2007年度の中央競馬で安藤勝己騎手が、連対率.410(騎乗数571)をマークしました。
最近では武豊騎手が2002年に、騎乗回数457で連対率.435を記録しましたが、
1年間フルに稼働して騎乗数500オーバーでこれだけの連対率を残した騎手は私の記憶にありません。
中央競馬史上、何年ぶりの快挙なのか、また何人目なのか。もしくは初の快挙なのか。
ご存じの方がいらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多分最近の中央競馬ではないでしょう、唯一可能性がある武豊ですらないのですから、


昔だと天才福永騎手が2度記録しています、77年と78年、530 0.238 0.417、503 0.260 0.425
探せばあるかもしれませんが、恐らくないでしょう。
因みにですが、安藤騎手は最近、騎乗を制限しています、今の時代571は少ないです。
毎日ほぼ全レース(12Rすら乗ってる)に騎乗している岩田騎手の方がすごい記録だと思います。
1着、2着、3着、4着以下、騎乗数、勝率、連対率
145 115 123 490 873 0.166 0.298
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/08 22:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング