in vitroでの実験でタンパク質を酵素処理し、生成するペプチドについての比較を行いたいのですが、その酵素処理の条件についてのなにかの規定みたいなものはあるのでしょうか?
遺伝子組み替え作物などの安全性審査で、酵素で消化された後にアレルゲンが生成するかどうかの検証を行う際、このようなin vitroでの酵素処理を行っているようなので、いろいろ探してみたのですが、見つかりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

当たり前のことですが何をそのペプチドで示すかでかわります。



私の場合はとあるサイトを決める事が目的でしたので、それが示される事が大事になりしたので、分解条件よりどんな断片が生成するかが重要でした。

生理学的な事をいおうと思ったら、その条件でやらねければ意味がないわけです。そうしなくてはアーティファクトになってしまうわけです。
公開できる範囲でかまいませんがもう少し条件を開示していただければ具体的なアドバイスができるかもしれません。同様な論文をひかれることが一番良いと思いますが。

この回答への補足

まさに痛いご指摘ありがとうございます。
たしかに適当に定めた条件で出した結果では、意味がないと思います。
あるタンパク質を酵素で分解して、生成するペプチドの内、ある特定のペプチドがどれほど吸収される時点で存在しているかを、in vitroで調べる実験を行っています。in vivoで実験を行って、実際の消化物を調べることができればいいのですが、そのような実験を行うことができる環境にありません。
ですから、in vivoでの環境に近い条件をin vitroで再現する必要があると考えたわけです。

補足日時:2001/02/04 23:14
    • good
    • 0

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


「アレルゲンと人工消化液中での安定性」
皆さんが議論されているように「人工消化液」での問題点の指摘があります。
http://www.jba.or.jp/q-and-a/ex/non_flame/q23.html
(遺伝子組換え技術を用いることで、新たなアレルゲンが作られる可能性はあるのか。)

いくつか参考文献がありますので参考になれば良いのですが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.jba.or.jp/q-and-a/ex/non_flame/q24.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たしかに人工消化液を使うにしても、それに対する問題点を踏まえた上で、使用する必要があるかもしれません。その上で、得られた結果に対して適切な考察を行っていこうと思います。

お礼日時:2001/02/06 00:04

そのような研究では、そのペプチドが消化管の環境下でどのくらいのスピードで分解するか、あるいは残存する時間がどの位かということを in vitro で調べるのでしょう。


とすれば、消化液の組成とpH、体温が必要な資料であろうと思います。
in vitro では、akiyamaharuka さんの仰るように人工胃液などのダミー消化液を使って研究するのが一般的だと思いますが、それは消化管の全ての環境を現してはいません。

厳密にやるのであれば、最終的には本物の消化液を使用せざるをえないでしょう。また、胆汁や腸内細菌の影響だって考える必要があります。
しかし、in vitro という実験形態がすでに厳密な環境下にはないので、人工消化液などが使われているのだと思います。ようはその上に、どこまで参考データを付加するかということになるのではないでしょうか。

また消化管内の環境については、臨床検査法提要や、内科、特に消化器関係の医学教科書にはある程度出ています。図書館などで見られると参考になろうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご指摘の参考書を探してみようと思います。

お礼日時:2001/02/05 23:58

状況を把握いたしました。



少し検索したところやはり厚生労働省が情報を持っているようです。
このHPに人工消化液の実験が出てきますので、これを手がかりに問い合わせをされたら良いのではと思います。
また旧厚生省、農林水産省からでている~白書にも情報があると思われます。

少しは役にたちますでしょうか?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/search/mhlwj/mhw/houdou/10 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かなり参考になりました。
もう一度実験方法を考え直してみて、意味のある実験データとなるように変更することにします。

お礼日時:2001/02/05 23:52

明文規定というのは知らないのですが、目的によって違うのではないでしょうか?


例えば、経口摂取で、各消化器でということなら、口、胃、小腸、大腸などの環境を再現することになるでしょうし、血中なら血液の環境でしょう。また、食品加工の過程であれば、その状態を再現するべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
私もそのように考えて、実際のin vivoでの消化の過程を参考にしようと思ったのですが、胃、小腸における詳しい環境が書かれた本や論文がなかなかみつからなくて悩んでおりました。また、食品の形態によっても胃や小腸に停滞する時間も違うのではないかとも思いました。
悩んだ末に、適当に条件を設定して実験をしてしまっているのですが、やっぱりデータに客観性がないような気もするような・・・・

お礼日時:2001/02/04 22:31

 うーん、私も知りたい。



 私の場合は、糖脂質の分離だったので除タンパクのために Pronase K を使ったのですが、調べる論文みんな条件が違う。こまったあげく、えいやと選んだ条件でやってしまいました。うまくいったし、論文もリジェクトされなかったので、よかったのでしょうが、ほんとは何。まぁ、酵素さえ効けばいいのかもしれませんが、、、

 手持ちの酵素の 説明書にある最適条件でやってしまえばいいのではないでしょうか。まれに pH によって違う反応をする酵素がありますが、プロテアーゼならきっと大丈夫でしょう。

 もっと、専門家の方のフォローをお待ちしています。 ひょっとしたらJIS規格とかあったりして。

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適当な条件設定では、データの客観性にかけるような気がしていました。
実際にはこの実験はもう始めてしまっていて、私もmasa1000rxさんのように適当に酵素の最適条件でやってしまっているのですが、つっこまれるとかなり痛いところのような気もしていました。
なにはともあれ回答ありがとうございました。少し気が楽になりました。

お礼日時:2001/02/04 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酵素の活性について

前期に大学で酵素の活性について学びました。酵素の活性を示す式として、ミカエリス・メンテンの速度式があると学びました。この式における、VMaxおよび、Kmはどのような意味を持つのか教えて下さい。

できたら、なぜそう考えられるのかという理由も一緒にお願いします。

Aベストアンサー

Vmaxは最大速度

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0
>Km と表記され「ミカエリス・メンテン定数」と呼ばれる。ミカエリス・メンテン定数とは、酵素と基質の親和性を表すパラメータであり、実測値としては酵素の最大速度の2分の1の反応速度 (Vmax/2) を有する基質濃度となる。Km 値と基質親和性の関係は以下の通りである。

Km値が低いと酵素と基質の親和性は高い(酵素と基質は相性が良い)
Km値が高いと酵素と基質の親和性は低い(酵素と基質は相性が悪い)
-------------
基質親和性が高ければ、基質濃度が低くても、Vmax/2を達成しやすくなるから。

Qティーバッグの緑茶がおいしくない

私は緑茶が好きで今の季節はペットボトルで買っているのですが、
勿体無いなぁと思い、ティーバッグの緑茶を買いました。
(おーいお茶の水出し、煮出し兼用のです)

が、全然美味しくない!味は個人の好みなので何とも言えませんが、
ペットで買うものとも、急須で淹れたものとも味が全然違いました。
なにか良い作り方や、方法があるのでしょうか?

沸騰したお湯に、ティーバッグを入れて作りました。

Aベストアンサー

静岡でお茶の専門店さん向けの問屋をしています。

そりゃあまずいでしょう。
通常ティーパックは粉茶をつかます。
なぜかというと、まずコスト。
ティーパックの網状の袋、個別の包装、外装、外箱など外側のほうのコストがかなりかかります。

ましてや、おーいお茶系のような商品では、メーカー→商社→食品問屋→スーパーという感じで中間業者が何件も入ります。
コンビになんかではコストの中にはロイヤリティーも当然入るわけですし。
つまりその分中身の原材料で値段を落とすしかないわけです。

また、普段急須で入れているお茶のクラスがわかりませんが、うちで取り扱っている茶葉ですと100g500円以上のお茶は1番茶です。
しかしペットボトルのお茶は2番茶、3番茶、終番茶など、kgでも1000円しないような安い原料を使用してますし、また技術が昔より進み、現在は2Lで2g程度の茶葉しか使用してない、つまり薄い味なわけです。
よくペットボトルで「濃い味」「高濃度茶カテキン」とかかれてる商品がありますが、そのぐらいの濃さなどよりも普通に急須で入れるお茶がカテキンでさえ多い、つまり味が濃いわけです。(熱湯で入れた方がカテキンは多く出ます。つまり普通のポットから入れたお湯では少しぬるく、その分旨味が多く出ておいしいわけです。いいお茶は湯冷ましはそこから来ています。)
そんなペットボトルには高濃度600mgと書かれてますが、普通にお茶を急須で入れた小さい一人分の湯飲みにはそのぐらい十分に入っているのです。
閑話休題

同じティーパックでもお茶屋さんの方がまだいい粉を使うのでましです。
また小さい業界なので、生産地の製造問屋(うちなんかもそうですが)から直接お茶yさんに商品が流通するので、中間コストがかかっていない分良質なものを販売しているはずです。
また、そのお茶屋さんによりますが、うちでは100g1000円の茶葉をそのまま使用したティーパックも作っています。
そのような商品を取り扱っているお店がほかにもあると思いますから、そこから購入されたほうが美味しいティーパックが手に入ると思います。

また、お湯で煮出すということは、その分酸化が早いと言うことでもあります。
今の時期ですと当然冷たいお茶でしょうから、「水出し煎茶」として売られておるものを、水に入れ冷蔵庫に入れてください。
ぬるくなるとやはり酸化し、水色が黄色くなり、美味しくなくなります。

ペットボトルの味が変わりにくいのは、まず薄いということと、製造過程で焙じ茶などの香ばしい材料も使用したりしてること(焙じ茶も原材料で書けば種別は緑茶です)、さらには酸化防止剤で合成したアスコルビン酸(ビタミンC)を添加してある製品もあります。

ちなみにうちでは5g入りのテーパックで、専用の茶葉を刻み、宇治産のお茶会でも使用するクラスの抹茶を茶葉にしみこませてあります。
そのようにお茶の専門店さんで販売しているこだわった商品をご購入されたらどうでしょう。
昔からある、チェーン店でないお茶屋さんの方が、こだわった商品を作っておいているはずですよ。

静岡でお茶の専門店さん向けの問屋をしています。

そりゃあまずいでしょう。
通常ティーパックは粉茶をつかます。
なぜかというと、まずコスト。
ティーパックの網状の袋、個別の包装、外装、外箱など外側のほうのコストがかなりかかります。

ましてや、おーいお茶系のような商品では、メーカー→商社→食品問屋→スーパーという感じで中間業者が何件も入ります。
コンビになんかではコストの中にはロイヤリティーも当然入るわけですし。
つまりその分中身の原材料で値段を落とすしかないわけです。

ま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報