昭和54年のアントニオ猪木、異種格闘技戦で対ミスターXの
ミスターXの正体と彼がその後どうゆう人生を歩んだのかご存知の方
おられましたら、私に教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昭和54年の異種格闘技戦は、確か大山茂氏(極真空手)と梶原一騎、そして新間寿氏が動いていたはずです。


真樹日左夫さんの話によると、本当はアメリカで流行していたプロ空手(マーシャルア-ツ)の選手が来る予定だったそうです。そいつは、ヘビー級で強いことは強かったそうです。

当時、マーシャルア-ツは日本進出をねらっていて
キックボクシング界にアプローチをかけていました。
黒崎師範(極真)をはじめとする日本のキック界も、対決にまんざらではなかったのですが、ムエタイとの対決に忙しかったので新間寿氏と梶原一騎が新日プロを担ぎ出したのです。

当時、猪木はアリの用心棒という肩書きで来日したモンスターマンに勝ち、アメリカのプロ空手に対し客の興味も充分あったので、商売になったのです。

しかし、その肝心の選手が来日寸前に新間と梶原のケチケチ交渉に怒って来日しないとゴネだしました。
しかたなく、梶原がNY支部の大山(茂、泰彦)兄弟にすがりつき、大男の空手家を探してもらったのだそうです。

その時、見つかったのがミスターX。
しかし、ただのデブの大男で、とても空手家なんて言えない。確か、極真の人が技を教えたと思いますよ。
そこで、なぞの空手家としてリングに登場させたそうです。

だから、むちゃくちゃ弱かった・・・
梶原一騎も、途中でやる気をなくしたそうです。
真樹日左夫さん、いわく 「金をけちったのがいけなかった。梶原もいざとなって、惜しくなったんだろうね。」
ということです。

その後のミスターXの話は全く聞かないので、彼はそのまま
失意?のうちにアメリカに戻り、表舞台には出てこずに、どこかでひっそりと生活しているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

異種格闘技戦最弱の対戦相手でしたが、
山本小鉄氏が「彼はレスラーだと思うんだけどね」と言われていたので
そんな彼でも、アメリカでは活躍したのかなと、思っていたのですが
やっぱりそうでしたか。
本物のミスターX?が、来日出来なっかった理由が、よく言われている
足の故障ではなく、新間氏と梶原氏のケチケチ交渉(笑)に
怒ってだったとは・・・・・・。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/06 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大山倍達って強いの?

じっさいどの程度強かったのでしょうか?
よくボクサーやレスラーに連勝したとか
聞きますがどの程度のレベルの相手だったのでしょうか?
なにか相対的な強さがわかるように教えて頂きたいのですが

空手を世間に広めたという事はわかるんですが
=強さと言う事では無いと思うんですが



今のレベルでは話しにならないとは思うのですが
当時のレベルでも大山倍達は本当に強かったのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問を読んで連想したのは、昔文壇で盛んに「宮本武蔵は名人か否か」が論議された事です。
その回答として吉川英治がかの大傑作「宮本武蔵」を執筆したのはあまりにも有名ですね。
大山総帥の場合、吉川版武蔵に相当する伝記作品が「空手バカ一代」になりますが、逆に「空手バカ一代」こそが論争の的になっているのは皮肉としか言い様がありませんね。

で、回答しますと
大山総帥は確かに強かったと思います。
最盛期の身体能力を持ってして現代の戦法・戦術を身につければ充分に現代の総合格闘技でも通用するとは思います
ただし、当時でも現代でも「最強」ではないと思います。
日本あるいは世界で1番強い、とはいかないまでも充分に強いと呼べる実力
そんなところではないでしょうか


人気Q&Aランキング