『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

洋画「ライフ・イズ・ビューティフル」についてわからないとこあるので詳しい方教えてください。 けっこう以前の作品ですが・・・
最近はじめてビデオで見ました。

(1)ユダヤがかかわってますが、このユダヤの終戦っていつですか?
(2)なぜ戦争したのですか?
(3)どこの国とどこの国が争ったのですか?
(4)なぜ主人公は連行されたのですか?
(5)なぜ主人公の妻は最初連行されない予定だったのですか?(無理に旦那に付いていきましたが・・・)
(6)あのなぞなぞが好きな医者?は連行されていたのですか? ユダヤの仲間?
(7)子供はなぜ殺されていなかったのですか?(みんなで食事してた気が・・・)←しゃべると殺される? だから父は止めた?

以上よろしくお願いします。 この映画は「ユダヤ」がわかってないと難しいなと思いました。 でも親子愛に大感動でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

第2次世界大戦中が舞台の物語ですよね。

「ユダヤ」が誰か「と」戦っていたわけではないのです。単に世界中のユダヤ人たちが、一方的に迫害されていただけなのです。

簡単に言っちゃうと、当時のドイツの指導者ヒトラーが「ユダヤ人は我々の生活をおびやかすし、血もけがれている」とかなんとか言いだして、ユダヤ人をいじめだし、それがエスカレートして、ユダヤ人の血が流れている人は、世界のどこにいようと抹殺しよう、という動きがドイツで盛んになったのです。

なぜそうなったかというと、当時のドイツの経済状態があまりよくなくて、もともと金儲けが上手でインテリも多いユダヤ人がうとましく思われた、などの理由があります。

でも、「ライフ・イズ・ビューティフル」の頃には、そんな理由は、もうどうでもよくなっていて、とにかく「ユダヤはイヤだ。同じ町に住んでいるだけでムシズが走るから、みんな収容所にぶち込んで殺してしまえ」みたいな風潮になりつつあったのだと思います。また、そう思っていない人も、ユダヤ人を見つけたら通報しないと、「あいつは、ユダヤをかくまいやがって」と、自分が危ない目にあうような世の中になっていたのです。

で、そんなドイツは、けしからんと言って、イギリスやアメリカがドイツと戦争するようになったり(ほんとはドイツの領土や金が欲しかっただけかも)、ドイツだってかわいそうだから味方してあげようと考えたイタリヤや日本が戦争に加わったりして(ほんとは、ドイツの領土や金が欲しかっただけかも)、5ヶ国以上が敵味方に分かれて戦った「第2次世界大戦」へと膨れ上がっていったのです。

「ライフ・イズ・ビューティフル」の主人公は、ユダヤ人を祖先に持つイタリア人ですから、ドイツの味方であるイタリアでは、暮らしにくかったわけですよね。

お風呂のシーンはうろ覚えなのですが、当時は、収容所のシャワー室に行くと殺されるというウワサが流れていたのは有名な話です。実際、収容所に送られたユダヤ人たちのうち、労働力になりそうもない人たちは片っ端から殺されていました。「シャワーを浴びなさい」と言われて裸でシャワー室に集団で入ると、シャワーから水ではなく毒ガスが出てきて、効率よく殺せた、というわけです。それを何らかの形で避けたのではありませんでしたっけ。

ついでに言うと、ユダヤ人と呼ばれる人々は、何千年も前から常に迫害されてきたと言われていて、ユダヤ人独自の国を持ったことがほとんどありません。ドイツに迫害されていたユダヤ人たちは、確かに1943年に収容所から解放されました。しかし今も、ユダヤ人たちは、イスラエルという国を一応作ってもらいはしたのですが、パレスチナ人が「その国のある土地は、もともと我々のものだ」と言い出して、戦争状態っぽい感じです。

ひとごとではありません。日本でも、誰かが特定な人種に対して「あの人種はイヤだなあ」なんて言い出すと、そのうち悪いウワサに尾ひれが付いて、その人種がすごい悪者にされたり、迫害されたりしかねません。実際に、日本で特定な人種が大勢殺されたことがあります。それに、大戦中はアメリカで暮らす日系人だって、敵国分子と言われて、収容所に閉じ込められていたのです。

それが偏見や戦争というものなのです。でも、そんな逆境の中でも笑いや小さな幸せを見いだす素晴らしさを、この映画は描いているのだと思います。
    • good
    • 19

(7)について、確か食事していたシーンはナチス側の子供たちに紛れていたのですが。

ユダヤの子供たちが殺されていたのに、あの子だけ生き残ったのは、あの子がお風呂嫌いだったからだと思いました。他の子供たちは、子供だけお風呂に入れると集められて殺されたのですが(殺害シーンはありませんでしたけど)お風呂嫌いのあの子は、隠れて?行かなかったので、生き残ったのだと思いました(公開時に観た時の記憶によるものですが)
    • good
    • 3

ユダヤが解らないといけない、と言うよりも第2次世界大戦と中東戦争を理解した方がいいかも



(1)第2次世界大戦のドイツの敗北ですから1943年
(2)理由はいろいろありすぎて説明するには私の能力を超えるので、ここを参照してください。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C% …
(3)ドイツ・イタリア・日本等(枢軸国) vs イギリス・アメリカ・フランス・ソ連等(連合国)
(4)ドイツがユダヤ人への敵視政策が原因
(5)ユダヤ人ではなかった為
(6)ドイツ人だから
(7)子供はユダヤ人の旦那さんと奥さん(人種の設定は忘れましたオーストリア人?)のハーフの為、喋らなければ、見分けがつかないから

私の説明ではあまり参考にならないかも知れませんが、これを機会に世界情勢に興味をもたれるのは良いかもしれませんね
あと蛇足ですが、映画『シンドラーのリスト』もよければ見てください。
違う角度で『ライフイズビューティフル』を見れると思います。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライフ・イズ・ビューティフル(なぞなぞの解釈)

『ライフ・イズ・ビューティフル』は,私の中でベスト・オブ・ムービーなんですが,どうしても分からないところがあります。
それは,最後の方で軍医が耳打ちする場面で,逃がしてくれるのではなく,なぞなぞが説けなくて困っていると言っていた場面の解釈です。
「小ガモだろ?だが,違うんだ。」って感じの所です。
あそこのなぞなぞは,映画の中でどのような解釈ができるのでしょうか。
受け取り方がいろいろあるんじゃないかと思うのですが,ご意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

あれは「ユダヤ人」のことを指しています。

ユダヤ人を侮蔑するなぞなぞです。
「お尻を振りながらクソをまき散らしながらあるく」とかでしたよね。
つまりあのセリフは「私の周りは完全にユダヤ差別主義ばかりで君の力にはなれない」と言うことです。

ドイツ人は民族統一主義でドイツ人(アーリア人)こそ最高の人種であり、それ以外の人類は粛正(全て処分すると言うこと)しようとします。これがナチズムです。
だから他の人種のことは差別し、侮蔑します。

スマートで筋肉質で強く美しく理知的なドイツ人に対して「デブで、醜くて、どこもかしこも黄色。でグワァグワァ何を言ってるかわからないわめき方をし、しかも歩きながら、ウンチする。」

ユダヤ人のことを家畜程度に見ているドイツ軍人の中に囲まれて軍医一人だけが裏切って主人公一家を守ることは出来ない。裏切ることは出来ない、君と私では違うのだ。と言う軍医のメッセージです。

Q「ライフ・イズ・ビューティフル」での軍医は・・

あの映画で、なぞなぞ好きな軍医がいましたよね?
結局、彼はグイド(主人公)達を助けようとは思ってなくて、自分がなぞなぞが解けなくて困ってたからああいう行動をした、ってことでいいんですよね?自分の事しか考えてなかったってことですよね?
(ちなみに今見終わったばかりです・・。)

Aベストアンサー

joelさんの解釈で間違っていないと思います(^^)

グイドは軍医と知り合いでしたから、彼の言う「大事な話」=「自分たちを収容所から逃がしてくれる」とグイドは思ったんですよね。

ところが、軍医の言う大事な話とは、単なるなぞなぞ。

不可能に近い状況で何とかして家族を救い出そうとしているグイドと、なぞなぞに没頭している軍医を皮肉って表現しているんだと思います。

Qユダヤ人はなぜ迫害されたのですか?

先日オランダへ旅行に行った友人がアンネの日記でお馴染みの家を見学に行ったらしいのですが、ユダヤ人が何故迫害されるようになったのか疑問のまま帰国して僕に聞いてきました。僕なら知っていると思ったらしいのですが、僕はこの何故?に対して全くの無知でした。ご存知の方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

起源をたどるとローマ帝国の皇帝がキリスト教徒になり、キリスト教を国教にしたころまで遡れるそうです。
キリストを処刑したのはローマの執政官だったのですが、それではローマ帝国が悪いということになってしまいます。
そこで教会はユダヤ教徒(=ユダヤ人)が執政官に強硬な働きかけをしたために、ローマは「しかたなく」殺してしまったということにしてしまいました。
何世代もそういう教えが伝えられた結果、「ユダヤ人はキリスト教の敵」ということが常識になってしまいました。
そのことも関係して、ユダヤ人は金貸しなど当時身分が低いとされた職業にしかつくことが許されていませんでした。
(それが原因でユダヤ人の多くが金持ちになってしまいました。これもユダヤ人に反感を持たれるようになる原因の一つです)
金を借りて返せないと逆切れして暴力をふるう人は今以上にいたのですが、その大義名分として先の理由がつかわれるようになります。
こういう騒ぎが暴動に発展して、ユダヤ人が略奪&虐殺されることはナチス以前から多くあったそうです。

このような状態が1000年以上も続いたのですから、「ユダヤ人を迫害してもあまり問題は無い」という悪しき文化がうまれたのでしょう。
ユダヤ人に対する差別や迫害はヨーロッパ(というよりキリスト教圏)全体でよくあることだったそうですが、その中で一番激しかったのがドイツのあたりだったそうです。
(これには神聖ローマ帝国などが絡んでいるらしいのですが、面倒なので省略)。

第一次世界大戦後の混乱を利用してナチスが成り上がるために利用したのがこういった差別意識(+自分たちは選ばれた人種なのだという選民意識)です。
「戦争に負けたのはユダヤ人が悪い」など、現在の某組織のように敵を作ることでドイツを自分たちの都合のいいようにまとめようとしたのです。
後はよく知られているように、資産の没収、強制収容、虐殺という流れになって行きます。


という内容の本を昔読んだことがあります。
記憶で書いているので、内容の正確さについては自信がありませんが、おおむねこんな感じだったと思いますよ

起源をたどるとローマ帝国の皇帝がキリスト教徒になり、キリスト教を国教にしたころまで遡れるそうです。
キリストを処刑したのはローマの執政官だったのですが、それではローマ帝国が悪いということになってしまいます。
そこで教会はユダヤ教徒(=ユダヤ人)が執政官に強硬な働きかけをしたために、ローマは「しかたなく」殺してしまったということにしてしまいました。
何世代もそういう教えが伝えられた結果、「ユダヤ人はキリスト教の敵」ということが常識になってしまいました。
そのことも関係して、...続きを読む

Qライフイズビューティフル

シーン「収容所で主人公が給仕に扮する。
    息子がドイツの子供たちとお菓子を食べる。」
眠った息子を抱いて帰るとき、
霧の向こうに何かを見て、主人公が驚きの表情をするのですが
何を見たのですか?
画面では良く見えなかったもので・・

Aベストアンサー

山積みされた死体の山(それもかなり)を見た。
(確認したわけではないので自信はまったくナシですが(^^;)
でも、そんなシーンがあって、父親が驚いた表情をしたのを覚えているので
たぶん、合っている…はずです(苦笑)

Qショウシャンクの空は実話ですか?

映画の最後に、アレン グリーンに捧ぐ、とありました。
実話なのか、すごく興味があります。
実話だとしたら、どこまで実話なのか、教えて下さい。
m(_ _)m

Aベストアンサー

監 督、 脚 本のフランク・ダラボンが親友のアレン・グリーンに捧ぐとしたものです。この作品の完成する前になくなってしまったそうです。


原作はスティーブンキングの刑務所のリタ・ヘイワース( 刑務所のリタ・ヘイワース”は、短編集”ゴールデンボーイズ”の中に収録)実話では無いと思います。

http://booklog.jp/guncomp/asin/410219312X

Qなぜユダヤ人は戦争でドイツ人に迫害されたの?

昨日「戦場のピアニスト」を見ました。
ユダヤ人が受けた迫害についてかなりリアルに表現されていたのではないかと
おもいます。
映画を見た後で私はなぜユダヤ人がドイツ人にこれほどひどい迫害を受けたのか
とても気になりました。
どうか教えてください。知識がないのでできれば分かりやすい言葉で
お願いします。

Aベストアンサー

うーん、皆様の回答に適切なものがあれば回答することを遠慮しようと思っていましたが、いずれも帯に短したすきに長しという感じです。

ユダヤ人迫害の理由は、長期的にみればユダヤ人たちの宗教はユダヤ教であり、ヨーロッパのほとんどでキリスト教が優勢であった為に異教徒排除の論理が働いた、ということになります(ついでに言うと、キリスト教が悪いのかヨーロッパ人が悪いのか判りませんが、ヨーロッパに住むキリスト教徒たちはかなり好戦的です)。イエス=キリストを殺したのがユダヤ人であるからとか、彼らに金持ちが多かったからというのは、後からつけた理屈みたいなものです。なお、ヨーロッパ社会でユダヤ人排斥の風潮が強くなるのは意外にも19世紀になってからのことで、中世あるいは近代以前は「嫌われ者」であっても排斥されてはおりません(金貸しを業とするものはいつでもどこでも嫌われます)。

この点を詳しく書くと長くなってしまうので、簡単に書きますがフランス革命とナポレオン戦争によって人権思想が拡がり、ユダヤ人たちにもそれまで認められていなかった人権が認められて、ユダヤ人とヨーロッパ社会との同化が始まり、それがもとになってかえって身近なものとしてのユダヤ人排斥感情が起こります。

さて、ヒトラー=ドイツにおいてユダヤ人排斥が本格化し、ホロコースト(民族虐殺)に至ったのはまた別の理由があります。その基本的な考え方は、明確なわかりやすい敵を作ることによって自分たちの団結を強めることにあります。

第一次大戦に敗れて自信を失っていたドイツ人に対し自分たちの優秀性をヒトラーは宣伝しますが大衆は容易に乗って来ませんでした。戦後のドイツにおけるインフレは1923年に絶頂を迎えますが、この時にヒトラーがルーデンドルフと組んで起こしたミュンヘン一揆が簡単に鎮圧されたのをみてもそれは明らかです。その後1929年に始まった大恐慌の影響がドイツに及ぶに至ってユダヤ人たちは不況にあえぐドイツ人たちの感情のはけ口となっていきその風潮を煽り立て利用したのがナチスということになります。

ヒトラーはドイツ民族の優秀性を言うために、それまである程度一般的であった反ユダヤ感情を利用しますが、同時にそれはユダヤ人財閥の持つ資金を狙ったものでもありました。こうして1932年に政権を得たナチスですが、ユダヤ人の権利を制限したもののいまだ虐殺という所までは至らず、虐殺が本格的になるのは1941年に独ソ戦が始まってからのことです。一例をあげれば「アンネの日記」でも彼女たちが隠れ家に入って隠れ住むようになったのは42年からのことです。ここには、次第に苦戦となっていく対ソ連戦などをもとにした戦時下の狂気が働いたと思われます。

まだ充分な説明ではありませんが、少々長くなってしまいましたのでこれぐらいにいたします。

うーん、皆様の回答に適切なものがあれば回答することを遠慮しようと思っていましたが、いずれも帯に短したすきに長しという感じです。

ユダヤ人迫害の理由は、長期的にみればユダヤ人たちの宗教はユダヤ教であり、ヨーロッパのほとんどでキリスト教が優勢であった為に異教徒排除の論理が働いた、ということになります(ついでに言うと、キリスト教が悪いのかヨーロッパ人が悪いのか判りませんが、ヨーロッパに住むキリスト教徒たちはかなり好戦的です)。イエス=キリストを殺したのがユダヤ人であるからとか...続きを読む

Qシンドラーのリストの赤い服の女の子

この間、BSでシンドラーのリストというのがやっていて父に怖いよと言われながら、見ていたところついついハマって見入ってしまいました。後半ぐらいでしょうか?白黒映像なのに赤い服の女の子が現れたのです。しかも、その後チョコチョコと出てきて最後の方では亡くなって燃やされようとしているシーンで、たぶんその女の子のシーンはそれで終わりだと思うんですが、父に聞いたところはじめの方でもチョコチョコ出ていたと言っていました。あの女はなんなんでしょう????気になって気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

私個人の若干情緒的な解釈ですが、ナチスに荷担し、ユダヤ人を家畜や物のように見ていたシンドラーに「彼らが人間である」ことを理解させる役目を持つ存在だと思います。無垢で無力で取るに足らない存在であるために少女の姿で描かれたのではないでしょうか。強制収容所に向かう流れから見を翻して建物に逃げ込む=流されない存在。ある意味で、シンドラーの良心の欠片あるいは投影と見ても良いと思います。後半で出てくる彼女の亡骸は、事態がのっぴきならない状態になっていることと、シンドラーが本気で1人でも多くのユダヤ人(つまり少女の分身)を救おうとするきっかけとして描かれているのだと解釈していました。

Q「アメリカン・ビューティー」の謎(ネタバレです)

先日、テレビで「アメリカン・ビューティー」を初めて
観て、わからないことがあります。

1.ジェーンは豊胸手術をするためにお金を貯めていたようですが、
窓越しに、隣の家のリッキーに服とブラを脱いで見せた
胸は、決して小さくなかったのにどうして豊胸手術を
したいと思うのかなと疑問に思いました。
若干左右の大きさが違って、ちょっと垂れ気味かなと
いうほど、大きめだったのに、さらに大きくしたい
ということなんでしょうか?
最初の方で豊胸手術の情報をネットで見た後に、
姿見で服の上からの胸をチェックしてたときも、
ふくらみは大きいと感じたので、
パットでも入れてるのかなと思ってたのですが・・・。
映画の中では手術はしてないことになっていますよね?

2.リッキーの父親のクリスがレスターを殺した理由は、
リッキーとゲイの仲だと誤解したままのため、嫉妬心から、という解釈でよいのでしょうか?

3.アンジェラがレスターに抱かれそうになるとき、
「実は初めてなの」と告白しますが、最初にSEXしたいと
思ったら誰とでも簡単に寝るというようなことをジェーンに言ってたのはウソで、本当は純粋な女の子だったということですか?

以上、理解力のない私に教えてください。

先日、テレビで「アメリカン・ビューティー」を初めて
観て、わからないことがあります。

1.ジェーンは豊胸手術をするためにお金を貯めていたようですが、
窓越しに、隣の家のリッキーに服とブラを脱いで見せた
胸は、決して小さくなかったのにどうして豊胸手術を
したいと思うのかなと疑問に思いました。
若干左右の大きさが違って、ちょっと垂れ気味かなと
いうほど、大きめだったのに、さらに大きくしたい
ということなんでしょうか?
最初の方で豊胸手術の情報をネットで見た後に、
姿見で服の...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
小さい頃から貯めてきた訳だけど、
成長に伴い胸も大きくなって必要がなくなったと解釈しています。
アメリカでは小さい頃から車を買うためにお金を貯めたり、
整形の貯めにお金を貯めるのはよくある話だと思います。

Qヒトラーはなぜユダヤ人を大量虐殺したの???

お世話になります。
基本なのかもしれませんが、ヒットラーはユダヤ人を何故あのような形で虐殺しひどい事をしたのでしょうか?その根拠を分かり易く教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

なぜかというのは解明されていないので、真実は調べてもわからないと思います。ヒトラーはユダヤ人の血がまじっている可能性だあったという噂がありますが、それも噂なだけで、まだ解明されてはいません。(参考URLにつけときます)

当時のドイツの状況はご存知でしょうか?
戦争に負けて、ものすごい額の賠償金を課され、軍事力は制限され、領土や海も奪われた。負け戦におわされたあまりに一方的な代償、国民の政府への反感は相当なものであったと思われます。

そこに世界恐慌が起こり、貨幣価値が60億分の1にまでなるというありえないインフレになり、失業率が30%をこえるまでになりました。バター400グラムのために丸二日休みなく働かなければならない状況です。しかも、まだまだ不景気は悪くなる傾向で、お金がない、食べるものもない、仕事もない、明日どうなるかもわからない、そんな状況でした。それを国は解決できないでいました。

日本も不景気な時に小泉首相が人気出てましたね。あれとは程度がまったく違いますが。独裁的なまでのリーダーシップとわかりやすい言葉で説明できる弁舌力を持つ指導者を求める声が強くなっていったのです。

それがヒトラーでした。ヒトラーは貧乏だったという通説がありますが、実は裕福でおまけに神童といわれるくらい優秀だったとの話もあります。そして青年時代のヒトラーは画家を目指していましたが、美大の受験には失敗してます。このウィーンにいた時代は、貧乏だったとナチスの発表している公式な伝記にはのっていますが、実は裕福だったようです。

この頃のヒトラーは絵を売る生活をしていたヒトラーにとって裕福な芸術人の多いユダヤ人はよき取引相手であったようです。それなのに、ヒトラーはナチスに入ってからどういうわけかユダヤ人を嫌う発言や文書を残しています。

この頃になにかあったのかもしれませんが、ヒトラーが個人的にユダヤ人に恨みがありそうな記録はありません。ただ、ヒトラーは作曲家ワーグナーに心酔していたという記録があります。ワーグナーはユダヤ人への差別意識がある作曲家で、ドイツ人・アーリア人種の純粋さを保つことが大切であると風潮しており、のちの「ゲルマン主義」につながるような思想を持っていました。

ヒトラーの話はとりあえずこれで十分だと思いますが、ドイツが経済的に最悪な状態にあったのですが、そこにいたユダヤ人はドイツでは少数民族ではありましたが、昔から銀行業などを営みその利子で生活をしいる人が多かったのです。この金貸業は「いやらしい職業」として一般的に嫌われていました。このことはシェークスピアのヴェニスの商人でも感じられます。経済が低迷し失業率が高まってくると「働きもせずに、利子で暮らしている」という嫉妬心がユダヤ人に対して芽生えてきたのは不自然ではないと思います。

ここに目をつけたナチスは「ユダヤ人はイエス・キリストを殺した悪いやつら、今度の戦争もユダヤ人が足をひっぱったから負けた。ユダヤ人はこの国をのっとるつもりだ」という話で国民を扇動。政党の支持率もあがりますし、ユダヤ人から富を奪い取ることで経済力も向上させることに成功したのです。

もともとユダヤ人はキリスト教との関係で差別されることの多い民族で、金貸等で恨まれている人もいましたから、そういう差別意識に火をつけることは難しくなかったといえます。

個人的にはユダヤ人迫害は「お金」と「妬み」と
「民族主義」があいまって起こった悲劇と考えます。


下のサイトはかなり詳しくナチス・ヒトラーについての解説をのせています。

ただナチス関係の情報は私はあてにならないと思っています。というのも旧東ドイツの体制は、金融・マスコミ・軍事力を制圧しており、絶対的な独裁でした。その当時に作成した資料は全て国の管理下におかれた状態で作成・発表されたものであり、不都合な情報の削除などはいくらでもできたからです。

また旧東ドイツ体制の崩壊で多くの貴重な資料が流れています。いろいろとうやむやになったことも多いようで、そのときにこっそり書き換えてても不思議ではありません。結局歴史上なにがあったかは当人にしかわからないものなのでしょうね。

参考URL:
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/_floorB1F_nazis_X.html

参考URL:http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html

なぜかというのは解明されていないので、真実は調べてもわからないと思います。ヒトラーはユダヤ人の血がまじっている可能性だあったという噂がありますが、それも噂なだけで、まだ解明されてはいません。(参考URLにつけときます)

当時のドイツの状況はご存知でしょうか?
戦争に負けて、ものすごい額の賠償金を課され、軍事力は制限され、領土や海も奪われた。負け戦におわされたあまりに一方的な代償、国民の政府への反感は相当なものであったと思われます。

そこに世界恐慌が起こり、貨幣価値が60億...続きを読む

Qユダヤ人とは?

ユダヤ人とは何なのでしょうか?

ユダヤ国というものがあったわけではないですよね?ユダヤ教の信者をユダヤ人と言う。ということにしても、どこの地域の人種なのでしょうか?(仏教なら大体インドあたりとかわかるのですが)

どうして差別や迫害を受けてきたのかも疑問です。

ヒトラーはどうしてユダヤを嫌ったのか・・・

また、現在の経済はユダヤが握っているとかいないとか・・・

Aベストアンサー

1,”ユダヤ人とは何なのでしょうか?”
    ↑
 ユダヤ教を信仰する人、ユダヤ人を親に持つ人
 という二つの説があります。
 元々は、肌浅黒く、鼻高く、といった特定の人種を
 指していたのですが、色々な民族が混じって
 そういう区分が意味を持たなくなったので、
 ユダヤ教を信仰する人、と言う説が出てきたのです。

2,”どこの地域の人種なのでしょうか?”
    ↑
 旧約聖書によると、始祖アブラハムがメソポタミアから
 カナンの地に移った、ということになっています。
 その後エジプトに移り迫害され、パレスチナに逃れた。
 だから、中東のイラン近辺あたりなのでしょう。

3,”どうして差別や迫害を受けてきたのかも疑問です”
    ↑
(1)あちこち移住していた民なので、愛国心とか愛郷心
 が無かった。
(2)宗教が違った。
(3)当時、卑しいとされていた金融業をやっており
 経済的に裕福だった。

4,”ヒトラーはどうしてユダヤを嫌ったのか・・”
    ↑
(1)愛国心がなかったのでドイツの国益を考えない
 行動が目立った。
(2)金融業に勢力を持っているのに、ドイツのことを
 考えない。

ヒトラーだけでなく、世界の嫌われ者、と言われていました。
ロシアも嫌っていて、迫害しました。
その為、日露戦争で、ユダヤ金融が日本を助けたりしています。

5,”現在の経済はユダヤが握っているとかいないとか・”
    ↑
欧州の金融は彼らの影響力が大層強いです。
ロスチャイルドはユダヤ人資本です。
世界一、と言われる米国のロックフェラー一族も
そうだ、という説があります。

在米ユダヤ人は、人口の1,7%しかいませんが、
その経済力と情報力で米国を牛耳っていると
言われています。

又、マスコミにも大きな力を持っています。
タイムズ、ロイター、ニューヨークタイムズなどは
ユダヤ資本が入っていると言われています。

ノーベル賞の20%はユダヤ人です。

1,”ユダヤ人とは何なのでしょうか?”
    ↑
 ユダヤ教を信仰する人、ユダヤ人を親に持つ人
 という二つの説があります。
 元々は、肌浅黒く、鼻高く、といった特定の人種を
 指していたのですが、色々な民族が混じって
 そういう区分が意味を持たなくなったので、
 ユダヤ教を信仰する人、と言う説が出てきたのです。

2,”どこの地域の人種なのでしょうか?”
    ↑
 旧約聖書によると、始祖アブラハムがメソポタミアから
 カナンの地に移った、ということになっています。
 その後エジプトに...続きを読む


人気Q&Aランキング