『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

土と比べてアンツーカーは水はけがよい以外にも使用する理由は何かあるのでしょうか?教えて下さい。値段はいくらぐらいするものなのかもご存知でしたら教えて下さい。

A 回答 (3件)

1 天候に左右されず快適なコンディションを維持できる



2 四季を通じ硬度・弾性に変化がなく、安全性の高い舗装体を形成できる

3 耐候性・耐久性に優れ、維持管理が、極めて容易

という事が挙げられます。
    • good
    • 0

たしか、アンツーカーは、赤レンガを砕いたものでしたね。

(某TV番組で「光る泥ダンゴ」をアンツーカーで作った芸能人がいました)
土は鉱物の結晶から出来ているから、滑りこんだりしたときの皮膚の傷みも、アンツーカーのほうがマシになるように思います。

土埃も立ちにくいように思います。
    • good
    • 0

値段はわかりませんが、アンツーカーは人工芝の上に比べて衝撃が少ないので足腰への負担が軽くなると聞いた事があります。

練習のランニングではアンツーカーを走るようにしているようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンツーカって何?

僕は野球については、あまり詳しくないんですけど、
ラジオの解説で、「アンツーカにボールが飛んでいきました。」
と、よく言っていますけど、アンツーカって何でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、私は27年程テニスをやっています。

アンツーカとは特殊な粘土を高温で焼いた多孔質で水はけの良いレンガ色の土のことです。
語源はフランス語の「en tout cas」からきており,「どんな場合でも」という意味だそうです。

テニスの四大大会の内のひとつのフレンチオープンではこの土が使われています。通称
「レッドクレー」で、ボールの勢いが弱まるためにラリーが多くなり、タフでないと勝てない
コートです。

野球ではベースの回りとランニングゾーンがこの土で、ボールがここでバウンドすると
芝と弾み具合が違うので野手はエラーをしやすいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング