プロが教えるわが家の防犯対策術!

お世話になります。

60cm水槽にオイカワ、ヤマトヌマエビ、イトモロコを5匹ぐらいずつ飼っているのですがイトモロコの様子がおかしいです。外部フィルターをつけていますが、ヒーターなしです。飼いはじめて1っカ月です。
白い大きな円状のもの1,2個できているイトモロコが数匹います。初めは白点病かと思ったのですが、ネットで見つけた白点病の写真と見比べるとずいぶんと大きく直径2-3mmはあります。またイトモロコだけがかかっている上に、なんだか鱗の表面というよりも鱗の内部にその白い円があるように見えます。白点病は小さい点が数多く現れる症状がでると思うのですが、小さいものはみあたりません。でも岩に体をこすり付けているのをたまに見かけたので痒いようです。
よって白点病なのか、他の病気なのかいまいち分からないでいます。
手遅れになることだけは避けたいと考えているので、なにかご存知の方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんば。

(おはようございますかな?)
オイカワやモロコですかぁ・・・懐かしいですね、昔長い事飼ってました。

ええと・・・魚の病気はいろいろ複雑で、私の書く事も「正しい病名」若しくは「正しい治療法」で無い可能性があります。先ずはご了承願えますでしょうか。

その上で先ずお聞きしたいのですが、その川魚達は「元野生」のものでしょうか?それともペットショップにて購入されたものでしょうか?

もしも前者(元野生)ならば1番考えられる事は「水温、水質の急激な変化による不調」だと思います。

ヒーターを使われていない、との事なので水温関係かな?と思うのですが、ここでちょっと想像力を働かせて頂きたいのです。

野生の場合は川にしろ沼にしろ、少なくとも60cm水槽内よりは水温が安定しています。

更に大抵の魚は夏の暑い時には瀬等の流れの速い、水温の低いとこで過ごし、寒い冬場には流れの少ない深場に落ちます。これは釣りをやった事のある人ならご存知の事が多いと思います。

つまり魚自ら「水温調節」をしているのです。

それが水槽に入ってしまうと、夏場は30度以上、冬場は0度前後まで水温が下がってしまう事があります。

これは野生の状態では有り得ない水温です。

また、川や沼の水温が1日を通して極端に上下しないのに対し、水槽では例えば明け方には3度、昼間は20度にもなる事もあります。

これは魚にとってはかなり過酷な環境と言えるでしょう。

どんな魚を飼うにしろ、最低限サーモスタッドとヒーター、水温計は用意しましょう。

それから水質。
まさか水道水をそのまま入れていると言う事は無いと思いますが、水の「硬度」は重要です。いわゆるph(ペーハー)ですね。

万が一水道水をそのまま使う場合は絶対に「塩素除去剤」(ハイポ)の投入を怠らないで下さい。

これを使わないとエラを傷めてしまい、そうなったら回復させるのはほぼ(素人では)不可能になります。

硬度の方はペットショップ等でPhを計る試験紙や調整剤が売っています。
日本の川魚を飼う分にはほとんど使わないで済むとは思いますが、こういった時の原因の分からない時には計ってみた方が良いでしょう。
保険のようなものとお思い下さい。

日本の川魚(特にコイ科の魚)は基本的に「軟水」を好むので、カルキ抜きをした水道水でほぼ問題は無いのですが、投入したアクセサリー(例えば貝殻や流木等)によって硬度は変化する事があります。また、底に敷く砂の質によっても水の硬度は変わります。

綺麗だからと言って闇雲にサンゴ砂や石灰系の砂を使うのは非常に危険です。

さて、病名は分からないのですが、私が飼っていた魚にも同じような症状が出た事があります。恐らく水カビ系の病気と思われます。

治療法は先ず水温を安定させる事を大前提として、病気を発症している魚を隔離する必要があります。

その上でメチレンブルー、マカライトグリーン等の色素系治療薬を投入
します。
この色素系治療薬は万能(と言うよりは他の治療法が確立していないと言った方が正確でしょうか)なので、これも常備して置くべきでしょう。

勿論隔離した方の水槽の水温も安定させる事は必然です。

ここで注意したいのが「隔離」の仕方。
初心者の方で良く失敗するのが、いきなり「新しい水」を張った水槽に投入してしまうと言う事。

これをやるとほぼ確実に死んでしまいます。

やり方を解説しますと、元々の水槽の水から新しい水槽に少なくとも半分位の水を移します。
そこに新しい水を入れ、カルキを抜いた上で少なくとも半日位は置きます。
勿論ただ置いて置くのではなく、エアポンプ等で良く水を循環させます。
そして魚を移した後、新しい水槽に慣れたのを見計らってから薬剤を投入します。

これも良く考えてみれば分かりますよね。

人間だって病気で弱っている時に、いきなり環境の違うところに放り出されたら余計に弱ってしまうでしょう?

それで数週間~数ヶ月様子を見ます。

もしもそれで回復しないなら、残念ですが悲しいお別れが来る事と思います。

他食塩水を使った治療等もありますが、病気で弱っている上に環境も変わり、更に薬浴させられた個体に更に新しいストレスを掛けても先ず回復はしないでしょう。

とにかく先ずは環境を整える事です。

水槽にカナダ藻か松藻を植えてみましょう。
水草がすぐに枯れてしまうようなら、魚にとっても「長生き出来る環境」では無いと言う事です。

御健闘をお祈りします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご指導ありがとうございます。
ヒーターは今日にでも購入したいと考えました。水質についてはチェックしていますので大丈夫だと思います。
さて、指摘頂いた病名ですがどうやらネットで見つけた水カビ病の写真や症状を比べてみましたが、残念なら違うようです。とりあえず発病しているイトモロコを隔離、投薬してしばらく様子を見ようと思いました。

お礼日時:2007/12/22 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Q川魚 オイカワを飼っていますが病気です。 

春にオイカワを捕まえて以来飼っているのですが、昨日、二匹に異変が見つかりました。尾びれが無くなり、背骨がS字に曲がっています。尾腐れ病ではないかと思うのですが、背骨まで曲がる物でしょうか?

Aベストアンサー

回答にはなりませんが参考になりそうなサイトがありましたので貼っておきます。

水質の悪い川では背骨が曲がったカワムツなどを良く見かけます。
ひょっとしたら水質が問題かもしれませんね。

参考URL:http://tansuigyo.maxs.jp/a/seb/1954.htm

Qヤマメ・アマゴとかって水槽で飼育できますか?

こんにちは!

魚釣りはした事が無いのですが、魚でヤマメとアマゴ(どっちも似たような感じですが)が物凄く好きなのです。
なぜこの魚が好きなのかは自分でもわからないのですが、とにかくヤマメ・アマゴグッズがあったらすぐ買っています(笑)

ここまでハマってしまったら次は飼いたい!という願望。
今までに熱帯魚は10年近く飼育した事がありますが、ヤマメなど飼育する事ってできるのでしょうか?
もしできるとしたらペットショップ等で売っているのでしょうか?
(やっぱり釣ってこないとダメかな??)
そして飼育方法・エサは・・・?
沢山の疑問があるのです。

水族館でヤマメやアマゴが泳いでいるのを見た事があるので、何とか頑張ればできると思っているのですが、もし経験のある方・知識のある方いらっしゃいましたら詳しく教えて下さい!!
これだけはどうしても「夢」だったのでよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

こんにちは

飼育用のヤマメ、ニジマス、イワナはたまに売り出されます
千葉ではジョイフル本田というホームセンターが何故かよく扱います

渓流魚はアクアの世界では「日淡」とか呼ばれます。
「日本産淡水魚」の略ですね。あまり熱帯魚飼育の主流ではないですが
タナゴと二枚貝を飼育して産卵させたり、イトヨとかオヤニラミとかを
飼育したりする様です

ヤマメ、ニジマスは売られている場合、さほど高くないですよ
1匹500円ぐらいです、ただひれとかボロボロです

近くに扱っているお店がない場合は、観光用のヤマメ釣りとか
やっているところに、釣りはしたくないけど、飼いたいので
2,3匹譲ってくれと言うと多分OKだと思いますよ

飼育に関しては、水を冷やすのが結構大変ですね、クーラーは結構高いです

Q白点病と塩水浴について

火曜日の夕方に金魚1匹の尾ひれに白点病を見つけました。
1つの水槽で数匹飼育しておりさらにその内の1匹が痒がっているような素振りを見せたのでその日のうちに0.5%の塩水にしました。
今のところ(金曜日の夜)白点病の発覚はその1匹だけにとどまっておろ食欲はあります。
但し白点は広がり背びれやうろこにもありますが、えら周辺にはありません。
今後取るべき処置やアドバイス等頂けたら幸いです。
遠い昔、金魚すくいですくった金魚を全部白点病でやられてしまったので今度は避けたいと思ってます。

Aベストアンサー

 まず水換えを行ってください。水換え後は水温を普段より2~3℃高くして(普段28℃を超えているなら、そのままの方がよい)、メチレンブルー、グリーンF、塩などを投薬します。ただし薬品が効くのは底砂などにいる幼虫だけなので、治療には2週間ほどかかります。

 白点病はイクチオフティリウスという原虫が魚体に寄生して起こる病気です。白い点に見えるのが成虫で、魚の体表で成長して卵を水槽内にばらまきます。

 卵からかえった幼虫は水槽の底砂の中などで成長して、また魚の体表に寄生するというサイクルを繰り返します。ごく少数の原虫が水槽内にいても発病しませんが、水温が急に下がったり、魚の体力が落ちてきた時に増殖します。また、季節の変わり目など水温が不安定な時にも起こりやすいです。

 ですので今後も水温が安定した状態で飼育してください。

Qドンコの飼育について

今年の夏に渓流でドンコを捕まえて飼育しています。
餌はメダカを与えていますが、だんだん体も大きくなり昔は10匹が3~4日持ったのですが、
今では20匹を1~2日程で完食です。体長は10cm近くあります。
平日はショップに行ないため、土日餌をあたえて残り5日は絶食状態になっていますが
問題ないでしょうか?

あと、当初はいろんな魚を混泳させたかったのですが、すべて食べられ
大型の魚もボロボロにされて、あきらめて混泳させるのは餌と割り切ったメダカだけに
なりました。やはり単独飼育しか無理でしょうか?

その他に、何か適切な飼育方法についてアドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

飼育可能数は、水槽の大きさ次第です。
私は、ドンコの親戚で、性格もドンコと同じチチブを飼育していました。
チチブを選んだ理由は体長が10cm前後だから。

ドンコは25cm程度まで成長するので、60cm水槽では2匹程度が飼育の限界となります。
ドンコを複数飼育する場合の条件は3つ。
・水槽内に流木や土管、割れ鉢などを多数設置し、縄張りが明確に分かれるようにレイアウトすること。
・ドンコ同士の視線が衝突しないようにレイアウトすること。
・一緒に飼育するドンコの体長を合わせること。
以上は、チチブの飼育から学んだ事です。

他種との混泳の場合、90cm以上の水槽が必要になります。
ドンコよりも一回り大きな上中層魚とならば、比較的トラブル無く混泳出来ます。

> 餌はメダカを与えていますが、だんだん体も大きくなり昔は10匹が3~4日持ったのですが、
> 今では20匹を1~2日程で完食です。体長は10cm近くあります。
> 平日はショップに行ないため、土日餌をあたえて残り5日は絶食状態になっていますが
> 問題ないでしょうか?
・問題はありません。
ですが、週に一回20匹与えるよりも、週に二回7匹~8匹与える方が、餌の量が減少し飼育水の汚れも減少するので、私はオススメします。
これは、肉食魚(=フィッシュイーター)を育てる上でのテクニックでもあります。

フィッシュイーターは、自然界では、いつも、餌を食べられるわけでは無いので、食べられるときには一気に食べます。
しかし、栄養を吸収する消化器の吸収効率は、腹一杯(=血糖値が上昇する)になると低下してきます。
このため、大量の餌を一気に食べると、吸収率が低下してしまうのです。
それならば、週に2回の給餌にして、一回の餌の量を減らしてもドンコにとっては同じ、またはプラスになるわけです。

飼育上の注意点
1・濾過設備。
毎週、20匹のメダカを捕食するわけですから、排泄物の量もバカになりません。
メダカ20匹分の有機物を分解出来る強力な濾過設備が必要です。
ドンコは渓流に生息する魚ですから、水槽内の水流は多少強くても問題ありません。
必要により、濾過器の強化(追加など)を図ることをオススメします。

2・餌に与える金魚
フナ色で誕生するが美しく色づく仕組みは「ビタミンB1破壊酵素(サイアミナーゼ)」の生成です。
金魚はビタミンB1破壊酵素を持つ魚です。
金魚ばかりを与えるとビタミンB1不足に陥る危険性があります。
餌金魚は、偶に与える分には問題ありませんが、主食には向かない生き餌です。

飼育可能数は、水槽の大きさ次第です。
私は、ドンコの親戚で、性格もドンコと同じチチブを飼育していました。
チチブを選んだ理由は体長が10cm前後だから。

ドンコは25cm程度まで成長するので、60cm水槽では2匹程度が飼育の限界となります。
ドンコを複数飼育する場合の条件は3つ。
・水槽内に流木や土管、割れ鉢などを多数設置し、縄張りが明確に分かれるようにレイアウトすること。
・ドンコ同士の視線が衝突しないようにレイアウトすること。
・一緒に飼育するドンコの体長を合わせること。
以...続きを読む

Qクロメダカとハヤの稚魚の見分け方

クロメダカとハヤ(小魚)の稚魚を簡単に見分けられる方法はありますか??

Aベストアンサー

メダカ(成魚)と小魚の稚魚の区別という事で良いのでしょうか?

クロメダカの特徴は。 。 。

1.口が上向きに付いている
2.背びれが尾びれの近くまで後方に寄って付いている
3.尾びれに切れ込みが無く、三角型

ハヤ(場所によりオイカワやウグイの別称になりますが)の稚魚は

1.口が真ん中かそれより下に付く
2.背びれが真ん中付近か、少しだけ後よりにつく
3.尾びれに切れ込みがあり、矢じり型に近い

なので、この3点がポイントになると思います。

Qメチレンブルーの使い方について

飼って数週間のネオンテトラに白点病がみられました。
背びれや尾ひれにぽつぽつとある状態ですが、
10匹中7匹近くは感染してるようです。
そこで、メチレンブルーを投薬することにしたのですが、水槽が小さいので、薬の量が適正かどうかわかりません。
60リットルに対して、10ミリリットルなので、うちの水槽はでは0.2ミリリットルくらいしか入れてはいけない計算になるとおもいます。

もし、メチレンブルーの量が多かった場合、魚は死んでしまいますか?

Aベストアンサー

私は水槽3つ管理してやってます。初心者時には対処できず苦い経験もしました。生き物の飼う以上、飼う責任がありますからね。質問者様の苦労もわかります。頑張ってください。自分のわかる範囲でもお答えしたく回答した次第ですから・・・
その後はいかがですか?
砂利は青く染まっても問題はないですが、最終的に取り出して、米を研ぐみたいに洗ったほうが良いですね。どういうものを使用しているかはわかりませんが、砕けるようであれば、軽く洗い落としましょう。水槽内の美観もありますからね。
ブルーレットの色を覚えておき、水交換時はその濃さよりも薄くし、様子をみましょう。
水槽は直射日光が当らない所で、温度差がない所に置いてください。

Q金魚の薬浴のための0.5%食塩水の作り方

よくネットで、金魚が病気になったときに0.5%の食塩水で...と載っていますが、実際作るときにどういう目安で水の量と食塩の量を調整すればよいのでしょうか?
普通に小さじ1杯は5mlだから、食塩小さじ1杯と200倍の水1000ml=1リットルとすればいいのでしょうか?すいませんが、教えてください。
尾ぐされ病のようで、薬と食塩水の併用が効くと載っていました。薬は明日にでも買いに行こうと思っています。

Aベストアンサー

おおよそですが、小さじ一杯の食塩(さらさらした精製塩)は6g、しっとりした感じの塩は5gと言われます。よって、食塩であれば小さじ一杯より心持ち少ない量の塩を、約1000g=約1000ccの水に溶かせば0.5%食塩水の出来上がりです。

なお、この場合の0.5%は、理科の授業では重量パーセント濃度と言われるものになります。例えば0.5gのものを99.5gの水に溶かし、100gの溶液を作ったものが0.5%重量パーセント濃度と呼ばれます。よって、厳密に言えば、5gの塩を995g(=995cc)の水に溶かすと重量パーセント濃度で0.5%ちょうどの溶液が出来上がりますが、まあ誤差の範囲ですので水の量を995gにする必要まではないと思います。

Q川エビの飼い方

こんにちは!

川エビというんでしょうか、1~3センチくらいの透明なエビを池から取ってきたのですが(ええ、田舎ですとも!)飼い方がわかりません。

餌は何を食べるのでしょうか?
金魚(まだチビ)の水槽に入れても大丈夫でしょうか?

お休みのところ恐れ入りますが、ご存知の方、どうかご教示ください。よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

 スジエビ、ヌマエビ 両方の可能性があると思います。スジエビであれば、肉食性が強いので、金魚を攻撃してヒレが切れる可能性があります。(サイズ次第ですが)逆に、金魚がサイズアップした場合、エビは餌とみなされる可能性が十分あります。
 混泳させるのでしたら、植木鉢の破片とか流木などでエビの隠れ家を作る必要がありますね。餌は特別に気を使う必要はないですよ。なんでも食べます。
 水温は低温に関しては、金魚が耐えうる範囲であれば問題ありません。夏の高温には、金魚より弱いように思います。といいつつ私は室外で飼育してますねどね。
エビの違いは下記サイトなどの写真を見て判断してください。

参考URL:http://ki.itigo.jp/marli/water/

Q川魚(ハヤ?)について、飼育について(初心者です)

友人から川魚を譲り受けました。
ハヤ4匹だと聞いています。

30センチの水槽にエアーポンプを入れています。
水草(ナナとか言う種類)や素焼きの筒を入れて隠れる場所も作りました。
居間に水槽を置いているので、夕方に布をかけて暗くしています。
餌は川魚の餌を朝にあげてます。

1匹は細く体に黒いラインがあり、ヒゲがあるので、「くちぼそ」なのではないか?
2匹は黒いラインがあり、「カワムツ」かも?
残り1匹は、カワムツらしき2匹と形は似ておりますが、ラインなしです「アブラハヤ?」。
このように予想しています。


質問です。
① カワムツらしき2匹のうち1匹は体が大きくしゃくれているのですが、
朝は体のラインが薄くなっており、だんだん黒いラインが昼までに出てきます。
実はこの2匹も違う種類なのでしょうか?
② この4匹同士、追いかけ回し合っています。
水槽が狭いのでしょうか?

③ 水槽の掃除屋さんをなにか入れたいのですが、
よく聞くエビ系は食べられるようなのですが、おすすめはありますか?


以上、この他にハヤについておすすめのサイトなどありましたら
併せて教えていただければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。

友人から川魚を譲り受けました。
ハヤ4匹だと聞いています。

30センチの水槽にエアーポンプを入れています。
水草(ナナとか言う種類)や素焼きの筒を入れて隠れる場所も作りました。
居間に水槽を置いているので、夕方に布をかけて暗くしています。
餌は川魚の餌を朝にあげてます。

1匹は細く体に黒いラインがあり、ヒゲがあるので、「くちぼそ」なのではないか?
2匹は黒いラインがあり、「カワムツ」かも?
残り1匹は、カワムツらしき2匹と形は似ておりますが、ラインなしです「アブラハヤ?」。
このように...続きを読む

Aベストアンサー

>1匹は細く体に黒いラインがあり、ヒゲがあるので、「くちぼそ」なのではないか?

 モロコかヒガイ(の幼魚)だと思われます。クチボソ(和名はモツゴ)は口がヒョットコのように上向きになっていて、体を横から見ると菱形になっているので、すぐに分かります。また、クチボソにはヒゲがありません。

>残り1匹は、カワムツらしき2匹と形は似ておりますが、ラインなしです「アブラハヤ?」。

 アブラハヤは個体差がありますが、うっすらと黒いラインが1本あります。またウロコが細かく全体的にぬめっとした感じです。これは普通のハヤ(ウグイ)かもしれませんね。

 あとの2匹はクチボソの可能性が高いです。ただ、申し訳ありませんが4匹とも写真(実物)を見てみないと断定は出来ません。

>(1) カワムツらしき2匹のうち1匹は体が大きくしゃくれているのですが、
朝は体のラインが薄くなっており、だんだん黒いラインが昼までに出てきます。
実はこの2匹も違う種類なのでしょうか?

 多分2匹ともクチボソのメスではないかと思われます。しゃくれている方が成熟したメスです。魚は光量によって体色が変化します。

>(2) この4匹同士、追いかけ回し合っています。
水槽が狭いのでしょうか?

 ちょっとした縄張り争いかもしれませんね。通常なら問題ありませんが、あまりひどいようなら、60cmくらいの水槽で飼育した方が、将来的にもいいかもしれません。

>(3) 水槽の掃除屋さんをなにか入れたいのですが、
よく聞くエビ系は食べられるようなのですが、おすすめはありますか?

 ヤマトヌマエビがオススメですよ。エビにしてはサイズもそこそこ大きくなるので、魚に食べられてしまうこともありませんし、コケなどもよく食べてくれます。30cm水槽なら5匹が適数です。エサの食べ残し掃除だとドジョウがオススメです。

>水草(ナナとか言う種類)

 アヌビアス・ナナですと主に熱帯魚の飼育に用いられる水草です。コケが付き易く、水温が22℃を下回るとダメになってしまうことがあるのでご注意ください。また、光量が充分でないと、枯れてしまうこともあります。

 水槽のサイズが小さめなので、夏場の水温上昇と酸素不足に気を付けてください。それと、エサは「ちょっと少ないかな?」くらいの量で丁度いいので、与え過ぎにも注意してください。

>1匹は細く体に黒いラインがあり、ヒゲがあるので、「くちぼそ」なのではないか?

 モロコかヒガイ(の幼魚)だと思われます。クチボソ(和名はモツゴ)は口がヒョットコのように上向きになっていて、体を横から見ると菱形になっているので、すぐに分かります。また、クチボソにはヒゲがありません。

>残り1匹は、カワムツらしき2匹と形は似ておりますが、ラインなしです「アブラハヤ?」。

 アブラハヤは個体差がありますが、うっすらと黒いラインが1本あります。またウロコが細かく全体的にぬめっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング