%を含有する」と記載されているものを検討しています。

そこでエタノールは燃えやすいと聞いたので
上記の様に希釈した状態で、2つ質問させてください。


1)
タバコを吸うのですが引火しますでしょうか?

2)
キャンプでキャンプファイヤーを予定しているのですが、
事前に吹き付けると危険でしょうか?

Aベストアンサー

>エタノールと精製水が4:6の割合で混ぜた物にハッカ油を数滴、

という事ですが、エタノール&ハッカ油は引火性の高い物質です。
精製水(水)で半分に薄める事になるので
その分危険性が薄れる事にはなりますが、火が付かないという訳ではありません。

素人判断では、水で薄めたエタノールだから火が付かない、と思うかもしれませんが
水で薄めたエタノールであっても、スプレーした瞬間(肌に塗った瞬間)は、
そこから蒸発(揮発)するのは水よりもエタノールの方が揮発力が高い為、
高濃度のエタノール成分だけが先に揮発することになります。(水は遅れて揮発します)

したがって、スプレーでの噴射直後はエタノールの揮発成分濃度が高まる形となるので
空気との「※混合率」によっては十分引火する可能性があります。
※混合率というのは、引火性物質があっても、空気が多すぎても少なすぎても引火しないという法則。

なので、この状態(エタノールと精製水が4:6の割合)では比較的安全と言える状態とも言えますが、
スプレー直後ではエタノール成分が一時的に高まるので
くわえ煙草をしながらスプレーする、といった状態では危険度が増しますし、
大量に体に噴霧した直後であれば、火に近づくのは危険だとも言えます。

とりあえず、ガソリンやアルコールの様な引火性の高い物質であっても、
「混合率」というものが存在し、空気と引火性物質の濃度「引火範囲」内でないと火は付かない、
という法則があるので、その時の混合率次第というのが答えになってしまいます。

安全か危険かで言うと、エタノール・ハッカ油は引火性物質なので
扱いに関しては火が付く危険がある物です。
実際に火が付くかどうかは、引火性物質と酸素との混合率によって決まりますが、
煙草や火を扱う際には、よく注意して扱う事と、
スプレーした直後は火に近づかない事をお薦めしておきます。

>エタノールと精製水が4:6の割合で混ぜた物にハッカ油を数滴、

という事ですが、エタノール&ハッカ油は引火性の高い物質です。
精製水(水)で半分に薄める事になるので
その分危険性が薄れる事にはなりますが、火が付かないという訳ではありません。

素人判断では、水で薄めたエタノールだから火が付かない、と思うかもしれませんが
水で薄めたエタノールであっても、スプレーした瞬間(肌に塗った瞬間)は、
そこから蒸発(揮発)するのは水よりもエタノールの方が揮発力が高い為、
高濃度のエタノール成...続きを読む

Q三重点はなぜ1つしか存在しえないのですか?

相図二において気体、固体、液体が同時に存在することが出来る三重点というものが存在しますが
なぜこれは1つしか存在することが出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

相平衡を考えている物質に対して、互いに独立して存在できる状態が4つ以上存在するならば三重点は2つ以上存在できると思われます。(硫黄は固相に2つの状態がありますから実際三重点は2つ存在しています)

ただ、察するに、Jaica様が疑問に思われているのは固・液・気の3つの状態のみを扱う場合についてですよね?(もし違ったならば申しわけありません。)ですから固・液・気の三態について考えてみましょう。



たとえば水が本来の三重点(T=0.01℃)より高い温度で三重点を有しているとしましょう。1成分系では同時に存在できる状態は3つに限られますから、昇華曲線がおわんを描いて蒸気圧曲線と交点を持つことになります。このような時、液体の状態が存在できる圧力において、温度を上げてゆくと液体から固体へ自発的に変化するような温度が存在するようになります。

温度が上がると分子の運動エネルギーが上昇しますから、系の秩序は失われていきます。しかし三重点を2つ有することで、ある温度範囲では温度が上昇すると液体から固体へ状態が変化し、系の秩序は増加するのです。三重点が2つ存在することでこのような矛盾が生じてしまいます。

相平衡を考えている物質に対して、互いに独立して存在できる状態が4つ以上存在するならば三重点は2つ以上存在できると思われます。(硫黄は固相に2つの状態がありますから実際三重点は2つ存在しています)

ただ、察するに、Jaica様が疑問に思われているのは固・液・気の3つの状態のみを扱う場合についてですよね?(もし違ったならば申しわけありません。)ですから固・液・気の三態について考えてみましょう。



たとえば水が本来の三重点(T=0.01℃)より高い温度で三重点を有しているとしましょう...続きを読む

Q消毒用エタノールを掃除に使う場合の疑問

掃除をするのに消毒用エタノールを使うのですが、
今まで何も考えずに適当に使ってたので注意すべきことを知りません。
これで拭いてはいけない物は何でしょうか?例えばフローリングの床とか
壁紙、プラスチック製品等は問題無いでしょうか?

Aベストアンサー

少し気になったのでコメントさせていただきます。

消毒用エタノールは、名前の通り「消毒用」としての用途に使用します。
塗布したその場での殺菌力としては有効ですが、揮発性が強く残留しませんので、その効果に持続性はありません。
またご存じのように親和性があり、水にも油にも溶けやすく、化粧品や育毛剤などに混合することで、水だけでは染みこみ浸透しにくい場所にも馴染ませやすい特性として利用されます。
また人体に対しての有害性が少ないことも特徴です。

これらからお掃除にご利用いただく場合も、
・殺菌効果を期待し、冷蔵庫や水回りなど清潔を保ちたい部分をエタノールを含ませた布で拭きます。汚れが取れていやな臭いも消え、カビ予防にもなります。カビに対してはカビの汚れそのものを落とす力はありませんが、殺菌力によりカビを死滅させることは出来ます。

・「親和性」の特徴から、油汚れに浸透し溶かしやすい特性があり、キッチン周りの汚れ落としに有効で二度拭きも必要ありませんが、当たり前ながら揮発性、引火性が高いので換気や火の気には注意してください。

・高い浸透性によりスチロール製品などに使うと白く濁ることがあります。またニス塗りのものに使うと溶けることがあります。皮製品に使うと光沢がなくなることがあります。

少し気になったのでコメントさせていただきます。

消毒用エタノールは、名前の通り「消毒用」としての用途に使用します。
塗布したその場での殺菌力としては有効ですが、揮発性が強く残留しませんので、その効果に持続性はありません。
またご存じのように親和性があり、水にも油にも溶けやすく、化粧品や育毛剤などに混合することで、水だけでは染みこみ浸透しにくい場所にも馴染ませやすい特性として利用されます。
また人体に対しての有害性が少ないことも特徴です。

これらからお掃除にご利用いただ...続きを読む

Qエタノール水溶液からエタノールを100%取り出すことは可能?

エタノール水溶液からエタノールを100%取り出すことは可能のようですが、具体的にはどのような方法をとるのでしょうか?また、それは蒸留でも可能なのでしょうか?特殊な蒸留では可能だと聞いて調べてみましたがよくわかりませんでした。

Aベストアンサー

 水とエタノールの完全な分離というか、エタノールの完全な脱水は、共沸と言う現象のために単純な蒸留だけでは理論的に不可能です。

 共沸についてはblackdragonさんの回答にあるリンク先に説明があったと思いますし、gooなりgoogleなりで検索して頂ければ直ぐに見つかると思います。(詳しくは、物理化学や化学工学の教科書をご覧下さい。)

 そこで、特殊な蒸留方法ですが、一つは既に回答があるベンゼンを使った三成分系での共沸蒸留方法です。そのほかには、膜をや分子の拡散を使った方法などがあります。

 しかし、工業的に必要な大容量を生産するのではなく、実験室レベルでよいのなら、より一般的な方法としては、活性化させたモレキュラーシーブスを用いた脱水では無いでしょうか?
 乾燥させた不活性ガス雰囲気下で蒸留したエタノールに十分活性化させたモレキュラーシーブスをいれて不活性ガスで密封する方法です。
十分活性化させたとは、モレキュラーシーブスを良く洗浄した後に減圧下~250℃以上で数時間加熱し、減圧条件下で室温に戻して使用するということです。この加熱~冷却の操作を数回繰り返せばより活性があがります。
 ちなみに、昔どこかで、モレキュラーシーブスの乾燥には電子レンジを使って加熱していたと言う話も聞いたことがあります。

 なお、純粋なエタノールを取り出すときには、水のほかにもエタノールが酸化したアセトアルデヒドや酢酸などの不純物の除去も必要になります。

 水とエタノールの完全な分離というか、エタノールの完全な脱水は、共沸と言う現象のために単純な蒸留だけでは理論的に不可能です。

 共沸についてはblackdragonさんの回答にあるリンク先に説明があったと思いますし、gooなりgoogleなりで検索して頂ければ直ぐに見つかると思います。(詳しくは、物理化学や化学工学の教科書をご覧下さい。)

 そこで、特殊な蒸留方法ですが、一つは既に回答があるベンゼンを使った三成分系での共沸蒸留方法です。そのほかには、膜をや分子の拡散を使った方法などがあり...続きを読む

Q無水エタノールを売ってる薬局

無水エタノールが行動範囲内にある薬局に売ってなくて
仕方ないので通販で買おうと思ったのですがその前に
こちらでご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします
東京23区内、浦安市 市川市あたりで
無水エタノールを売ってる薬局があったらおしえてください
すぐにでも寄って買いたいです

Aベストアンサー

家の近所の薬局で普通に売ってましたが・・・

浦安とか市川の薬局をネットで調べて、電話して聞いてみたらどうですか?
置いてなくても、取り寄せしてくれるかもしれませんし。

Qプロパンの三重点は?

プロパンの三重点は、何(℃)で何(MPa)なのでしょうか?
自分で調べても臨界点はでてくるのですが、三重点は
見つけることが出来ませんでした。
そもそもプロパンには三重点がないということもあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これでどう?↓
http://www.economicexpert.com/a/Propane.htm

Q消毒用エタノールでの消毒について

先ほど、メタルラックの金属の棒と棚の
間に小指がはさまって、怪我をしました。

4箇所から血が出ていて、ひどいところは
皮がめくれてるところと、うっ血(青く
なっています)しているところがあります。

とりあえず、傷口を洗い流してガーゼを
あてているのですが、消毒できるものといえば、
畳のカビとりに買った消毒用エタノールしか
ありません。
 今までマキロンやオキシドールしか消毒に
使ったことがないので、ネットで調べると、
生傷にエタノールはよくないという書き込みも
ありました。
 あまり皮膚は(アレルギーはないですが)
強くないので、ちょっと不安です。
 皮がめくれてるような状態の傷にも、エタノール
で消毒しても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

皮膚なら構いませんが、大きな傷口の消毒には向きません。
使用した場合、かなりの痛みがあるかと思います。

有害な雑菌で汚染されている場所で怪我をしたので無いのなら、傷口を洗い流すだけでも十分ですよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=988613

Qエタノールと水を混合してエタノール水溶液を作る

283Kにおいて、エタノール50.O mLと水50.0mLを混合して、エタノール水溶液をつくつた。水、エタノール,エタノール水溶液の密度は,それぞれ,1.00g/mL,0.80g/mL,0.95g/mLであった。次の問い
に答えよ。なお、原子量は次の値を用いよ,H=1.00,O=16.00,C=12.00。
1)溶液の体積は何mLであるか。有効数字3桁で求め,計算過程も解答用紙に記せ。
2)溶液中のエタノールめモル濃度はいくらか。有効数字3桁で求め,計算過程も解答用紙に記せ。

誰か教えてください。

Aベストアンサー

1) 順よく考える事
2) エタノール水溶液 の 重量 W = 水( 50.0 x 1.00 ) + エタノール ( 50.0x 0.80 ) = 50.0+40.0 =90.0 g
エタノール水溶液 の体積 V = (重量)/(密度) = 90.0 / 0.95 = 94.7 mL

3) エタノール 50.0 mL のモル数は M =(エタノールの重量)/(分子量) = (50.0x0.80)ワル(46.00)=0.8696 モル
(分子量)= C2H5OH= 2x12.00+6x1.00 + 16.00 =46.00
エタノール 0.8696 モル が 体積 V=94.7 mL 中ニアルノデ、 モル濃度=(0.8696)ワル(0.0947)=9.18
4) ワル を コノ コンピューター で今 かけません ( スイス仕様)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報