忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

A重油の現在の市場価格はどれぐらいなのでしょうか?
またどこで買うことができるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

公的機関による報告



http://oil-info.ieej.or.jp/price/price.html

個人、法人、販売、卸の価格統計結果がまとめられています。

最近、石油の価格に関するよく質問が見られますが、

上記ホームページが今後お勧めですが、より直近の実態を知りたいの

であれば、お近くのガソリンスタンドで聞くのも良いかも知れません。

☆ガソリン、灯油、軽油、重油を取り扱った経験から余談」ですが

 1:なぜA-重油の価格が知りたいのですか?
  (一般では購入は困難かも)
 
 2:A-重油の購入は運搬のローリー(大型、小型)で単価が異なります   が購入時の想定は、使用目的は?
 
 3:特A-重油 などと言っているところもあります。
   (低サルファーのもの)
※A重油は、ほかの石油製品(ガソリン、灯油)と間違わないように着色してあります(薄い黄色)、よく”品質の悪い石油製品”とか言っている人がいます。

 4:厳密には成分(化学組成)が違いますが、私なりには灯油、軽油、特A-重油、ジェット燃料、ケロシン(ナフサ)など、ほぼ同じ石油製品であると思っています。
(使用目的は違いますが...)

 5:購入価格と石油の種類、質とは一致しません(税金による違い)。

以上  ご参考になれば

参考URL:http://oil-info.ieej.or.jp/price/price.html
    • good
    • 1

価格に関しては灯油と似たり寄ったりで、過去にあったように「灯油より安い」というものではありません。

ただ同量で得られる熱量は灯油より多いので、場合によっては得になることもあります。
しかし灯油にむらべ販売ルートが限定される為、全てのガソリンスタンドが販売するわけではなく、都内などで入手するのは大変困難です。
地方に居られるのでしたら、複数のスタンドを運営している大手会社の本社に問い合わせる、都市部でしたら所謂元売支店に聞かれた方が話は早いと思います。
    • good
    • 0

http://www.pg-japan.com/power_oil5a.html

ガソリンスタンドで確認を・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重油の種類について

A重油、C重油、HSC重油などの種類があるようですが、
これらの違いはなんですか?
それぞれ何を意味しているのでしょうか?


参考:https://stats.paj.gr.jp/guidance/sample/member/current_jp_e.html

Aベストアンサー

元製油所勤務者です。

各重油の違いについては、既出の回答者さんが詳しく書かれていますので、少し補足と言う事で、お願いします。

まず、HSCについて…。HSCのHはHi、SはSulfur(硫黄)、CはC重油の事です。(反対はLSCです。LはLow)

硫黄の含有量が異なるのは、原油その物の性質が産油国によって異なるからです。南スマトラ(通称「ミナス」)産の原油は、重質分が多く、常温ではほぼ固まっています。硫黄分が少ないのが特徴です。

アラビア方面の原油は、軽質分が多い反面、硫黄分が高くなります。常温でも固まりません。

中国産(大慶=ターチン)は、中間溜分(軽油になる分)が多く、緑色をしています。常温でも固まりません。

これら原油によっても、成分の含有率は異なりますので、当然、蒸留で得られる半製品(原油を蒸留しただけでは製品にはなりません。)にも関係します。製油所では、硫黄分を下げる事が命題とも言える課題となっています。(硫黄分が多いと、Noxなどが増える)

各サイドカット(蒸留塔の途中から出てくる各半製品)などは脱硫装置などを通して、硫黄分を下げていますが、減圧蒸留塔のボトムから出て来るC重油などは、「半製品=製品」となる所が多く、硫黄分を下げる為のコストはかけたくないのです。(重油は言うなれば、残り物扱いの半製品と言うことになります。)

重油の精製量を如何に少なくするかが、製油所における永久課題と言えると思います。

元製油所勤務者です。

各重油の違いについては、既出の回答者さんが詳しく書かれていますので、少し補足と言う事で、お願いします。

まず、HSCについて…。HSCのHはHi、SはSulfur(硫黄)、CはC重油の事です。(反対はLSCです。LはLow)

硫黄の含有量が異なるのは、原油その物の性質が産油国によって異なるからです。南スマトラ(通称「ミナス」)産の原油は、重質分が多く、常温ではほぼ固まっています。硫黄分が少ないのが特徴です。

アラビア方面の原油は、軽質分が多い反面、硫黄分が...続きを読む

Q特A重油指定の空調機をA重油で使用するのは?

会社の空調機は特A重油指定ですが、前任者の時代よりA重油で運転を続けています。(月間2万キロリットル使用)
特に今のところは不具合はありませんが、このままでは良くないでしょうか?
(A重油を使っているのは単価が安いからだそうです)
また、特A重油に変えた場合、コストはどのくらい高くなるものでしょうか。
コストが高くなっても変えるべきでしょうか?
このような知識が全くありませんので、詳しい方が居られたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>会社の空調機は特A重油指定ですが..A重油で運転を続けています。>>(月間2万キロリットル使用)!!
⇒●質問者の方の過去問から推察すると、実務に携わった方ではないかと推察します。月間使用量が信じられません!。
⇒●過去扱っただけですので、現在どうかとの回答には自信がありません。ご参考までに
 (1):「特A重油指定」とはA重油中のサルファー成分をxx%以下にしたもの(地方自治体の特別の指定)を供給業者側が呼ぶ名称です。
 (2):取引上はあくまでA重油です。
⇒●購入する側としては、使用機器の仕様はA重油となっているはずですが?機器仕様書(空調機メーカー)にそのような記述があるのでしょうか?ご確認を.
⇒●空調機を使用する場所の自治体の環境(公害)対策上で「サルファーxx%以下のA重油を使え」とあるはずです。ご確認を.
⇒●単価の違い=A重油:特A重油の違い どのように確認したのですか?相見積もり?
⇒●たぶん、仕入れ業者による1回の納入量の違いかも?
 (業者のごまかされないように、燃料(種類と価格)の勉強はしっかりしてくださいネ)                       以上

>>会社の空調機は特A重油指定ですが..A重油で運転を続けています。>>(月間2万キロリットル使用)!!
⇒●質問者の方の過去問から推察すると、実務に携わった方ではないかと推察します。月間使用量が信じられません!。
⇒●過去扱っただけですので、現在どうかとの回答には自信がありません。ご参考までに
 (1):「特A重油指定」とはA重油中のサルファー成分をxx%以下にしたもの(地方自治体の特別の指定)を供給業者側が呼ぶ名称です。
 (2):取引上はあくまでA重油です。
⇒●購入する側としては...続きを読む

Q軽油、特A重油の経年劣化について

マンションの非常用発電機の燃料の補充、交換を検討しています。タンクの容量は1980リットルで、やがて10年になりますがこれまでの消費量が3分の1くらいで、タンクには3分の2程の特A重油が残っています。消費分だけ補充すればよいのか、劣化を考慮して残量を抜き取って補充する必要があるのか教えて下さい。ちなみにタンクは直射日光が当たらず、温度変化も少ない地下に設置されています。
今回初めての補充・交換になりますので劣化の程度も検査して頂き、次回以降の補充要領を定めたいと考えています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言うと、抜き取って補充した方がよいと思います。
特A重油について何年で劣化するから交換しなさいという基準はありませんが、一般に石油製品は時間とともに劣化します。直射日光が当たらず、温度変化も少ないという地下の条件は確かに石油製品の保管には理想的な環境ですが、やはり10年も経つと劣化している可能性があります。
生産された製油所の状況にもよりますが、A重油には分解系の基材が使われていることがあり、分解系は一般に不安定で酸化や重合などの化学反応を起こして劣化やすくなっています。劣化すると固形物が浮遊したり、底部に溜まったりして、フィルター詰まりや、エンジンやボイラーの故障の原因になります。非常時に故障すると何のための発電機か分からなくなります。
なお、A重油の劣化の程度は、製油所での作り方によっても違います。劣化の程度を測定して目安にすることは良いことですが、それで劣化していなかったとしても安心せず、定期的に交換することをお勧めします。

QA重油と天然ガスのコスト

現在うちの工場でA重油によりボイラーを炊いておりますが昨今の原油価格高騰による燃料の値上がりで対前年比1.7倍のコスト上昇になり、納入業者からは年内の更なる値上げも通達されております

そこで思ったのが、重油に比べ価格変動が少ない天然ガスによるボイラーへの変換です。

A重油の価格やA重油自体の成分(熱量など)は業者から来る通達で分かるのですが、天然ガスの成分(熱量)や価格が分かりません。どうも民間と違い、工業用で誓約する場合は個別契約との価格となるようなのですが、一般的なコストをはじき出す意味でも概算でいいので計算したいので、どなたか天然ガスの市況価格が分かる方、またうちの重油使用量に応じたコストが分かる方、お教えください

現行(H17.9月) A重油月間使用量 45KL 価格52円

Aベストアンサー

こんにちは。

都市ガスに燃転した場合の年間使用量は、LHV換算ていくと50万m3Nくらいですよね。
東ガスエリアでそれくらいだと、経験的に50円/m3N前後(今の自由化の境界の量ですね・・)じゃないかなぁと思います。
ただ、AFOと同じく、都市ガスもどのくらい近くまで導管が来てるか等の条件によって上下するのでなんとも言えませんが・・。

ちなみに熱量については、現在はHHVが11,000kcal/m3Nで近々10,750kcalに下がるはずです(もう下がってるかもしれません)。LHVは、はっきりしないのですが、9,900~9,950kcal/m3N程度と思います。

一社独占のリスクについては、たしかに都市ガス業界も現在自由化がどんどん進んでますが、それにしてもむしろ東ガスが周囲を吸収していく方向になると思います。
東電が積極的に動き始めたらどうなるか分かりませんが、ここ10年くらいは東ガスの北側エリアは東ガスで安定と踏んでます。
西側でしばらく他のガス会社との戦いが続き、たまに東電に湾岸部の大規模施設を持っていかれる状態が続くのではないかと。

燃転の補助金は、日本ガス協会の「エネルギー多消費型設備天然ガス化推進」が使えます。
http://www.gas.or.jp/default.html
逆に、燃転だけでCO2削減がらみの補助金を取るのはまず無理と思います。
この辺は、むしろボイラーメーカーさんや東ガスさんが詳しいでしょう。

以上、淡々と書きましたが、ご参考になれば!

こんにちは。

都市ガスに燃転した場合の年間使用量は、LHV換算ていくと50万m3Nくらいですよね。
東ガスエリアでそれくらいだと、経験的に50円/m3N前後(今の自由化の境界の量ですね・・)じゃないかなぁと思います。
ただ、AFOと同じく、都市ガスもどのくらい近くまで導管が来てるか等の条件によって上下するのでなんとも言えませんが・・。

ちなみに熱量については、現在はHHVが11,000kcal/m3Nで近々10,750kcalに下がるはずです(もう下がってるかもしれません)。LHVは、はっきりしな...続きを読む

QA重油と灯油の価格は?

いつもお世話になっております。
さて、暖房用に使用するA重油と、灯油の価格相場は現在どれくらいでしょうか?
月/2,000リットルくらい使用すると想定した場合の、価格相場を教えてください。
或いは、そのような情報が調べられるサイト等ご存知でしたら教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

参考URLで灯油の缶価格とA重油のローリー届けが確認できます。
但し、月2KLと言う数字は、通常のビジネスサイズでは無い状態なので、最低1回14KL以上の納入を前提としたA重油のローリー届け価格では比較対象にはならないし、むしろ灯油缶価格の18L割りの方が参考になる気がします。
通常A重油の方が灯油よりリッター2~3円高いですが、この様な数量ですと届け業者のコストによって価格が大きく変わってしまいます。、

参考URL:http://oil-info.ieej.or.jp/

Q重油価格の今後の推移について

石油先物が高値の半分になりました。
ですが、重油は石油やガソリン等と比べると、実勢価格への反映が遅くなると聞きました。これは本当なんでしょうか?

仕事で、重油と灯油を仕入れています。水道光熱費を予測して損益計算書を作らないといけないので、重油及び灯油が今後、下がっていくのか、しばらく高止まりしたままなのか、或いは・・・。

ご教示ください。

Aベストアンサー

先物は11月から来年までの価格の予想ですから、当然今の価格とは違うものです。
石油製品のコストは輸入時の原油価格に連動しますが、極端に言えばタンカー毎に購入原油価格決定の取り決めがあるので、その合計平均であるCIF原油価格は数字が出るまで判りません。
価格決定方法の例として最も先物価格に連動性が高いのは、タンカー受け入れ時における原油翌月限先物価格連動というものですが、契約時固定やタンカー積み込み時固定などもありますので、先物価格=原油価格と言う訳にはいきません。
また原油を受け入れてから精製し、タンク在庫した上での出荷と言うタイムラグがありますし、元売が販売者に卸す価格も月決めが殆どですので、消費者に対する販売価格への反映はさらに遅くなります。
ガソリンの価格は給油所に客を吸引しなければ売れないと言う事で、原油価格を見て販売者が自分の判断で先に価格を下げ、後で仕切価格に値引きを要求すると言うやり方が通用するので、場合によっては原油の値下げと同時に店頭販売価格が下がります。
ローリー届けの灯油・重油については、上記のタイムラグほぼ2ケ月が経過しての原油価格反映になると思います。

先物は11月から来年までの価格の予想ですから、当然今の価格とは違うものです。
石油製品のコストは輸入時の原油価格に連動しますが、極端に言えばタンカー毎に購入原油価格決定の取り決めがあるので、その合計平均であるCIF原油価格は数字が出るまで判りません。
価格決定方法の例として最も先物価格に連動性が高いのは、タンカー受け入れ時における原油翌月限先物価格連動というものですが、契約時固定やタンカー積み込み時固定などもありますので、先物価格=原油価格と言う訳にはいきません。
また原油を受...続きを読む

Q強電と弱電との離隔について

VVFケーブルとVCTケーブル(湯沸かし器用)との離隔は必要でしょうか

Aベストアンサー

電気設備の技術基準の解釈
【低圧配線と弱電流電線等又は管との接近又は交差】(省令第62条)
第167条
2  合成樹脂管工事、金属管工事、金属可とう電線管工事、金属線ぴ工事、金属ダクト工事、バスダクト工事、ケーブル工事、フロアダクト工事、
セルラダクト工事、ライティングダクト工事又は平形保護層工事により施設する低圧配線が弱電流電線又は水管等と接近し又は交差する場合は
次項ただし書の規定による場合を除き、低圧配線が弱電流電線又は水管等と接触しないように施設すること
(次項のただし書には)
二  弱電流電線が、次のいずれかに該当するものである場合
イ  リモコンスイッチ、保護リレーその他これに類するものの制御用の弱電流電線であって、絶縁電線と同等
以上の絶縁効力があり、かつ、低圧配線との識別が容易にできるもの

湯沸し用のリモコンの線でVCTであれば、VVFと接触していてもかまわないことになります


人気Q&Aランキング