よくテレビで「株式の公開」とか言ってるけど、株式の公開ってどういうことですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

株式の公開とは、特定の少数株主によって所有されていたり、譲渡が制限されていたりする株式を一般投資家に売却し、自由に売買が出来るようにすることをいいます。



企業の場合、株式公開によるメリットは、資本市場からの資金の調達が容易になる、企業の認知度と信用力の向上、社員の志気の向上、といったことがあげられます。

逆にデメリットとしては、株式公開をすると、経営や企業情報のディスクロージャーを投資家、関連業者に対して行うことが必要となり、それに対応するためのコストと時間がかかるようになります。

株式を新規公開するような企業はオーナー社長の場合が多く、オーナー社長の中には公開することにより新しく発生する経営についての規制、コスト、手間が増えるのを嫌い、株式公開をしたがらない経営者もいるようです。

参考URL:http://www.belab.org/contents/e_learning/nabecha …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLが大変参考になりました。有り難うございました。

お礼日時:2001/02/04 20:03

 会社を創立して、会社が大きくなると、工場の増設などで、よそからお金を借りたり、優秀な社員を雇うためには、会社が信用されることが必要です。

そのためには、株式を全国の誰でも買うこと、つまり上場が必要です。上場するためには、経理を公開し、一般の投資家に不測の損害を受けないために会社の情報を開示するため、厳重な検査が必要です。それにクリアしますと、いままで、値段がつかなかった株式が数十倍の値段で売れ、関係者は莫大な利益が得られますし、会社の信用が増します。この株式の上場のことを株式の公開といいます。上場には、東京証券取引所以外にも、マザーズとか、店頭市場、などがあります。

参考URL:http://www.netdebiz.com/business/others/guide_ps …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よく分かりました。有り難うございました。

お礼日時:2001/02/04 20:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報