ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

乳首のまわりに毛が生えているのが気になって、脱毛クリームを使ったところ、乳首にも塗ってしまいました。
数年前のことですが、粘膜や皮膚の薄いところに使ってはダメという知識がなくそのままにしてしまったら、乳首の皮膚がぴりぴりしてものすごく荒れるようになってしまいました。
また、寒いときなど、ぎゅっと乳首が縮んだ時、突起のまわりの部分がしわしわになってしまうのが気になります。
今は特に痛みとかはないのですが、美容的な面で気になります。
改善するよい方法、クリーム等がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。


乳首に脱毛クリームはダメですね(^_^;)
デリケートな所なので薬ではなく、どうしても気になるのでしたら
太めの毛だけ毛抜きで抜かれてはどうでしょうか?
かみそりだと生えてきた時ちくちくするでしょうし・・・

>また、寒いときなど、ぎゅっと乳首が縮んだ時、突起のまわりの部分がしわしわになってしまうのが気になります。

多少のしわしわは誰でもあると思うので気にしなくて大丈夫です!!

乳首が乾燥しているのなら、妊婦さんが使う乳首用のクリーム
でケアしてあげたらいいと思います。
妊娠中、私もこれを使いましたがべたつきもなく
とても良かったです。
赤ちゃんにオッパイをあげていても使用できるので
妊婦じゃなくても安心して使えると思います。
やけに勧めますが、マドンナのまわしものではありません(^_^;)

参考URL:http://www.madonna.co.jp/shouhin/bustcare/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
試してみます^^

お礼日時:2008/01/02 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皮膚と口腔粘膜の違いについて

勉強していて疑問に思ったので質問します。
皮膚は重層扁平上皮で覆われていて、口腔粘膜も重層扁平上皮で覆われています。
同じ、重層扁平上皮で覆われていますが、口の中は皮膚とは言いません。
皮膚と口腔粘膜は何が違うんですか?
皮膚に特徴的な構造を呈示しながら、教えてください。

Aベストアンサー

皮膚と内臓の粘膜の特徴的な違いは角質層があるかないか、粘液で覆われているかいないか、が分かりやすいですね。

皮膚
・重層扁平上皮
・角質層がある
・乾燥している(粘液で覆われてない)
・毛根や汗腺、脂腺があるが粘液腺や漿液腺はない
・メラニンがあり紫外線に強い(日焼けする)

内臓粘膜
・重層扁平上皮だけでなく単層円柱上皮などもある
・角質層がない
・粘液で覆われている(乾燥に極端に弱い)
・粘液腺や漿液腺はあるが毛根や汗腺や脂腺はない
・メラニンはない

一方、口腔粘膜は皮膚と内臓の粘膜の中間の構造を持っています。すなわち

口腔粘膜
・重層扁平上皮
・一部だけ角質層がある
・粘液と漿液で湿っている(明確な粘液層はなく乾燥にもある程度は耐える)
・毛根や汗腺や脂腺はないが粘液腺と漿液腺がある
・メラニンはない

といった具合です。

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q乳首が痒いです。婦人科?皮膚科?

半年ほど前から乳首が痒く、二ヶ月程前から婦人科を受診しています。
高プロラクチン血漿(?)を疑われ、血液検査をしてもらったのですが、検査結果は問題なく、原因が判らないと先生に言われてしまいました…。
現在はステロイドの塗り薬と、テルグリドという飲み薬を処方されていています。

症状としては、
○乳首の痒み。
○痒みがある時は、必ず毎回乳首から透明の分泌液が出る。(下着に付いて、乾くと黄色いパリパリした感じ)
○それらが両方の乳首だったり、片方の乳首だったりの繰り返し。

こういう場合、このまま婦人科に通い続けても良いのでしょうか?
それとも、皮膚科で受診してもらうべきなんでしょうか?

本当に痒くて不快なので、一日でも早く治したいです!情報をお願い致します!

Aベストアンサー

こんにちは。

症状はもう治りましたか?
私も以前質問者様と同じ症状があったので書かせていただきました。
ちなみに、私の場合は他の病気があるので婦人科を受診していたところ乳腺の異常もそうですが乳がんの可能性を伝えられました。
乳がん患者さんの中には乳頭や乳りんから液が出る人がいるそうでう。
私は服が無かったら滴るほど出てました。そしてちょっと臭かった(--;
念のためマンモグラフィーで乳がんの検査をしましたがなく、皮膚科の受診でもステロイドと飲み薬でしたが一時的にしか治りませんでした。
それから半年たって原因は虫歯だと判明しました。
人によっては虫歯で手のひらに膿がたまったり、乳頭などから膿が出る人もいるんだそうです。
もちろん、虫歯を治したらすごい勢いで治りました。
もし、マンモグラフィー等をしても原因がわからなかったら、歯科検診をしてみてください。

早く原因がわかるといいですね。

Q人体の粘膜について

人体の粘膜は何の為についているのでしょうか?

そもその粘膜とは菌が入りにくいように、常に湿っていると聞いたことがあります。目、鼻、口などは常にわずかに湿っているような気がしますが、尿道や肛門などは常時湿っているとは思えません。

これらの箇所は粘膜が退化していると考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 ある物事を考える時には、対比の概念が大事です。これまでの答えには、粘膜と、粘膜でない部分との対比が明確に述べられていない様です。体の外表から内部に入ってゆくと当然働きも形も違っています。説明に入る前に、粘膜は単なるセロファン膜とは異なり、細胞が多数集まって横並びになっていることを押さえておきましょう。
  1)粘膜ー大部分は体内の空所(消化管や呼吸路などの内面)を裏打ちする細胞層。酸素をはじめとしたガス交換、消化物の吸収、臭いや味覚の働きのためには、表面が塗れている必要があります。積極的に粘液を分泌して乾燥を防ぐための細胞も混じる。
  2)非粘膜ーいわゆる皮膚表皮と呼ばれる体表面を被う細胞層。必ず何層にも重なります。そして最外層が角化(これが粘膜との決定的な違い)といって、硬いタンパク質を含み死んだ細胞に変化することにより表面を守る。1と2は、お尻の皮膚→肛門内部粘膜、口の周囲の皮膚→口内粘膜→食道粘膜、の様に連続する事は言うまでもありません。
  なお、質問中の「粘膜に菌が入り難い」は事実と逆で、乾燥した皮膚表層の方が菌にとっては入りづらい。食中毒の菌を調理中に指で触っても何事もないけれど、それが粘膜で被われる消化管の中で菌が繁殖して問題を起こすし、風邪のウイルスも鼻腔や咽頭粘膜から入り込む事を考えてください。最後に粘膜は胃腸などの深部では、細胞が横並びの一層ですが、出口に近づくと(鼻・口腔、食道、直腸等の表面)沢山の細胞が重なって表層が守られていることも理に叶っている事です。

 ある物事を考える時には、対比の概念が大事です。これまでの答えには、粘膜と、粘膜でない部分との対比が明確に述べられていない様です。体の外表から内部に入ってゆくと当然働きも形も違っています。説明に入る前に、粘膜は単なるセロファン膜とは異なり、細胞が多数集まって横並びになっていることを押さえておきましょう。
  1)粘膜ー大部分は体内の空所(消化管や呼吸路などの内面)を裏打ちする細胞層。酸素をはじめとしたガス交換、消化物の吸収、臭いや味覚の働きのためには、表面が塗れている必要が...続きを読む


人気Q&Aランキング