私の父78歳が数ヶ月前に前立腺ガンと診断され一月一回注射をしに行くという通院のみで、現在あまり進行はしていないとのことなのです でも血液の濃度がとても薄いといわれ、この一週間でふらふらした日が続き、一歩でも歩こうとするとケイレンしたかのように立ちどまってしまいます
周りから見るとすごく痛そうな顔をしているのですが、本人はフラットして足に力が入らないと言っていますが、トイレにも間に合わなくなり介護が必要な状態のように見えます。
実際ガンの症状とこの貧血で歩けなくなると言う症状は何か関係するのでしょうか
今は全身血の気がないような真っ白い肌になってしまっています
心配で・・・よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


稚拙な知識で申し訳ないのですが少しでも助けになればと思っての回答です。
私の祖父も前立腺ガンで、ガン性出血のためか、貧血に悩まされた時期がありました。ガンの薬etcさまざま投与しているため食事療法しか手立てがなく、レバーやウナギ、チーズなどを摂ってみたところ効果があったようです。
私自身ある病気で酷い貧血に掛かっていた時期がありまして、歩くことや日常生活に支障をきたしたこともありました。私の場合は、病院に通院して鉄剤の注射を半年ほど毎日~週3回受けたところ回復しました(レバーetc食べれないので)。貧血は他の臓器まで弱くなってしまうことがあるそうなのでなるべく早く何か措置を取ってあげてください。
失礼します。

この回答への補足

回答ありがとうございます
貧血の症状が出たその後おじい様は食事療法で生活は普通に戻られましたでしょうか
それとも貧血の症状が出るようになるとガンの回復はもうむすかしいのでしょうか
まだまだ長生きして欲しいので心配です
もし その後の症状の変化などわかる範囲で教えていただけませんか

補足日時:2002/09/23 17:24
    • good
    • 0

こんにちは。

#2のlingです。
申し上げにくいのですが、祖父は今年の6月に亡くなってしまいました。
ガンと宣告されたのは6年ほど前で、数ヶ月おきに入退院を繰り返していました。1度目、1年近く入院したときに初めて貧血になったようです。輸血の話も出たのですが、本人の希望で食事療法に徹し回復したようです。入院が長引いたため一時期歩けなくなったこともありましたが何とか回復し、退院後は通院と体調が悪いときだけ1週間~1ヶ月の入退院を繰り返しました。その際は点滴や輸血を受けることもあったようです。輸血をするとすごく元気になりました。
一昨年の夏に再び体調を崩し、家にいながらも寝てばかりの生活が続きましたが、今年に入って体調が悪いとのことで再び検査を受けたところ、周辺への転移はもともとあったようなのですが、肺に転移していることがわかり入院・治療を受けましたが、甲斐なく今年6月に他界しております。ガンだとわかっていながらタバコを吸ったりなど生活習慣を改めなかったところにも原因があるとは思います。
民間療法なども効果があると聞きます。何もしないよりはよろしいかと思いますのでためしになってみてはいかがでしょうか?
本当に拙い知識で申し訳ありません。何分離れたところに居りますもので、記憶があやふやである部分もあります。もう少し詳しい経過が必要でしたら、母に問うてもう一度お答えしたいと思いますが、いかがでしょうか?

お大事にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
本人はあまり病院を好まないので教えていただきました食事療法を考えていきたいと思います。今日も月一回の通院の日だったようですが尿検査では、がんの異常は見られないとのことですので、もう少し様子を見ていこうと思います。

お礼日時:2002/09/26 22:51

ガンが骨に転移すると貧血をおこすようになるそうです。



参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/01023 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考ホームページアドレスまでありがとうございます
父の進行具合がどんな具合なのかわからないのですが参考にさせていただきます

お礼日時:2002/09/23 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貧血の治療に長距離マラソンはいいの?

貧血の治療に長距離マラソンはいいのでしょうか?

心肺機能が高まれば貧血が治るのかな?
とか勝手に思ったのですが

また貧血に対して詳しい方いましたら
どんな事をしたほうがいい?
などアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

一般に「貧血」と思われている症状には、本当の「貧血」と、「脳貧血」があると思われます。

本当の意味での貧血とは、血液中の赤血球やその成分であるヘモグロビン(血色素)が不足して、身体に酸素を運ぶ能力が落ちてしまう減少です。

貧血の中で一番多いのが「鉄欠乏性貧血」です。ヘモグロビンを作るには鉄が欠かせませんが、出血などで出て行く鉄と、食事などで入ってくる鉄のバランスが崩れると鉄分が足りなくなって、ヘモグロビンが不足してしまいます。

女性は生理で毎月血液を失うので、鉄欠乏性貧血にかかりやすくなっています。また、マラソンなどの長距離走を頻繁に行うと、鉄欠乏性貧血にかかりやすくなります。これは、汗から鉄分が流出したり、足の裏の衝撃で赤血球が壊れたり、筋肉中で鉄分が消費されたりといった理由で、鉄を失う量が増えるためと考えられています。

ですから、貧血の治療にマラソンがいいということはありません。逆にマラソンをすれば、貧血になりやすくなります。ただし、これは鉄不足が原因ですから、貧血の人はマラソンをしてはいけないというわけではありません。食事やサプリメントで鉄をしっかりと補充すれば、貧血にかからずにマラソンを続けることはできます。

もうひとつの「脳貧血」は、体内に血液量が不足しているわけではなく、血液を体内に循環させる力が不足して、脳に血液が届かなくなり、立ちくらみなどを起こす現象です。血液の量が不足する「貧血」とは異なるものですが、一般の人は「脳貧血」を「貧血」と混同していることが多いようです。

「脳貧血」が起こりやすくなるのは、主に自律神経の調節がうまく働かないためです。座っている状態は脳の位置が低いけれど、立ち上がると高いところにある脳まで血液を押し上げなくてはならないために、心臓は急いで出力をあげなくてはなりません。その切り替えが間に合わないと、脳に血液が届かなくなり、ひどい場合は意識を失います。急に立ったときにくらっとして倒れるのは、この現象です。ほかにも、長風呂でのぼせたときとか、長時間立っていたときなどに、手足の方に血液を送るのに忙しくて、脳に血が回らなくなります。

「脳貧血」を起こりにくくするには、心臓など循環系の働きをよくして、自律神経を鍛える必要があります。それには、ゆっくりと走るなどの有酸素運動で、循環系や自律神経を鍛えることは、有効だと思います。

ただ、現在の体力以上に無理に運動するとかえって脳貧血を誘発することになります。あくまで無理がないように、のんびりとした運動をこころがけましょう。

一般に「貧血」と思われている症状には、本当の「貧血」と、「脳貧血」があると思われます。

本当の意味での貧血とは、血液中の赤血球やその成分であるヘモグロビン(血色素)が不足して、身体に酸素を運ぶ能力が落ちてしまう減少です。

貧血の中で一番多いのが「鉄欠乏性貧血」です。ヘモグロビンを作るには鉄が欠かせませんが、出血などで出て行く鉄と、食事などで入ってくる鉄のバランスが崩れると鉄分が足りなくなって、ヘモグロビンが不足してしまいます。

女性は生理で毎月血液を失うので、鉄欠乏...続きを読む

Q肝硬変から肝不全!腹水や黄疸や出血傾向の症状あり肝臓にガンらしきものがある(主治医はおそらくガンです

肝硬変から肝不全!腹水や黄疸や出血傾向の症状あり肝臓にガンらしきものがある(主治医はおそらくガンです)
本人はいたって元気に見える。ビールを朝から飲んでいます。食事は、食べると苦しいらしく少しづつ食べています。
余命宣告もありましたが、見た目は元気なんで本当にそんなに永くないの?って思ってしまいます。最期の日は近づいているのでしょうか?

Aベストアンサー

http://morichika.fmed.jp/liver-knowledge/liver-cirrhosis.html
これでいうところの、非代償期の中度から重症の間くらいと推測します。
ここまで来たら、現在の医学ではほぼ確実に一方通行の道です。
余命に関しましては食道静脈瘤破裂などが起きれば、短くなる可能性はありますが、
長くなる可能性はあまりないと思います。

Q貧血の治療費

貧血と診断されました。(ヘモグロビン:8.3/血清鉄:14)
貧血の治療で注射を2日に1回、合計10回しましょう、と
言われました。治療費が気になってます。
鉄注射を経験された方、よかったら、一回いくらくらいかかったか
教えてください。ちなみに、保険は3割負担です。

Aベストアンサー

私も会社の健診で貧血(ヘモグロビン9.7)と言われたので、週1で鉄剤の注射を受けていました。注射1回500円だったかと思います。たまに血液検査をすると1000円位かかりました。3か月程注射を続けたところ、貧血も改善しかかり念の為血液検査を受けたところ、γーGTPだったかよく覚えてないのですが、とにかく肝臓の数値が、会社の健診時には基準値以下だったのに、貧血治療後は基準値の3倍にまであがってしまいました。かかりつけの医者にはすぐに鉄剤中止と言われました。中止してから半年ほど経ちますが、その後血液検査をしてないので、今現在肝臓の数値がどうなっているかちょっと不安です。6月にまた会社の健診があります。注射で治療するのであれば、副作用などのことも相談されるといいと思います。

Q身内(78歳)の前立腺癌について

離れて住んでいること、本人が自分に心配を掛けまいと多くを語らず、周囲から聞いた状態で具体的な検査結果、数値などを把握出来ていません。お応えしづらいとは存じますが、ご容赦ください。

昨年4月、糖尿病で定期的に受診している総合病院内科より「血尿が出ているため泌尿器科を受診するように」と言われ、同病院の泌尿器科を受診。

昨年5月、膀胱癌の内視鏡手術(ステージ0~1,G2)(同病院で10年程前、前立腺肥大の診断を受け手術には至らず)

術後
出血が長引き、出血量も多く、また、排尿時は脂汗が出るくらい痛がり、医師、看護師より「術後の経緯は人ぞれぞれ」と言われ、集めた情報より酷い状態だとは思いつつそういうものかと考えました。
8月ぐらいになっても排尿時痛は治まらず、特に便秘になったときに痛い、また、頻尿、尿意を感じても尿が出たり出なかったりの排尿困難、尿漏れにも悩まされ、その都度、主治医に事細かく申し伝えました。糖尿病の主治医も「まだ血尿が出ているね・・・・・でも泌尿器科で把握しているから大丈夫でしょう」とのことで、術後経緯が一般とはやはり違っていたのだと思います。

◎11月に前立腺癌と診断されました。
生検の結果14の針のうち5本から陽性反応が出たとのことです。高齢のため手術という選択は無く、睾丸をとるか化学療法の選択のみということで化学療法に決定したそうです。骨の転移は無いということです。PSA、ステージ、グリーソンスコア等把握していません。

そこで質問なのですが

(1)手術が出来ないということは根治は無理ということでしょうか?IMRT治療は有効でしょうか?(その病院では調べた範囲では行っていないかもですが、近隣の病院で行ってはいるようです)

(2)膀胱癌手術後、医師に排尿困難を訴えても「前立腺肥大もあるからね。でも、これは悪いものではないから様子見ましょう」と言われてました。素人考えですが、膀胱癌より前に前立腺癌があったのでは?前立腺肥大と思い込まれたのでは?と思うのですがどうでしょうか?また、膀胱癌の検査、手術、術後の過程で前立腺癌は発見しづらいものでしょうか?
膀胱癌と一緒に早期発見していただきたかった、何よりも治療の選択肢もひょっとして違ったのではと思うのですがどうでしょうか。

(3)膀胱癌は前立腺癌の転移(膀胱浸潤?)である可能性はありますか?(膀胱癌単発の場合と前立腺からの転移と区別出来るものですか?)

(4)生検14本のうちの5本、この数字から癌が発生した時期等、推察できることを教えてください。

(5)膀胱癌の術後、前立腺癌の症状が顕著に出た印象があるのですが(本人はもともと有ったのかもしれません)膀胱の手術が前立腺(癌)に刺激を与えるようなことはあるのですか?

(6)告知に関する方針について説明があったことはないのですが、どのような段階でも本人にすべて話すものなのでしょうか?また、家族に知らせないことも有り得ますか?

膀胱癌の術後、排尿時痛の訴えに対して、先生「どこが痛いのですか?」本人「先のほう」先生(少し怒ったような口調で)「尿道ですか?」
便秘が酷いこと、酷くなると排尿時痛もさらに酷くなることに対して「便秘は消化器科です」このようなやりとりを聞いたこと、先生が大変お若いこと等から、転院も検討してみてはと進めましたが、本人は現在も先生を信頼していて「先生を信頼している。転院するつもりはない」と言っております。

年末に聞き、病院に確認できない状態で考えがまとまらないまま、質問させていただき
大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

離れて住んでいること、本人が自分に心配を掛けまいと多くを語らず、周囲から聞いた状態で具体的な検査結果、数値などを把握出来ていません。お応えしづらいとは存じますが、ご容赦ください。

昨年4月、糖尿病で定期的に受診している総合病院内科より「血尿が出ているため泌尿器科を受診するように」と言われ、同病院の泌尿器科を受診。

昨年5月、膀胱癌の内視鏡手術(ステージ0~1,G2)(同病院で10年程前、前立腺肥大の診断を受け手術には至らず)

術後
出血が長引き、出血量も多く、また、排尿時は脂汗が出...続きを読む

Aベストアンサー

syou31です
放射線治療について、Drからすぐ横にある直腸その他の臓器にも照射され
孔があいたりする副作用の危険性があるとの説明を受けました。
また、患部を狙った局部照射も可能だがその施設を備えている医療機関は
限られていて先端医療の本人負担が100万円かかり、治療待ちが多数
いるとのことでした。
私は腹控鏡下手術でしたので、何の苦痛もなく出来ました。
(全身麻酔とモルヒネによる点滴を行いました)

Q貧血の治療に鉄分サプリメントは有効でしょうか?

貧血の治療に鉄分サプリメントは有効でしょうか?

貧血の治療では鉄分を約100mg含有する鉄剤を摂取しますが、鉄剤の代わりに
鉄分サプリメントを摂取しても効果はありますか?

もし効果があるのでしたらDHCのヘム鉄を1日20粒摂取しようと思います。

Aベストアンサー

サプリメントは医薬品ではありません。
あくまでも栄養を補助するための食品です。
従って病気の治療はできません。
治療のための鉄剤の代わりにサプリメントを使っても同じ効果は得られません。

>DHCのヘム鉄を1日20粒摂取
サプリメントの注意書きをよく読みましょう。
1日1粒とか2粒が適量ではありませんか?
それから、注意書きに、「多量に摂取しても疾病が治療したり、健康が増進するものではありません」等と書いてあるはずです。ですから、適量以上に摂取することは止めましょう。

Q前立腺ガンと膝痛

義父が前立腺ガンです。
骨に転移しているということで、今はホルモン療法と自宅で食事療法をやっています。
脇や腰は転移が原因で痛み、最近痛みはやっとひいてきたようです。
ただ膝が痛み始め、歩くのも困難なようです。
医者によると、大腿骨にはあっても膝への転移はないと言われたようで、ひたすら良くなるのを待ってます。
本当に膝への転移はないのでしょうか?
整骨院へ行くように勧めているのですが・・・・

Aベストアンサー

父が前立腺癌です。背骨のほぼ全部と腰骨に転移しています。始めは痛がり動けない状態でしたが抗がん剤の錠剤とナイキサン、ピーガード20の痛み止めの服用と月一度のホルモン治療をはじめ3ヶ月で痛み止めを飲まなくても痛くなくなりました。ただ少し歩きすぎたりすると足の付け根が痛くなります。先生はそのときは無理せずにナイキサンだけを胃薬と飲むように言われいて本人も調整しながら今のところ痛みのない生活をしています。整骨院はやめたほうがいいと思います。転移している骨はとてももろいという説明を医師から受けませんでしたか。まずは担当医に相談してみませんか。お互い大切な人の為に頑張りましょう。

Q抗がん剤治療で、貧血?

私の母の友人が卵巣ガンを患っております。

去年の末にガンが発見されまして、今まで抗がん剤治療を4回したそうです。

今は一時退院されているのですが、毎週病院で血液検査をして、データを取っているそうです。

抗がん剤治療3回目まではなんとか耐えたようなのですが、4回目がとてもしんどかったらしく、そしてどんどん貧血がひどくなっているのだそうです。

私は素人なのでよくわからないのですが、その方の血液検査の結果を見せていただいて、ネットで少し調べましたところ、どうも赤血球を示す数値(RBC)、血小板を示す数値(PLT)ともにかなり低くなってきているようです。

2月13日と4月24日、5月1日の検査結果が今手元にあるのですが、
2月
RBC 3.66(基準値は3.78~4.99)
PLT 336(基準値は150~361)

4月
RBC 2.51
PLT 63

5月
RBC 2.40
PLT 51

となっております。

特に血小板の数値が激減しているようです。

これはやはり抗がん剤治療の副作用なのでしょうか?

他のガンを示す数値は低くなってきているようで嬉しい
のですが、今は貧血がとてもひどくてしんどいようです。

ガンに関する本を少し読みましたら、抗がん剤治療をすると
血や免疫細胞を作る脊髄に悪影響が出ると書いてありました。

もし仮にこの方の脊髄も抗がん剤治療によってダメージが
加えられたとしたら、それは抗がん剤治療をやめると回復
していくものなのでしょうか?
それとも回復しないのでしょうか?

また今現在貧血がひどいようなので、何か今出来る良い
対処法はないでしょうか?
また毎週の血液検査もその方がおっしゃられるには注射器
2本分くらいの血をとるらしいので、私はこれも貧血の原因に
なっているのではないかなと思うのですが・・・。

どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

私の母の友人が卵巣ガンを患っております。

去年の末にガンが発見されまして、今まで抗がん剤治療を4回したそうです。

今は一時退院されているのですが、毎週病院で血液検査をして、データを取っているそうです。

抗がん剤治療3回目まではなんとか耐えたようなのですが、4回目がとてもしんどかったらしく、そしてどんどん貧血がひどくなっているのだそうです。

私は素人なのでよくわからないのですが、その方の血液検査の結果を見せていただいて、ネットで少し調べましたところ、どうも赤血球を示...続きを読む

Aベストアンサー

卵巣癌の治療大変ですね。
私の母も卵巣癌でした。手術後の抗癌剤の治療は吐き気が強いものもありますが、効果には変えられない部分もあります。

さて、貧血の件ですが、結論から言うと多くの抗癌剤は貧血を来します。
RBC(赤血球)、WBC(白血球)、PLT(血小板)全て下がる可能性があります。
それは抗癌剤の多くが細胞分裂の活発な細胞を障害するからです。
細胞分裂が活発ということは細胞が増えやすいということです。
癌細胞は無秩序に増えていきますので細胞分裂が活発であることが多いです。
この活発さをターゲットとして抗癌剤は効果を来します。

しかし、細胞分裂が活発な細胞は癌細胞だけではありません。
人間の正常細胞にも存在します。
代表的な細胞が骨髄の細胞です。
骨髄の細胞は毎日血液を作っています。
この骨髄の細胞も抗癌剤によって障害をうけるため貧血になりやすいのです。
しかし、一般的に癌細胞と比べて正常細胞の方が抗癌剤からは立ち直りやすく、
抗癌剤中止すれば貧血は改善することが多いです。(完全に戻らない事もありますが)
また、連日の採血で貧血が進行しすぎることはないので心配されなくてもよいと思います。
貧血が進む時は進みます。しかし、抗癌剤の効果があるのなら輸血などで対処できます。
抗癌剤の代わりはありませんので治療中は輸血などでしのぐのがよいでしょう。

卵巣癌の治療大変ですね。
私の母も卵巣癌でした。手術後の抗癌剤の治療は吐き気が強いものもありますが、効果には変えられない部分もあります。

さて、貧血の件ですが、結論から言うと多くの抗癌剤は貧血を来します。
RBC(赤血球)、WBC(白血球)、PLT(血小板)全て下がる可能性があります。
それは抗癌剤の多くが細胞分裂の活発な細胞を障害するからです。
細胞分裂が活発ということは細胞が増えやすいということです。
癌細胞は無秩序に増えていきますので細胞分裂が活発であることが多いです。
こ...続きを読む

Q前立腺ガンにきくと言われるザクロについて

以前、どこかのHPで
「ザクロは前立腺ガンの治療に効果がある可能性があると言われているが、それはザクロならよいのではない。イランの黒ザクロでないと意味がない」
というような事を読んだような記憶があります。
これは本当なのでしょうか?

私の父は前立腺ガンで(今は医者にはガンはなくなったと言われていますが)、毎日ザクロジュースを飲んでいます(イラン産であることは確認済みです)。
そこで、今回の父の日に、父にプレゼントとしてザクロジュースを送りたいと考えております。
そして今日見つけたザクロジュースを見ると、「トルコ産」だったので、今のところ買っていません。
できればそこで買いたかったのですが・・・。

その後、ネット通販を見てみました。
ですが、あまりにもどこのお店も前立腺ガンに関して書いたりしているのを見ると、お店を信じてよいのやら、、前述の産地などの件を信じてよいのやらわからなくなってしまいます。

教えていただきたいのは以下の点です。
1.イラン産の黒ザクロでなければ意味がないというのは本当なのか?
(今日見たトルコ産のザクロジュースではダメなのか)
2.もし1が本当なら、「イラン産」は確認できますが「黒ザクロ」は確認できないのがほとんどです。どのようにしたらよいのか教えてください。
3.もしご存じでしたら、ここなら大丈夫!というネットのお店を教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

以前、どこかのHPで
「ザクロは前立腺ガンの治療に効果がある可能性があると言われているが、それはザクロならよいのではない。イランの黒ザクロでないと意味がない」
というような事を読んだような記憶があります。
これは本当なのでしょうか?

私の父は前立腺ガンで(今は医者にはガンはなくなったと言われていますが)、毎日ザクロジュースを飲んでいます(イラン産であることは確認済みです)。
そこで、今回の父の日に、父にプレゼントとしてザクロジュースを送りたいと考えております。
そして今日見つけた...続きを読む

Aベストアンサー

1と2のご質問ですが

ザクロは臨床試験や研究などでも抗癌作用があるお話は良く伺っています。
ほしいのがなくても飲まないよりは
飲まれたほうが良いかとは思いますが・・・

しかしザクロだけ多量摂取しても
さほど早急には効果や結果がみられにくいと思います。

中東をはじめ、熱帯や砂漠など暑い気候で育っている
ザクロ始め果物は本当に良いと思います。

黒ザクロも良いとは思いますが
それが天然モノなのか、できれば雑種自然にできているものなのか
が分かれば最高です。



3のオススメとしては

アメリカ国立の癌研究所病院が開発協力し
一般でも購入して飲むことができるドリンクをお勧めします。

ザクロをはじめ抗癌作用、抗酸化栄養素が豊富に含まれている
果物や漢方がブレンドされているものです。

まだ日本にはお店がないので輸入注文という形になりますが
すでに日本内でも良い結果を見ることができていますので
薬ではないので、個人差はあると思いますが
半年以内に治りたいとの
強い気持ちを持たれて取り組まれることをお勧めいたします。

参考URL:http://j.mp/auE3ZQ

1と2のご質問ですが

ザクロは臨床試験や研究などでも抗癌作用があるお話は良く伺っています。
ほしいのがなくても飲まないよりは
飲まれたほうが良いかとは思いますが・・・

しかしザクロだけ多量摂取しても
さほど早急には効果や結果がみられにくいと思います。

中東をはじめ、熱帯や砂漠など暑い気候で育っている
ザクロ始め果物は本当に良いと思います。

黒ザクロも良いとは思いますが
それが天然モノなのか、できれば雑種自然にできているものなのか
が分かれば最高です。



3のオススメとしては

アメリ...続きを読む

Q鎌状赤血球貧血症について質問です!鎌状赤血球貧血症の治療で、脾臓を摘出する(脾摘)方法があると聞

鎌状赤血球貧血症について質問です!

鎌状赤血球貧血症の治療で、脾臓を摘出する(脾摘)方法があると聞いたことがあります。

その一方、脾臓は免疫機能を担っているという話を聞いたこともあります。

なぜ脾臓を摘出するのでしょうか?また、摘出しても人体に大きな影響はないのでしょうか?

お助け下さいっ!

Aベストアンサー

脾臓の摘出それ自体はさほど大きな影響を与えないのですが....

でも, 鎌状赤血球貧血症の人に対して脾臓を摘出する意味があると思えない. 少なくとも, メルクマニュアル
http://merckmanual.jp/mmpej/sec11/ch131/ch131i.html
では「無価値」と断ざれてますな.

Q前立腺ガンT4N1、IMRTを行うか悩んでいます

昨年、68歳の主人に前立腺ガンが見つかり、T4N1 リンパ節に転移し直腸にも浸潤してしまっているグリーソンスコア8の悪性度の高い末期ガンで余命1~2年と言われました。骨にはまだ転移は無いようです。
それから半年、ホルモン治療を続け、PSA値も21.8から0.43と下がり、ガンも小さくなっています。今の内にIMRTの放射線治療で少しでもガン細胞をやっつけておけば延命効果があるのではないか(先行きホルモン治療が効かなくなった時にガン細胞の増殖が少しでも遅れるのではないか)、また骨転移も遅らせることができるのではないかと思い、医師に相談したところ『副作用を最小限にして照射することは可能だが、効果があるかはわからない。データが無い。患者の希望次第。」と言われました。
ネットで色々調べたのですが、ステージが進行していると重粒子線や小線源放射線治療も適用とならず、IMRTの適用もギリギリのようです。本人はどうせ駄目なら副作用を考えるとやらなくてよいと言っていますが、私は少しでも延命できるならやってほしいと思っています。いずれホルモン治療が効かなくなったら抗がん剤も考えなくてはいけないと思いますが、せっかくガンが小さくなっている今、やれることはないのでしょうか?
何か治療法をご存知の方、周囲で同ケースの患者さんがいる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
セカンドオピニオンで他の医者に相談しなさいと言われそうですが、末期だと難しくどの病院に行けば良いのかもわかりません。
よろしくお願いいたします。

昨年、68歳の主人に前立腺ガンが見つかり、T4N1 リンパ節に転移し直腸にも浸潤してしまっているグリーソンスコア8の悪性度の高い末期ガンで余命1~2年と言われました。骨にはまだ転移は無いようです。
それから半年、ホルモン治療を続け、PSA値も21.8から0.43と下がり、ガンも小さくなっています。今の内にIMRTの放射線治療で少しでもガン細胞をやっつけておけば延命効果があるのではないか(先行きホルモン治療が効かなくなった時にガン細胞の増殖が少しでも遅れるのではないか)、また骨転移も遅らせること...続きを読む

Aベストアンサー

ご主人のご病気誠にご心配なことと存じます。

NCCNガイドラインという様々な癌の治療法の目安となるものが、National Comprehensive Cancer Network というところから公開されています。その2013年のバージョン2 という最新版では、T4N1に対しては、「ホルモン療法のみ」という選択肢に加えて、「放射線治療前・治療中・治療後に渡ってホルモン療法を継続しながら、画像誘導下のIMRT」という選択肢が示されています。

これは、ホルモン療法で腫瘍サイズが小さくなっているならば、ホルモン不応性となる前に、放射線治療を考慮してもいい、と判断されます。

画像誘導下の放射線治療はIGRTと呼ばれ、IGRTとIMRTを同時にこなすのは、たとえばノバリスやトモセラピーやサイバーナイフといった高精度放射線治療機です。ただ、リンパ節転移があるということであれば、広く放射線をあてなければならない必要があり、ひょっとするとトモセラピーじゃないと、治療しにくいかもしれません。

ご自宅の近くで上記三者いずれかの治療機を保有する病院なりをお探しになり、まずは「T4N1M0の前立腺癌の放射線治療はできるか」とお問い合わせになるといいかと存じます。やらない主義の病院ならば断られるかもしれませんが、画像だけでも見て治療できそうか判断する、という病院もあるかと思います。

こういった症例でデータに乏しいのは確かで、上記ガイドラインも絶対ではなくなかば実験的色彩も帯びますが、最後はご主人のご意向ではあるものの、できることをチャレンジしてみることも視野に入れていいのではないでしょうか。

そういったことを考える材料にするためにも、高精度放射線治療機器を導入している施設にご相談されることをおすすめします。

末筆ながら、ご主人ができるだけ長い間症状もなく安楽に暮らしていけるようお祈り申し上げます。

ご主人のご病気誠にご心配なことと存じます。

NCCNガイドラインという様々な癌の治療法の目安となるものが、National Comprehensive Cancer Network というところから公開されています。その2013年のバージョン2 という最新版では、T4N1に対しては、「ホルモン療法のみ」という選択肢に加えて、「放射線治療前・治療中・治療後に渡ってホルモン療法を継続しながら、画像誘導下のIMRT」という選択肢が示されています。

これは、ホルモン療法で腫瘍サイズが小さくなっているならば、ホルモン不応性となる前に、放...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報