資産運用でFPに相談したところ「ヘッジファンド」を勧められました。何となく興味が涌きましたが株とか投資信託と言えばわかりますが、「ヘッジファンド」と言われても素人の私にはどうもよく分かりません。FPの方からもそれなりの説明はしていただきましたが聞きなれない単語も出て一抹の不安を感じています。そこで、(1)「ヘッジファンド」とは一口に言えばどういうものなのか(2)為替・金利・政治情勢等々諸々に対するリスクは (3)買うとしたらどのようなファンドがあるか。
買うとしたら200万円-300万円を考えていますが、どなたかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

小生も株、債券、REIT(具体的にはマネックス資産設計をメインに使ってます)以外にオルタナティブとしてヘッジファンド検討しました。

海外から(で)ヘッジファンドを購入すると、日本国内の税制で「投信」と見なされず、FX等と同様の雑所得(総合課税)で「重税」となり、しかも、株、債券(又はそれらの投信)と損益通算できないのでは。つまり、ヘッジファンドをアセットアロケーションに組み込む本来の目的である株、債券の損出を穴埋めする効果があまりだせない、重税でヘッジファンドの利益が減少してしまうという意味で。その他、海外で購入できるオフショアファンドも同様なはずで重税。FXの脱税摘発事件が多いのはナゼか考えれば・・・。もし、日本国内で買う場合は、日本の投信法が適用されてレバレッジが上げられないので効果がイマイチでは?この点もFPに相談してみてはどうですか?日本国内で購入の商品ファンドも同様なはずです。
とにかく重税(雑所得)の観点から、ヘッジファンド、オフショアファンド、商品ファンド、商品先物、FX等は小生、使っていません!節税、廉価な信託報酬手数料の観点から個人型DC、ゼロクーポン債、上記インデックス型バランスファンドを主に使ってます。
一度、税金のこともFPに尋ねてみてはどうですか?このFP、独立系FPですか?それとも、金融機関所属?或いは、何処かと代理店契約、提携等してますか?だとすると、そこの商品が良いか悪いか別として勧めてきますよね?
    • good
    • 0

その300万円は投資資金全体の何パーセント程度でしょうか?


もしも1割以下の少量であれば分散投資の一貫としてヘッジファンドへの投資は考えられるかもしれません。
場合によっては半分以上を失っても良い金額だけを投資するようにするべきだと思います。

ヘッジファンドは一般に、手数料が馬鹿高く、最低販売金額も大きく、
危ないと思って早目に解約しようとしても、できなかったり、
高額の手数料を取られたりする場合があります。
金融商品を買うときには「危ないと思ったときに逃げるのが簡単か」
をまず最初に確認するべきだと思います。
しかもヘッジファンドは中で何をやっているかが十分に公開されていないので、
自分が理解できないものに投資することになってしまうことになります。
投資するとしても十分に研究してからでないと
ひどく後悔する結果になってしまう可能性が高いと思います。

元本保証型のヘッジファンドは避けた方が無難です。
それに限らず、本来なら元本が保証されない投資を行なうのに
元本保証型であるような金融商品は避けた方が良いです。
危ない金融商品の見分け方は次の本が詳しいので参考にすると良いかもしれません。
http://www.amazon.co.jp/dp/447800322X

国内外の株式・投資信託で結果が出なかった理由の方が問題だと思います。
たとえば単純に国内株式、国内債券、海外先進国株式、海外先進国債券の
インデックスファンドにすべてに同じ割合で投資していれば
期待リターンは5%程度でリスク(リターンの期待値からのぶれ幅)は10%程度になり、
今年1年の収支は12月26日現在で0.2%ほどのプラスになっているはずです。
(国内株式が足をひっぱりまくっている。それ以外の収支は悪くない。)

期待リターン5%、リスク10%は(正規分布を仮定すると)、
1年間投資した場合の元本毀損確率が30%程度であることを意味しています。
リスクが10%ということはリターンが期待値の5%から10%程度は上下にずれる可能性が高いということです。
運がとても良かったりとても悪かったりするとリスクの倍の幅でずれることも十分にありえます。
これだけの元本毀損確率があるのだから、サブプライム問題の悪影響にもかかわらず、
今年1年の結果がマイナスになっていないのは十分満足できる結果だと思います。

国内外の株式と債権という最も標準的な投資先への資産配分を見直すことが先で、
ヘッジファンドなどへの投資はその後でじっくり研究すれば良いことだと思います。

投資を始めた時期がサブプライム問題勃発直後だとしたら、
単に運が悪かっただけの可能性も十分にあります。
好ましい資産配分で投資しているのに、単に運が悪かっただけなら、
このままの資産配分で投資を続けるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かいアドバイス有難うございました。
典型的なハイリスク・ハイリターン商品のようですね。
これまでローリスク・ローリターン主義で主に定期預金・国債それに国内株・内外の投資信託に投資していましたが、欲が出て今少しリターンを追及しようと考えているところです。
「ヘッジファンド」に投資しても全体の5%以下に抑えないといけないとは思っています。

お礼日時:2007/12/29 14:12

そもそもの質問に答えられる限りで答えます。



(1) ヘッジファンドとは?
これもいろいろな定義があるのですが、たぶんFPが指しているのは…「ヘッジファンド=絶対的な利益を追求するファンド」です。

一般的な投資信託では、TOPIXや日経平均などの、ある指数をベンチマーク/インデックスという指数を設定し、これを超えること/同じ動きをすることを目的とします。
(アクティブ型ファンドで20%損をしてもベンチマークが30%下がっていれば、運用は成功)
これに対して、絶対的な利益追求とは、相場環境が上がろうと下がろうと常にプラスの利益を出すことを目標としています。(あくまで目標で、必ずしも利益を出せるわけではない)

○ヘッジファンドの投資手法 (Wikipediaから)
ロング・ショート
アービトラージ
マーケット・タイミング
レラティブ・バリュー
イベント・ドリブン
マーケット・ニュートラル
グローバル・マクロ

なお、一般的には以下のように言えます
・ある程度のまとまったお金で無いと買えない
・手数料は高め


(2)為替・金利・政治情勢等々諸々に対するリスク
当然ファンドの運用にこのような要素が影響を与えますが、ヘッジファンドの方でそれらの各種リスクを考慮して絶対的利益追求を行いますので、「金利が上がるとどうなる」などとは言い切れません。
    • good
    • 0

(1) 「毎月分配型投信で長期運用したい」と言ったら「止めた方が良い」と言ってくれるか?



毎月分配型投信のように分配金をたくさん出してしまう投信は長期投資では効率が悪いです。
分配金には税金がかかります。
しかし、税金の支払いはできるだけ後にのばして、
運用に回した方が複利効果が高まります。
だから分配金を出さない投信は出す投信よりも投資効率が高くなります。
毎月分配型投信は馬鹿な消費者に人気があるので売り易いのです。
良い商品よりも売り易い商品をすすめるFPを信用するのはやばいでしょう。

(2) 「ノーロードで信託報酬の安いインデックスファンドで長期運用したい」と言ったら、
その方針を肯定してくれて適切なアセットアロケーションを指示してくれたか?

投資の定跡はノーロードで信託報酬の安いインデックスファンドによる長期分散投資です。
過去の投資に関する研究から実際にその投資法は十分に効率的であることが知られています。
しかし販売手数料がゼロで信託報酬が安い投信は金融機関が儲からない商品です。
金融機関の取り分が減ればその分だけ自分の取り分が増えます。
そういう意味でインデックスファンドは良い商品なのです。
消費者にとっては良い商品であっても金融機関にとっては儲からない商品
をすすめようとするFPを信用できないのは当然でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度 ご丁寧なアドバイス有難うございました。
実は私、国内外の株式・投資信託・国債を中心に保有しています。
今保有している株式・投信はやり方が不味いのか結果がでませんでした。また国債は利回りが低いため、FPに全体の利回りを上げるポートフォリオをお願いしたところ「ヘッジファンド」を勧められました。
勧められた「ヘッジファンド」は「マン社」のもので一口300万円です。

お礼日時:2007/12/26 18:14

投資初心者にヘッジファンドをすすめるようなFPとは縁を切った方が良いと思います。


カモにされかけている疑いがあります。注意した方が良いと思います。

ヘッジファンドにも色々なタイプのものがあるので、
一言で説明できる類のものではございません。
共通の特徴は運用報酬が馬鹿高いことです。

投資の世界の鉄則は「理解できないものに手を出してはいけない」です。
聞きなれない単語が出て理解できなかったのなら、投資は控えた方が良いでしょう。
さらに「美味しそうに見えたら、必ず誤解している」という法則もあります。
美味しい投資先など存在しません。必ず裏があります。

相談先のFPが信用できるかどうかは

(1) 「毎月分配型投信で長期運用したい」と言ったら「止めた方が良い」と言ってくれるか?
(2) 「ノーロードで信託報酬の安いインデックスファンドで長期運用したい」と言ったら、
その方針を肯定してくれて適切なアセットアロケーションを指示してくれたか?

を確認すればわかると思います。毎月分配型投信での長期運用を肯定したり、
インデックスファンドによる長期運用を否定したりするFPとは早めに縁を切りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございました。
やはり自分が納得できないものは手を出さない方がよいですか。

信用できるFPの条件として2項目あげておられますが、どういう理由からでしょうか。

お礼日時:2007/12/25 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジ無)【日興アセットマネジメント】の運用報告書を閲覧希望

年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジ無)【日興アセットマネジメント】で運用を検討しています。この投信の運用報告書を閲覧したいのですが、日興アセットマネジメントのHPでは参照不可です。運用報告書を閲覧できるHPがあるのならば、そのURLを教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジ無)は確定拠出年金専用ファンドであっても、
幾つかのネット証券で誰でも購入できることを御存じの上での質問ですよね。

https://asp.b2e.ne.jp/jv/services?_ControlID=JVOF0Control&_PageID=JVOF0200&_ActionID=Base&chart=0&it_cd=0231F01A
からダウンロードできる目論見書

http://www.monex.co.jp/FundGuide/00000000/guest/G600/trt/fund_comment.htm?MeigCd=++0055510000
からダウンロードできるファンドレポート

では不十分ですか?

この投資信託ははシティグループ世界国債インデックス(除く日本)連動のインデックスファンドです。
他にも同インデックス連動のインデックスファンドがあります。
他の選択肢も含めて検討した方が良いと思います。
http://www.fund-initiative.co.jp/servlet/FundTagSearchServlet?keyword=%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
どれを購入してもリターンはインデックスに連動しています。
コストが低く、連動が正確で、分配金をできるだけ出さないものを選ぶのが良いと思います。

年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジ無)は確定拠出年金専用ファンドであっても、
幾つかのネット証券で誰でも購入できることを御存じの上での質問ですよね。

https://asp.b2e.ne.jp/jv/services?_ControlID=JVOF0Control&_PageID=JVOF0200&_ActionID=Base&chart=0&it_cd=0231F01A
からダウンロードできる目論見書

http://www.monex.co.jp/FundGuide/00000000/guest/G600/trt/fund_comment.htm?MeigCd=++0055510000
からダウンロードできるファンドレポート

では不十分ですか?

この投資信...続きを読む

Qインデックスファンドとアクティブファンドの優劣

インデックスファンドとアクティブファンドの優劣がわかるデータを教えてください。

アクティブファンドがインデックスファンドに勝てる確率は3割という話を聞いたことがあります。
本当でしょうか。
だったらアクティブファンドってだらしないなぁと思うのですが。コスト高いくせに。

Aベストアンサー

アメリカに比べて日本は非効率な市場と言われていますので、アクティブファンドの活躍の場は多いですね。実際、インデックスファンドよりパフォーマンスを出しているファンドは多いでしょ?
参考URLに投信インデックスがあります。アクティブファンドとインデックスファンドのパフォーマンスを比較できます。過去3年で見ると、アクティブが上回っていたりします。(時価総額加重)平均でアクティブが上回っているということは、単純に半分以上はインデックスファンドを上回るということです。

参考URL:http://www.infobank.co.jp/toushin/

Q債券ファンドと株式ファンドの違い

外国債券のファンドと株のファンドで迷っています。
どちらも長期安定だとありますが、リスクは株の方が大きいのでしょうか?
安定はもちろんですが、リターンも望みます。

どちらも同じように成長しており、比較のポイントがわかりません。
それぞれどのような特徴がありますか?

Aベストアンサー

 
どちらがリターン(利益)が高いか?
リターンの高いほうがリスクが高い
債権でもリスクの低い債権を選べばリターンは小さくなるが、リスクの高い債権はリターンも高い
「サブプライム」・・・ご存知ないですか?
リスクが高くリターンの高い債権でした

株でも同じです、変動の大きい株はリターンは大きいですがリスクも大きい

それぞれに投資の方針があるのだから、債券ファンドと株式ファンドの様な大雑把な判断ではなく、個々のファンドの目論見書を読み過去の成績を見て、これなら良いと思うものに投資しましょう

因みに私は日経先物に投資してます
ある方法で投資すればリスクは限りなく0で年間20%の利益が見込まれます
  

Qアクティブファンドとインデックスファンドの違い。現状のような経済状況で

アクティブファンドとインデックスファンドの違い。現状のような経済状況ではどちらが有利に展開か

Aベストアンサー

だいたい、名前のとおりと思えば良いです。

アクティブファンド
積極的な運用を行う。比較対象をベンチマークというのですが、たとえば日経平均株価のパフォーマンスを上回ることを目指すとか、ファンドにより運用方針があります。こういうと、いかにも儲かりそうですが、実はベンチマークを上回るアクティブファンドは少ないです。また、良好な成績が、なぜか長続きしません。手数料は高め設定です。

インデックスファンド
アクティブファンドとは逆に、日経平均株価、TOPIX、NYダウ、ナスダック総合指数などの株価指標に忠実な動きをする運用を行います。ベンチマークから乖離しないほうが良い。手数料安めの設定です。

経済状況や株式市場の動向がどうであれ、どちらが有利ということもないと思いますが、低コストの投資からいえばインデックスファンドに投資で十分かと思います。
アクティブファンドに投資するというのは、将来の成長を買う楽しみがあるでしょう。なぜか、ほとんどその願いはかなえられないですが、、、。

Q外債にヘッジをかけると日本国債と同じになる?

外債にヘッジをかけると結局、金利差分ヘッジコストがかかるので、日本国債と同じような動きになって意味がないとよく聞きますが、本当でしょうか。だとしたらヘッジ外債に投資する意味って何でしょうか。

昔、日本国債の動きとヘッジ済外債の動きを比べた表をみたことあるのですが、収益率はそんなに違いないけど、結構動きはばらばらだったような気がします。違うとしたら理由はなんでしょうか。

Aベストアンサー

ヘッジ付外債投資は投信ではあまりないと思いますが、生命保険会社などの機関投資家がよくやっています、というよりやっていました。いまでも多少あると思いますが、以前よりはだいぶ少ないはずです。
メリット・デメリットはあくまでも相場環境によります。
もし対象の外債が社債等クレジット・リスクを有するものであれば、No.2さんと回答通りその分がリスク=期待リターンとして上乗せされます。
しかし、米国債などクレジット・リスクのない場合でも、以下のような要因から日本の国債を保有した場合とは違ったリスク=期待リターンが生じます。

1.キャピタル・ゲイン
為替リスクは排除されますが、債券価格自体の変動要因がありますので、金利の上昇・低下によりリターン(保有期間利回り)は変動します。当然年限の長い債券ほど変動幅は大きくなります。
2.イールド・カーブ(長短金利差)
為替ヘッジは大抵の場合数ヶ月といった、債券の年限に比べてはるかに短い期間で行いますので、その部分がキャリーとしてリターン・ファクターに加わります。
例えば米国10年債のイールドが5%、3ヶ月間の日米金利差が2%(日本0.5%、米国2.5%など)であった場合(債券価格が変動しないと仮定)債券の保有により3ヶ月間が年率換算5%の利回りに対し、2%のヘッジコスト、ネットで年率換算3%の実質利回りが得られます。

従って、1.米金利の低下が見込まれ、為替はドル安になりそうだが債券価格は上昇する、という期待が出来る時、2.米国の長短金利の形状が年限が長いほど高い場合(イールド・カーブが立っている=スティープと言います)、などにはヘッジ付き外債投資は有効です。
ただし最近は米金利は短期金利より長期金利の方が低い状態(インバートと言います)が続いていますから、少なくとも2.の点においてはキャリーがマイナスとなり有効ではありません。
米国経済が減速し、さらに長期金利が下がるという確信があればキャリーを支払ってでもキャピタル・ゲインがそれを上回るとの見込みのもとでヘッジ付き外債投資を行う人はいるかもしれません。
ちなみに債券の年限とヘッジの期間を完全に同じにした場合は、理論上は日本国債と同じリターンになるように思われますが、実際には為替のヘッジに使われるスワップ(ディスカウント幅)は一般投資家が参加する市場金利(ユーロダラー、ユーロ円市場:ここでいうユーロは通貨のユーロではありません、自国以外で取引される市場のことをユーロ市場といいます)を参照しますので、国債とユーロ市場の間の信用差、クレジット部分を反映し、保有期間リターンがほぼまちがいなく投資通貨の利回りを下回ります(円債のリターン以下となる)。
もちろん外債投資は米ドルだけではありませんので、米ドル以外の通貨で金利低下が見込まれ、イールド・カーブが立っている通貨があればヘッジ付き債券投資は引き続き有効な運用手段です。

ヘッジ付外債投資は投信ではあまりないと思いますが、生命保険会社などの機関投資家がよくやっています、というよりやっていました。いまでも多少あると思いますが、以前よりはだいぶ少ないはずです。
メリット・デメリットはあくまでも相場環境によります。
もし対象の外債が社債等クレジット・リスクを有するものであれば、No.2さんと回答通りその分がリスク=期待リターンとして上乗せされます。
しかし、米国債などクレジット・リスクのない場合でも、以下のような要因から日本の国債を保有した場合と...続きを読む


おすすめ情報