ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

キーボードの英字配列は「押しにくいように」配列されたという話(*)はウェブで調べて分かりましたが、では、かな文字の配列はどういう理由で決められたのでしょうか?

*英語圏で、タイプライタの時代に、1個1個のアルファベットについたアームどうしが、速く打ちすぎて絡まないように作られたということ(つまり日本語ローマ字入力では何の合理性もない配列であるということ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

最初は山下芳太郎という外交官によって合理的に設計されたものが、氏の没後、


後の人によって勝手にデタラメな配列に改悪されてしまったという事らしいです。

詳細は以下を。

今のキー配列は誰がいつ、つくったか?
http://www.sd-naracom.com/naracode/code_konkyo4. …

この回答への補足

ありがとうございます(*お礼の欄ではないですが)

リンクページでの説明によれば、確かに、
「今のキー配列は最初、山下芳太郎(外交官)が合理的に設計したが、山下氏が亡くなってからデタラメな配列に改悪された」
といったことのようですが、山下芳太郎はどういう合理性からそのような配列にしたのでしょうね?(本人に聞いてみないことには真相は分からないとは思いますけど、その点も疑問が残りますね)

補足日時:2007/12/29 02:10
    • good
    • 2
この回答へのお礼

No.1さん、No.2さんのおかげで次のことが分かり(あるいは推測できて)、ありがたいです。(特にNo.1さん紹介のナラコムのページには図解もあり、大変参考になりました。)
------------
○元祖・山下芳太郎氏のキー配列の基本思想について
・覚えやすいように、なるべく50音の行ごとにかためて(=アイウエオ等のグループ別に)配置した
・その際、右端に置いた濁音・半濁音のキーが打ちやすいように、それを用いることのあるグループ(カ行、サ行、タ行、ハ行)を左側に置いた
・しかし、その最後のハ行だけは「フ」「ホ」を、キー配列最上段で余っていた左端と右端のキーに割り当てた(ハ行だけはばらして配置した)
・なぜマ行(のかたまり)をナ行(のかたまり)の左側に置いたのか等、行どうしの並べ順の基準が何だったかは今となっては不明だが、推測としては、親指近くに使用頻度の低いグループ(ハ行・マ行)を置いたりと、全体としても行ごとの使用頻度もある程度は考慮されたのではないかとも考えられる。

(つまり、山下氏の考えた配列の基本思想は、<A.覚えやすい配置><B.濁音・半濁音が打ちやすい配置>という明らかな2つのスタンスにプラスして、<C.使用頻度>という要素も少しは入っているのではないかということです)
 
○その後の悲惨な状況の再確認(現在のかなキー配列の不合理性)
・山下氏の没後にタイプライタのキー数が増えた際に、それまでシフトで打っていた6個を、新たに増加したキーに不規則に割り当てる等をして、ア行・タ行以外の行全てをばらしたため、現在のように、<ある程度は行ごとにかためて配置されているが、感覚的には全体としてほとんど規則性のない覚えにくい配列>どころか、<覚えにくいし濁音等も打ちにくくなったうえキーごとの使用頻度にも合わない、非常に不合理な配列>になってしまったということ

お礼日時:2007/12/29 16:45

専門でないので、およそのことを書きます。


仮名文字のキー配列は、基本的には、どの文字がどのような頻度で、出てくるか、統計的に調査をして、頻度の高いものを中央に配置してあります。統計の取り方や、キーの数をどうするかにより、いくつかのバリエーションがあり、その中のいくつかはJISにもなっています。(覚えやすいように決めた五十音順という例外があります。但しこれは例外です。)

人間工学の重要テーマの一つでもあり、使い手の負担を減らす努力はしてあるはずです。腱鞘炎などが多発しては大変です。
例えば、富士通が開発した親指シフトのキーボードというものは打鍵の回数が非常に少なくて済みますし、キーの数も少なく設計されています。従って手の動きも小さくて済むよう工夫されているのです。残念ながら、他社が採用してくれないなどの理由で売れ行きは芳しくないようです。

ヨーロッパのキーボードを見ても各国の言語により出てくる頻度が異なるので、イギリス、ドイツ、フランスで配列が少し異なります。

また、TRONコンピュータ/坂村健教授のキーボードは世界の諸言語まで考えた、設計をされていると聞いております。

この回答への補足

 いえ、現在普及しているキーボードではそうなっていないという話なのです(「キー配列は、基本的には、どの文字がどのような頻度で、出てくるか、統計的に調査をして、頻度の高いものを中央に配置してあります。」がほとんど誤謬ということなのです)。
「人間工学の重要テーマの一つでもあり、使い手の負担を減らす努力はしてあるはずです。腱鞘炎などが多発しては大変です。」と私も思っていましたが、実際は違っていたという話なのです。

○No.1さん紹介のナラコムのページでは時系列で下記のように書いてあります。
1.大正時代に、山下氏が日本語用(カタカナ)のタイプライタのキーボードを考えて、『覚えやすい50音配列を基準にモジを配列しました』『最大の工夫は、右手の小指で濁点、半濁点を打ち、この時はタイプライターのプラテンが1字分動かないよう工夫したことです』

2.『 昭和の初年にタイプライターのキーが42個から48個に増えました。もし、山下氏が存命でしたらまた新しく整然とした覚えやすい50音配列で再設計したことでしょう。残念ながら、この時に山下氏の後継者たちにより、これまでシフト・キーで打ち分けるのが面倒だったケ、セ、ヌ、フ、ホ等の文字が左右の増加したキーにまったく不規則に、勝手に割り付けられてしまったのです。このため50音のルールは雲散霧消し、頻度にはまったく関係のない、科学性のない、「ぬふあうえおや・・・」という覚えにくく、打ちにくく、アレルギーを生む
キーボードになってしまったのです。』
 こうして出来上がったのが旧JISキーボード。

3.『新JISの設計思想は、当時のOA化促進の要望に応えて、打鍵効率を高めることを第一の優先順位とした技術優先論にたって以下のようになりました。

旧JISの4段42個のキーを32個に減じ3段にまとめる。
使用頻度の高い仮名を使いやすい指に割り当てる。(かな単音の出現頻度は高校教科書の約140万字の解析に基づく)
このようにして得られたキー配列は、熟練者にとっては確かに作業能率を高めるものでした。しかし仮名を使用順度順に配列したために、当然のことながら、50音編成は支離滅裂となり、50音図によってカナを記憶している現代の一般日本人にとっては不快極まりない、いわゆるノイローゼ・キーボードとなったのです。その結果…市場の反応はまったく得られず…今では店頭にその姿を求めることすらできません。』

4.その結果、生き残ったデタラメに近い配列の旧JISキーボードですが、
『旧JISキーボードがどの位評判の悪いものであったかは誰もがよく知っており、当然これに対する改良案を考える人が出ました。

その代表的なものは富士通の…「親指シフト」方式です。これは前掲の新JIS方式と考え方の基礎は同じですが、シフトキーを盤面中央下部に2個設置し、左右のシフトキーを打ち分けることにより上下の文字を打ち分けているので、新JISよりは優れた方法と考えられ、商工会議所のワープロコンテストでは常に上位を独占したものです。しかし、それにもかかわらず、この親指シフトは減少傾向にあり、富士通自体のワープロの出荷分の大多数が旧JIS配列だといわれています。その理由は、やはりこの配列を覚えるのには専門的な相当長期間の訓練時間を要するという点にあるでしょう。』

 これ以外にも、手のひら状のまったく新しいキーボード「M式キーボード」や、その改良型「らくらくキーボード」をはじめ様々な開発者による独自のキーボード(少なくとも計8種類)や単純に50音を並べたものが発表されたが、どれも一般には普及されなかった。

そのため、「科学性のない」配列の旧JISキーボードが、現在普及して使われているということのようです。

○No.2さんご紹介のアキーズさんのページ「キーボードの歴史」にも同じような経緯が書かれています。

補足日時:2007/12/29 11:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 <皆さんのご回答を受けて、質問者による「まとめ」>

○カナ入力の由来…「No.3さんへの補足欄」(+「No.1さんへのお礼欄」)にある通り、山下芳太郎氏の発案によると分かりました。

 ご回答下さった皆さん、どうもありがとうございました。
---------------
 以下は補記(別件)です。
○英文字キー配列の由来…結局私にははっきり分かりません
 改めて私がウェブで探したところ、研究者やタイプライタの会社ほど、タイプライタの活字アームの絡み回避説を俗論として退け、「昔のアメリカの印刷職工組合の活字工の使う活字棚の配列が起源」と仰っていたり、「現時点で定説はない」「根拠となる資料は残っていない」と言っておられたりするようです。
 にも関わらず、やはりアーム絡み回避説の方(たいてい科学的根拠は示してありません)が、なぜか世には流布されているようです。
 結局、素人の私には絶対的な根拠が見いだせず、どちらが正しいかまでは分かりませんでした(専門家の方々に、もっとはっきりした根拠とともに明示して頂きたいところです)。

○キーボードのキー配列は不合理である
・ローマ字入力…(もともと英語を入力する場合でさえ非常に不合理と言われている配列だが)特にローマ字入力(日本語)にとっては合理性・科学性が極めて低い
・カナ入力…カナ入力のキー配列も非常に不合理である(ローマ字入力に比べればまだしも合理性を持つはずである)
 つまり、特に日本人の場合、ローマ字入力にしろカナ入力にしろ、左右交互打鍵の楽しさ等も味わえないようなひどいキー配列のまま、みんなよく平気で使っているな、という話(非科学的習慣が惰性だけで続いているという悲惨な話)のようです。

お礼日時:2007/12/31 22:07

この回答への補足

ありがとうございます。

No.1さんの紹介ページ内容と同じように、
「最初、山下氏がアイウエオ順に近い配列で作ったが、氏の没後、キー数がタイプライタの42個(キー数が足りず『ぬ』『む』等をシフトで切り替えていた)から、48個に増えた際に、シフトで使っていた文字を適当に割り当てたことから、でたらめな配列になった」
といったことが書いてありますね。

補足日時:2007/12/29 02:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

[質問の文面に対して追記=訂正する欄が他にないのでここに書き込みます 勿論、No.2さん、ありがとうございました]
 英文字キー配列の由来は、「質問」で触れたのとは違っていたようです(その非科学性に変わりはありませんが)。

 No.1さん紹介のナラコムHPでは下記の通りです。
『英文タイプのローマ字の配列も、いつどうして作られたものか確実な文献がありません。割合に耳にするのは、古い時代の活字レバーが絡みつくことがあったので、それを避けるような配置にしたという通説ですがこれは明らかな誤りです。
なぜかというと、約120年前、アメリカのレミントン親子商会で世界最初のタイプライターが商品化されたときの製品は、ロール状のプラテンに紙を巻きつけてセットし、打鍵すると真下に円形に配列されたバーが上がって文字をしたから打つ、つまり打ち終わってプラテンを持ち上げてみないとミスがあったかどうかわからない、というような代物でバーが絡むことなどなかったからです。現在の英文タイプの活字配列の基準は、当時のアメリカの印刷職工組合の活字工の使う活字棚の文字配列に準じたというのがいちばん信憑性が高い説とされています。当然、これは経験により、ERとかTHとかは拾いやすいように近付けていますが、あくまでカンと適当な割り付けによるもので、科学的な統計に基づくいたものではありません。このため、昭和初年にドボラック博士による科学的なキーボード配列が提案され、実験の結果このほうがはるかに効率の良いことが証明されたのですが、
1.旧方式がすでに半世紀以上たって非常に広く普及していた
2.ローマ字はわずか26文字なのでそれほど不便を感じない
3.第一次大戦とぶつかり、普及活動ができなかった。
等の理由により、アメリカでは特定の州庁とか会社で使用されているのとどまっています。』

(*同HPでは続けて「ローマ字入力」の弊害面も書かれていますがここでは省きます)

お礼日時:2007/12/30 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローマ字入力、カナ入力のどちらもできるプロの方に質問です

「ローマ字入力とカナ入力のどちら派ですか?」という質問(アンケート)がよくありますが、「どちらか片方しかできない」「慣れているから」ということで選んでいる人が多いように思います。
そうではなくて、両方を熟知した上でどちらの方がオススメか、理由も添えて教えてください。

ちなみにわたしはどちらもできますが、カナ入力の方が慣れているので今はカナ入力をしています。カナ入力は居眠りしててもできます(笑)
でもローマ字入力の方が利点が多いのならば、訓練して変えようと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。
仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されていますが、
私の場合は入力内容とその文字列を変換するタイミングの関係もあって、
「入力途中や変換途中に表示されている内容が打鍵内容と一対一で対応する」
点に注目しています。
特に、入力内容に英単語が混在した時にそれが分かります。
仕事の関係で、使用するマシンがローマ字入力しか受け付けない場合に
英単語が混在する日本語文を入力していると、

・入力文字を頭でローマ字に変換する。
・変換したローマ字に対応するキーを打鍵する。
 (頭はカナ状態なのに指は英字打鍵状態なので、
  頭の負荷がここでちょっと上がる。(笑))
・画面に表示された入力内容を認識する。

この時・・・英単語混在した部分の場合、ローマ字入力モードだと

「英単語部分なのに日本語の文字で表示されている」

という部分が発生します。するんです。してるんです。(爆)
するとその時、

「視覚デバイスが認識した文字列がどういう文字列になるべきか」

という処理が頭の中で実行され、また頭の負荷が上がります。
言葉変えましょう。

「入力したのと違う文字(ひらがな、英字)が変換前に表示されている」

という違和感が・・・嫌なんです。はぃ。(笑)
入力(打鍵)しているその時でも常に頭の中の別スレッドで
「全く関係ないことなど」を考えている私には
そういう「余計な処理で負荷をかけたくない」って事ですね。(爆)

Windowsだとショートカットもバリバリに使っている私は、
その操作内容に対して画面の表示内容が追いついていない
(正しくは「目で追えない」)場面も発生するところから
「ブラインドタッチ」の拡張用語(?)として
「フライングタッチ」なんていう造語を使っています。

ちょっと話を戻して、
「入力内容とその最初の表示内容が一致するような入力形式」
をどうしてとるようになったのかをお話しておしまいにします。

一太郎Ver3の頃は、現在のWindowsのようなIMEではなく
FEPと呼ばれるものでした。
その漢字変換処理は現在のモノと比べるとスバラシク時間のかかる処理でした。
そこで「変換受付可能限界」まで一気に入力して変換処理開始。
そして変換処理の間にトイレなど・・・。
そのような状態の中で、文章を考えながら入力するには
思考処理に集中するため「頭に余計な負荷をかけない」方法が必要でした。
その結果、その環境に合わせて頭とシステムの間の最適化を行った結果
導かれた答えが「カナ入力派」なのです。

そんな私がもしローマ字入力に寝返る理由が必要だとするならば、
それはおそらく
「英語キーボードしか世の中に存在しなくなった」
というような物理的制限が発生したような場合でしょう。

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。
仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されて...続きを読む

Qローマ字入力でない、かな入力で濁音等の出し方。

こんにちは。初歩的な質問なのですが、教えてくださる方いればよろしくお願いします・・・。

ウィンドウズXP(に限らず?)キーボードでローマ字入力ではない、普通のかな入力(つまり"A"を押せば"ち")が出てくるヤツ)の話です。

「ば」等の濁音。
「ぱ」等の半濁音。
「ぉ」などの小さいひらがな。

これらを打つにはどうすればよいのでしょうか・・・。教えてください・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

濁点は@で半濁点は「
ちいさいひらがなはShiftを押しながらです

Qパソコンのかな入力を習得したいです。どうやって覚え

パソコンのかな入力を習得したいです。どうやって覚えると良いのか教えてください。かな入力に規則性はありますか?

Aベストアンサー

先の方も言われているようにローマ字入力を覚えた方がいいです。

その方が、日本語も打てるし英文や英数字も打てますから。

各キーを打つ指は定められていて、それ以外のキーでは絶対に打たない。またその際、キーボードを見てはいけません。見ないで打つ。これを守ることです。

タイピング練習のソフト等が販売されているから、それでやるのが一番早道です。

毎日1時間、一ヶ月欠かさずやればマスターできます。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Qエクセル 表を大きく、紙いっぱいに印刷したい

エクセルで表を作りました。
印刷プレビューで確認したところ
用紙に対して表が小さく見栄えがしません。

一つ一ついじればできると思いますが、
簡単に、
用紙いっぱいにフォントも大きくし、表も大きくし、
印刷するやり方はありますか。
教えてください。

Aベストアンサー

CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが)
印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。なお、「拡大縮小印刷」のところに「次のページ数に合わせて印刷をする」というチェックをいれて横1×縦1にしてあげれば自動で拡大縮小印刷ができる場合がありますが、やってみればわかりますが、特に縮小印刷の場合小さくなりすぎたりする場合もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング