「教えて!ピックアップ」リリース!

家の周りにアルミの柵を作っているのですが、
その土台のコンクリが溶けて流れています。

コンクリはそうそう溶けないと思っていたのですが、そうではないようです。
さしたる知識はないので分かりやすく教えてください。 お願いします。

A 回答 (3件)

 あたかもコンクリートが外側から溶けて流れ、骨材の砂利が次第に露見するようになるなら白華現象というものが知られています。

コンクリートの表面に白い綿花状の物質が吹き出したように付着していることがあるでしょうか。これらは風雨ですぐに流れてなくなりますが、表面が乾くとまた同じように白いものが付着します。

 これは土中など周辺の水分が、コンクリート中の毛細管現象で吸い上げられ、表面から蒸発するときに、コンクリート内部の炭酸ナトリウムや硫酸ナトリウムが析出して綿花のように吹き出す一方、コンクリートの硬化体が穴だらけになり強度を失い、最後は流失するという現象のようです。

 これは骨材に塩分の強い海砂利を使ったことや、セメント自体のアルカリ分が高いことが原因ではないかといわれています。周囲の同じような環境におかれたコンクリートと比較して、劣化が早いのなら疑ってかかる価値はあるかと思います。

 いずれにせよ柵の倒壊の危険があるなら、作り直すしか方法はないことになります。アルカリ骨材反応などの詳しい説明を含めて小林一輔著「コンクリートが危ない」(岩波新書/616)で読めると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>コンクリートが外側から溶けて流れ、
>表面に白い綿花状の物質が吹き出したように付着していることがあるでしょうか。
恐らくこれの初期症状でないかと で、白華現象というのですね。

>これは土中など周辺の水分が、コンクリート中の毛細管現象で吸い上げられ、表面から蒸発するときに、コンクリート内部の炭酸ナトリウムや硫酸ナトリウムが析出して綿花のように吹き出す一方、コンクリートの硬化体が穴だらけになり強度を失い、最後は流失するという現象のようです。

>これは骨材に塩分の強い海砂利を使ったことや、セメント自体のアルカリ分が高いことが原因ではないかといわれています。周囲の同じような環境におかれたコンクリートと比較して、劣化が早いのなら疑ってかかる価値はあるかと思います。
? 海砂利はないと思うのでアルカリ分が高いのかなあ???

>倒壊
は今のとこ大丈夫のようです。

お礼日時:2002/09/22 07:56

>土台のコンクリが溶けて流れています。


水の流れにそって白くなっているのであれば白華現象で間違いありません。
柵を作ったのはいつごろでしょうか?
最近であれば、硬化に寄与しない部分の成分が流れているもので、強度に影響はありません。何年も前のものでしたらちょっと困りますが・・・。

ついでにコンクリートの問題点について補足させていただきます。
・海砂の使用による劣化
 塩分が鉄筋コンクリートの鉄筋の腐食を助長することが原因です。錆びると強度が低下し、また錆びると体積が増えてひどいときにはコンクリートを破壊します。
・アルカリ骨材反応
 骨材(砂利や砂)の種類によっては、セメントのアルカリ分と反応してしまうものがあります。この反応は通常体積の増加を伴い、ひどいときはコンクリートを破壊します。セメント自体は、工場で厳密に管理されて製造されているので、アルカリ分に大きな変動はありません。

現在では、骨材の塩分や、アルカリとの反応性には制限が設けられています。
コンクリートが危ないのは、バブルな時代に”いいかげんに”つくられたコンクリートが危ない、ということです。
全部だめだったら、日本中に電柱がころがってます(^^)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。   12年夏製です。
補足も詳しく分かりました。
施工業者の骨材には特に気をつけるべきなんですね。

お礼日時:2002/09/23 12:37

酸性雨の影響でとけているようです。


酸性雨で溶ける原理が下記サイトに簡単ながら記載してあります。

参考URL:http://www.eco.pref.mie.jp/forum/land/q-a/sansei …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
酸性雨の影響ですかぁぁぁ ~

お礼日時:2002/09/22 07:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング