仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

YAHOOのサイトで見つけて、2月のNBAのチケットの確認をしました。すると、チケットが取れました、このメールが届いた時点でキャンセルは出来ません。クレジット番号を教えて下さいとの事。代金は八万強で、無理やり郵送されるたびその料金が膨れ上がります。
まだ契約はしていません、の返事にメールと電話の嫌がらせの嵐と、二回に渡るチケットの押し付け郵送。しまいには東京に在住という話がアメリカの住所で、山口県の簡易裁判所に訴訟をおこされました。私は静岡在住です。JTBやHISに卸しているという説明でしたが、確認するとそんな会社名は知らないとの事。
これって酷いと思うのですが、
どう小額訴訟では対処したら宜しいでしょうか。
アドバイスを下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大変ですね。

お察しします。
所謂、悪質チケットブローカーってやつですね。
常習的犯じゃないんですか?普通そこまで販売網があったら固執しません。
大丈夫ですよ。裁判所が良識ある判決を下してくれますよ。
    • good
    • 0

こんにちは


今回の事は あなたの無知が原因じゃないですか?
予約フォームと問い合わせフォームを間違えて送ったのでは?
チケットディーラーはどこでも手配に入ったらキャンセルはできない
ものです。
自分はこのディーラーを何回か利用しましたが問い合わせ中にチケットを
勝手に取られたことはありません。
日本を管轄している所は岡山だったと思いますが。
何回も郵送されるっていうのはどういうことなんでしょうかね?
チケットは一回送って終わりじゃないんですか?
何人分のチケットか判りませんが、相当いい席ですね。
何かあなたの文面はおかしい感じです。
これが、本当ならチケットが手元にあるんですからオークションにでも
かけたらいかがですか?
裁判で調停でもお金は払わざる得ないと思います。
    • good
    • 0

大変ですね同情いたします。

 
まずNBAのチケットですが日本からの場合、まずNBAチームの正式サイトを訪れます。 そこからTicketのリンクに進むと信頼できる購入先から買い求めることが出来ます。 値段は高めですが信頼できるのでOKです。 お買い得を狙い多少のリスクを犯すのであれば個人や業者から購入しますがこの場合もまず正式サイトから値段やシートの位置の位置を確認しておきます。 相手チームの人気により値段も違いますから必ず確認してください、ちなみに平日の試合はお買い得です。

地方の裁判所に訴訟をおこしたといつわって和解金を取ろうとする詐欺があると聞いたことがあります、わざと出向きにくい地方を偽るそうです。 訴訟届けも本物かどうか確認されてはいかがでしょうか。 届けにある電話番号ではなくほかから調べた電話番号で一度問い合わせてみてください。

    

参考URL:http://www.nba.com/rockets
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございます。
訴訟は本物の様です。
弁護士曰く、よくある手なのだそうです。
多分2~3人がやっている自転車操業なので、買わない場合は訴訟を起こしてお金を取り、チケットは権利を放棄として転売して重複利益を得ようとしているのだろうとの事でした。
NBA公認サイトということばに信用してしまいました。
インターネットでは取り締まる方法が無いのだそうです。

お礼日時:2008/01/04 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報