位置情報で子どもの居場所をお知らせ

よろしくお願いします。


現在、Dreamweaver 8のテンプレート機能を利用して
サイトを運営しているのですが、そのテンプレートの使い方について
お聞きしたいことがあるのですが・・・。


例えばページのある部分にだけ編集可能領域を持たせているとします。
bodyの内部のどこかとします。

その際に、あるページだけは編集可能領域意外と認識されている
<body>に追記をする必要が出たとします。

例えば、このページだけは<body onLoad="hoge();">と書く必要が
あった場合など・・・。

そういった場合に、この<body>の前後だけを、編集可能と
認識されるようにしたいのですが、それは無理な話でしょうか?


<body>も含めて編集可能としてしまうと、その他のページに共通させて
表示させているコンテンツが毎回編集の対象となってしまい作業量が
膨大になってしまいます・・・。


どなたか良い解決法をご存知の方いらっしゃいましたら
是非ともアドバイスの方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


オプション領域をお使いになったらいかがでしょう?

テンプレートにAというオプション領域(初期値false)を作ります。
Bというページのみオプション領域Aを表示させたい場合、
テンプレート適用済みのBページで、オプション領域Aのvalueをtrueにします。
テンプレートに戻り、

<!-- TemplateBeginIf cond="A" -->
<body onLoad="hoge();">
<!-- TemplateEndIf -->
<!-- TemplateBeginIf cond="!A" -->
<body>
<!-- TemplateEndIf -->

とすると、Aの値がtrueのページのみ
<body onLoad="hoge();">が表示され、
それ以外のペーは<body>が表示されます。
もしかすると、タグの不均衡によりタグが黄色(エラー色)になり、
デザインビューでの表示がおかしくなってしまうかもしれませんが、
気にしなければ全く問題ありません。

もっとスマートな使い方があるかもしれませんが、
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました!

何とか設定が出来たようです。
色々と機能があるようなのですが、まだまったく
使いこなせておりません・・・。

お礼日時:2007/12/27 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDreamweaver8を使っていますが編集がロックされます

ページミルで作ったファイルをDreamweaver8で編集していますが中に
<!-- InstanceBegin template="/Templates/index.dwt" codeOutsideHTMLIsLocked="false" -->

<!-- InstanceBeginEditable name="head" -->

<!-- InstanceEndEditable -->

<!-- InstanceEnd -->

といったタグが埋め込まれ、どうやらこれが原因でロックがかかり編集できません。
全て切り取ると編集できるようになりますが全てのページに埋め込まれていてなんとかならないものかと・・・

このタグの意味とDreamweaver8にて編集可能かどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

そのHTMLファイルはあなたが作成したものですか?
Dreamweaverでテンプレートファイルを作成し、そのテンプレートファイルからHTMLファイルを作成した場合、

<!-- InstanceBegin template="/Templates/index.dwt" codeOutsideHTMLIsLocked="false" -->

<!-- InstanceBeginEditable name="編集領域名" -->
などが挿入されます。

この場合、「Templates」というフォルダ内にあるindex.dwtを編集すると、index.dwtというテンプレートを元に作成された全てのHTMLファイルが更新できます。
私のOSはWindowsなので、ページミルを使用した事がありませんが、以下のコンテンツを閲覧した限りでは、ページミルにはテンプレート機能はなさそうなので、おそらくDreamweaverでテンプレートを作成して挿入されたコメントだと思います(Dreamweaverで生成・挿入されるものと同じなため)。
http://bach.ss.sugiyama-u.ac.jp/~yamane/close/howto/index.html

ですから、各HTMLファイルから
<!-- InstanceBegin template="/Templates/index.dwt" codeOutsideHTMLIsLocked="false" -->

<!-- InstanceBeginEditable name="編集領域名" -->
は削除せず、テンプレートを修正した方が作業も楽だと思います。

なお、このテンプレートという機能は、一つのテンプレートファイルを編集することによって、それを元に作成したHTMLファイルを全て更新するための機能です。
それぞれのHTMLで編集する場合にロックがかからないと、せっかくのテンプレートの意味がありません。

参考URLはMacromediaのDreamweaver MXでテンプレートを作成する場合のTIPSを解説したページです。
Dreamweaver8でも同様の手順で作業できると思います。

また、テンプレートを作成する方法は下記が参考になります。
[ネストされたテンプレートを作成する]
http://www.macromedia.com/jp/support/dreamweaver/ts/documents/dw0386.html

参考URL:http://www.macromedia.com/jp/devnet/dreamweaver/articles/dw_templates.html

そのHTMLファイルはあなたが作成したものですか?
Dreamweaverでテンプレートファイルを作成し、そのテンプレートファイルからHTMLファイルを作成した場合、

<!-- InstanceBegin template="/Templates/index.dwt" codeOutsideHTMLIsLocked="false" -->

<!-- InstanceBeginEditable name="編集領域名" -->
などが挿入されます。

この場合、「Templates」というフォルダ内にあるindex.dwtを編集すると、index.dwtというテンプレートを元に作成された全てのHTMLファイルが更新できます。
私のOSはWindo...続きを読む


人気Q&Aランキング