過去、このサイトで質問したことの延長なのですが・・・
私は薬学部を卒業後、再受験にて医学部へ進学しました。
現在二年生になります。
卒業時の年齢が31歳と高齢ですが、
外科医への憧れや希望が強く、今でも志望しています。

現役で合格した人とは7才も差があることになります。
実際の手技は、医師になってから訓練すればいいとは
思っていますが、今から出来るだけ、
「外科医になるために必要なもの」を習得する努力を
していきたいと思っています。

現在外科医の方、専門的知識をお持ちの方にお聞きしたいのですが、
「外科医になったときこんな知識が役に立った」
「医学生の時こういうことを勉強していたら楽だった」
「外科医に必要なものは○○だ」
のようなものがありましたら、ぜひ教えていただきたいです。

年齢は努力でカバーするつもりです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私の友人の外科医は「外科医に必要なものは○○だ」の質問には即答で「体力と根性」でした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!体力と根性だけは、誰にも負けない自信はありますが、
さらに鍛えてみようと思いました!ありがとうございます!

お礼日時:2007/12/29 00:40

内科医ですが。



まだ、2年生という事は、これから病理や薬理、臨床系の講義が始まるんですよね。医師になってからは、専門以外は系統だって学ぶ機会は少なくなりますから、まずは、これから学ぶ事柄についてしっかり勉強してください。外科に行くからと言って、他科の勉強をおろそかにしないようにしてください。患者さんは一つの病気だけ持っているわけではないですからね。これは初期研修でも同様です。専門が決まると他科の事は疎くなりがちになりますが、しっかり勉強してくださいね。外科医といっても手術だけすればいいわけではなく、患者さんの全身管理には内科の知識も必要ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうしても外科医というと手術・・というイメージに
なってしまいますが、それではダメなんですね。
しっかりと基礎・臨床医学を見につけていきたいと思います!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/29 00:39

外科医の先輩としてのアドバイスです。


現在外科医が減少している中で、外科を志すのは偉い!
外科の技術、知識は外科に進んでから嫌でも修得をしなければならないので、学生のうちに余りやる必要は無いです。
それより、他科の知識が役に立ちます。
心電図を読めるとか、DMのコントロールが出来るとか、精神科の知識でも良いし、婦人科の知識でも良い。
何故なら、この様な合併症の有る外科の患者は多いからです。
また、経済でも文学でも政治でも医学以外の広い知識も多いに役に立ちます。要は人間性を磨く事です。
外科医は病気を手術で直すのは半分で、半分は、いやもっとかも知れませんが、病気を持つ患者自身を直さなければ意味がないからです。
勿論、健康が基本ですが。大いに期待しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外科の先生からのアドバイスということで
是非参考にさせていただきたいと思います!

全人的な患者ケアが大事だということですね。
確かに、外科志望であるため、他の勉強はどうでもいいという
ような考え方が自分にもありました。

たくさん勉強できる学生のうちに、しっかりと
基礎を身につけていきたいと思います。

お礼日時:2007/12/29 00:37

長時間たち続けるので、下肢の筋力と体力。

総じてセルフコントロール。
年齢の問題あるので、タバコやめるとかするといいかも。
両手指の器用さが必要。左手の動かし方しだいで大分差がでるとか
あと、イメージトレーニングも重要だし、体の内臓や神経や血管の位置が
目をつぶったらすぐ浮かぶ位には熟知が必要
手術中に視野に入らない部位で何かあったときに想像がつくくらいに
一応看護師として聞いたことがある範囲での知識です・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体力には自信がありますが、さらに磨くために
頑張りたいと思います。
解剖学の知識も必要だということですね。

とても参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/29 00:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外科医から内科医へ(長文です)

ベット数が350床位の総合病院の外科の先生、年齢は見た目38~43歳位の方、普通に手術も担当されてたのですが、先日病院に行くと内科医になりました。と記載されていました。そんな事ってあるのでしょうか?医学部を出てお医者さんになられたので内科でも外科でも出来るとは思いますが、素人の私にしたら???と感じました。今は告訴されるとかで産婦人科・小児科・外科などを専門に選ばれる人が少なくなっているとテレビなどで時折、耳にしますが急に科を変更する方がリスクが高いような気がします?私には関係無い事なので『聞いてどうしたいのか?』と聞かれても困るのですが凄く気になります。本人しか本当の理由は分からないでしょうが医療に携わっている方、一般の方、周りに同じ様な理由で転科された方、考えられる理由を教えて下さい。よろしく御願いします。長文を読んで頂き有難うございました。

Aベストアンサー

こんにちは、内科医です。
よく外科の医者が、「外科は内科の知識も持っているから、内科もできる」と言うのを聞くことがあります。
しかしそれは内科医からしてみれば、あきれるのを通り越して、笑うしかないといった感じです。

私も内科医でありながら、交通事故やなんかで切り傷を負った人を縫ったり、簡単な手術くらいはすることがあります(救急当番だと、そういうのもやらざるを得ない)。
だからといって、内科医も外科ができるとは思いません。
やはり専門で毎日数多く経験している医者には到底かなわないからです。

外科の医者も、内科の勉強を毎日して、内科の患者を診察しているわけではありませんから、たとえ内科の知識が少しあったからといって、すぐに内科医になれるわけではありません。
野球のピッチャーが、キャッチャーもできると言ってみるのと同じで、やることは可能であっても、本職にはなりえません。


外科医が内科医に転職することは、まれではありません。
訴訟を避ける。働きがきつい割りに報われない。などの問題や、体調の関係でメスを握ることができない。目が衰えてきて自信がない。などの肉体的な問題もあります。
また、外科は医者1人ではできず、麻酔科医や他の外科医と一緒に手術をするわけで、他のスタッフがいなくなったことでしかたなく内科にならざるを得なくなることもあります。

外科医はすぐに内科医として力を発揮することはできませんが、あとはその医者のがんばり次第です。がんばって勉強し、真摯に内科医としてやっていけば、なんとかなるでしょう。
もともと内科医でも、内科をちゃんと診ることができない医者も、数多くいますからね。

こんにちは、内科医です。
よく外科の医者が、「外科は内科の知識も持っているから、内科もできる」と言うのを聞くことがあります。
しかしそれは内科医からしてみれば、あきれるのを通り越して、笑うしかないといった感じです。

私も内科医でありながら、交通事故やなんかで切り傷を負った人を縫ったり、簡単な手術くらいはすることがあります(救急当番だと、そういうのもやらざるを得ない)。
だからといって、内科医も外科ができるとは思いません。
やはり専門で毎日数多く経験している医者には到底かな...続きを読む

Q口腔外科と歯科、整形外科と外科

口腔外科と歯科、整形外科と外科はそれぞれどのように違いますか?お願いします。

Aベストアンサー

 口腔外科についてはお答えがありますので,外科について

 整形外科は運動器,主として骨,筋肉,腱などを扱う科です。一般的に外科というと現在では呼吸器,消化器などの腹部,乳腺などの病気を扱うことになります。

 昔は手術を行うのはみんな外科だったのですが,治療の専門化で脳外科,整形外科,泌尿器科などは分かれて一つの科となり,外科が扱わなくなりました。最近は外科の中でも臓器別の専門化が進んでいます。

 大学病院ではそのようにきれいに分けられますが,一般病院では人手の関係で境界があいまいなことがあります。たいてい整形外科の方が忙しいですから簡単な打ち身や手足のけがは外科が見ることが多いようです。

Q外科医になるためのトレーニング

外科医希望の学生です。
学生のうちからできるトレーニングや得意だった方がいいことって何かありますか?
素人考えだと手芸・裁縫や料理くらいしか思いつかないので教えてください。

Aベストアンサー

 外科医には特に、体力、精神力、集中力が必要です。

 手術は(多くの場合)長時間の立ちっぱなしですし、手術の後も記録や標本整理と患者さんの術後管理があり、場合によってはそのまま徹夜、なんてザラにあります。

 しかも、前の日に当直で一晩中仕事をしていて、その後普通に一日『日中の仕事』を済ませ、やっと帰宅できると思ったら夜中に緊急手術が入ってそのまま朝まで手術~術後管理、翌日も当然のごとくに普通の仕事、な~んて事だってあり得ます。
 
 ですので、学生のうちはその様な環境でも大丈夫なくらいの体力と、自分が疲労困憊な状況でも周りのスタッフや患者さんに気配りができるだけの精神力、そしてミスをしない集中力を運動その他で養っておくと良いと思います。
 また、医師になったら自分の時間が取れなくなりますので(受け持ち患者さんが居ると、小旅行にすら自由に行けません)、学生のうちに一杯色々な社会経験をして人間の器を広げておくと、よろしいかと思います。

 以上、先ずはご参考まで。

Q外科医になるには?

このカテゴリーでいいのか分かりませんが、日本で外科医になる際、どういう手順を踏むのか教えてください。

現在翻訳をしているのですが、その中で以下のような文章が出てきます。
「アメリカで(整形)外科医になるには医学部を出た後、さらに数年の訓練を重ね、その最後に知識と適正を示す難しい試験を突破した後、資格が与えられる」

日本ではどうなのでしょう?医学部を出た後さらに何年か修行(?)するのですか?

またアメリカではAmerican Board of Orthopedic Surgery(米国整形外科専門医協会?)というところが整形外科医の資格を与えるようですが、日本にも同じような組織があるのでしょうか?それとも一括して国が「医師免許」という形で資格を与えるのでしょうか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律上は日本では医学部を卒業し、医師国家試験に受かりさえすれば、一応すべてのことができるということになっています。

しかしながら、実際にはそれぞれの診療科、外科ならば外科の学会があってそこに登録し、何年かの研鑽を積んだ後に試験を受けて専門医だとか、認定医という学会の与えた資格を手にするというのが一般的です。

しかし、この資格は法的に医療行為を制限するものではなく、「この医者は一人前ですよ」ということを示すものであったり、医師のレベルの維持・向上のためであったり、学界の権威を高め、その資金源となったりするものです。

医師免許取得後、2年という初期研修期間があるのですが、義務ではありません。

ただし、臨床に携わるほとんどすべての医師は学会に登録し、認定医、専門医(もしくはそうなれるようにしている)であり、初期研修も受けています。将来は初期研修を義務化して、受けない場合は保険診療ができないなどのペナルティーを課す方向に行っているようです。

Q外科医の妻ですが孤独です

20代後半です、結婚して全く知らない土地に来ました。結婚して間もなく夫が大学病院の職に着き、多忙を極めています。

せっかく手間をかけて夕食を作っても、帰ってきた途端に病院から呼び出しがあったり、そしてそのまま手術で朝まで帰ってこなくて手をつけてもらえないこともあります。

週に一度うあ二度くらいなら事情で理解できるのですが、そういう日のあと当置でいなかったりが続くと、孤独で涙が出たりします。

ようやく休みがとれたと思っても、出先から病院に引き戻ることもあります。

精神的にも疲れ果ててしまいました。近くに家族や義理の両親がいて、仲良く出来る友人がとても羨ましく思います。

どうやって気持ちをコントロールしたら良いのかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

外科の先生には、とってもお世話になっています。 ご主人の帰りを待つのは 寂しいですね。でも…私をはじめ、患者や、その家族は 皆、ご主人の様な先生に、かけがえ無い命を救っていただいてます m(__)m だから…寂しいでしょうが、どうか…ご主人の『癒し』になってあげて下さい。オバサンのオススメは、『韓ドラ』です。時間を忘れて…ハマりますよ!TSUTAYAへ行ってみて、ラブコメディからはじめてネ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報