私は極度の運動嫌い、スポーツ嫌いです。
嫌いというか、「カッコ悪い」という印象です。

ラジオ体操や、テレビでよくやってる美容に効く体操を見てると
「いくら美容や健康のためとはいえ、こんな無様な格好するなんて・・・」
プロ野球やサッカーを見てるときは
「ただの、玉投げ、玉蹴りじゃん。大の大人が必死になっちゃって・・・」
挙句の果てに最近人気のフィギュアスケートに対して
「そんな恥ずかしいポーズとって得意げになられても・・・」
と思ってしまいます。(スポーツ好きな人ごめんなさい)

ちょっと体を動かそうと思っても三日坊主です。なので運動不足になりがちです。
体を動かす事に慣れてないためか、かけっこはいつもビリだし重い荷物も持てません。
でも身体能力が高い人や体力がある人に凄く憧れてます。
運動嫌い、スポーツ嫌いのかたはどうやって体力づくりしてますか?
ものすごく嫌いでも健康のためなら仕方がない、って諦めて運動してるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

電車 パソコン」に関するQ&A: 電車内で空いてる時間にパソコンいじるのって大丈夫ですか?

A 回答 (9件)

上のほうで「自分が運動が出来ないことへの言い訳」とか、「食わず嫌い」とか


書かれてる方がいらっしゃいます。
(別にその方々を責めてるわけではありませんよ誤解なき様!)


しかし、運動・スポーツ嫌いの人にとっては
そもそも「身体を動かそう」という感覚が元々無いのです。

それこそ、質問者様のおっしゃる
「嫌いというか、「カッコ悪い」という印象です」に代表されるといいますか。

このメンタリティは、
普通に身体を動かすのが好きな人、運動が苦で無い人にとっては
おそらくは解り得ない価値観なんだろうな…とは感じます。

そういう人にとっては、
義務感でなにかスポーツをやってみたところでネガティブ思考は直りません。
(逆に、受け付けない自分を再認識することは出来ると思います)

これは、まさしく自分がそうだったからよくわかります。



思うのですが、嫌いなものを無理して好きになる必要は無いのではないでしょうか?

例として、趣味でもないバンドの音楽を
「好きになれ」って強引に聞かせられても、大概がその通りにはならないでしょう。

ハッキリ言ってしまえば、単なる価値観の押し付けになってしまいますからね。

世の中には楽しい娯楽は他にももっとありますから。


しかし、幸か不幸か、
どうも今の社会は「運動嫌い・スポーツ嫌い」にとっては
生きにくい世の中になってしまってるのも事実ですよね。

そこに寄り添うか、突っ張るかは人それぞれでしょうけども、
私はあえて突っ張って生きておりますが。

また、逆にスポーツを好きな人を否定しないことも忘れないことは大切でしょうけど。



但し、身体を動かす機会を持ったほうが良いのは事実でも在るので、
散歩(もっと本格的にウォーキング)とか、
無理しない程度に生活の中に取り入れるのも良いのではないでしょうか?

休日の朝、早起きして近所を散歩するのだっていいじゃないですか。

もしかしたら、そこから
「身体を動かすのは楽しい」という「価値観の変化」が起こって、
他のスポーツにも興味を示す様になるかもしれませんし。



一つ言えるのは、もし何かを変えたいならば
(無理しない程度に)まずは出来ることをやってみる…と言うことでしょうか?

>身体能力が高い人や体力がある人に凄く憧れてます。

ならば、何かをやってみましょう。
今のままで良いならば、そのままですよ。



偉そうにすみません。これは自分に対しても言ってることです。
    • good
    • 0

単純に、自分が運動が出来ないことへの言い訳ですね…


言ってることが矛盾してますよ…

体力づくりや健康のためのスポーツは誰と競う訳ではなく、自分自身のために行うことです…
結局は自分自身と競うことになりますけどね…

他の回答者様が書かれていますが、ご質問者様のような人は必然に迫られないと運動はしないでしょう…
そういう人は無理に運動しなくてもいいと思います…

>ものすごく嫌いでも健康のためなら仕方がない、って諦めて運動してるんでしょうか?
糖尿病の方などはそういう人多いと思いますよ…痩せなきゃ「死にます」から…
    • good
    • 0

仕事が忙しいと運動する時間が取れないかもしれませんね。



通勤では一駅は、歩く。または、自転車通勤。
トイレに行くときは遠くのトイレを使う。
電車の中では絶対に座らないでできれば爪先立ち

パソコンを使ったら1時間に1回はちょっとのストレッチなど、生活の中で無理しないでできるものから取り入れて、体を動かすことを苦にしないことからはじめていくのだそうです。
嫌いなら嫌いでいいと思うけど落とし方激しい。
    • good
    • 0

まぁ、食わず嫌いですね。


ネガティブ思考というか。

私も、痩せるために運動を始めたクチなんですが、体育の持久走のときはなんでこんなに苦しい思いをしなきゃならないんだ~ なんて思ってましたが、何か目的があれば続きますね。
当時、少しずつ体重が落ちていきましたので、それも励みになったし。

スポーツすれば、それに関連する記録などがあって、やってみればそれが凄いことだって解りますよ。
とりあえず、自己ベストを更新する目標はいつまで経っても達成できないのですけどね、新しく目標が出来ちゃうから。。

ネガティブ思考を変えるには、何かスポーツをやってみることですね。
一度くらい、必死に何かやってみたらどうですか?
あなた、ヌルイです。
    • good
    • 0

プロ野球、プロサッカーをやる理由のひとつは、金になるからやるのです。

フィギュアスケートも金になりますし、女の子の婿取りのステータスアップの習い事としてもメリットがあります。かっこ悪いパフォーマンスも、それにマスコミが集まって金になるため、仕方なしにやるのです。スポーツをやっていれば、健康になって病気になりにくいので、長期的には通院費・治療費も安くなります。

運動が嫌な気持ちはなんとなくわかりますが、金のため、将来の健康のため、仕方がないので運動する、という打算的な考えで運動してもよいと思います。
    • good
    • 0

太る以外、手は無いのではないでしょうか。



太って、ブザマになって、鏡を見てからでも遅くありません。

それまで、何もせず、だらだらと過ごしましょう。

さぁ、そこから何かが始まります。

何が始まるか。未来の貴方が決めてくれますよ。
    • good
    • 0

こんばんは。


運動が嫌いな人であれば、基本的に自分から進んで体を動かそうとする事は無いのではないでしょうか。
やはり何らかの目的を持って運動していると考えます。
健康維持であったり(医者から運動をする様に言われた、等)、ボディデザイン、ボディメイキングの為であったり、自分の能力アップや、達成感の獲得、競技におけるスキルの向上など等・・・
自分が、運動が苦手である分、運動の出来る人に対して、憧れを抱いているという事であれば、素直にそれを少しでもいいから、目指してみては如何でしょうか。
どうせ出来ないから、と、斜に構えて最初から諦めていれば、楽ですし質問者様も、苦しい思いもせずに済むのでしょうけど、こういう風に質問してくると言う事は、内心はそんな自分を変えたいのでは無いでしょうか。
単純運動が苦手だ、という事であれば、競技的なスポーツをしてみてはどうでしょう。テニスやスカッシュ、サイクリングなど。
体力が無いと言う事であれば、やはり、地味にジョギング等から始め、軽い筋トレ等も実行したほうが良いでしょう。
苦しい、止めたい、と思うときは、この運動を半年続けた後の自分の姿などを想像しましょう。
取らぬタヌキのなんとやら、ですが、そうする事でモチベーションを維持する人も、結構いると思います。
    • good
    • 0

なんか書かれていることが矛盾しているよーな…



>「いくら美容や健康のためとはいえ、こんな無様な格好するなんて・・・」
>「ただの、玉投げ、玉蹴りじゃん。大の大人が必死になっちゃって・・・」
>「そんな恥ずかしいポーズとって得意げになられても・・・」
> でも身体能力が高い人や体力がある人に凄く憧れてます。

身体能力がある人、体力がある人の「どこに」憧れているんでしょうか?
引用した上3行では散々けなしているよーな書き方で、全然憧れているよーに感じませんが。


>ものすごく嫌いでも健康のためなら仕方がない、って諦めて運動してるんでしょうか?

…て、意地悪ばかり言うのもアレなんで、身体能力が優れた人に憧れる人がいるわけですよね?
じゃぁ、その人みたいになりたいって目標があれば少しは運動しようって気になれませんかね。

まー…貴方が運動しなくても周りは困らない訳ですので、適当にやってください。

参考URL:http://mhlab.jp/calendar/seikatsusyukanbyo_01/20 …
    • good
    • 1

 ゲームと同じなんですがある数値目標を設定する、ゲームなら得点いくらとか、運動ならこの運動を何回と、それをクリアーしたときの達成感は同じだと思います。

つまり何か趣味を持っていてこれとこれを集めるといったことと、これくらいの運動が出来るようになったという満足感というのは等価と考えているといったところです。
 あとは駅まで自転車は決して使わないとかそいういう強制項目を作って運動するしかないんじゃないでしょうかね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口呼吸の人は前頭葉を寝ている間も使うので疲労が溜ま

口呼吸の人は前頭葉を寝ている間も使うので疲労が溜まりやすいらしいです。脳って使うほど能力を発揮するものではないのでしょうか?

なぜ前頭葉を活発に使用している口呼吸の人の方が鼻呼吸の人より運動能力、記憶力、疲労の溜まりやすさにおいて劣勢なのでしょう?普通、脳の活動が活発なほど頭が良い、運動神経が良いのでは?

Aベストアンサー

>口呼吸の人は前頭葉を寝ている間も使うので疲労が溜まりやすいらしい
という事の真偽については、良く知りませんが、
これが正しいとして

>脳って使うほど能力を発揮するもの
というところに誤解があるのでは。

確かに、使えば使うほど、鍛えられて能力は上がるかもしれませんが、
休養なしにずっと使い続ければ、疲労します。
疲労したら能力は落ちると考えるのが当たり前でしょう。

筋肉だって、筋トレなどで使えば使うほど鍛えられて強くなります。
でも、ずっと使い続ければ疲労して、能力は落ちますよね。
それでも使い続ければ、筋肉が損傷してしまいます。

脳だって同じことではないでしょうか。

Qスポーツクラブでのヨガ、体力づくり

20代女性。痩せすぎで体力不足です。
疲れやすく胃腸虚弱です。
最近、運動不足解消と体力をつけるために1人でDVDを見ながらヨガを始めてみました。
1人で家でやるだけではなかなか長続きしないし、効果もあるか疑問なので
スポーツクラブに通おうかと検討中です。
スポーツクラブはまだ一度も言った事がないのですが、1人でも教室に参加されている方はいるのでしょうか?おすすめのスポーツクラブや、どんな雰囲気で進められているのかなど参加されている方がいればアドバイスお願いします。
また、スポーツクラブではなくても1人でヨガをされている方やいい体力づくりの方法などおすすめのDVDや進め方などあれば教えてください。

Aベストアンサー

ヨガ教室は分りませんが、スポクラは一人か二人入会が多いです。
時間帯によりますが、日中主婦が多い時間はスタジオレッスンが始まる
前はママ友のおしゃべりでスタジオが女子高か?になってます。

夜はコアな上級者クラスだと知り合いが多くそこかしこでおしゃべりを
している人たちもいますが、一人でレッスン開始を待っている人も多いです。

レッスン自体は講師によりますし、ジムの経営方針にもよります。
ヨガもピラもまだまだ人気で人数制限がないとスタジオがみっちり混んで
ます。
混んでいるのは人気のあるクラスの証拠ですが、先生が前でただレッスン
をするだけだと混んでいるクラスでは見えにくい。
先生がスタジオ内をマメに動いてくれる人だとレッスンに出た甲斐もあり
ます。

通いやすい職場か家の近くのスポクラに見学に行き一日体験ができるか
聞いて、出たいクラスのある日に体験するのが良いと思います。

一人でやる体力作りでお勧めはウォーキングです。
正しいウォーキング方法を本で読んで行ってください。

Q前頭葉の発達

いくつか前の質問で、我慢すると前頭葉が発達するとかしないとかありました。
前頭葉が発達していないとどんな人間になるのですか?
友人は複雑な家庭環境で育ち、ちょっと常識はずれでは?と思うことがたびたびあります。
前頭葉の発達となにか関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん まったく関係ないのでしょう。
『前頭葉の発達』ということを、何で判断するのかが不明です。
大きさ、重量、形、機能をどのように調べ、発達状況と関連づける方法が不明です。
その『前頭葉の発達』と、知識や知識の活用方法、行動様式、判断力と関連づける研究があるとも思えません。
我慢するとか、虐待するとかが、どのように前頭葉の発達・萎縮に関係しているという説そのものが、あまり根拠のあるものと思えません。大脳生理学もそんなことがいえるほど進んでいないと思います。
「脳機能の健全な発達には、乳幼児期に偏らない豊富な刺激を受けることが重要である」「多様な体験活動の減少やゲーム機器等特定のパターンの刺激のみ受ける子どもが増加する傾向がある」という研究はありますが、それは、『前頭葉の発達』ということを言っているのではないでしょう。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7867653.html
実態がわかりもしていないに、何かの状況を「前頭葉の発達」と結びつけて考えるのは科学的ではないでしょう。

Qジョギングで体力づくり

体力をつけるためにジョギングをやろうと思うのですが、どれくらいの頻度で一日に何キロくらい走ったらいいですか?あと体力つけるならやっぱプロテインとか必要ですか?教えてください。ちなみに僕は今高2です。

Aベストアンサー

 体力(持久力)をつけるためのジョギングであれば、私の提案は次のとおりです。頻度は毎日がいちばんいいのですが、雨天もあれば体の調子が悪いこともあるでしょうから、少なくとも週に3回行うものと計画します。
 走る距離は10キロで、1時間で走れるようになるのが当面の目標です。最初は慣れないでしょうから、もう少し緩めてもOKとします。ジョギングが有酸素運動にも十分に貢献するためには、走り始めて10分もしないうちに大汗をかき、呼吸がそれなりに荒くなり、心拍数が(10代後半なら)150~160に上がるくらいの激しさに調整します。それで1時間で10キロ走れるようになれば、持久力がつくことでしょう。
 屋外でのジョギングは、交通量と信号の少ない道路を選び、夏は昼間の暑い時間帯は避けます。事前と事後には十分なストレッチを行うことが必要です。また、水分は積極的に十分に摂るようにすることが欠かせません。
 ジョギングに必要なエネルギーは炭水化物が即効性があるようですが、プロテインは筋肉の増強に貢献するようです。ただしジョギングは筋トレとは違いますので、筋肉増強(とくに瞬発的に出す大きな力)への効果は限定的です。

 体力(持久力)をつけるためのジョギングであれば、私の提案は次のとおりです。頻度は毎日がいちばんいいのですが、雨天もあれば体の調子が悪いこともあるでしょうから、少なくとも週に3回行うものと計画します。
 走る距離は10キロで、1時間で走れるようになるのが当面の目標です。最初は慣れないでしょうから、もう少し緩めてもOKとします。ジョギングが有酸素運動にも十分に貢献するためには、走り始めて10分もしないうちに大汗をかき、呼吸がそれなりに荒くなり、心拍数が(10代後半なら)15...続きを読む

Q虐待された子供の前頭葉が発達しないのはなぜか?

我慢させることが前頭葉を発達させるとよく言います
ですが、虐待された子供は前頭葉が委縮しているという報告があります
http://syougaikeihatu.blog83.fc2.com/blog-entry-870.html
こういう環境ではいいたい事は言えませんし、泣くことはできません
泣いたらそれこそ叩かれるし、自由に発言したら殴られます
必然的に我慢をしなければならないので、前頭葉が発達する環境としてはこれほどうってつけのものはありません
でも、現実には萎縮しています
我慢=前頭葉の発達は正しいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
どうやら前提が間違っているようです。
我慢をさせれば前頭葉が発達するなどということはありません。恐らくブログか何処かでそのような表現をお目になさったのではないかと思いますが、残念ながらこれは明らかに誤った解釈です。
取り敢えず常識的に考えてみて下さい。躾や道徳といいますのは、これは飽くまで理性行動を選択するために必要な学習教育であります。従いまして、このようなものは脳の発達とは全く無関係です。
確かに前頭葉といいますのは我々の理性行動を司る重要な働きをします。ですから、ここが何らかの原因で萎縮すれば我慢ができない、あるいは困難に対して脆弱といった人格が形成されてしまう危険性は十分にあります。ですが、だからと言って我慢を覚えさせれば前頭葉が発達するなどというのは、果たして物理的にあり得ないことです。

では、一般的には幼児虐待経験者の前頭葉の萎縮は発達期のストレスが原因ではないかと考えられています。
「発達期」といいますのは大脳皮質では生後三歳頃をピークに15~20歳までです。先ほど「学習体験の内容そのものは脳の発達とは無関係である」と申し上げました。但し、大脳には機能分化というものがあり、それぞれの機能の獲得は成長年齢と必ずしも無関係ではありません。
例えば、ご存知と思いますが「絶対音感」や「バイリンガル」といったものは比較的はっきりとした「学習臨界期」が調査されており、大脳の成長がある時期を過ぎますと習得することができなくなると考えられています。とはいえ、三歳を過ぎれば絶対音感は習得できませんが、通常の成長環境が与えられるならば普通に歌を唄ったり音楽を楽しむといったことは誰でもできるようになります。

同じ大脳皮質でも側頭葉や後頭葉などは視覚や聴覚といった環境からの直接的な情報を処理しています。ですから、目や耳が謙譲であれば子供の内から様々なものを見聞きすることによって「環境への機能的適応」は自然と施されます。ところが、前頭葉といいますのは「コミュニケーション能力」や「情動理解」、「文脈形成」といった、状況に対処するための総合的な情報を処理しています。従いまして、その時期に幼児虐待といった環境からの阻害が起こりますと、それは基本的な前頭葉の機能的発達には大きな弊害になると考えられます。但し、何故それで脳細胞が萎縮するのかといったことは専ら研究中ではありますが、その生理学的なメカニズムはまだはっきりと解明されていなかったのではないかと思います。

こんにちは。
どうやら前提が間違っているようです。
我慢をさせれば前頭葉が発達するなどということはありません。恐らくブログか何処かでそのような表現をお目になさったのではないかと思いますが、残念ながらこれは明らかに誤った解釈です。
取り敢えず常識的に考えてみて下さい。躾や道徳といいますのは、これは飽くまで理性行動を選択するために必要な学習教育であります。従いまして、このようなものは脳の発達とは全く無関係です。
確かに前頭葉といいますのは我々の理性行動を司る重要な働きをします。で...続きを読む

Q減量と体力づくりについてのアドバイスをお願いします

はじめまして。よろしくお願いします。

35歳(♀)、3歳児の母です。
妊娠で25kg太ってしまい、ダイエットしようにもなかなか自分に厳しくできず
出産後3年経っても、やせるどころか徐々に体重が増してしまっています。
現在、身長165cm、体重が78kgです。。

体脂肪計では体内年齢がなんと60歳、基礎代謝も非常に低く
とうとう先日、健康診断で尿に白血球が多いのと、脂肪肝を指摘されてしまいました。
ここで一年発起して体重減と体力づくりに励もうと思うのですが、
体重が体重なので、どこからはじめればいいのかわかりません。

妊娠時に切迫流産で入院し、退院後も絶対安静期間が臨月近くまで続いたため
妊娠中にまったく体を動かすことができなかったので、基礎代謝も本当に落ちています。
過去に1ヶ月毎日プールで1km泳いだりしてみたのですが、1kgも痩せませんでした。
特殊な不眠症なので、睡眠中に代謝できないのも痩せない原因かもしれません。

体が体重を支えきれていないのか、少し動いただけで腰が痛くなったり
走るとスネに響くので、いきなりジョギングなどは危険かと思い、ウォーキングから
はじめようかと思うのですが、先に食事制限である程度体重を落としてからのほうが
良いのでしょうか?

ウォーキング以外の運動は、どのような内容をどのくらいやるのが効率的でしょうか?
水泳や筋トレ、ヨガなどいろいろありますが、一日どの程度の運動量が良いでしょうか?
また、どのような食事制限が理想的でしょうか?

その他、効率的に減量、体力づくりができるプログラムについてアドバイスを
いただければ幸いです。よろしくお願いします!!

はじめまして。よろしくお願いします。

35歳(♀)、3歳児の母です。
妊娠で25kg太ってしまい、ダイエットしようにもなかなか自分に厳しくできず
出産後3年経っても、やせるどころか徐々に体重が増してしまっています。
現在、身長165cm、体重が78kgです。。

体脂肪計では体内年齢がなんと60歳、基礎代謝も非常に低く
とうとう先日、健康診断で尿に白血球が多いのと、脂肪肝を指摘されてしまいました。
ここで一年発起して体重減と体力づくりに励もうと思うのですが、
体重が体重なので、どこからはじめればいい...続きを読む

Aベストアンサー

 カロリーを消費する運動で効果がそれなりに期待できるのは、ジョギングやランニング(足に体重という負荷をかけて行う運動)を毎日1時間行うことです。しかしこれは体重が重すぎて足で支えきれない人はやってはいけない運動です。膝関節や足首にダメージを与えます。
 このような人が行う運動は水中ウォークです。でもプールがあるスポーツジムに通わなければならないし、足に負担をかけないで行う運動は少々やっても消費カロリーは大したことがありません。

 貴女がまずやるべきことは、ダイエット(減食)で毎日の摂取カロリーを大幅に減らし、体重をウォーキング可能なまで減らすことです。
 ダイエット(減食)による摂取カロリー制限を難しい理屈抜きでやるためには、朝・昼・晩の食事量を半分にしてください。腹半分で食べるのを止めるのではなく、必ず食べる前に従来の食事量の半分に「仕分け」して、それから食べ始めてください。従来の食事量は自分でも感覚的に分かるでしょう。目分量で構いませんから、とにかく半分にすることです。間食は止めましょう。
 どうしても口が寂しくなったら、お茶かコーヒー(砂糖・クリープなし)を飲むか、マヨネーズなどのトッピングなしに野菜をたらふく食べることです。フルーツはいけません。

 もうひとつやるべきことは、家事労働を小まめに行い、体を休ませないようにしましょう。ジッと楽にしているのがいけません。

 これを頑張って半年続けると、目に見えて減量できてきます。78kgの体重が68kgあたりになったら、ウォーキングができるようになるかも知れません。足と相談しながら出来る運動(ウォーキング、望ましくはジョギング)から始め、だんだん時間と距離を伸ばすことです。初めはすぐにへたばっても3ヶ月も続ければかなり走れます。
 

 カロリーを消費する運動で効果がそれなりに期待できるのは、ジョギングやランニング(足に体重という負荷をかけて行う運動)を毎日1時間行うことです。しかしこれは体重が重すぎて足で支えきれない人はやってはいけない運動です。膝関節や足首にダメージを与えます。
 このような人が行う運動は水中ウォークです。でもプールがあるスポーツジムに通わなければならないし、足に負担をかけないで行う運動は少々やっても消費カロリーは大したことがありません。

 貴女がまずやるべきことは、ダイエット(減食)...続きを読む

Q最近、前頭葉が衰えたように感じます 2年前と比べ、前頭葉の司る分野に於いて劣っていると実感する機会が

最近、前頭葉が衰えたように感じます
2年前と比べ、前頭葉の司る分野に於いて劣っていると実感する機会が多くなっています
毎日少しの時間でできることを習慣づけることによって改善したいと思っていますがどのような方法があるのでしょうか

Aベストアンサー

具体的に前頭葉が衰えたと思える内容はなんですか?

Q屋根の雪下ろし 効果的な体力づくりの方法

今年の冬に備えて、腰から上半身にかけて体力(特に持久力)を作る方法を教えてください。

雪の多い地方に離れて住んでいた親が体を壊し、経済的な事情などからこの冬からは私(40代・男)が雪下ろしをしなければなりません。
普段から歩くことは好きで1日30km以上を歩ける体力はあるのですが、腰から上半身にかけての体力がありません。これまで1シーズンに1~2回程度の雪下ろしをしたことはありますが、いつも20~30分程度で腕がパンパンに膨れ腰や背中が張ってしまい、休み休み続けても大してはかどらないでいます。(雪のブロックを小さく軽くするなどの工夫をしてみましたがが、さほど効果はありませんでした。)
遠隔地のため今シーズンも頻繁に雪下ろしに行くことができませんので(せいぜい月1~2回)、少しずつ雪下ろしをしながら体力を作っていくということも期待できそうにありません。

そこでお尋ねしたいのですが、これから2~3ヶ月ほどで長い時間(できましたら午後半日と翌午前半日)雪下ろしが続けられる体力を作る方法がありましたら、教えていただけないでしょうか。

今年は暖冬との長期予報もありますが、予報が当たらなかったことや今シーズン以降のためにも備えておきたいと思います。
どうかお教えいただきたく、よろしくお願いいたします。

今年の冬に備えて、腰から上半身にかけて体力(特に持久力)を作る方法を教えてください。

雪の多い地方に離れて住んでいた親が体を壊し、経済的な事情などからこの冬からは私(40代・男)が雪下ろしをしなければなりません。
普段から歩くことは好きで1日30km以上を歩ける体力はあるのですが、腰から上半身にかけての体力がありません。これまで1シーズンに1~2回程度の雪下ろしをしたことはありますが、いつも20~30分程度で腕がパンパンに膨れ腰や背中が張ってしまい、休み休み続けても大してはか...続きを読む

Aベストアンサー

 補足、承りました。#1です。

>もしよろしかったら、どこの筋力や柔軟性を向上させるとよいのか絞っていただけると大変助かります。

 筋トレのほうですと、提示したしました教本にメニュー例があります。どのメニューが優れていることもありませんので、特に気にされず、まさにサイコロを転がして、選ばれて大丈夫です。

 そして、腕は後回しくらいのつもりで、胴体と脚を優先されると、効果は高くなります。

 ストレッチは、書籍を共有しておりませんので難しいですが、もしストレッチ教本にメニュー例があり、「一般用」とか「健康用」といったものがあれば、それから始められるといいでしょう。

 簡単な目安としては、肩こりといった目的ではないので、まずは胴体と脚です(ストレッチすると、胴体と脚が不可分に伸ばされる感じがすると思います)。

 前後(体前後面&脚)、左右(体側)、胴体ねじり、左右・前後開脚の4点を主に種目を選択されるといいのではないかと思います。

Q前頭葉の発育不全とは

友人が蓄膿症の検査の為にCTを撮影したところ、
病院の先生が写真を見ながら「前頭葉発育不全」と
言っていたそうで、かなり気にしています。
「前頭葉発育不全」とは、どのような症状なのでしょうか。
また、改善方法はありますか?

Aベストアンサー

耳鼻科医ではありません。

蓄膿症は慢性副鼻腔炎と呼ばれ、副鼻腔に慢性的に炎症を起こす疾患です。この副鼻腔の中に前頭洞と呼ばれる部位があります。
この前頭洞の発育不全と聞き間違えたのではないでしょうか ?

もう一度主治医の先生にお聞きになられたらいかがでしょうか。

Q筋肉質の私に水中での運動はどうでしょうか?

よろしくお願いします。

中学、高校、社会人と10年くらい、
バレーボール、バドミントンを続けてきました。
おまけに、住んで居たのが坂と階段ばかりのところで、
ともかく下半身が太くなっていきました。

それから20年・・・。
だんだんと脂肪も増え、
高校の頃から15kg程も太ってしまいました。
その間、ジムに通ったり、ウオーキングをしたり、
代替食ダイエットをしたりしましたが、どんどん体重は増えていく一方です。
(お恥ずかしいのですが49才、164cm66kg体脂肪率34%
骨も太いがっしりした体型です)

今考えると、ジムでは痩せはしなかったものの、
止めたとたんに太りだしたので、体重維持はしていたのだと思います。2年通いました。

ウオーキングも3カ月続けましたが、
ヒップアップはしたものの、体重は1kgも減りませんでした。

代替食も3カ月、真面目に続けましたが、なんと1kgも痩せませんでした・・・。
(お世話してくれる方が、こんなに減らない人は始めてと
戸惑っていました)
一緒に始めた主人は9kgも痩せました。

そうこうしているうちに、
がっしりついた筋肉が、セルライトと混ざり合い(?)
見事な中年体型になってしまいました。

いろいろみていくと、筋肉がつきやすい体質の人は、
自転車こぎや、早足でのウオーキング、
重い付加をかけてのトレーニングはご法度だとかいてあり、
今までしてきたことが、全て逆効果だということにショックを受けました。

で、始めたのが、プールでのウオーキングと、ヨガです。
プールでは、ゆっくり大きく身体を伸ばしながら、運動をすることを心がけています。
週に2~3日、1時間くらいのペースです。
また、ヨガは自宅で寝る前などに、本を参考にして、軽いものを5~10分おこなっています。
それと食事も夕食はできるだけ少なめに、炭水化物を摂らないようにしています。

このような方法でよいのでしょうか?
同じような体質の方、または、知識をお持ちの方、
アドバイスをいただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。

中学、高校、社会人と10年くらい、
バレーボール、バドミントンを続けてきました。
おまけに、住んで居たのが坂と階段ばかりのところで、
ともかく下半身が太くなっていきました。

それから20年・・・。
だんだんと脂肪も増え、
高校の頃から15kg程も太ってしまいました。
その間、ジムに通ったり、ウオーキングをしたり、
代替食ダイエットをしたりしましたが、どんどん体重は増えていく一方です。
(お恥ずかしいのですが49才、164cm66kg体脂肪率34%
骨...続きを読む

Aベストアンサー

まず手っ取り早い疑問点から解決してしまいましょう。

水中で汗をかきづらいという点ですが、これは私も少し似たような疑問をもったことがありました。

各種のカロリー消費を示した表などを見ると、水泳のカロリー消費がとても多く、ジョギングよりも大きな値を書いてあることが普通です。
しかし実際この両者を実施していると、どうにも走る方が運動中のしんどさも、また運動後の疲労度も走る方が上の気がしてしまうのです。

そしておっしゃる通り、汗もいくら水中でかいてる汗が目に見えないとはいえ、どうにも心拍数も上がってない。

そこで調べてみました。

水泳とジョギングどちらがカロリー消費、ひいては痩身のために有益か。
これには色んな意見があるみたいです。

ネットで検索していても、各種の本を散見しても両論相譲らずって感じなのです。

水泳派の大きな論拠に、水泳は水に入っているというだけで体温保持カロリーを消費するっていうものがあります。
逆に水泳否定派には、長い間水に入って居ると体温保持のために、人間は自然と脂肪を蓄積するなんて論もありました。

これは私自身は走る方が上だと結論づけました。

たしかに水泳というものは、低い温度の水中に没しているだけで、自然と水圧もかかるし、また体温保持にカロリーをかなり消費するというのは、多くのトップ・スイマーやシンクロ選手らが凄い量の食事を摂取することから明らかだと思いました。
また仮に脂肪蓄積のデメリットがあるとしても毎日数時間もプールに居る選手は別として、ほんの数十分~1、2時間水中に居るだけの一般人が自然と脂肪を蓄えるってほどの影響があるとは思えなかったからです。

しかしそれでも、なぜ私が水泳よりもジョギングの方が、より効果が高いと考えたかの理由は、一般愛好者の身体の傾向をエビデンスとしてみればいいのではないかと考えたのです。

その身体的特性を有しているがゆえにトップ・プレイヤーで居られる競技(例えばバレーボールにおける高身長、相撲取りにおける巨体)は別として、一般愛好家レベルでその身体的外貌にどのような影響を生じるかは実際に一般愛好家にどういう体型が多いかを見ればいいのではないかと考えたのです。
それは意図したものか、無意識かは別としてともかく「結論」としてそういう体型に事実なっているのですから、一定レベルでそういう結果を生む可能性は高いと思ったのです。

そこで街のジョギング愛好家とスポクラでの水泳愛好家を比べると、明らかに待ちのジョガーの方がスリムな体型が多いのです。

いや、さらに誤解を恐れず言い切ってしまうと、街のスポクラのプールに入り浸ってる人たちは、決してスタイルがいい人が多いとは言えないのです(あなたの行ってるジムではどうですか?)。

さて本題の水中ウォーキングについて考えます。

私は現在、有酸素運動についてはジョギングを主、水泳を従として実施しています。
これは私も体重が多いため、ジョギングだけをたくさんやり過ぎるとヒザや脚を傷めてしまうからです。

しかし水中ウォーキングは一切やっていません。

なぜなら水中ウォーキングやアクアビクスは、その売り文句=「水中だと水の抵抗で負荷がかかるからより効果的だ」という売り文句が生かされるほど、激しい動きによって心拍数を上げたり体温を上げることが出来ないからです。
つまり、仮に同じスピードで動けると仮定したならその負荷は高いのは事実かもしれないが、現実にはゆったりとしか動けないのです。

実際、たぶんあなたが日頃行くプールでウォーキングをしている周りのオジサン、オバサン方は、ぶっちゃけスリムな方は少ないのではないでしょうか。

ですから、水中ウォーキングはあくまでも激しいジョギングやウォーキングが出来ない高年層とヒザ等に故障がある人間の代替手段ORリハビリなどと考えた方がいいと思います。

そこであなたも出来れば、ヒザに負担が出ない程度の普通のウォーキングや水泳を取り入れ、合間に補助的に水中ウォーキングを実施するのが得策でなかろうかと思います。

なお、ジョギングとウォーキングについては下記URLの私の回答を参照してください。
何度か使いまわしている回答ですが、内容は間違ってないと確信しています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2881477.html
(回答NO4とNO5)

まず手っ取り早い疑問点から解決してしまいましょう。

水中で汗をかきづらいという点ですが、これは私も少し似たような疑問をもったことがありました。

各種のカロリー消費を示した表などを見ると、水泳のカロリー消費がとても多く、ジョギングよりも大きな値を書いてあることが普通です。
しかし実際この両者を実施していると、どうにも走る方が運動中のしんどさも、また運動後の疲労度も走る方が上の気がしてしまうのです。

そしておっしゃる通り、汗もいくら水中でかいてる汗が目に見えないとはいえ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報