最新閲覧日:

何か面白い。マンガ、小説、などジャンルは、問わないのでこれは、面白いというものを教えて下さい。

A 回答 (22件中11~20件)

浦沢直樹氏の20世紀少年が面白いですよ。

現代過去未来それぞれの生活などを交えながら謎が明かされていく。SFサスペンスですかね。 まだ終わっていないので、ビッグコミックスピリッツにて連載されています。
是非読んでみてください。
    • good
    • 0

小説 銀河英雄伝説


   ハンニバル
ノンフィクション
   生と死の分岐点
   ザイルを担いだお巡りさん
   ピッケルを持ったお巡りさん
   山靴を履いたお巡りさん
   空飛ぶ山岳救助隊
漫画 ファイブスターストーリー
   ぼのぼの
   そんな奴ぁいねぇ
   ねこじる
   超兄貴
   勝手に改造
    • good
    • 0

私のお勧め


(1)「笑うミカエル」(白泉社・川原泉・花とゆめ)
(2)「MONSTER」(小学館・浦沢直樹・ビッグコミックス)
(3)「ホイッスル!」(集英社・樋口大輔・ジャンプコミックス)

なるべく読みやすいものを選びました。
(1)は非常に有名な作品、コミックは全3巻ですが文庫(2巻)にもなってたはず。
(2)は「YAWARA!」で有名な浦沢氏の作品、普通なのにとっても怖い。物語の怖さ
を見事に表現しています。映画「逃亡者」が好きな方にお勧め。
(3)は今私が一番好きな少年漫画、絵は少女漫画的ですが、ストーリの描き方
複線の張り方が非常に巧みで、脇役も生きている作品です。何度も読み返し
てしまいます。
    • good
    • 0

こんなこと書いて失礼かもしれませんが、すいません。


やっぱり自分にあった物をさがすのは
自分で探した方がいいとおもいますよ。
    • good
    • 0

かなりむちゃくちゃな物でありますけど、富士見ファンタジア文庫の「フルメタル・パニック!」をお勧めします。


著者は賀東 招二氏
現在のところ8巻出版されており、もうすぐ9巻が発売されます。
一言で言えば「学園ラブコメ戦争アクションギャグ」といったところ。
さっぱり意味がわからない一言ですけど、本当に「爆笑」したのはこの作品が初めてでした。
第一巻「戦うボーイ・ミーツ・ガール」が一番面白いとおもうので是非よんでほしいです。
(ラブコメが嫌いでもおすすめです、差し引いてもおもしろいですので)
    • good
    • 0

二ノ宮知子の「天才ファミリーカンパニー」が面白いですよ。


といっても少女漫画といってもブリブリしてなく、男でも十分楽しめます。
私は少女漫画とも、レディースコミックとも思ってません。
この作品は「危ない放課後」とうい名前でドラマ化されています。
ほかには、同じ二ノ宮知子の「平成酔っ払い研究所」が面白いですよ。
自分も酔っ払いになりたい!という気になります。

あとは、ちょっと古いかもしれないけど原作:武田鉄也、作画:小山ゆうの「お~い!竜馬」が面白いです。
私もつい最近読んだんですけど、竜馬のファンになってしまったほどです。
飽きさせないし、絵がいいですよ。
こんな、ところでいいですか。
    • good
    • 0

マンガでお薦めといえば、


石森章太郎、藤子F不二雄、手塚治虫の3氏の作品群
でキマリだと思います。
石森氏だけは要注意ですが(笑)、この人たちの作品なら、
本屋で見かけたものを買っておけば、そこそこ楽しめると
思いますよ。

最近のもので言えば、
藤田和日郎氏の「うしおととら」、
「からくりサーカス」。
が面白いですよ。

小説は、推理小説なら、
綾辻行人、我孫子武丸、芦辺拓、辻真先、森博嗣、
パトリシア・コーンウェル、スー・グラフトン 諸氏
などがお薦めです。

SF小説は、
平井和正氏の「幻魔大戦シリーズ」
「ウルフガイシリーズ」
吉岡平氏の
「銀河無責任シリーズ」
などをお薦めします。

趣味が偏ってますが、どんなもんでしょうか。
    • good
    • 0

コミックスで。



『寄生獣』
岩明均 アフタヌーンコミックス/講談社

アクのある絵柄ですが、ぜんぜん気にならず
逆にそのアクが良い味を出しています。
大人が読むに値するおもしろい話しを探す方には、
これをお勧めしちゃってます。

『マダムとミスター』
遠藤淑子 花とゆめコミックス/白泉社
 マイナー所ですが、あえて推薦!

はっきり云って、デビューしてから随分たつのに、
絵の下手さでは定評があります。(笑)
でも、最近のまんがにはない独特の雰囲気と、
ほんわかする後味がとっても好きです。
良かったら、ご一読を。
    • good
    • 0

ハリーポッタシリーズはどうですか?



大人でも楽しめる童話として世界的に売り出されている
ベストセラーです。現在2冊発売されています。今後も1年に1冊ずつでる予定のようです。

1冊目を呼んだ人は必ずと言っていいほど2冊目を購入していきますよ。(本屋勤務ですぅ)
読み出すと吸い込まれるように…時間も忘れてしまうほど
夢中になってしまいます!
    • good
    • 0

男性の方には面白いかわかりませんが…20~30代の女性にお勧めは以下のようなのです。


マンガ:ノンフィクション+ギャグ系なら、「あたしンち」(けらえいこ)「平成よっぱらい研究所」(二ノ宮知子)、ドラマの「ショムニ」感覚のカタルシスコミックでは「変身OLアラシ」(目白花子)、紀行または実体験系なら、「鳥頭紀行」(西原理恵子 ジャングル編がスターツ出版、「ぜんぶ」が朝日新聞社から)、短編集では「カメレオン・アーミー」(安野モヨコ)「集積回路上のヒマワリ」(三原ミツカズ)「天のテラス」(小椋冬実)、へヴィなものを読みたいときは「河よりも長くゆるやかに」(吉田秋生)「物陰に足拍子」(内田春菊)山岸涼子の文春文庫で出ている自選集など。

本:楽しく笑えるもの:南伸坊「歴史上の本人」(南氏が、箱根では金太郎、松島では芭蕉、鹿児島では西郷さんといった歴史上の人物に扮装してその人のキモチで考える紀行。最低30回は笑える)。
泣けるもの:(ちょっと著者名を失念しましたが、早川書房刊)「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」映画の「フライド・グリーン・トマト」で感動できる人なら、はまります。
じっくり浸れるもの:「ひねくれ一茶」「むかし・あけぼの」田辺聖子。小林一茶や清少納言の半生を描いた小説ですが、ぶ厚さが嬉しいという種類の本です。夢中で面白くて、すぐ終わっては困るのに、途中でやめられないから。文章がまた、いいお酒のようにすーっといけてしまうので…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ