この間教育テレビの未来の技術に関する番組を見ていたら、放射線濃度の高い場所では、半導体を使用したフラッシュメモリーは役に立たなくなってしまうと言っていたのですが何故なのでしょうか?番組では放射線が電子に影響を与えるとか言っていましたがそれ以上のことは説明してくれませんでした。
 それとそれ以前にフラッシュメモリーというのがよく分からないのでそちらもお教えいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずフラッシュメモリについてですが、これはMOS-FETと呼ばれる構造になっています。


Mは金属(Metal)、Oは酸化物(Oxide)、Sは半導体(Semiconductor)の略で、FETは電界効果トランジスタというものです。イメージ的には、トランジスタの上にコンデンサが乗っかったようなものだと思ってください。

このメモリがDRAM、SRAMなどと違う点は電源がないときでもデータを記憶したままでいられることです。

どうしてそんなことができるのかというと、(この辺はちょっと記憶があやふやなのですが)酸化膜に高い電界をかけて電荷を注入すると、電荷が金属と酸化物の界面付近に蓄積されます。それによって金属と酸化膜、酸化膜と半導体の界面付近が特殊な電気状態となります。その状態をFETで読み取っているのですが、この電荷状態が電源に関係なく保持されるので、データを記憶したままでいられる、ということだったと思います。(多分)

ところで、放射線には物質にあたると電子を飛び出させたりする性質があります。
放射線が酸化物にあたると、電子が飛び出すことで電荷が失われたり、また電荷がなかったところに電荷が現れたりします。そのため、データエラーを起こしやすくなってしまうのです。
これが、フラッシュメモリが放射線環境に弱い理由です。

肝心のメモリの動作原理の説明があやふやで申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳細な回答ありがとうございました。ものを知らないので分からない部分が多々ありますが、調べて理解できる様にしたいと思います。

お礼日時:2001/02/07 07:46

ちょっと前にこういう議論やってました。

ご参考まで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=25238
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。高卒の私には難しい議論でしたが、勉強になりました。私が見た番組の中ではNASAが「エウロパ・オービター計画」における放射線対策として、「ホログラフメモリー」というクリスタルにレーザーで立体的にデータを記録させるシステムを開発していました。小型・大容量で、放射線云々を抜きにしても私たちの生活にも恩地をもたらしそうです。

お礼日時:2001/02/07 06:57

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


小生も別のTVで見たように記憶がありますが・・・?

更に検索すればあるとおもいますが、ご参考まで。

参考URL:http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/s …

この回答への補足

 ポイントあげられなくて御免なさい。

補足日時:2001/02/16 22:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。今までマイクロチップが放射線に弱いなんて全然知りませんでした(みんな知ってるのかな…)。普通の環境下でも結構深刻な問題になっているのですね。

お礼日時:2001/02/07 07:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q放射性物質の半減期と放射線量の関係

放射性物質の半減期が過ぎたら放射線量はどうなるのでしょう? ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

濃度が半分になりますから、単純に放射線量は半分になる!
と言いたいんですが......。
実際問題は半分にならない場合もあります。

 ・親核種→(崩壊)→娘核種→(崩壊)→安定物質(分裂終了)

親各種と云うのは、例えばウラン235のように元の核物質です。
崩壊というのは核分裂の事で、この時の放射線を出します。
娘核種とは、親核種が核分裂して生まれた「新しい核分裂性
物質」のこと。

ある物質の半減期とは、「親核種の半分が核分裂して他の物質
に変化する期間」ですね。

一般的に核物質は安定な物質になるまで何段階か核分裂を
繰り返します。
となると、親核種の半減期が過ぎれば、確かに親各種からの
放射線は半分になりますが、娘核種が生まれてしまうと、娘
核種がまた放射線を出しますので、物質全体の放射線量と
しては半分より少し高い値になります。

Q放射線について

放射性物質から出た放射線は、まっすぐ進み続けるのですか?

例えば、東京タワーのてっぺんに、放射性物質を置いたら、富士山の頂上から、東京タワーに向けて測定したら、距離の2乗で減衰するでしょうが、検出できるものなんですか?

Aベストアンサー

放射線といっても粒子線と電磁放射線に大きく分けられますが、今回の原発事故で問題になっているのはガンマ線(γ線)で、これは電磁波の一種ですので光が広がっていくイメージ(光も電磁波なので)で考えて頂ければわかりやすいでしょう。ガンマ線は透過力が極めて強くコンクリートなら50cm以上・鉛の板でも10cm以上の厚さが必用です。また、同時に問題になるのが中性子線で、これは粒子線ですが非常に透過力が強く大量の水または水分を含んだ分厚コンクリートの壁でなければ遮蔽できません。

ある一点から出た光が広がるとき距離が2倍になると縦に2倍、横に2倍で面積では4倍に広がるので、同じ面積あたりのエネルギーは1/4になりますし、3倍なら1/9になります。このように到達するエネルギーの強さは距離の2乗に反比例します。

ただし、これは放射線の発生源が一点であり、移動しない場合の話ですので、放射線を帯びた粒子やチリなどが風に乗って飛散してしまった場合は発生源自体が広く分布していることになるため、単純に原発からの距離では測れませんが・・・

このほかにも放射線にはアルファ線(α線)やベータ線(β線)・中性子線などがありますが、これらは粒子線で可なり性質が異なります。アルファ線は極めて透過力が弱く紙一枚程度でも遮蔽できるのですが、電気的なエネルギーは大きく、アルファ線を発生する放射性物質が体内に取り込まれた(放射性物質のチリを吸い込んでしまうなどして)場合などには大きな影響があります。ベータ線はアルミ板程度で遮蔽できる粒子線で透過力はアルファ線より強いのですが影響力はアルファ線から比べるとだいぶ弱くなります。

放射線といっても粒子線と電磁放射線に大きく分けられますが、今回の原発事故で問題になっているのはガンマ線(γ線)で、これは電磁波の一種ですので光が広がっていくイメージ(光も電磁波なので)で考えて頂ければわかりやすいでしょう。ガンマ線は透過力が極めて強くコンクリートなら50cm以上・鉛の板でも10cm以上の厚さが必用です。また、同時に問題になるのが中性子線で、これは粒子線ですが非常に透過力が強く大量の水または水分を含んだ分厚コンクリートの壁でなければ遮蔽できません。

ある一点から出...続きを読む

Q放射線の種類

放射線は、一定レベルの周波数の電磁波のようなものと解釈してますが、周波数であれば、いろんな種類が考えられますよね。世間で「放射線は何シーベルト」というときの、放射線は、そのうちの特定の放射線と考えられます。この場合、他の周波数の放射線は、問題にならないのでしょうか?

A放射線は、xシーベルトでも、B放射線はyシーベルトで、C放射線がzシーベルトだと、体に対する影響は、x+y+zを基準にしなければならないということはないのですか?

Aベストアンサー

A放射線は、xベクレルで、B放射線はyベクレルで、C放射線がzベクレルだとすると、体に対する影響は、ax+by+czを基準にしなければならないということです。

a, b, c, は線種ごとに決められた定数で、人体に与える影響度を反映しています。

ax+by+cz = ○○シーベルト と成ります。
以上からお分かりのように、シーベルトは調整後の数値ですから、放射線源の違いに関係なく人体に対する影響を表す指標となっています。

Q放射線許容量

いつも、政府高官による記者会見で人体に影響はないとか言います。
ところでこの放射線許容量っていうのは誰が何を根拠に決めたんですかね。
原発で働く人の許容量とかもその根拠は誰がどのようにして決めたんですか。
今回の津波は東電は想定外といっています。
ところが事故の前から危険を指摘していた人もいるようです。
東電を批判している人はこういう指摘を東電が無視してきたことを東電の落ち度だといっているようですが、
危険の境界線なんて、学者だって諸説様々だし、一概には言えないんじゃないですか。
最初に書いた、放射線許容量だって学者先生の中には、低濃度であってもがんの発生のリスクが高いことをいっている人もいますよ。
ところで、質問ですけど、放射線許容量の信頼性についてです。
今運用されている許容量は本当に大丈夫な数字ですか。

Aベストアンサー

人類による放射線利用の歴史はまだ100年足らずですが、放射線が健康に与える影響については核兵器の実戦使用(広島、長崎)、数百回に及ぶ核実験、チェルノブイリの事故、放射線医療などで多くの臨床データが蓄積されています。その結果、高線量の被曝による確定的影響(急性障害)は短期間での250mSvを超える被曝をしない限り見られないというのはほぼ共通の認識となっています。それ以下の低線量被爆の影響については意見が分かれており、100mSv/年を閾値としてこれ以下では影響がないとする説と、どんなに僅かな線量でもそれに応じた影響があるとする説があります。
放射線防護の考え方としては後者の閾値なしを前提にして、放射線作業従事者については年間50mSvを上限として、合理的に達成しうる限りなるべく低く抑えることになっています。この考え方はALARA(as low as reasonably achievable)として国際的に認知されています。放射線の影響は子供ほど感受性が高いことが知られているので、妊娠の可能性がある女性についてはより厳しく制限されています。
従事者以外の公衆に対する影響は、バックグラウンド(自然界に元々存在する放射線)の誤差の範囲に収まる1mSv/年が通常の値です。従事者の基準が50倍も緩いのは、一般の人は正確な被曝量を知ることが出来ないのに対して従事者は厳密に被曝量を管理できるからです。
災害や事故、戦争などの緊急時については許容レベルを一時的に引き上げることが国際的に認められていて、日本の基準も国際標準に倣っています。これは、緊急時は放射線以外のリスクが高まっているため、十分に安全尤度を持った通常の基準を放射線についてのみ遵守しようとすると、結果としてリスクを高めてしまう恐れがあるためです。例えば、ある地域で住み続けると年間10mSvの被曝が予想されるとき、放射線による発癌リスクの上乗せは0.05%程度です。一方で避難、移住した場合、転居、転職によるストレス、収入減による医療アクセスの低下などでより高いリスクを招く恐れがあります。

放射線を避けるためのリスクがゼロであれば、僅かなリスクも避けるべきでしょう。実際には何かしら普段と違うことをするのは相応のリスクを伴いますので、そのリスクと比較して放射線によるリスクが有意に高い場合のみ、対策を取るというのが結果的にトータルのリスクを最小化することになります。

現在運用されている許容量については国際基準通りであり、十分合理的だと思います。個人的には、むしろ避難生活を強いることのリスクをやや過小評価しているように感じます。

人類による放射線利用の歴史はまだ100年足らずですが、放射線が健康に与える影響については核兵器の実戦使用(広島、長崎)、数百回に及ぶ核実験、チェルノブイリの事故、放射線医療などで多くの臨床データが蓄積されています。その結果、高線量の被曝による確定的影響(急性障害)は短期間での250mSvを超える被曝をしない限り見られないというのはほぼ共通の認識となっています。それ以下の低線量被爆の影響については意見が分かれており、100mSv/年を閾値としてこれ以下では影響がないとする説と、どんなに僅か...続きを読む

Q放射線測定について

放射線測定(空間線量測定)において、バックグラウンド
測定というのはどのように行うのでしょうか?
測定点が複数の場合、各測定点ごとに行うのでしょうか?

Aベストアンサー

 
 1)測定試料を置かなくても、必ず自然放射線による計数がある(バックグラウンド)ので、試料を置いた時の計数と、試料を置かない時の計数を測定して、その差を求める必要があります。

 但し、実際はちょっと複雑で、測定時間や誤差、計数率とその誤差なども考慮しなければなりません。
 
 バックグラウンドもその時、その時で多少変化するので、確か、始めにバックグラウンドと,計数の大きさがどれくらい違うのか把握して、後は、バックグラウンド測定時間と、計数測定時間を調整していたと思います。


 2)測定点が違うと、勿論バックグラウンド変わってきますので、各測定点毎に行う必要があるはずです。

 あまり、正確ではないですが、アドバイスくらいにはなりませんかね?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報