あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

父が亡くなり、預金の確認のために死亡届を持って
銀行へ出向きました。案の定その日の内に預金口座が
凍結されてしまいましたがこれは想定の範囲内でしたので
別段構いません。ただ、預金の他に父は銀行を通じて
投信を買っていたようでこれも同時に凍結されたのです。

凍結というか、解約も買取もさせてもらえないので
お金だけが一人歩きし、価格が変動しっぱなしになります。
上がるにせよ下がるにせよ相続人としてはそんなリスクは
背負いたくないので解約して父の口座に戻してくれと頼んだのですが
あなたが相続人かどうかも分からないのでダメとのこと。

それで、これらの凍結を解除するのに、父の原戸籍、除籍謄本、
相続人の印鑑証明、戸籍謄本、住民票等々の他、投信の口数が
変動するので、解約日には相続人が実印を持って集まってくれと
言われました。父は余所の人だったので原戸籍を取り寄せるだけで
一週間はかかります。兄は北海道におり葬儀後は帰ってしまったので
直ぐにまた来るわけにもいきません。

結局1ヵ月後に兄がやって来て全ての凍結を解いたのですが
その間に投信の価格は下がる一方。


別に私が相続人だと信じてもらえなくても良いのですが
たかが銀行の手続きのために相続人がこんなリスクを
負わなきゃいけないんですかね?
相続じゃなく父の預金口座に戻してくれるだけで良かったのに。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。



>その時に投信を解約して欲しいと言った
>私の主張もあながち間違ったものではなかったと考えています。

気持ちは分かりますが、このような有価証券の取引では、必ず「本人」が取引をしなければならないというのが鉄則です。有価証券の場合、定期預金などとは桁違いに、解約においても「不利益行為」の可能性を多々含みます。有価証券の相続の際には、必ず、誰が相続人かとか、親族の合意等の決定が、「書面」で明確に示されなければならないはずです。

この度は、世界的な市場の混乱で、日本も数ヶ月、多くのファンドが芳しくありませんでした。それが、逆に上り調子であった場合にはどうでしょう?時間がかかってよかったと思うのではありませんか?それに解約において、利益分から税金やその他もろもろの手数料が引かれますので、そのリスク分もあります。先にも申し上げましたように、リスクの責任はこのような場合、誰の責めに帰すことはできません。

なお、リスクと何度も言葉を使いましたが、単なる英訳ですとリスクとは危険性を意味するものですが、このような業界では、リスクの意味はやや異なっています。証券業界等では、リスクとは下落の可能性の大きさを意味すると同時に、高騰の可能性の大きさも含みます。つまり、リスクとは「有価証券の価格の変動の大きさ」なのです。余談ですが、何かの役に立てば幸いです。

>ちなみに証券会社で投信を買っていた場合に相続の開始を告げ
>たとして、ここまで煩雑な手続きを求められるのでしょうか。

対応はほとんど同じでしょう。このような手続はごく一般にあるもので、法的にもマニュアル的にも一定に確立されていると思います。

投資信託の場合、実際の運用窓口はどこかの信託銀行などであり、また信託銀行から投資会社等(あるいは信託銀行等内部の投資部門)に運用を依頼している形になっているのが本当の形です。証券会社や銀行等の投資信託の窓口は、利用者に便利な単なる出先の窓口にしか過ぎません。

つたない返答しかできませんでしたが、何かのご参考になれば幸いです。

この回答への補足

私自身、先物をやっておりますのでリスクについてのご説明は不要です。しかし、ご意見は大変参考になります。
重ね重ねありがとうございます。

『このような有価証券の取引では、必ず「本人」が取引をしなければならないというのが鉄則です』ということですが、幾つかの銀行の約款では、銀行側からの投信の解約理由として「相続の開始」を採用していることを前に書かせて頂きました。
民法によれば「相続の開始」は被相続人が死亡した時点で(相続人がだれかその他に関わらず)開始されるものと認識しておりますが、間違いでしょうか。こうした理由を明記している銀行はtera_toraさんの言われる「有価証券の価格の変動の大きさ」故に、一定の線引きをしているものと考えています。
そうした銀行と父が取引をしていれば、相続人が主張するしないに関わらず、投信は解約されていたということですよね?預金と投信とを一本化して扱う、単なる窓口に過ぎないこの銀行の投信取引約款に相続の開始について書かれてないとすれば、この銀行と取引していたことが失敗だったということなのですかねえ。

>逆に上り調子であった場合にはどうでしょう?
についてですが、私はリスク商品に対する損失補てんはないことを知っていますので上げ下げを問題にしておりません。手続き上どうだったのかについて疑問に思っているわけでして、ご質問に対する回答としては「逆に上り調子であった場合には、こうした疑問を持たなかっただけ」ということになります。もちろん、銀行側の手続きに則り解約された場合、その後の値が上がろうと下がろうと気にもしません。

>このような手続はごく一般にあるもので、法的にもマニュアル的にも一定に確立されていると思います。
おっしゃるとおりです。それが後日、担当者にあった時に投信取引約款をもってきて欲しいと頼んだのですが持ってこないんですよ。このこともこの銀行に対する不信感につながっているのですが。

頭の中を整理するうえで、ご意見大変参考になります。
本当にありがとうございます。

補足日時:2007/12/23 10:47
    • good
    • 2

投信自体もともとリスクマネーです。

そのあたりは銀行に負い目があるというもの難しいでしょう。口座解除が大変なのは当たり前と言えば当たり前で、すぐに他人の口座を明け渡すようなことはセキュリティ上あるいは道義上許されるべきではありません。リスク分は目をつぶるしかないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
投信がリスクマネーであることは私も認識しております。

>他人の口座を明け渡すようなことは
私も望んでおりません。
幾つかの銀行では投信の契約の解約に相続の開始を理由として
採用しています。預金を凍結した時点で銀行は契約者の死亡を
確認したわけですから、その時に投信を解約して欲しいと言った
私の主張もあながち間違ったものではなかったと考えています。

ちなみに証券会社で投信を買っていた場合に相続の開始を告げ
たとして、ここまで煩雑な手続きを求められるのでしょうか。

>リスク分は目をつぶるしかないですね。
私の周りでもそういう意見を多く頂きました。やはりリスクを
含めて相続したということになるんですかねえ。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/22 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約者が死亡した場合の証券会社への諸手続き

証券会社にて資産運用しているのですが、契約者本人が
死亡した場合の諸手続きの方法をお教え願いたく書き込み
ました。

契約者(本人)
 ↓
●証券会社に提出する書類や伝えるべき事項などを具体的
 にお教え頂きたく存じます。
 ↓
相続人(結婚していないので妹夫婦に財産を渡す予定)

※ちなみに私は楽天、イートレード、マネックス、カブドットコム
 とネット専業のみです。窓口対応の証券会社と同じ手続きかと
 思いますがネット専業ならではの手続きもあるのでしょうか?

※検索サイトで「銀行」に関しては沢山出てくるのですが、
 証券会社に限って何度検索しても目ぼしい情報が見つかり
 ませんでした。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>契約者が死亡した場合の証券会社への諸手続き

銀行の場合と、変わりませんよ。
先ず、証券口座名義人(死亡者)の相続権利者を確定します。
妹夫婦に相続との事ですが、妹とあなただけが相続権利者なんですね。
銀行と同様に「遺産分割協議書」を作成します。
あなたは「遺産相続放棄」と記入すれば良いでしよう。
それと、相続物件には「証券会社にある資産全てを記入」して下さい。
MMFは100万円。日本株ファンド101万円、MRF1234円など「証券会社の残高全て」を1円単位で記入します。
金額が合わないと、無効になる可能性があります。

後は、証券会社の窓口で、遺産分割協議書・妹の身分証明書(又は委任状)・証券会社指定の解約書類を提出します。
これで、おしまい。
ただ(銀行と違って)証券会社の商品(MMF・株式・債権・投資信託など)は解約申込日が解約日ではありません。
解約申込から3日前後してから、指定口座に入金となります。
3日後などの日数は、死亡者が取引していた証券会社に行けば、パンフレットが店頭にあります。ご確認下さい。

QIVHだけでどの位生きられるのでしょうか?

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使用してもらっています。
胃ろうは体力面を考えると、手術できない。と言われました。
しかし、個人的な感想ですが、飛躍的な回復だと思えません。
むしろ、高カロリー輸液だけで、命を永らえさせている事に
罪悪感すら感じる事が多いです。
本来、物が口から食べられなくなったら、寿命は終わりだと
いう考え方や、不自然な延命、色んな意味で、無理な延命を
選んでこなかった家族のルーツがあるからだと思いますが。
不謹慎かも知れませんが、IVHのように便利なものが無かった頃のように
普通の点滴のみで、枯れるようになくなる。眠るように亡くなるのが
父の希望だと言ってましたし、僕もそう思います。
父との時間が少し、増えた喜びもありますが、ベッドに拘束され
訳が解らない時間を過ごさせてしまっている罪悪感と、複雑な気持ちです。
IVHをしていると、普通の点滴より、相当延命効果があるのでしょうか?
蛇足ですが、主治医は延命処置では無いと言っていますが、私から見ると
延命処置以外の何者でも無い気がして、怒りすら覚える事もあります。

IVHだけでどの位生きられるのでしょうか?
79歳の父親なのですが、リンパ腫の初期段階で
入院してから、次々に体調を崩し始めました。
入院してしばらくしてから、徐々に認知症が進みはじめ
体力も体重も急激に落ちたように思えます。
嚥下機能も衰えている為、流動食以外禁止となりましたが
本人が拒否。
更に、腸炎でも、何か難しい腸炎だと言われました。
そんな中、もう、終わりだ…。というほどに
衰弱したのですが、主治医から、回復の見込みは
五分五分ですが。ということで高カロリー輸液を勧められ
今、使...続きを読む

Aベストアンサー

別に違和感を私は感じません。下記HPのように普通の感情であり、私も日本における通常の終末期医療にむしろ強い違和感を感じます。
延命治療とは、回復の見込みがないのにいたずらに生命を維持させる行為を示します。よって、主治医がまだ”回復”するチャンスが半分はあると見ているのなら、延命行為とは呼べません。
ただ、”回復”が何を意味するのか、主治医ときちんと話す必要があります。最終的なゴールを胃ろう(PEG)を作って寝たきりで退院とするのか、ちゃんと歩いて会話をして自分で食事を取れるのをゴールとするのか、主治医の”回復”が何を意味しているのか確認すべきと思います。
そこで、ゴールが希望と違うようなら、そこからは延命治療となります。
よく主治医と相談されるのが大事と思います。

参考URL:http://intmed.exblog.jp/10829856/

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q死亡した家族の貯金を解約する方法

先日、高齢の父が逝去しました。嘆き悲しむ一方、各種手続きに翻弄している毎日です。そこで教えて頂きたいことがあります。
逝去した父の貯金を解約したいのですが、どのような書類等を用意し、どのような手続きが必要なのでしょうか。
葬儀代はそこから支払いたいと思っているのですが、家族が解約した時点で相続税などはかかるのでしょうか。(雀の涙のような金額ですが)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは、突然の事でお悔やみ申し上げます
それは、さて置き

1・戸籍抄本(死亡がわかるもの)
  戸籍抄本(家族全員記載されているものがよい)と代表者委任状。
  
遺族 
1・相続人を一人選び相続名義変更する

です
詳しくは 参考サイトにて
http://homepage3.nifty.com/office-mori/otoku1.html  

Q認知症の父が1千万円の投資信託の契約について

認知症の父80歳はアリセプト飲んでます。介護1が出ました。
そんな矢先家に投資信託の契約書があるのを子供が見つけ驚いて聞いたところ自分はそんな契約などしていないとのことで、先方の大手銀行に問い合わせたところ訪問にて投資信託の契約をしましたとのことでした。(父の自筆です。契約をしたことも忘れています・・・)その担当の方と話し合ったところ契約から20日もしなくても解約には26万円ほどの負担がかかると言われたそうで白紙には、ならないそうです・・・・・・自分の印鑑も通帳もばらばらで何が何だかわからないのに・・・・やはりそういうものなのですか?今後は成年後見人などの制度も考えていますが、そんな矢先のことで今回白紙は無理ですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金融商品(株や投資信託)の訪問販売はクーリングオフ対象にはなりません。

その契約をする前から認知症があると認定されているなら、弁護士などに依頼するほうが早いですね。

それと、成年後見制度などを利用していなら、早急に利用したほうがいいです。
考えていますがではなく、お父様や質問者様ご自身を守るためにも早急に制度利用をしたほうがいいです。

Q亡くなった父の株はどうするのがBEST?

亡くなった父名義の株をそのままにしていましたが、遺族全員株に興味はないので上がっている今のタイミングで売ってしまおうかと考えています。

本日時点で金額にして500万円未満ですが、どうするのがbestでしょうか?

この金額だと相続税はかからない様なので、インターネットで売って現金化してしまおうかと思うのですが、本人ではないので後ろめたさがあります。

かといって名義変更だと戸籍謄本の用意等が必要で、時間もかかるようですし、出来るなら今のタイミングを逃さずスピーディーに行いたいです。

極力費用と手間を省きたいので、正規の手続きではなく裏話程度のアドバイスを頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネット証券だと、それまでに一定の取引をしていて、かつそのID/
パスワードを知っていれば、売買そのものは本人が死亡した後
でもできちゃいますね。

問題はできちゃった後で、売買代金を指定口座に取り込む時です。
指定口座とはいえ、その口座は死亡した本人の口座ですから、
死亡時から口座を凍結しなくちゃいけません。要は振り込めない、
更に振り込んでも引き出すことができない、となるわけです。

まあ、その口座も「凍結」しなければ分からない・・・とも言えます
けどね。ATMなんかで引き出す分には本人確認は不要ですし。

相続税に関しては、その資金が「どの口座にあるか」は問われない
ので、仮に本人死亡後の金融取引があったとしても、金額を正直に
申告すれば「相続税の脱税」は問われないはずです。

本人死亡後の金融取引については、こちらを、どぞ。
http://souzoku.kouekisya.com/4-1-01.html


人気Q&Aランキング