神社とお寺はどう違うのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現在でも神仏混合のところが有ります


真言や天台の密教のお寺には残っている事が多いです
そのようなところはお寺に鳥居(いや神社に仏像?)があって
守っているのは密教のお坊様や修験者といわれている方です
こんな所ではお寺と神社の違いは無いようですね
しかし現代では一般に「お寺は仏教でお坊様が」「神社では神道で神主さまが」と言うのが普通のようです
違いと言えばこれだと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



「神道」と「仏教」という異なる宗教のものですから、外観からしてまず違います。
神社には何と言いましても入り口に当たる部分にそのシンボルとも言うべき「鳥居」がありますよね。
お寺の場合には「門(山門などと呼ばれます)」です。
境内に入りますと神社には「狛犬」などが両側に控えております。
その代わり大きいお寺などに行きますと門のところに「仁王」がいたりしますよね。
境内に「玉砂利」が敷き詰められているようなことも神社の特徴です。
建物も似たようなもの感じのつくりに見えることもありますが、良く見ると違っていて神社はより古い時代の日本の建物の様式を伝えていますので、多くの場合お寺のほうに家屋に近い雰囲気を感じるのではないでしょうか。
鐘をつく為の「鐘楼」や「塔」などが建っているのはお寺のほうです。
またここは大きな違いですが、お寺の場合拝む対象として「仏像」があるのが殆どです。
しかし神社にはそういう「像」の類はなく、神様の依り代としての「ご神体」があるだけです。
参拝される際にその目線の先には鏡などが置かれていることが多いでしょう。
そしてそこで働いていらっしゃるのは神社なら「神主さん」、お寺なら「お坊さん」という訳ですね。
大まかに言いますと大体そのような感じです。
確かに長く神仏混交の時代があった名残で厳密に区別することが難しい部分もあったりするのですが、以上のようなことを簡単に頭に入れておきますと大抵は区別が出来るものです。
    • good
    • 0

平安時代から江戸時代まで(明治になるまで)


お寺と神社は表裏一体でした
お寺の脇には神社があって、袈裟を着てお経をあげた僧侶が着替えて祝詞をあげることもあったそうです

明治の神仏分離令で 無理やり分けられました
ですので 日本人の底流には 神仏一体感が残っています

神仏と言う言葉(熟語)が残っているのもその証明です

で 現在の違いは #1の通りです
    • good
    • 0

神社は神道でお寺は仏教。


神社は日本独特でお寺は大陸伝来。
神社にいるのは神主さんでお寺にいるのはお坊さん。
神社であげてもらうのは祝詞(のりと)でお寺であげてもらうのはお経。
神社で供えるのは玉串でお寺で供えるのはお花。
神社に納めるのは初穂料でお寺に納めるのはお布施。

分かりにくくてすいません(>_<)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q御守り お寺と神社で違うの?

新聞で湘南地方の神社にウルトラセブンのアイスラッガーの型をした御守りがあるという記事を読んでいて、ふと思ったのですが、お寺と神社では御守りの作り方や御守りの祀り方に何か違いがあるのでしょうか。

少々、興味本位の質問で恐縮ですが、ご教示いただければ、幸です。

Aベストアンサー

御守りと一口に言っても、一年ごとに取り替える一年護り、合格祈願などのように期限を切って祈りをこめる満願守り、一生身につけている一生守り(身護り)など願いによって様々です。しかしその起源は身護りと祈願札の二つだけです。
また神社での祈願では普通はどの神様にと言う特定の神様に願うことはありません。祝詞も主祭神と八百万の神々達と全部に対して言います。大祓い祝詞を見ても判るように一つの神様が何かをするわけじゃないからです。一方仏教では特定の仏に対して祈願を行ないます。ナムという言葉は「帰依する」「すがる」という意味で上杉謙信のように毘沙門天に帰依するという感じです。
なので仏教の場合ではどうしても神道よりも御守り自体が仏という感覚が強いのではないかと思います。成田山新勝寺では祈願の護符を御神札と同様に供物を供え祀ると言う様式をとっている場合も多いようです。神道でも同じように祭るというところもありますが仏教ほどではないようです。

もともと身護りは寺社の境内の砂や石、御神木の実や葉或いは木っ端、神社から頂く神饌の米などを袋に入れて持ち歩くことが起源となり一升持ち歩いた、或いは生まれた土地の氏神社の期札を入れて身分も確かめられたりしました。

近年ではそういった目的だけではなく持っていて楽しいという感覚も備えるようになりました。密教系の考えでは仏なのでムリですが祈願であれば形にこだわる理由は無いと言うわけです。
以前は刀の形の太刀護りで難を斬るなどありましたが、川崎市日枝神社で個人的つながりからキティちゃんお守りが作られ、以降あっという間に個性的な御守りやコラボ的なお守りが増えていきました。
お寺では本山や檀家戸の関係からなかなか実現が難しいのかもしれませんね。八王子の了法寺などは珍しいかもしれません。
一方神社の多くは関係あると言っても束縛されることは少なく、かなり自由に神社個々の最良でできると思います。これは元々個々であった神社が集まっただけという関係から来るものでしょう。

専門メーカーが他種企業とコラボする場合、川崎日枝神社のように個人的に製作メーカーに委託する場合、或いは今戸神社の猫のように昔から独自に個人的つながりで委託している場合など様々です。

御守りと一口に言っても、一年ごとに取り替える一年護り、合格祈願などのように期限を切って祈りをこめる満願守り、一生身につけている一生守り(身護り)など願いによって様々です。しかしその起源は身護りと祈願札の二つだけです。
また神社での祈願では普通はどの神様にと言う特定の神様に願うことはありません。祝詞も主祭神と八百万の神々達と全部に対して言います。大祓い祝詞を見ても判るように一つの神様が何かをするわけじゃないからです。一方仏教では特定の仏に対して祈願を行ないます。ナムという言葉...続きを読む

Q古いお守りやダルマなどはどうすればいいのですか?また、神社やお寺に持っ

古いお守りやダルマなどはどうすればいいのですか?また、神社やお寺に持って行く時は購入した神社やお寺じゃないと駄目ですか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

明けましておめでとうございます。

神社によれば、
古いお守りなどのお納め所という所がありますからそこに納めてください。
もし無ければ巫女さん神主さんに聞いてみるのもいいかもしれません。
預かってくれますよ。

それとお守りは受けた場所に収めるのが一番だとは思いますが、
若し遠距離にある神社で受けたお守りの場合は付近の神社でも構わないと思います。
どちらにせよ納めるんですから。

Qお賽銭は神社にするものだと思いますがお寺にもすることは出来ますか?

お賽銭は神社にするものだと思いますがお寺にもすることは出来ますか?

Aベストアンサー

勿論、お寺にも賽銭は上げる事ができますよ。
お賽銭はお賽銭。お賽銭とお布施は意味合いが違います。

Q厄除けは近所の神社やお寺でしてもらうのがよいですか

厄年なので厄除け(祈祷)をしたいと思っています。
家から自転車で15分~20分の場所に全国から参拝者がくる厄除けで有名な大師があり、そこは予約なしでいつでも受け付けているためそちらのお寺に行こうと思っているのですが
家から徒歩5分かからない場所に神社があるので、その一番近い神社には行かず少し離れた所で祈祷してもらうのは、近所の神社に対して失礼に当たるのかと気になっているのですが、そういうことって気にしなくてもよいのでしょうか?
近所の神社やお寺で祈祷してもらうのが一番よいと聞いたことがあるので、すぐ近くにあるのに少し離れた所に行くのってどうなのかな・・・と気になりまして。

例えば近くの神社のことが気になるので、最初近くの神社で挨拶代わりにそこの無人の神社でお参りしてから、同日にその後、他の大師で厄除けの祈祷をしても問題ありませんか?

Aベストアンサー

神社は氏神様というのがあります。これは自分が住んでいる土地と住民を守ってくださる神様です。ですから氏神様で厄除けをして頂くのが基本となります。
とはいっても氏神でなければダメというわけではありません。近年では神主の常在していない神社も多いからです。
この場合管理する神社がありますので、それが分ればそこで頼むこともできます。この場合も氏神様でしていただけるときと管理している神社で行うときがあります。
また神社にはこのほかにも「鎮守神社」とか「一ノ宮」などがあります。これらも守っている地域の広さが違うだけです。(昔は神社の格式の違いでした)喩えて言うならば、氏神様が町役場、鎮守神社が市役所、一ノ宮は県庁でしょうか。住んでいる地域によっては氏神様が一ノ宮ということもありえます。

お寺ではこのような地域を守るお寺というものは神社ほど確定的ではありません。お寺の場合は菩提寺、つまり自分尾家を守ってくださるお寺が主軸ですから、住んでいる場所に必ずあるわけじゃありません。従って近くのお寺でなければということはないのです。

厄除けという祈祷は、近年では多くのお寺でやっていますが、元々祈祷をするという考えは密教や修験道から来ているので、それ以外のお寺ではしていないところもあります。

ではどちらに行けばいいのか
実は神社と寺の「厄祓い」では違うのです。
神社での厄祓いは神社本庁では「役祓い」とも書きます。これはこれから起きる過も知れない厄災を避けるという意味ではなく、『これから重要な時期を迎えるので、これまでの意識的、無意識的に犯してきた罪咎を許していただき、今後は言動を慎ましやかに慎重にし、深慮をして生きていきましょう』という意味なのです。
そして、これから襲われるかもしれない厄災に対し、大難を小難に、小難を無難にして乗り越える事ができるように助力をお願いします」と言う内容になります。
これは神道が、古来より自然災害に対しては甘んじて受け入れ、それを乗り越えられるように神の助力をお願いするという姿勢からきています。
およそこの世に活けるもの全ては、苦難を乗り越えることによってのみ進化をしてきました。ですから人事の及ばない災難いついては受け入れてきた日本人の歴史に則っているのです。
ですから、神社では「厄祓い」あるいは「厄除け祈願」となります。

一方密教を中心とする仏教での「厄除け祈祷」は、できるだけ災難を避けて通ることを目指しています。
不動明王や観音力などの仏の力で厄災を避けようということです。なのでこれは祈願ではなく、祈祷になります。

ただし、現代では意味がごっちゃになっていますけど・・。

ですから、今まで身に付いた埃を祓い清め、厄災を乗り越えられるようにとお願いするのであれば神社、厄災を押さえ込んだり避けようというのであれば寺という事になります。
元々神社で厄除けをしていたのは道教や密教、陰陽道などの影響を強く受けた神道でした。特に出羽や御嶽などの山岳信仰では密教か発生した修験道が神道の神々を取り込んできたので、祈願ではなく祈祷の形式で厄祓いをしていました。

ということで、神社で行わず寺で行なっても神社に失礼ということにはなりません。自分がどちらの目的で厄除けをするのかによってどちらにいくか決めればいいのです。
むしろお大師さんは本業ですから、最適でしょうね。神社へはその前でも後でもかまいませんので通常の参拝をすればよろしいです。
密教に限らず、仏教は神道の神をも取り込んできましたし、日本は明治になるまでの長い間「神仏習合」の時代を生きてきましたから、仏と神が喧嘩するなどということもありえません。

神社は氏神様というのがあります。これは自分が住んでいる土地と住民を守ってくださる神様です。ですから氏神様で厄除けをして頂くのが基本となります。
とはいっても氏神でなければダメというわけではありません。近年では神主の常在していない神社も多いからです。
この場合管理する神社がありますので、それが分ればそこで頼むこともできます。この場合も氏神様でしていただけるときと管理している神社で行うときがあります。
また神社にはこのほかにも「鎮守神社」とか「一ノ宮」などがあります。これらも守っ...続きを読む

Q絵馬をお寺や神社に奉納する時に、絵馬を奉納する場所?というか、絵馬を結

絵馬をお寺や神社に奉納する時に、絵馬を奉納する場所?というか、絵馬を結ぶところ?を何と言いますか?
あの、屋根が付いていて・・・絵馬がいっぱいくっ付いているところです。

Aベストアンサー

「絵馬所」です。
http://www.kitanotenmangu.or.jp/keidai/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報