in vitroでの実験でタンパク質を酵素処理し、生成するペプチドについての比較を行いたいのですが、その酵素処理の条件についてのなにかの規定みたいなものはあるのでしょうか?
遺伝子組み替え作物などの安全性審査で、酵素で消化された後にアレルゲンが生成するかどうかの検証を行う際、このようなin vitroでの酵素処理を行っているようなので、いろいろ探してみたのですが、見つかりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

当たり前のことですが何をそのペプチドで示すかでかわります。



私の場合はとあるサイトを決める事が目的でしたので、それが示される事が大事になりしたので、分解条件よりどんな断片が生成するかが重要でした。

生理学的な事をいおうと思ったら、その条件でやらねければ意味がないわけです。そうしなくてはアーティファクトになってしまうわけです。
公開できる範囲でかまいませんがもう少し条件を開示していただければ具体的なアドバイスができるかもしれません。同様な論文をひかれることが一番良いと思いますが。

この回答への補足

まさに痛いご指摘ありがとうございます。
たしかに適当に定めた条件で出した結果では、意味がないと思います。
あるタンパク質を酵素で分解して、生成するペプチドの内、ある特定のペプチドがどれほど吸収される時点で存在しているかを、in vitroで調べる実験を行っています。in vivoで実験を行って、実際の消化物を調べることができればいいのですが、そのような実験を行うことができる環境にありません。
ですから、in vivoでの環境に近い条件をin vitroで再現する必要があると考えたわけです。

補足日時:2001/02/04 23:14
    • good
    • 0

以下のサイトは参考になりますでしょうか?


「アレルゲンと人工消化液中での安定性」
皆さんが議論されているように「人工消化液」での問題点の指摘があります。
http://www.jba.or.jp/q-and-a/ex/non_flame/q23.html
(遺伝子組換え技術を用いることで、新たなアレルゲンが作られる可能性はあるのか。)

いくつか参考文献がありますので参考になれば良いのですが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.jba.or.jp/q-and-a/ex/non_flame/q24.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たしかに人工消化液を使うにしても、それに対する問題点を踏まえた上で、使用する必要があるかもしれません。その上で、得られた結果に対して適切な考察を行っていこうと思います。

お礼日時:2001/02/06 00:04

そのような研究では、そのペプチドが消化管の環境下でどのくらいのスピードで分解するか、あるいは残存する時間がどの位かということを in vitro で調べるのでしょう。


とすれば、消化液の組成とpH、体温が必要な資料であろうと思います。
in vitro では、akiyamaharuka さんの仰るように人工胃液などのダミー消化液を使って研究するのが一般的だと思いますが、それは消化管の全ての環境を現してはいません。

厳密にやるのであれば、最終的には本物の消化液を使用せざるをえないでしょう。また、胆汁や腸内細菌の影響だって考える必要があります。
しかし、in vitro という実験形態がすでに厳密な環境下にはないので、人工消化液などが使われているのだと思います。ようはその上に、どこまで参考データを付加するかということになるのではないでしょうか。

また消化管内の環境については、臨床検査法提要や、内科、特に消化器関係の医学教科書にはある程度出ています。図書館などで見られると参考になろうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご指摘の参考書を探してみようと思います。

お礼日時:2001/02/05 23:58

状況を把握いたしました。



少し検索したところやはり厚生労働省が情報を持っているようです。
このHPに人工消化液の実験が出てきますので、これを手がかりに問い合わせをされたら良いのではと思います。
また旧厚生省、農林水産省からでている~白書にも情報があると思われます。

少しは役にたちますでしょうか?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/search/mhlwj/mhw/houdou/10 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かなり参考になりました。
もう一度実験方法を考え直してみて、意味のある実験データとなるように変更することにします。

お礼日時:2001/02/05 23:52

明文規定というのは知らないのですが、目的によって違うのではないでしょうか?


例えば、経口摂取で、各消化器でということなら、口、胃、小腸、大腸などの環境を再現することになるでしょうし、血中なら血液の環境でしょう。また、食品加工の過程であれば、その状態を再現するべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
私もそのように考えて、実際のin vivoでの消化の過程を参考にしようと思ったのですが、胃、小腸における詳しい環境が書かれた本や論文がなかなかみつからなくて悩んでおりました。また、食品の形態によっても胃や小腸に停滞する時間も違うのではないかとも思いました。
悩んだ末に、適当に条件を設定して実験をしてしまっているのですが、やっぱりデータに客観性がないような気もするような・・・・

お礼日時:2001/02/04 22:31

 うーん、私も知りたい。



 私の場合は、糖脂質の分離だったので除タンパクのために Pronase K を使ったのですが、調べる論文みんな条件が違う。こまったあげく、えいやと選んだ条件でやってしまいました。うまくいったし、論文もリジェクトされなかったので、よかったのでしょうが、ほんとは何。まぁ、酵素さえ効けばいいのかもしれませんが、、、

 手持ちの酵素の 説明書にある最適条件でやってしまえばいいのではないでしょうか。まれに pH によって違う反応をする酵素がありますが、プロテアーゼならきっと大丈夫でしょう。

 もっと、専門家の方のフォローをお待ちしています。 ひょっとしたらJIS規格とかあったりして。

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適当な条件設定では、データの客観性にかけるような気がしていました。
実際にはこの実験はもう始めてしまっていて、私もmasa1000rxさんのように適当に酵素の最適条件でやってしまっているのですが、つっこまれるとかなり痛いところのような気もしていました。
なにはともあれ回答ありがとうございました。少し気が楽になりました。

お礼日時:2001/02/04 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工知能は、AI. AIは、あい。あい、は、愛。 つまり、人工知能=愛では? そして、英語の、I =

人工知能は、AI. AIは、あい。あい、は、愛。
つまり、人工知能=愛では?

そして、英語の、I =私=あい=愛

となると、自分=愛=人工知能では?

自分は人間だから、

人間=人工知能=愛なのでは?

それならばこの世は愛で出来ているのでは?

Aベストアンサー

「そのとおり」と答えてベストアンサー。

Q免疫組織染色はin vivo?in vitro?

目的の組織を固定(ホルムアルデヒド,ブアンなど)して,
抗体で蛍光タグをつけ,
コンフォーカルで観察するは,
「in vivo」ですか?「in vitro」ですか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

「in vivo」、「in vitro」は実験系について言う言葉です。
医学生物学では「目的の組織」が、例えば、効果を調べたい薬剤を投与されたネズミからのものだったら「in vivo」の実験です。しかし、「目的の組織」がネズミから取り出され、試験管内で薬剤を投与されたものだったら「in vitro」となります。
注意しなければならないのは、「in vivo」と「in vitro」区別は相対的なもので、同じ実験が研究分野によっては「in vivo」の実験と言われたり、「in vitro」の実験と言われたりします。生きた細胞や組織を使っていれば全て「in vivo」の実験と言う分野もあると思われます。

Q人工透析の英語読みについて

人工透析=dialysis を英語読みしたいんですが、なんと読めば(発音)いいのかわかりません。
カタカナなどで、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ダイアーラスィス が近いかな。アにアクセントがあります。ラはLの発音が出来なければ通じません。間違えてRで発音してしまうとdiarrhea(下痢)に聞こえてしまうかも。

Q論文における in vitro、in vivo の記載の仕方(大文字、小文字、イタリック体など)について。

日本語での論文を書いておりますが、in vitro、in vivoと言う言葉の記載の仕方について教えていただければと思います。

1.in vivo、in vitro は常に小文字でよいのでしょうか? 文頭においても小文字でいいのでしょうか?
2.イタリック体にするのでしょうか?

私は、文頭でも常に小文字で、イタリック体が基本だと思っておりました。しかし、いろんな報告をみると、イタリック体でないものも多くみられますし、文頭でIn vitroと大文字にしてる方、文中でもIn VitroとVも大文字の方なども見られます。他にはin-vitroとハイフンを付けてる方など。企業等のパンフレットでも、小文字で始まるのが若干多い気もしますが、まちまちでした。

自分で調べましたところ、
http://www.safe.nite.go.jp/risk/files/manual_ver2_20070115.pdf
の101ページ目や、
http://www.nifsmbc.co.jp/nifsmbc_news/pdf/news04_04.pdf
の4ページ目には、イタリック体で、文頭でも小文字にすると記載されておりました。
しかし、投稿規定などでは、イタリックにしないや、文頭は大文字にするという様なことが書かれているのもありました。

実際問題として、一般的にはどうなんでしょうか? こだわるほどのことではなくて、どれでも間違いではないのでしょうか?私としてはイタリック体で文頭でも小文字がなんとなくしっくりするような気がするのですが・・・。
ちなみに今書いているのは博士論文でして、特にそこまでの投稿規程は指定されておりません。
みなさまのご意見よろしくお願い致します。

日本語での論文を書いておりますが、in vitro、in vivoと言う言葉の記載の仕方について教えていただければと思います。

1.in vivo、in vitro は常に小文字でよいのでしょうか? 文頭においても小文字でいいのでしょうか?
2.イタリック体にするのでしょうか?

私は、文頭でも常に小文字で、イタリック体が基本だと思っておりました。しかし、いろんな報告をみると、イタリック体でないものも多くみられますし、文頭でIn vitroと大文字にしてる方、文中でもIn VitroとVも大文字の方なども見られます。...続きを読む

Aベストアンサー

英文雑誌の投稿規程でも完全には統一されていないので、回答としては「どちらでもよい」だと思います。

外来語であればイタリックで文頭でも小文字にするのが正解だと思いますが、in vivo、in vitro、et al.などは既に英語として定着しており、イタリックにする必要は無く、文頭に来た場合は大文字にするという規定を採用している雑誌が多くなって来ている気がします。

特に規定がないのであれば、よく読まれる雑誌、投稿する予定のある雑誌などの投稿規定を参考にして書かれるとよいのではないでしょうか?
いずれにせよ、同一論文中では最後まで統一することが重要です。

Q英語表記で成分表示されているのですが、人工甘味料がつかわれてますか?

https://jp.iherb.com/pr/p/67622

こちらのプロテインの商品は人工甘味料は入ってますか_?
どなたかわかるかたがいましたら おしえてください

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

成分の中にacesulfame potassium & sucralose
とありますが、acesulfame potassium
(アセスルファムカリウム)は、人工甘味料の一つです。

また、sucralose(スクラロース)も同じく人工甘味料
の一種です。

Qペプチドのアレルゲン性?

アレルゲンになるものはいろいろあるでしょうが、代表的なものとしては、蛋白質やペプチドだと思います。
そこで質問なのですが、ペプチド鎖長がいくつぐらいからアレルゲンと成り得るのでしょうか?アミノ酸がアレルゲンというのは聞いたことがないので、モノペプチド(?)はアレルゲンにはならなそうですが、それではジペプチドでは可能性があるのでしょうか?
もし、可能でしたら文献等を教えていただければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

抗体には5つのクラス(M,D,G,E,A)がありまして、IgEはその一種です。
そして5つのクラスどれでもよいので抗体を生み出す能力があるものを抗原といい、特にIgEと結合するものをアレルゲンと言います。
下でそこを明確にしたいと言ったのは、IgEクラスへのクラススイッチにまで言及すると話が非常に複雑になるおそれがありましたので確認したまでです。

さて、ご質問が「どのぐらいの低分子であれば特異抗体が産生されうるか」という意味としてお答えします。
kahさんがご指摘の「抗アミノ酸抗体」ですが、これは実は存在します。
試薬メーカーから販売されているのでご覧下さい。
http://www.cosmobio.co.jp/topics/SII/SII_homepage.htm
もちろん、こういった低分子に対する抗体は、低分子それ自体を免疫しても得られません。
普通はポリマーの状態にして、しかもT細胞に認識されやすいキャリア蛋白に結合させて免疫することが必須です。
T細胞とは、B細胞による抗体産生を制御する重要なリンパ球です。
実際に抗体を産生するB細胞と違い、T細胞は低分子を認識することができません。蛋白質のみです。
私はDNPという低分子に対する抗体を実験で使っていますが、これもKLHという大きな蛋白質にDNPを結合させてマウスを免疫することによって得られたものです(この場合のDNPをハプテンと呼ぶということは、下でADEMUさんがおっしゃっている通りです)。
要するに、B細胞はDNPでもアミノ酸でも十分認識することができる(すなわち、潜在的に抗体を産生する能力がある)のに、T細胞が蛋白質しか認識できないために、低分子はそれ自体では抗原とならない、というだけのことなのです。
上で述べたようにキャリア蛋白に結合させれば、低分子でも十分抗体産生を誘導することができるのはこのためです。

以上でお答えになっていますでしょうか。
もしご質問が「単体のポリペプチドで抗体産生を誘導することができる最短アミノ酸残基数はどの程度か」ということであれば、またご指摘下さい。

抗体には5つのクラス(M,D,G,E,A)がありまして、IgEはその一種です。
そして5つのクラスどれでもよいので抗体を生み出す能力があるものを抗原といい、特にIgEと結合するものをアレルゲンと言います。
下でそこを明確にしたいと言ったのは、IgEクラスへのクラススイッチにまで言及すると話が非常に複雑になるおそれがありましたので確認したまでです。

さて、ご質問が「どのぐらいの低分子であれば特異抗体が産生されうるか」という意味としてお答えします。
kahさんがご指摘の「抗アミ...続きを読む

Q公教育の英語教育は不要では?

公教育の英語教育は不要では?

このままいくと将来、旅行のための英語、訪日外国人のための英語、片言レベルで問題のない多くのビジネスマン英語、これらの人々へ行った英語教育とそこにつぎ込まれた資金はすべて無駄になる見込みだそうです。

昨今、人工知能がだいぶ発達してきました。有名なのはチェス勝負でチェスのチャンピオンにコンピュータが勝利、チューリングテストに「13歳」の人工知能が合格したり、クイズ王とクイズ対戦でIBMの人工知能Watsonが勝利するなどしています。

10年ほどで携帯電話での音声リアルタイム翻訳が可能になると言われています。おそらくは人が話すようにはならないでしょうが、旅行などでの片言英語レベルには十分すぎる機能になると思われます(現在でもリアルタイムでなければ可能とのこと)。

将来、旅行者、訪日外国人、片言レベルで問題のない多くのビジネス、これらの人へ行った英語教育はすべて無駄になります。また個人個人の誤った英語に対応するより、コンピュータの統一した英語の誤りの方が多くの人が間違いに対応しやすくなります。

このような状況である現在、公教育としての英語教育って必要ですか?
公教育としての英語教育は最小限にして、流暢な中国語、流暢なドイツ語、流暢な英語、あるいは数学、科学、体育などへ個人の選択で教育を拡大して受けられるようにすべきではないでしょうか(ちなみにアメリカでは将来の中国の経済発展を見据えて、国防総省が旗振り役となり中国語教育を拡大させているそうです。無駄な争いを避け、相互理解を深めるためだそうです)。

しかも日本では英語教育への予算がどんどん拡大されています。
公教育としての英語教育って必要ですか?最小化すべきでは?

公教育の英語教育は不要では?

このままいくと将来、旅行のための英語、訪日外国人のための英語、片言レベルで問題のない多くのビジネスマン英語、これらの人々へ行った英語教育とそこにつぎ込まれた資金はすべて無駄になる見込みだそうです。

昨今、人工知能がだいぶ発達してきました。有名なのはチェス勝負でチェスのチャンピオンにコンピュータが勝利、チューリングテストに「13歳」の人工知能が合格したり、クイズ王とクイズ対戦でIBMの人工知能Watsonが勝利するなどしています。

10年ほどで携帯電話での音...続きを読む

Aベストアンサー

私のIDのDeepblueは、チェスチャンプに勝ったIBMの人工知能から取ったものですよ(笑)

私は貴方の意見に同意です。発想が似ていますね。さすがチューリングテストなんて言葉を使うだけあります。国の教育方針は、完全に間違っていると私には思えますね。英語に力を入れるのではなく、多様化に力を入れるべきなのです。別に数学しか出来ない奴がいても問題ないですから(笑)それこそ『英語しか出来ない奴』がいるのだから、彼らを十二分に活用できる仕組みを作ったほうがマシですね。

私が危惧するのは、英語学習に傾斜することによって、馬鹿になるってことです(笑)例えば、センター試験の英語なんて、米国の小学校3~4年生の教科書程度の内容です。そんな力を獲得することに必死になってどうする?ってことです。中身空っぽじゃないですか。おまけに、英米では、他言語を日本ほど必死に勉強している訳でもなく、学習時間が別の方向へ向けられる為に、結果的に『英語が出来る中身空っぽの人間』と、『教養あふれる人間』という厳しい差が生まれます。

あくまで英語力にこだわるのであれば!覚悟を決めて母国語として取り入れるべきですね(笑)実は、明治時代に、ひらがなと漢字・カタカナをやめて英語にしようという動きはあったのですよ。西洋文化が洪水のように流れてきて、日本語では対応できなくなったからですね。その時に英語にしていたら!インド英語のようなものが日本にも出来上がっていたかもしれません。

ただバイリンガルでも分かるように、思考レベルが高くなる、抽象度が高くなると、やっぱり母国語でないと考えられないものですよね。早稲田理工の大学教授に、『アンタ、英語できるって言ってるけれど、英語で本当に論理的なことを考えられるの?』って嫌がらせの質問をして問題を出してみたら、すぐにギブアップしてきて(笑)やっぱり日本語ではないと抽象度の高い世界は思考できないじゃん!ってことが分かった訳です。

結局、思想というものは、母国語で紡ぎあげるものです。英語一辺倒にしたら、文化も滅びますが、具合の悪いことに、英米のような英語力には至らないでしょうから、どっちつかずになり、下等民族に成り下がってしまいます。センター試験の英語って言っても、米国の小学校4年生の教科書くらいの文章ですよ。その程度の『中身』です。浅い思考の民族に成り下がってしまうのではないか?と思っちゃいますよね。

明治時代に、日本の綿が英国市場を席巻しましたが、日本人が英語が堪能だったから貿易に成功した訳では全くないですよね?。製品が良かったからです。英語ができるけれど何も持ってない国だったら相手にされない訳でして(笑)エリート層に徹底した英語教育を課すのは良いですが、一般的には、英語力なんて必要ないでしょ?。もっと別の力が必要ですよね。豊かさとは多様性を意味するのだからね。

なんか日本人は勘違いしているよね(笑)

私のIDのDeepblueは、チェスチャンプに勝ったIBMの人工知能から取ったものですよ(笑)

私は貴方の意見に同意です。発想が似ていますね。さすがチューリングテストなんて言葉を使うだけあります。国の教育方針は、完全に間違っていると私には思えますね。英語に力を入れるのではなく、多様化に力を入れるべきなのです。別に数学しか出来ない奴がいても問題ないですから(笑)それこそ『英語しか出来ない奴』がいるのだから、彼らを十二分に活用できる仕組みを作ったほうがマシですね。

私が危惧す...続きを読む

Qin vitroでの活性の解読の仕方について

分からないことがありまして、質問させていただきたいと思います。初心者なので全く読み方がわかりません。ご助言お願いします。

in vitroでの活性の値が例えば…

a) 3.5μM
b) 0.02μM

を示す化合物があったとします。これはどちらが活性が高いと言えるのでしょうか?これだけでは評価不可能なのでしょうか?全く初心者なので、恥ずかしいのですが教えていただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

EC50とは、薬物などが最低値からの最大反応の50%を示す濃度のことを指します。

要するに、「ある効果」があるとして、それの50%の効果を発揮するのに必要な濃度です。

その効果を発揮するために、必要な濃度が低いならば
それだけ薬としての効果が高いということになります。

だって、同じ効果を少ない量で発揮するんですのも。

Q空港の探知機で人工関節が鳴ったら

私は5年程前から膝に人工関節を入れています。特に痛みもなく生活する分には不都合はあまり感じないのですが、外国へ行った時必ず探知機が鳴ってしまいます。
英語の辞書とかでもイマイチこれだというのが載っていなくて、空港のカウンターでも聞いたのですが、首かしげられるような感じでした。
英語で人工関節が膝に入っていますというのは何ていうのか知ってる人いますか?

Aベストアンサー

>人工関節が膝に入っています

Artificial joint is set(又は implanted ) in my knee.

とでも言えば 正確である自信はありませんが
意味は通じるんじゃないかと思います
もっとくわしい人が教えてくれるまでのつなぎ回答
ってことでよろしく

担当された整形外科医に相談するのも一法かもしれません 写真の代わりに手術跡見せるだけで納得してくれればいいのですが

QIn VitroのKDアッセイについて

Invitroの結合実験でKDをとっています。現在とれてきたデータが本当に飽和したスペシフィックなものと判断可能かがわからないのでアドバイスをいただきたく思います。

具体的には、1.5mltubeに25pmolのGSTプロテインをGSHビーズにくっつけて、そこに 10pmolから(反応系1ml) 600pmolのMBPタンパク質を加えています。

バインディングは100pmol程度の濃度(100nM)から飽和に達して、その結合量は飽和した状態で 600fmol(つまり結合比は最大で100対2程度)

になります。

このデザインではフリーのリガンドタンパク質に対して結合しているタンパク質が1000対1程度になるのですが、このような比になっているグラフは論文で見たことがありません。

勿論ビーズにくっつけるタンパク質を増やせば結合量も増えていきますが、 200pmol程度ビーズにくっつけたときは、同様の濃度域で結合が飽和せずバインディングするものが増えていく傾向にあります。

ポジティブに考えればこれは、ノンスペが増えたせいだともとれるのですが、、、

アドバイスをいただきたく思います

Invitroの結合実験でKDをとっています。現在とれてきたデータが本当に飽和したスペシフィックなものと判断可能かがわからないのでアドバイスをいただきたく思います。

具体的には、1.5mltubeに25pmolのGSTプロテインをGSHビーズにくっつけて、そこに 10pmolから(反応系1ml) 600pmolのMBPタンパク質を加えています。

バインディングは100pmol程度の濃度(100nM)から飽和に達して、その結合量は飽和した状態で 600fmol(つまり結合比は最大で100対2程度)

になります。

このデザインではフリー...続きを読む

Aベストアンサー

>BoundとFreeを分けて測定??

誤解を招く表現でした。すみません。
Freeは既知ですので、実際に測定するのはBoundだけです.

>バッファーによるWashが数度入ることで、タンパクが希釈される状態の平衡が、、、、、、、

乖離がそれほど早い場合は、このままではKd値は求められません。
正確に求めたい場合は、タンパク同士ですので、likerを使うとか、対策が必要かと思います。

Kdが最終目的でないなら、おおよそ(100nMで飽和するなら、Kd=10nM前後)でいいのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報