岡田氏の著作を読んで、記録を始めて二ヶ月経ちます。
「助走」の段階ですが、三キロ増えてしまいました。
体重・体脂肪は毎日欠かさず記録していますが
どうしたら良いのか途方に暮れています。
どうか、御助言宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も本を読みました!が私には合ってないと思い


実行には移していませんが・・・・
その他にも松本先生の胃袋ダイエットの本読んでみられたらどうでしょうか?
参考になりますよ。
助走の段階がどこだったか記憶していませんが、
三分の一残して自らに、食事量をセーブしているんだ~と
思わせることが重要なんですよね。
つまりは食事制限ですね。書にもあるように
カロリー計算をしっかりすれば確実に痩せられるでしょう。
私は三分の一残すのがどうも・・・・・
でも実行されてらっしゃるなら尊敬です!
人のこと言えませんが何事も継続することではないでしょうか?
がんばってくださ~い!私もがんばります!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

胃袋ダイエット初耳です!
一度、拝読させていただきます。
御助言ありがとう御座いました。

お礼日時:2008/01/13 15:25

私はその本を読んでいませんが、内容は少し聞いた事があります



でも、私はあの方法では普通の人は痩せられないと思いました

それよりも、もっと簡単で効果的な方法があります

それは、NHKでやっているためしてガッテンという番組で紹介していた、計るだけダイエットの方が簡単で効果があると思います

私は運動はしていましたが、痩せる事ができませんでした

でも、計るだけダイエットを取り入れたら、一気に10キロ痩せる事ができました

ですから、そんな面倒くさい事は辞めて、計るだけダイエットに変えた方が良いと思います

実体験がある私からの、アドバイスです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー・・。
合わない人もいるんですね・・・。
アドバイス有難う御座いました!

お礼日時:2008/01/13 15:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q70キロでベンチプレス100キロが挙げられました。140キロに到達するのは辛いでしょうか?

ベンチプレスで三ヶ月のトレーニングで100キロが上がるようになったのですが、140キロまで到達するには、あとどのくらいかかると推測しますか?

Aベストアンサー

三か月で三桁を上げたという事。素晴らしい!
まずはトレーニーが最初に目指す目標が自重。その次が三桁ですもんね。

ただ、140を上げるとなると、現体重の2倍・・・
これはなかなか簡単には行きませんよ~。

自ずと体重を増やす食事が必要になってくるとは思います。

いずれにしても今までの右肩上がりのグラフは描けないでしょうから、1年やそこらでは相当難しい数字です。

Q体脂肪のほとんどが皮下脂肪ですが

先日、家庭向けでは最新の体組成計を購入しました。
それで初めて「皮下脂肪率」というものが計れるようになり驚いたのですが、体脂肪率22%のうち、皮下脂肪率が21%をも占めているんです。ちなみに私は28歳、女性ですがこれって普通ですか?
皮下脂肪は有酸素運動では燃えにくいと聞いたので、どうりで痩せないはずだと妙に納得しました。
それにしても皮下脂肪率が多すぎて不安です。

Aベストアンサー

こんにちは。
22%ですか。
標準よりちょっと少なめですね。
健康的にも美容的にも理想だと思います。

もともと女性は男性よりも内蔵脂肪がつきにくいみたいです。
ちょっと想像してみてください。
おっぱいふたつと、おしりと、太ももの内側、
あれは全部「皮下脂肪」でしょう?

体重が50キロと仮定して、
その21%ということは、たった10キロぐらい。

皮膚の上からつまめる脂肪は全部「皮下脂肪」です。
全身をつまんだぶんを合わせると、
10キロぐらいあって当たり前かなーって思いません?

Qダンベルを10キロか15か20キロか

筋トレ初心者なんですが、ダンベルを通販で買いたいんですが10か15か20で迷ってます。ベッカムやブラッドピットやトムクルーズくらいの筋肉はつけたいんですが20は必要ですか?

Aベストアンサー

>ベッカムやブラッドピットやトムクルーズくらいの筋肉

彼らと同等の筋量を得るには、ダンベルでは困難と思われます。

ダンベルはバーベルに比べますと、扱える(持てる)重量に大差がありますので、筋にかかる負荷、刺激、ストレスが大いに違ってきます。

でも、まあ、ダンベルでも30kg×2個を持ってのセットを組めるようになれば不可能ではないかも知れませんが、それにしても、効率的には宜しくないでしょうね。

それでも、とりあえず、最初のステップとしては、何キロでも良いでしょう。許容を越えた重量で筋・腱に故障を生じさせるより、軽る目から入るというのが基本です。ご自分の感覚を信じて、重量選択しましょう。ただし、本気度が高くって、継続的に頑張れるようでしたら、プレート別売りがあって、プレートのみを買い足せるようなダンベルも良いでしょうが、単関節運動などは負荷を少なくすべきであり、ある程度の筋量を得た後も、初期のダンベルが無駄になるということはないでしょう。2種類のダンベルがあれば、面倒なプレートの付け足しや取り外しの回数が減少します。

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む

Q体脂肪率・内臓脂肪などが正しく計れる計測器

体脂肪率・内臓脂肪などが正しく計れる計測器

「ダイエット」の質問項目を見ていると、“足乗せタイプの体重計では「体脂肪率・内臓脂肪レベル」などは殆どでたらめだ”

 という回答が多く見受けられるのですが、本当に正しく計りはどういうのでしょうか。
 また、それら『体脂肪率』『内臓脂肪レベル』『隠れ肥満度』などの算出はどのようにするのでしょうか。

Aベストアンサー

 市販の体脂肪率計で正確に(1%以下の精度で)体脂肪率を測定できるものはありません。スポーツジムにある体脂肪率計も測定原理は同じなので、正確ではありません。これらの測定原理は、体に微弱電流を流し込みインピーダンス(電流の流れにくさ)を測定することによって筋肉と体脂肪を選り分ける方法をとっています。

 微弱電流を流し込むために手足に電極をつけます。電極が足だけにあるタイプでは、電流がおもに下半身を流れるので下半身の体脂肪率を重点的に測っていることになります。ですから両手・両足に電極をつけるタイプより、いっそういい加減な測定結果になります。

 インピーダンスを測ることによって、なぜ筋肉と体脂肪を選り分けることができるのかというと、筋肉には水分を多く含んでいて電流は流れやすい性質があり、体脂肪は水分の含有が少なく電流が流れにくい性質があることを利用しています。ですから電流が多く流れると筋肉の要素が多いとみなせるわけです。
 電極が両手・両足にあれば、その組み合わせによって体のいろいろな方向に電流を流せるので、体の各部の様子がわかります。電流の周波数を変えると、もっと細かく調べられます。

 ですが、私たちの体の水分量は日々変動しますし、1日の中でも変動します。ふつうは朝起きたときに体水分は最小になり(ですから体重もいちばん少なくなり)、夕食の後から寝る前に体水分量は最大になります(体重も最大になります)。その差は2kgにもなることがあります。たまたま体脂肪率の測定が体水分量の多いタイミングで測ると筋肉の要素が増えたと誤解し、体脂肪率は少なめに出ます。1日の中でも3%くらいは違いが出ます。
 その程度には個人差があります。体脂肪には約20%の水分が含まれていますが、人によって微妙な違いはあるでしょう。
 また性別や年齢によっても体水分量は異なります。たとえば幼児は80%くらい、成人は60%、老人は50%くらいが水分だそうです。私たちの体そのものがいい加減なわけです。
 加えて、手足が電極にどのくらい電気的に接触するかによっても測定にバラツキは出ます。

 そのようなわけで、市販の体脂肪率計ではいい加減な測定結果になります。そのような中でなるべくよく体脂肪率の傾向を知りたければ、できるだけ同じ時間帯(朝起きたあとお手洗いを済ませ朝食の前)に同じ条件で測定することです。それなら増えているか減っているかの傾向はわかります。ただし日々の1%や2%の違いは気にせず、長い目で変化の様子を見てください。
 異なる体脂肪率計で測定して数値の違いを比較するのは、あまり意味がありません(比較できるほど正確ではありません)。

 市販の体脂肪率計で正確に(1%以下の精度で)体脂肪率を測定できるものはありません。スポーツジムにある体脂肪率計も測定原理は同じなので、正確ではありません。これらの測定原理は、体に微弱電流を流し込みインピーダンス(電流の流れにくさ)を測定することによって筋肉と体脂肪を選り分ける方法をとっています。

 微弱電流を流し込むために手足に電極をつけます。電極が足だけにあるタイプでは、電流がおもに下半身を流れるので下半身の体脂肪率を重点的に測っていることになります。ですから両手・両...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報