昭和54年のアントニオ猪木、異種格闘技戦で対ミスターXの
ミスターXの正体と彼がその後どうゆう人生を歩んだのかご存知の方
おられましたら、私に教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昭和54年の異種格闘技戦は、確か大山茂氏(極真空手)と梶原一騎、そして新間寿氏が動いていたはずです。


真樹日左夫さんの話によると、本当はアメリカで流行していたプロ空手(マーシャルア-ツ)の選手が来る予定だったそうです。そいつは、ヘビー級で強いことは強かったそうです。

当時、マーシャルア-ツは日本進出をねらっていて
キックボクシング界にアプローチをかけていました。
黒崎師範(極真)をはじめとする日本のキック界も、対決にまんざらではなかったのですが、ムエタイとの対決に忙しかったので新間寿氏と梶原一騎が新日プロを担ぎ出したのです。

当時、猪木はアリの用心棒という肩書きで来日したモンスターマンに勝ち、アメリカのプロ空手に対し客の興味も充分あったので、商売になったのです。

しかし、その肝心の選手が来日寸前に新間と梶原のケチケチ交渉に怒って来日しないとゴネだしました。
しかたなく、梶原がNY支部の大山(茂、泰彦)兄弟にすがりつき、大男の空手家を探してもらったのだそうです。

その時、見つかったのがミスターX。
しかし、ただのデブの大男で、とても空手家なんて言えない。確か、極真の人が技を教えたと思いますよ。
そこで、なぞの空手家としてリングに登場させたそうです。

だから、むちゃくちゃ弱かった・・・
梶原一騎も、途中でやる気をなくしたそうです。
真樹日左夫さん、いわく 「金をけちったのがいけなかった。梶原もいざとなって、惜しくなったんだろうね。」
ということです。

その後のミスターXの話は全く聞かないので、彼はそのまま
失意?のうちにアメリカに戻り、表舞台には出てこずに、どこかでひっそりと生活しているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

異種格闘技戦最弱の対戦相手でしたが、
山本小鉄氏が「彼はレスラーだと思うんだけどね」と言われていたので
そんな彼でも、アメリカでは活躍したのかなと、思っていたのですが
やっぱりそうでしたか。
本物のミスターX?が、来日出来なっかった理由が、よく言われている
足の故障ではなく、新間氏と梶原氏のケチケチ交渉(笑)に
怒ってだったとは・・・・・・。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/06 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q♪猪木ボンバイエ、猪木ボンバイエ、・・・の曲のタイトルは?

プロレスなんかで、アントニオ猪木がでてくるとき流れてくる
 ♪猪木ボンバイエ、猪木ボンバイエ、・・・という曲のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

テーマ曲として使われ始めた当初のシングル盤のレコードタイトルということであれば「炎のファイター/アントニオ猪木のテーマ」です。副題としてジャケットに「INOKI BOM-BA-YE」も書いてあります。というか、今そのジャケットを見ながら書いてます(笑)。これは「演奏:アントニオ猪木とザ・ファイターズ」名義でした。

もともとは'77年の映画『アリ・ザ・グレーテスト』(原題「The Greatest」)の中で使用された曲であったのは、先の回答にある通りですが(演奏はMichael Masser And Mandrill)、猪木のテーマ曲にするにあたり、オリジナルには「アリ・ボンバイエ」という掛け声が入っているため、「イノキ・ボンバイエ」の掛け声を入れて日本のミュージシャンで録音しなおし、更にイントロに猪木の「ファイト!」という声も加えて作成されたものです。

その後はいろんなプロレスラーのテーマ曲が乱造され、各種LP/CD等もいろいろ作られるようになった結果、権利関係からか、例えば藤波辰巳のテーマ「ドラゴン・スープレックス」のように、当初のシングル音源ではなく後から作られた別録音のものが使われるようになったものもあり、現在会場で流れる「炎のファイター」は多分先のシングル音源と同じように思われますが、この点は確証がありません。表記も現行CDのように、初めのシングルのものとは微妙に違っています。ですから、どれが正解だとも言い切れない部分もあります。新日本プロレス認定云々といった記述があるCDであれば、それに載っているのが現在は正しいということなんでしょうし。

ちなみにこのシングルのB面に収録されたのは、当時の猪木夫人であった倍賞美津子が歌った「いつも一緒に」。これは「炎のファイター」のメロディに日本語詞をつけたラブソングでした。

テーマ曲として使われ始めた当初のシングル盤のレコードタイトルということであれば「炎のファイター/アントニオ猪木のテーマ」です。副題としてジャケットに「INOKI BOM-BA-YE」も書いてあります。というか、今そのジャケットを見ながら書いてます(笑)。これは「演奏:アントニオ猪木とザ・ファイターズ」名義でした。

もともとは'77年の映画『アリ・ザ・グレーテスト』(原題「The Greatest」)の中で使用された曲であったのは、先の回答にある通りですが(演奏はMichael Masser And Mandrill)、猪木のテ...続きを読む

Q猪木の一連の異種格闘技戦は?

猪木選手の一連の異種格闘技戦はガチだったのでしょうか?
どう思われますか?

Aベストアンサー

ミスター高橋の本によると、アリ戦とペールワン戦だけがガチだったとか。

本を読めばわかりますが、両者はプロレスの約束事というものを知らない、そんな約束事は受けないタイプの人間だったので、セメントのみで勝負をすると言ってきて、猪木さんもあせったとか。

アリ戦の対策として寝転がって蹴り、というスタイルをとったのも、まともに正面からいって殴られたらやばいという、猪木さんなりの苦肉の策だったのでしょうね。

ちなみに、ウィリーウィリアムスは腕を折られたとかいってましたが、帰りの飛行機にのるときに「折れたほうの腕」でごついボストンバッグを高々とかかげて笑顔で別れを告げて帰ったとか・・・(笑)

Qアントニオ猪木とジャイアント馬場

アントニオ猪木とジャイアント馬場わざと仲の悪いふりをしてたんですよね?
リング上の伝説、、、
本当に仲が悪かったなら新日本で育った選手が全日本のリング上がったりしなかったですよね?
どこかのホテルのフロントで、猪木さんと馬場さんがバッタリあった時も、猪木さんが挨拶をして馬場さんが無視するのも猪木さんの方が若かったから、ですよね?

Aベストアンサー

猪木にとって馬場はプロレス入門以来の兄貴。

だが、力道山師匠に、犬畜生同然の扱いを受け続けた猪木に対して、馬場の感覚は力道山と対等。力道山を「力さん」と呼び、「力さんに殴られたことは無い」と言う馬場に対して、そういう甘さを内包する馬場に対して、猪木は、自分こそが本来のプロレス本流を歩む者であるという確信があるのも確かだと思う。

Q打撃系格闘技出身者は総合格闘技では戦いづらいって本当ですか?

昔の格闘技関係の本の文章の一部で、
「キックボクシングなどのパンチやキックという
打撃技を身上として鍛え上げた身体は、重心が上方にあるので、
総合格闘技では戦いづらい。総合格闘技というルールで
戦うと、こうした体型の者は体重の重い、それも
重心の低い馬力ファイターに弱い。押されることに
対する筋肉ができていないためだ。」と打撃系格闘技出身
の選手は総合格闘技には向かないと思われることが
書かれてあったのですが、その文章は正しいのでしょうか?
ムエタイ出身のヴァンダレイ・シウバやK1出身のミルコが
総合格闘技で活躍したことがあることを考えると
例外もありえると思うのですが…
皆様からのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「秘技」のようなマイナーな存在であったことや、かつて柔道家を主人公とする「姿三四郎」の人気などによって、日本では空手より柔道が、日本の格闘技の「主役」の時代が長く続きました。

それを大きく変えたのが、かの「空手バカ一代」の出現です。

「地上最強」「一撃必殺」などのうたい文句をひっさげ、空手こそ最強という認識は、昭和40年代中盤から昭和50年代にかけてはかなり浸透しました。

もちろん大山師の功績もさることながら、試割りなどのインパクトなどもその原因のひとつだったことは言うまでもないでしょう。

実は私自身ちょうどその世代真っ只中でして、中学1年から始めた柔道部に所属しながらも、高校1年で2段を取得(これは実は年齢を誤魔化しての取得でした)してすぐに、部活での柔道の練習のかたわら、週に2回ほど少林寺拳法を習いにいったりしました。

これは
「柔道は相手をつかんでからでないと攻撃できないから、相手と接触することが即攻撃になる空手には遅れをとる」
という理論や
「いくら身体を鍛えてもブロックやレンガを割る空手の攻撃を受けたらKO必至だ」
みたいな理論を聞き、私自身も「いくら柔道をやっていても空手部の奴とケンカしたら勝てないんじゃないか」なんて不安になったのです。

そして、今から空手をやっても空手部の奴には追いつかない、ならば少林寺をやれば違うルートから近づくことが出来る。
自分の柔道の力に、少林寺の打撃が加われば空手部恐れるに足らず!
なんてバカなことを考えたのです。
(これら全てが今になるとアホな考えですが)。

その後も日本では柔道や各種格闘技は広く愛好者を有しましたが、その中でもやはり「極真」というブランドは一定の評価を得ていたのはご存知の通りです。

そしてその後極真を代表とするいわゆる「フルコン」の顔面無しというコンセプトに対するアンチテーゼとして顔面攻撃有りの空手や、グローブ空手などが、その後の大きな「大変革」の徴候として次々と生まれ始めたのもご存知の通りです。
(私が本格的に総合系の空手にはまり出したのもちょうどこの頃のことです)
__________________
前置きが長くてすいません(いつもの私の悪いクセです)。
もう少し続けさせてください。

さて、先ほど私が「後の大きな大変革」と表現したのが、ご存知のUFCにおけるグレーシーの出現です。
これはまさに格闘技に関する常識を根底からくつがえすほどの出来事でした。
格闘技界のコペルニクスと言ってもいいと思います。

たしかに多くの専門家が一撃必殺なんてのは現実的でないことや、人間が格闘をしていると自然と相手と組み合ってしまうのが自然だから、組み技系の専門家は実戦においてとても強いということはよく言われていました。

しかしなんのかんの言っても、実際の格闘では圧倒的体格を有する者が、その体重とパワーにものをいわせ圧倒するという「現実」が、実戦における勝敗を決するという考えはやはり強く信じられていました。

事実私は、当時グレーシーが出現するまでは、現実の実戦で「平均的・一般的」に最強の人間が一番多い集団は大相撲、そしてそれに続くのが重量級の柔道選手や重量級のキック・空手の選手であろうと思っていました。

しかしグレーシーの出現によって、必要充分以上に打撃に対する対策を修得した上での組み技、特に締め技&関節技のエキスパートにかかると、打撃系の選手やパワーで押し込むなんていう攻撃があっさりと封じ込められてしまうという現実を思い知らされたわけです。

つまり対多人数や対武器を想定に含めなければいけない、現実のケンカはさておき、あくまで競技としての素手1対1の対戦(つまりプライドのような総合格闘技の試合)では、締め関節の熟練度がもっとも要求されるということが分かってきたわけです。

言い方を変えれば、少しくらいパンチやキックが強くても、いったん組み付いてしまえば後は寝技の専門家には手も足も出ないということがバレてしまったわけです。

こういう経緯によって、現在の総合の試合において最低限求められる能力は
パンチ・蹴りであっさり倒されない程度の打撃力と、そこから寝技で相手を仕留める能力
これになっているのです。

さて本題の
Q:打撃系の選手は総合で闘うのに向いていないのか
を考えてみたいです。

私はこの最低限の打撃力プラス寝技の修得という、総合での能力を身につけるうえで、打撃系の選手が不利なのは重心の高さという要素は少ないと思います。

私が打撃系出身の選手が不利となる理由と考えるのは次の2つです。
一つは先ほど言った通り、人間はルール無しで殴りあっていると、自然と相手と接近して組み合うという性質があるため、ある程度打撃の経験のある者同士では、あっさりと打撃で決着の付くことの方が少なく、結局は組み技の優劣で勝負が決する以上、どうしても寝技に一日の長がある組技出身の選手が有利であること。

そしてもう一つは、打撃の修得よりも、組技の習得の方が熟練するのにより多くの経験が必要だということです。

殴る蹴るという攻撃は、ある意味素人でも持っている、人間の「原始的」攻撃方法です。
つまり締め関節等に比べると、打撃と言うのは素人のその「素人度」が低いのです。

また打撃の強弱というのは、ある程度腕力や体力、体格などによって左右されてしまいます。
ですからボブ・サップのような本来打撃の素人であっても、多少の練習によってそれなりに戦えるレベルになれるし、いやさらにはあれだけの体格とパワーを有しているとほんの数ヶ月の練習で、軽量中量級の専門家でさえ圧倒されることも大いに有りえるわけです。

しかし投げや締め関節は、極端な話しいくら体格や腕力があっても、素人では絶対に専門家に勝てません。
半年柔道を練習したボブサップでは、60キロの野村忠宏にも子ども扱いされることでしょう。

とくに柔道の世界は、多くのトップ選手がジュニアの頃からその道にどっぷり漬かっているような選手の集団です。
こういう柔道家とさえ互角以上に寝技を闘うことが出来る、柔術家や五輪銀メダリストの小川直也を数十秒でギブアップさせてしまうヒョードルのような人間の居る総合の世界では、やはり打撃系出身者は分が悪くなるのも当然なのではないでしょうか。

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「...続きを読む

Q猪木と新日本

猪木は新日本にとってどんな立場なのでしょうか。
社長もCEO?も猪木よりは下みたいですけど。
カード変更とか好き放題やってますけど、誰も猪木には逆らえないのでしょうか。

Aベストアンサー

【大株主】
猪木氏と佐川急便が大半の株を持っていますので、
発言権は社長に匹敵するほど強いですね。
猪木氏は何度も会社を倒産の危機に追いやっていますので、
経営にはタッチせず、意見を言って影響力を保っている現状です。
猪木氏に逆らうということは会社を首になることですから、
経営陣はそれに合わせているという状態でしょう。
【客入り】
新日本の大会場はことごとく不入りで、K1、PRIDEという格闘技の団体に遅れをとっています。
地方興行は全くの不入りようです。
プロレスは最強であることを示さなければ、一度離れた客は戻らないでしょう。
【猪木の焦り】
一昨年の猪木祭りが全く不評で、興行をした会社は壊滅的な大打撃を受けました。
TV局ともトラブルが生じていて、新しく興行を打てない状態です。
大きなイベントで信用回復と大幅な興行収入を得ようとするならば、
猪木自身が大型新人を育てて売り出すしか手がありません。
そのためにブラジルを中心に格闘技団体を作ることを提唱し、
実際にスカウト活動も展開し始めました。
【新日本の今後】
新日本は、WWEの路線か格闘技路線か、それとも今までの新日本路線で行くかの岐路に立っています。
しばらくは新日本の脱退者、長州、健介などの力を借りて興行を打つようですが、
次の手を考えるところにきています。
今年の動きは注目です。

【大株主】
猪木氏と佐川急便が大半の株を持っていますので、
発言権は社長に匹敵するほど強いですね。
猪木氏は何度も会社を倒産の危機に追いやっていますので、
経営にはタッチせず、意見を言って影響力を保っている現状です。
猪木氏に逆らうということは会社を首になることですから、
経営陣はそれに合わせているという状態でしょう。
【客入り】
新日本の大会場はことごとく不入りで、K1、PRIDEという格闘技の団体に遅れをとっています。
地方興行は全くの不入りようです。
プロレスは最強であるこ...続きを読む

Q総合格闘技のK-1の前に、異種格闘技がありました。

総合格闘技のK-1の前に、異種格闘技がありました。
プロレスこそ最強を証明するためのものだったと思います。しかし、その後、内部抗争が起きて、プロレス人気は低迷していったところに、K-1が出てきて訳の分からない内部抗争に嫌気がさしたファンがK-1に転向。取り返すべきレスラーも参戦しましたが、かえってK-1の引き立て役になってしまったようです。

プロレスが一番を叫ぶ猪木がいた時に何故プロレスの地位向上をアシストせずに内部抗争にあけくれたのでしょうか。選手達は何が不満であったのかが分かりません。それとも猪木さんは事業意欲が旺盛でプロレスの利益を自分の事業に使ったと聞いたのですが、それが要因なのでしょうか。

それから、プロレスは60年の歴史があるのに、新興勢力のK-1に人気をとられてしまった理由は他にあるのでしょうか。

Aベストアンサー

やけに古い話ですな。
K-1グランプリは1993年からでしたね。その当時の猪木の動向を考えると、
中途半端に政界進出した事が目立ちますね。また、それまでは競技者だった
としても、年齢による衰え、敗戦もあり、さらには自身の後継者を育成して
いなかった事が一因ではないでしょうか。

まあ、とっくにK-1も下火ですがね。

Q猪木のホーガン戦失神事件について

二十年ぐらい前のアントニオ猪木とハルクホーガンの第一回IWGP決勝戦で、猪木がリングサイドでホーガンのアックスボンバーを食らって場外に転落し、そのまま動けなくなってしまった事態がおこりました。
本来だったらそのままカウントが数えられ猪木のリングアウト負けになるはずだと思うのに、何故かセコンド総動員で猪木をリング上に引きずり上げ、ずっと意識の回復を待っているようでした。その間ホーガンはその様子をじっと見てる感じでした(ときどき観客に意味不明なアクションをしてた記憶があるんですが)。しかし猪木が回復する見込みがなく、結果は多分「KO」でホーガンの勝ちになったと記憶してます。
あれは元々猪木が勝つシナリオになってて、猪木の意識が回復したら試合を続行させようとしたが、けっきょく「はやく病院に連れていかないと危険だ」という判断に至ってあの裁定になったということなんでしょうか?
また僕の記憶では、ここではホーガンはベルトを手にせずに、翌年の第二回で優勝した猪木が初代IWGPヘビー級王者になったという記憶があるんですが、これも猪木を初代王者にさせるために結果として第一回の優勝者になったホーガンにはベルトは与えられなかったということなんでしょうか(もし第一回で猪木が優勝してれば同時にベルトもお披露目になってたんでしょうか?)
そこらへんのところが僕は二十年以上たった今でもよく分からないんで、その真相について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

二十年ぐらい前のアントニオ猪木とハルクホーガンの第一回IWGP決勝戦で、猪木がリングサイドでホーガンのアックスボンバーを食らって場外に転落し、そのまま動けなくなってしまった事態がおこりました。
本来だったらそのままカウントが数えられ猪木のリングアウト負けになるはずだと思うのに、何故かセコンド総動員で猪木をリング上に引きずり上げ、ずっと意識の回復を待っているようでした。その間ホーガンはその様子をじっと見てる感じでした(ときどき観客に意味不明なアクションをしてた記憶があるんですが...続きを読む

Aベストアンサー

...だと思う、というレベルですが、

ホーガンが優勝した第1回IWGPは、あくまでIWGPの「大会」で、
タイトル(チャンピオンベルト)的なものではなかったように思います。
第2回目から、IWGPをタイトル化し、よって、それに優勝した猪木が「初代王者」という
扱いになったんだと思います。

ちなみのホーガンの意味不明のアクションといわれているのは、
失神した猪木を気使い、会場の猪木コールを止めさせようとしたことかもしれませんね...

Qアントニオ猪木は

アントニオ猪木は、プロレスが最強であることを見事に証明したというのは本当でしょうか。

Aベストアンサー

本当です。
異種格闘技戦では晩年のチョチョシビリ戦以外は無敗。 例え新日のルールで、新日のマットで、又裏で
金の力を使ったと言われようと、そんな事は多くのファンは知らん。
TVの前の視聴者に「猪木は強い=プロレスは強い」
と思わせたのは事実です。

それにしても何で今のレスラーは負け戦にわざわざ出て行くんやろ?中西とか永田・・・負けてそのままやったら、猪木が築きあげた幻影も台無しですね。

Qアントニオ猪木さんに会います!

近々、お店のイベントの一環として「アントニオ猪木さん」に来て頂きます。

そこでお聞きしたいのですが、猪木さんを気持ちよくさせる話題やフレーズがありましたら教え下さいませ。
私が司会を行います。なんとしても猪木さんにはテンションを高めて頂きたいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

猪木氏の詩集も読んだことがありますが、イメージからは想像できないほど、繊細な心の持ち主だと想います。(引退のときに読んだ「道」に代表されますよね。)

猪木さんの著書もほかにも読んだことがありますが、「人生訓」みたいなものが多いです。

捨て身で生きろ。保身になるな。
自分を哀れむようなことをするな。
前向きに生きろ。

という仏教の「無我」「無執着」に通じるような人生訓が多いと想います。

プロレスの流れもそうなってますよね。
「燃える闘魂」という猪木イズムが今も受け継がれていると想います。

それだけ葛藤があったということだと想います。
葛藤して葛藤して苦しんだから、若者に向けての人生訓も、解りやすく言えるんだと想うんです。

ですから、うつ病の時代で、自殺者も多いですから、こんな時代に自分を哀れまずに、センチメンタルな気持ちにならずに生きる秘訣なんかの話は、猪木氏の得意とするところではないかと想ったりします。

私ならば、このカテでも質問中なんですが、前向きに生きる原動力となる「”怒り”(闘魂)の哲学」を是非、拝聴したいと想います。

・・も、も、もし、本当にこの話題で猪木氏からお話が聴けたのであれば、後々にこっそり教えてもらいたいくらいです。(本当に聴きたいんです!)

参考URL:http://security.okweb.jp/kotaeru.php3?q=1442818

猪木氏の詩集も読んだことがありますが、イメージからは想像できないほど、繊細な心の持ち主だと想います。(引退のときに読んだ「道」に代表されますよね。)

猪木さんの著書もほかにも読んだことがありますが、「人生訓」みたいなものが多いです。

捨て身で生きろ。保身になるな。
自分を哀れむようなことをするな。
前向きに生きろ。

という仏教の「無我」「無執着」に通じるような人生訓が多いと想います。

プロレスの流れもそうなってますよね。
「燃える闘魂」という猪木イズムが今も受け継が...続きを読む

Qアントニオ猪木さん

アントニオ猪木さんに総理になってもらって、
そのリーダーシップを発揮してもらうというのはいかがでしょう。
聞くところによると猪木氏は、
バイオ燃料にずっと以前に目をつけて投資していたとか。
本当は先見の明もあり素晴らしい人物じゃないんですか。
猪木氏が総理になればきっとみんなついて行くと思います。

Aベストアンサー

40年来の猪木ファンです。
過去、スポーツ平和党に投票したこともあります。

ですが

猪木はカリスマやリーダーシップはかなりあるようですが、実務能力には疑問があります。

山師的な気質が強く、バイオエネルギー(アントンハイセル)なんかも一攫千金を狙って大失敗に終わりました。
その後、バイオエネルギー事業は他人に受け継がれそれなりの成功があるという噂を聞いていますが事実かどうか私にはわかりません。

その後、フリーエネルギー事業(永久運動)に引っ掛かり、当然これも失敗しました。
こういうものに引っかかってしまうのは中学生なみの物理の知識も無いということです。

プロレス興行でもエネルギー事業でも失敗を繰り返していますが、一個人の事業レベルの失敗ですので「さすが猪木、おもしれーなー」と見ていられますが、さすがに自分の命や一国を彼に預ける気にはなれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報