現在、複数の業者の口座を開設して比較中なのですが
外為オンラインなどはUSD/JPYでスプレッド2pipsから
EUR/JPY 4pipsからEUR/USDで2pipからで
一見安いスプレッドのような気がしたのですが
観察しているとEUR/JPY 7とか8pipsに広がったりする状況が
結構見られます。市場が安定しているときは安いスプレッドのときもあるのですが
スプレッド固定性のUSD/JPYでスプレッド3pips
EUR/JPY 4pipsからEUR/USDで3pipの業者(例えばすばる証券)
と比べた場合長い目で見てどちらがお得な業者になりますでしょうか。
実際に変動スプレッドの業者を利用されている方の情報お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スプレッド完全固定の業者は絶対ありません(よっぽど標準スプレッドが広かったり、見た目のスプレッドが狭いのにスリッページ激しかったりじゃない限り)。



重要指標発表時で尚且つ市場予想に反したり、突然のサプライズでレートが乱高下する際は必ずスプレッドが広がるかスリッページが激しくなりますね(重要指標発表時でも織り込み済み予想が出た場合は市場は混乱しませんのでスプレッドは広がりません)。

どのFX会社の提供元のインターバンクレートも概ねこのような状況下では配信レートが広がります。つまり、インターバンクレートを採用している限り、スプレッド完全固定は事実上不可能です。

このような状況下でもスプレッドが固定と言うのは有り得ない話しです。

しかし、変動しやすい業者と変動しにくい業者はあります。
基準スプレッドが狭いけど、変動が激しい業者とスプレッドの変動が激しくないが、基準スプレッドがやや広い業者では貴方の取引きスタンスにより選定すれば良いでしょう。

市場が安定している状況で取引きしているのであれば基準スプレッドが狭い業者を選定すれば良いでしょうし、乱高下とは言わないまでも多少上下している際にも取引きしたいのであればスプレッド変動しにくい業者を選定すればよいでしょう。

但し、日本の基準スプレッドが狭い業者は取引きへの評価が低い会社が多いです(経験上、サーバーが弱かったり約定能力が著しく低かったり、ドル円一銭基準と言いつつ安定した相場で他社のスプレッドの広がりが無いのに一日中終始2銭や3銭だったり)。

この回答への補足

業者選びは本当に難しいですねとりあえず、よさそうな業者の口座を片っ端から開いてみました、7業者くらい開いてみました。
外為オンライン、すばる証券、クリック証券、パンタレイ証券、CMSFOREX、トウキョウフォレックス、FXCM
この中でしたらどこがおすすめの業者になりますか?
今までFXCMを利用してきましたが手数料はすでに無料が当たり前になっているし維持証拠金も安いと思っていましたがもっと安いところが
いっぱいあるのでそれよりも条件の良いとこれであればよいとは思うのですが、個人的にはいまのところ
維持証拠金が一律1万円、ウィルコム対応、スプレッドの変動が少ない業者ではスプレッドが比較的小さいなどの理由で「すばる証券」がこの中ではよいかなと思っています。

補足日時:2007/12/30 21:21
    • good
    • 0

すばる証券ですか・・・ネット掲示板でも、あまり目にしない会社ですね。

今、確認しましたがドル円スプレッド3銭のようです。

この条件ならばマネーパートナーズあたりをお勧めします。
ドル円スプ3銭、信託保全、サーバーかなり強い、大阪証券取引所ヘラクレス上場で口コミは上々です。

FX会社で近年問題を起こしている会社は(顧客の資産をいい加減に管理し業者倒産時に顧客に金が返らない等)概ね、マイナーな会社です。大きな会社だと安心って図式ではないと思いますが、小さな名の知れない会社よりも比較的名の知れた大きな会社の方がリスクは少ないと思います。

パンタレイ証券に関しては、ここで敢えて何も語りません(悪い事は書けないので)が色々と掲示板の口コミを見てみると良いかと思います。ちなみにこの会社は信託保全がされていませんので業者破綻時に顧客資産は守られるのかどうかは不透明です。

後はいらぬ助言かもしれませんが、取引きは長期低レバレッジの方で指し値するとか、急に外出先で緊急的に決済や指し値注文をする以外使っても殆ど無意味ですよ。勝つ方や勝てる方は皆さんPCでファンダメンタルやテクニカル指標を見てトレードしています。

長期低レバレッジでの取引きであれば、くりっく365が一番良いです。

外出先に携帯端末上で取引きしても勝てるもんじゃありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マネーパートナーズもウィルコムが使え良さそうですね。
携帯では、基本は参照程度のつもりなのですがやはり使えたほうが
安心なので選定条件に入れています。
業者選びのアドバイスもいただき本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/02 09:23

外為オンラインはUSD/JPYでスプレッド1銭~ですが常に1銭というわけではなく2銭になったり3銭になったりと常に変動します。

取引が閑散な朝方や祝日、年末年始などはさらに広がります。
これはスプレッド固定の業者ではありませんので当然のことです。
また外為どっとコムやFXプライムなどの業者はどんな時間帯でもほとんどスプレッドは変化しません。ビッグニュースが飛び込んできた時はどうなるのかはわかりませんが基本的にはほぼ固定されています。

で、変動と固定どちらがお得なのかという質問ですが、
それはあなたが取引をする時間帯次第ということになると思います。
スプレッド1銭の落ち着いた時間帯でいつでも取引ができる準備があるのでしたらスプレッド1銭~と宣伝している変動の業者のほうがコストは安くすむはずです。
逆に特定の時間帯でしかFXをする時間がないのでしたら安定したプライスを提示してくれる固定の業者のほうが安心だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、自分の注文方法は、時間は未定で始値から+1円とで買いとか-1円で売りみたいな注文方法なのでやはり、固定のほうが良いということになるのでしょうか。

お礼日時:2007/12/29 01:44

スプレッドは狭いほうが良いです。

もっとも、売買の約定するときに落ちついていれば、あまり問題ないかと、、、。1銭で宣伝して、4銭だったら問題ですけど。
スプレッド固定の業者って本当ですか?米国雇用統計発表の前後でも、固定なのでしょうか。スプレッドというのは、取引状況で変動するのが当り前だと思っています。

この回答への補足

スプレッドが完全固定という表現でよいのかわかりませんが
FXCMやすばる証券は見ている限り通常スプレッドは変わりません。
米国雇用統計発表の前後では取引が成立しずらかったりしていますが
スプレッド幅は固定されている気がします。
外為オンラインでは明らかに大きな変動がない場合でも
しょっちゅうスプレッドが変化しています。
自分の場合はいつも固定だったので固定が普通かと思っていました。
スプレッドが狭いほうがよいのはわかりますが変動している場合は
スプレッド幅が大きくなるときも小さくなるときもあるので
平均のスプレッド幅みたいなものがわかるとよいのですが
なんともいえないので実際に利用されている方の情報を聞きたいと思っています。

補足日時:2007/12/28 11:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数日~数週間先の為替相場の予想サイト(USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、NZD/JPYなど)

こんにちは。
当方、FXでスイングトレードを行っています。
まだ初心者なので、詳しい方の予想を参考にしたいと考えています。
複数の方が同じような予想をしているときならば予想の信頼性が高いと思うので、実際のトレードをするときには数か所のサイトを見てみたいと思っています。
数日~数週間単位で相場の予想をしているWebサイトを教えてください。
通貨は、タイトルにあるもののどれかひとつだけでも、それ以外の通貨でも構いません。
できれば、予想値だけではなく、簡単なレポートなどがあるサイトだとうれしいです。

Aベストアンサー

http://blog.mag2.com/m/log/0000156640/
http://www.sc.mufg.jp/inv_info/ii_report/mt_report/index.html
http://www.forexpros.jp/
http://www.kawasenavi.com/
http://www.m2j.co.jp/market/leaveorder.php
http://www.banya-mktforecast.jp/
がんばってください。

QEUR/USD・USD/EURの違いって。。。

初歩的な質問ですみません。

「EUR/USD」と「USD/EUR」の
表記の意味がいまいちわかりません。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前者 EUR/USD = 1ユーロあたり何ドルか

後者 USD/EUR = 1ドルあたり何ユーロか


分子/分母 = 1分子あたり何分母?と覚えて下さい

USD/JPY = 1ドルあたり何円で考えると分かりやすいかな

QEUR-JPYの逆指値は0.04円では狭いですか

損切りは必要経費と割り切ることができぬ初心者なので
前に10万の取引で1.0円の逆指値がhitして10万円損した悪夢から逃げられず、
損切りの難しさに悩んでおります。

Aベストアンサー

ダブらない内容で^
利益はコントロールできませんが、損失はロット管理とロスカット設定の両者でコントロールできます。
10万通貨で1円だと10万というのは最初にわかっていたことです。
つまりロスカットを設定した時点でいくら損がでるかというのはわかるわけですよね。
その金額を許容範囲内に置く方法はロスカットまでの距離かロット管理、もしくはその両方です。
1円が悪かったわけではなく、許容できない損失設定をシたところに問題あったわけで、最初から許容できる範囲内に収まるようにすればいいだけではないでしょうか。
まあ、これはサキの方が答えられているとおりですね。

で、
4ピピでは間違いなく損切り貧乏になります。
ユーロ円のスプは狭いところで1-1.5ピピですよね。
そうすると実質2.5-3ピピしか逆走は許されないということですよね。
ということはエントリーしたところが常にドンピシャのタイミングでないとダメだということになります。
つまり4ピピで安定して勝てるということは非常に明確でエッジのあるエントリーポイントがわかっているということとほぼイコールです。
 もしそれがわからないなら僅かなノイズで常にロスカットにかかるということになります。
 デモで試してみるとわかると思いますが、資金はジリジリと減っていくことになると思います。
 一度になくすかジリジリなくすかその違いだけです。
 ロスカットは固定ではなくテクニカルからみて意味のある位置におくといいとおもいます。
 

ダブらない内容で^
利益はコントロールできませんが、損失はロット管理とロスカット設定の両者でコントロールできます。
10万通貨で1円だと10万というのは最初にわかっていたことです。
つまりロスカットを設定した時点でいくら損がでるかというのはわかるわけですよね。
その金額を許容範囲内に置く方法はロスカットまでの距離かロット管理、もしくはその両方です。
1円が悪かったわけではなく、許容できない損失設定をシたところに問題あったわけで、最初から許容できる範囲内に収まるようにすればいいだけでは...続きを読む

Qメタトレーダー でEUR/CADなどの通貨ペアデータを見たい

metatrader 4を使用しております。
チャートのデータは「ODL」のサーバーを指定しています: ODL-MT4 Demo - ODL Securities

http://www.metaquotes.net/downloads よりメタトレーダーをダウンロードし、ODL社のデモ口座を開設して、使用しております。

このままですと NZD/AUD、EUR/CAD、ZAR/JPY などの通貨ペアのチャートが見られないようなのですが、どなたか、これら通貨をメタトレーダーで閲覧されているかたがいらっしゃいましたら、その方法を教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

こちらで(216.93.180.133:443)AUD/NZD,EUR/CADは見れます。
ZAR/JPYはODLのリアルでは見れますがデモでは無理みたいです。
見れる所あるかもしれないので、こちらからhttp://hikaku.fxtec.info/metatrader/wiki.cgi?page=%C2%D0%B1%FE%B6%C8%BC%D4
探して下さい。

参考URL:http://www.whcmarket.com/

QEURはリーマンショック前の値に戻るか

月足の底値支持線を見ると下落傾向にありますが、
週足以下の短い期間のgraphを見ると
今年の1月から上下しつつも全体として上昇しております。
このまま上がって題の状況になる可能性の高低について予想してください。

Aベストアンサー

凄くアバウトに見ても、リーマン前の高値に戻るまでには相当程度の時間は要すると思いますが、決して戻らないとは言えないでしょうが、相当無理があると思っています。

月足では下値支持線(サポートライン)が下落ですし、上値抵抗線(レジスタンスライン)も下落方向ですが、値幅が徐々に収縮しているのが分かります。
一目均衡表で見ても、転換線の下にローソク足が有り、まだまだ上値は重そうですが、リーマン以降2度程転換線を上抜けしており、現在も転換線付近に終値があります。

週足ではレジスタンスラインを明確に上抜けしています。
更に一目均衡表では転換線をブレイクして基準線もブレイクしていますから、次のターゲットは雲の下限線をブレイクするかどうかです。
リーマン以降、雲を終値で上に抜けたのは1回しかありませんし、翌週には戻されているので、ここを抜けるのには相当なエネルギーが必要でしょうね。

いずれにしても、EUR/JPYだけでなく、EUR/USDやUSD/JPYの値動きも絡んでくるので難しいところですが、EUR/JPYの169円はバブルのようなモノなので、2度と無いとは言いませんが難しいと私は思っています。
まぁ2000年10月の安値からおよそ8年の歳月要して上昇しましたので、2020年頃には170円なんてレートが実際に起こりえる可能性は否定できないでしょう。

凄くアバウトに見ても、リーマン前の高値に戻るまでには相当程度の時間は要すると思いますが、決して戻らないとは言えないでしょうが、相当無理があると思っています。

月足では下値支持線(サポートライン)が下落ですし、上値抵抗線(レジスタンスライン)も下落方向ですが、値幅が徐々に収縮しているのが分かります。
一目均衡表で見ても、転換線の下にローソク足が有り、まだまだ上値は重そうですが、リーマン以降2度程転換線を上抜けしており、現在も転換線付近に終値があります。

週足ではレジスタンスラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報