太平洋戦争の時に、アメリカが日本の首相官邸や
陸軍省、海軍省、国会議事堂などの当時の日本の行政の中枢を
集中攻撃していれば、軍部の戦意が喪失してもっと早く戦争を終わらせる
ことができたのではないでしょうか?
なぜアメリカはこのような戦法を取らず、民間人を大量虐殺するような
攻撃を行ったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

中枢を直接攻撃し、当時の総理大臣や軍首脳が死んでしまえば、軍は事実上の分解をしますが、各個がゲリラ化し収拾がつかなくなります。

現に横井正一さんなどを見て明らかなように、軍は中枢の命令が途絶えた場合でも、命令遂行を実施するような機構を取っています。
更に、国の指導者が失われれば、戦争終結の決定が出来なくなります。これはイラクを見て明らかであり、米国はフセインを国民の手に委ね殺してしまった事により、戦争終結の調印を押す相手すら失ってしまったのです。
更に、もし当時、天皇が死んでしまったらどうなっていたでしょう。当時の国民の感覚から、米国は全国民を敵に回す羽目になったのではないでしょうか?
米軍が本土上陸をせず、原爆投下に至った原因の一つにゲリラ化を恐れたという説があります。もし天皇を傷つけてしまえば、国民の多くがゲリラ化し、収拾がつかなくなることを恐れたのだと思います。

指導者の殺害は、中世までの強圧植民地政策では有効ですが、近代国家間の戦争では目的が異なり、むしろ逆効果なのです。
軍部や首脳の戦意を消失させる最も有効な手段は、軍備の破壊であり、現に米軍などは軍需工場を目標に攻撃をしています。ただし、この地域に住民を留める事も戦略上の常套手段なので、この地域の攻撃には多くの一般市民の犠牲も伴ってしまいます。
これは後にベトナムで証明されましたが、消費型の戦争を得意とする米軍などは、ゲリラに対して極めて弱いのです。
もう一つは先の回答にあるように、日本軍は各地に首脳部を分散させ、一箇所が破壊されても、それぞれに指揮系統を組み立てられる計画を立てていました。ですから、首都を早期に攻撃しても逆に攻撃すべき目標が分散するだけでした。
…と私は解釈しています。
実際、首都攻撃は何度も行なわれましたが、日本の降伏は、それによって実現したわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時、天皇を殺害することが得策ではないことはわかります。
昭和天皇は戦争に消極的だったようですからね。
中枢を破壊しても逆効果になることもあるんですね。
ありがとうざいました。

お礼日時:2008/01/04 17:37

現実に「米国はこうすればもっと早く日本を降伏させる事が出来た」と言う点については主に以下の二点があるでしょう。



・潜水艦による通商破壊作戦にもっと力を入れる
開戦直後の米潜水艦は魚雷の故障が頻発し、戦力発揮の大きな障害となりました。
また艦隊決戦やフィリピンへの物資輸送などあまり効果のない作戦に少なからず投じられていました(これは日本海軍と全く同じ)。
もし開戦前から潜水艦による通商破壊作戦に全力を投じていれば、あと一年早く日本は降伏したとまで言われています。

・日本本土空襲時に鉄道施設の破壊に重点を置く
これは戦後になって日本の運輸関係者が米軍の調査に答えたものですが、米軍が鉄道施設に対する攻撃に積極的で無かった事を不思議に思っていたそうです。
当時の日本では既に船腹の不足から、海上輸送は窒息に近い状況にあり、また道路も未整備で自動車もロクになく、またガソリンも無い当時の日本では道路輸送もままなりません。
鉄道輸送こそが日本の命脈だったにも関わらず、米軍はそれに対する認識が不十分だったと思われます。
もし鉄道施設を重点的に攻撃されていれば、日本の降伏は何ヶ月か早まったことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

物資の断絶が戦争の早期終結につながるのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/04 17:41

近代国家というものはそんなに脆弱な構造ではありません。


確かに軍部を全滅させれば戦意を喪失するでしょうが、それは非常に難しいことです。

組織は必ず交代出来るように作られているものです。
大本営は東京の他、松本に堅固な地下要塞を用意して本土決戦に備えていました。
国会議員を皆殺しにしても国民が残っていれば選挙で補充できます。

国民の戦意を失わせる最も有効な手段は国民全部の生活を破壊する事です。  戦争継続に必要な能力を奪うことです。

米国はその戦略に従い、国民の住居を焼き払い、軍需物資の生産能力を奪うこと、交通手段を破壊する事で生活物資の流通を破壊したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軍部の壊滅は想像以上に難しいのですね。
ありがとうございます。
でも、当時の日本では言論弾圧が厳しく、軍部の独裁状態でしたから、
国民の戦意を失わせても意味がないような気がします。

お礼日時:2008/01/04 17:50

軍の中枢を叩く事は、戦術の基本ですが、壊滅させる事は、戦略的に下策です。


もしもアメリカ軍の爆撃で日本政府が壊滅してしまえば、各地で戦っている部隊は降伏する事ができず、徹底抗戦するしか手が有りません。
その場合、日本は無政府状態となり、現在のイラク以上に悲惨な事になりますし、そんなところに米軍が進駐すれば、現在のイラク以上に苦戦する事となります。
当時としては、ソ連の進出にも警戒する必要が有りましたから、すばやく日本を安定させ、反共の拠点とする事が必要でした。
そのため、日本政府の壊滅をするよりも、降伏させるほうがアメリカにとって有利であったわけです。
日本政府が降伏に応じれば、日本の警察組織や官僚組織、地方組織は残りますから、日本の治安などは守られ、すぐに復興に手がつけられます。
しかし、日本の中枢を壊滅させてしまいますと、降伏できない軍の徹底的な抵抗や国民の反米闘争などにより、日本の国民の生活、日本の産業などは、壊滅的被害となり、より復興に手間と費用がかかってしまいます。

日本政府が降伏に応じるためには、徹底的な戦力の差を見せ付ける必要があり、そして日本国民にその事を認識させる必要がありました。
そのための戦略爆撃です。

イラク戦争でのアメリカ軍の失敗は、イラク政府の中枢を真っ先に破壊してしまった事にあります。
    • good
    • 0

 なかなか面白い観点からの質問ですね。

たしかにそういう考えもあることはあるのですが、ではなぜ米軍がそれを実行しなかったかといえば、やはりそこにはちゃんとした理由がありました。とはいえその前にいくつかの前提を挙げさせてもらいます。

 まず第一に、今ではB29といえば戦略爆撃機の象徴としてもてはやされていますが、実はそれほど精密な爆撃が出来る機体ではなかったということです。中国本土の成都から飛び立ったB29が日本本土を初めて空襲したのは1944年6月15日のことです。目標は九州の福岡八幡の日本製鉄でした。戦果はといえば、結果的に製鉄工場は殆ど無傷で、最も近いところに落ちた爆弾は目標の1.2キロメーター、最も遠いところに落ちた爆弾はなんと32キロメーターということでした。もちろん日本側の防空戦闘機の存在も精密な爆撃を阻害したということもありましたが、高度400~600メーターという低空からの爆弾投下にも関らずこのていたらくでした。

 第二に当時の日本の軍事的な状況です。先に書いたB29の初爆撃はマリアナ諸島サイパン島上陸作戦に呼応した爆撃作戦だったということです。マリアナといえばもうお分かりだと思いますが、このときを持って日本海軍は組織的な海軍航空作戦能力を失っていますね。つまり米軍にとって日本海軍はもうそれほどの脅威ではなくなったということです。つまりこれより米軍の軍部首脳が相手にするのは、日本陸軍だといってもいいということになります。

 第三に米軍と日本軍との人的被害、つまりは戦死者に対する思想の違いです。日本軍に関してはいまさら書いても詮無いことですが、米軍はその反対で兵士の戦死傷、つまりは自国民に対する損害には敏感だったということです。

 以上を踏まえて本題に入りますが(前置きが長くなって申し訳ないです(-_-;))、当時アメリカ政府はその戦略会議において日本本土の爆撃に対する作戦を作成する際、当然ながら優先爆撃目標をピックアップしました。そして同時に爆撃を避けるべき目標も選別しています。そこには京都とともに東京の皇居も入っていました。理由はご想像にお任せしますが、問題はあなたの言われる当時の日本の政治軍事の中枢のロケーションです。

 いわゆる戦争遂行の中枢「大本営」は、日本陸軍参謀本部の建物の中に在りましたが、それは三宅坂上にありました。といっても分かりにくいかもしれませんが、この地が皇居と国会議事堂や首相官邸に挟まれた形になっていると書けばお分かりかと思います。大本営は皇居の内壕に存在していたのです。
 アメリカがたとえ日本の戦争遂行能力の本拠地だけを一気に叩こうとしても、先に書いたB29の能力と爆撃制約を考え合わせれば、かなり難しかったかと思います。おまけに日中戦争以降、大本営は宮中に移設されています。つまりまかり間違えて皇居に一発の爆弾でも落とすものなら、搭乗員や司令官の軍事裁判どころか、やっと終結の糸口が見えかけてきた戦争が、日本国民の感情を逆なですることよって長期化することも考えられたということです。

 さらに言えば、もしその爆撃制約がなかったとしても、東京上空はつまりは帝都上空であり、その防空態勢は他の地域よりはるかに濃密であったということです。これは言い換えれば、アメリカの戦略爆撃部隊に大きな被害がでることが必至であったということです。結果的に戦争期間を通じて、アメリカの戦略爆撃機部隊であった第20航空軍は485機のB29と212機の戦闘機を失っています。人的損害に眼を移せば3041人を失っています。このような人的被害の増加が、高高度からの焼夷弾を使った夜間爆撃への作戦変更に繋がったのですが、このような理由からもあえて大きな被害を覚悟しなければならない爆撃ルートを選ぶ必然性はなかったといえます。

 しかしそれでも戦争が一日でも早く終わるのなら、損害を覚悟してでもやるべきではないかという考えもあります。それはそれでありですが、日本と違って長期展望が出来るアメリカ政府首脳は、戦争終結をどういう経緯で行うかというシミレーションも当然念頭においていました。そしてそれには日本軍首脳と日本政府の存在が絶対条件でした。なぜかといえば、もしこれらの組織を一気に壊滅させれば中国、東南アジア、南太平洋諸島に点在する多くの日本兵が自動的に遊兵となる可能性がありました。遊兵つまりはゲリラだと思っていただければいいのですが、ある意味数千数万の組織的な軍隊より一握りのゲリラの存在が厄介なことは、今のイラク情勢が良く物語っているかと思います。アメリカ軍は戦闘状態のときの日本兵と、降伏後の従順な日本兵のギャップに驚かされますが、これはある意味日本人の特性を研究するよい機会になっていました。

 そしてアメリカは戦争終結を自軍だけでは出来ないことを良く理解していました。戦争終結には全世界にアピールできるセレモニーが必要だったのです。そしてセレモニーには敵軍の全兵士、全部隊に戦闘行動の停止を通達できる権威機関が絶対に必要であり、これを消滅させることはアメリカの国益には合致しないことだったということです。

 民間人の大量虐殺について言えば、東京大空襲や原爆投下は戦争遂行能力の収奪というより、戦争を管理し遂行する軍部や政府の中枢への恐怖心をかき立て、なおかつアメリカへの畏怖心を持たせるためと、日本国民への戦争への継続心を喪失させるため、そしてアメリカ人の生来の戦争好きな体質であると個人的には考えます。
 これってなんだかこれまでブッシュ政権が起こした数々の戦争によく似てると思いませんか?
 
 つい長くなりましたが、少しでも納得される回答になっていれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。納得しました。

お礼日時:2008/01/04 18:15

戦略爆撃が最近は行われないのには


理由があって、第二次世界大戦の教訓として、
爆撃で相手の士気を挫くことはできないという
ことが証明されてしまったわけです。
何人殺そうが、どれだけ破壊しようが、
むしろ爆撃を被った側の敵愾心を強めるだけで
降伏しようという気にはとうていならないし、
戦意も喪失しないのです。

官舎などを集中的に攻撃してもあんまり意味はありません。
民間人を殺すことも同じくあまり効果が無いので、
第二次世界大戦中も戦略爆撃の効果について議論があって
非人道性を批判する識者も実は多かったんですが、
報復の論理(西欧ではドイツ、アジアでは日本が都市爆撃を最初にやった)で
大戦中は続けられました。
しかし戦後は、その効果を再検証して、費用対効果の悪さ、
非人道性、軍事的意義のなさから、行われなくなったというわけです。

しかしながら何事、一度はやってみないと検証はできないわけで、
第二次世界大戦は最初の総力戦でもあったし、戦略爆撃が
初めて行われた戦争でしたから、そういう意味で試行錯誤があったということです。

ただ大半の都市を焦土にしても戦意を下げるという効果は
得られなかったわけですから、議事堂とか政治関連の建物を
いくら破壊したところで、効果がないだろうことは、
容易に想像しえて、理解できるのではないでしょうか?
    • good
    • 1

質問内容の軍部の拠点を集中攻撃できれば、戦争を早期に降伏に持ってきやすいのは事実ですが、当時のB29では現代の航空機のように精密爆撃は、できません。

敵の対空砲火の届かない高空から民間人を殺したほうが、効率いいと考えました。国会議事堂にいる政治家は、終戦交渉や戦後処理のためにいたほうが、有利でしょう。
    • good
    • 0

モスクワなど良い。


古都レニングラードを落とせ。
古都を陥落させればこれで戦意を喪失するだろう。
我々は勝利できる。

これでヒトラーは大敗北します。
「独裁者」は、自分は神だから正しいからです。

>集中攻撃していれば、軍部の戦意が喪失してもっと早く戦争を終わらせることができたのではないでしょうか?

なる訳ないでしょうが。
無傷の中国の関東軍50万人と戦車師団、空軍力が国内に帰ってきますよ。

米軍は予告爆撃しています。
それを口封じしたのは「日本人」です。
    • good
    • 0

では逆に質問します。



某テロリストは米国の国防省通称・ペンダゴンに民間旅客機を突っ込ませ一部を破壊しました。米国国民と軍部の戦意は無くなったでしょうか?

某国はイラクの中枢施設に対して精密爆弾による攻撃を行いました。イラク軍は戦いを止めましたか?

何れも逆鱗に触れて前者はアフガン・イラク戦争の引き金となり、後者はクウェートの油田破壊に繋がったのでは?

行政中枢部周辺は対空砲陣地の巣です。そんな場所を攻撃しようと思ったらどれだけの損害を被るか考えてください。
民間地域を爆撃したB29は150機は撃墜確認されているんですよ。

ちなみに数年前、国鉄本社(旧鉄道省)のビルを解体した時、このビルには10m以上にわたって対爆撃用の防御鉄骨が組まれていたそうです。通常の爆弾では破壊ができません。

現在の日本の官庁も我々が見ているのは上部構造であって地下に対戦争用の施設が存在しています。この施設は対核爆弾を想定していますので原子爆弾を使っても破壊できません。

官公庁の施設を攻撃するのは愚の骨頂であって戦争を終わらすことはできません。
    • good
    • 0

行ってはいましたよ。


ただ、空軍による爆撃だけでは、降伏にまで持って行けることは少ないです。(というか、殆ど無理)
軍需工場等を攻撃して、供給を遅らせることはできますが、いずれ必ず復興して稼働し始めますし。
政治的な面から言えば、別に国会議事堂がなくても政治的な指揮系統さえ生きていれば、どこからでも指示は出せますしね。
ヒットラーも地下に潜って、最後まで指示を出していましたし。
近々の例でも、イラク戦争でフセインを屈服させたのも、米軍中心の軍隊が陸軍を導入してバクダッドを占拠した上で、隠れていたフセインを捜し出せたからですし。
その後の米軍への攻撃は、必ずしもフセイン軍の残党によるモノでもないので、まぁ、フセインの拘束をもって対フセイン・イラク戦争は終わったと見て良いでしょうね。

つまり、空軍だけでは一時的に軍需設備を破壊して補給を遅らせたり、攻撃力を下げる事は出来ますが、一国を侵略することは出来ません。
また、「軍需設備を空から見たら民家に見える」みたいな偽装も行いますので、空から一見しただけでは軍需設備だとは分からなかったりもします。(だから誤爆が起こる)
なので必ず、陸軍でもって侵攻する必要があるのです。
なので、米軍もハワイから太平洋島々伝いに侵攻してきたのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q顔文字挿入

メールを書くときに顔文字を使いたいのですが・・・・
ATOKのバーの顔文字をクリックしても挿入できません
再起動させても同じ結果で原因が分かりません
OSはXP
SOTECのノートを使っています
あと入っている顔文字以外の顔文字ってどこで見つけてますか?
表現豊かな顔文字を教えてください

Aベストアンサー

顔文字を辞書登録して使っては?
顔文字辞書を入れると、変換候補の顔文字が多すぎてかえって使いづらくなるので、私はもっぱら辞書登録しています。
こういう所 http://z.la/wjret
から好きなサイトに行き、好きな顔文字をコピーしてきて。
ATOKだと単語登録ですね。
http://docs.hp.com/ja/5187-0724/ch08s03.html

私の場合は「にこ」と入力、変換で「(*^-^)」と出せるようにしていたりします。

Q太平洋戦争で日本が示した航空攻撃の効果

質問タイトルうまく浮かびませんでしたが、教えてください。
興味があって、1939年以降くらいの日本の軍事関係の本をよく読みます。そのなかで後の連合国軍の常套手段となる艦船に対しての航空攻撃と、艦砲による陸上攻撃の有効性を証したのは日本軍であるということをいくつかの書籍で読んだ記憶があります。
 前者においては真珠湾攻撃とマレー沖海戦、後者のおいてはヘンダーソン飛行場への攻撃がその例として挙げられていました。
 そこで前者においての疑問があります。それまで世界の常識とされていた、航空機によって艦船攻撃しても有効ではないという根拠はどういうものだったのでしょうか。また、なぜ日本海軍はそれまでの常道を破る航空機による艦船攻撃で成果を出し得たのでしょうか。航空魚雷の発達によるものでしょうか。

Aベストアンサー

>それまで世界の常識とされていた、航空機によって艦船攻撃しても
>有効ではないという根拠はどういうものだったのでしょうか。

敢えて申し上げますが、そのような「常識」はありませんでした。
太平洋戦争の10年前の軍事書籍でも航空機が軍艦に重大な打撃を与えうる事は当然とされています(参考文献:光人社「日米もし戦わば―戦前戦中の「戦争論」を読む)。
また航空機による艦船攻撃は第二次大戦でも英海軍が先んじており(例えば1940年11月のタラント空襲)、真珠湾攻撃の前でも米海軍は11隻ものエセックス級空母の建造を決定しています。
真珠湾攻撃が世界に先んじていたと言えるのは空母6隻の集中運用(英海軍は基本的に分散して運用していました。これは同等の空母が欧州には存在しなかったからです)であって、艦船攻撃ではありません。

Q太平洋戦争でアメリカ側の指導者が思い描いていたストーリーについて

太平洋戦争でアメリカ側の指導者が思い描いていたストーリーについて

太平洋戦争について、日本の敗因について記載の書籍やサイトはありますが、アメリカ側の作戦(日本をどのようにさせ、結果、敗戦に導いていったのか)について詳細に書かれたものは少ないように思われます。
 アメリカ側はどんな事を考え、日本の敗戦へと導いていったのですか。

各 地域の戦闘ごとたまたま日本が連敗し、結果そうなったのではなく、おそらく 指導者が 大まかに思い描いていたストーリーがあったはずだと思います。

Aベストアンサー

第一次大戦後、アメリカは対外戦争の基本戦略を策定し、その場合の仮想敵国に応じて戦略に色の名前をつけました。
対日戦の場合、「オレンジ」という名前がつけられ、「オレンジ計画」と呼ばれます。
この計画はなかなか考えられた計画で、他の色の中には「対イギリス戦争戦略」もありました。元々アメリカはイギリスと戦争して独立した歴史があるわけですが、例え最も親密な国であっても国際政治の世界では戦争になることもありえるという認識に基づいています。

もちろん太平洋戦争前にはその戦略に基づいた艦隊計画をしていました。真珠湾作戦によってオレンジ計画は大いに狂うのですが、ガダルカナル以降の米軍の反撃は基本的にこのオレンジ計画に沿ったものでした。

>各 地域の戦闘ごとたまたま日本が連敗し、結果そうなったのではなく、おそらく 指導者が 大まかに思い描いていたストーリーがあったはずだと思います

ご指摘のとおりで、「戦略があるかないか」それが太平洋戦争における日米の根本的にして絶望的な違いでした。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB

第一次大戦後、アメリカは対外戦争の基本戦略を策定し、その場合の仮想敵国に応じて戦略に色の名前をつけました。
対日戦の場合、「オレンジ」という名前がつけられ、「オレンジ計画」と呼ばれます。
この計画はなかなか考えられた計画で、他の色の中には「対イギリス戦争戦略」もありました。元々アメリカはイギリスと戦争して独立した歴史があるわけですが、例え最も親密な国であっても国際政治の世界では戦争になることもありえるという認識に基づいています。

もちろん太平洋戦争前にはその戦略に基づいた艦...続きを読む

Q太平洋戦争での米軍の圧倒的虐殺的攻撃

太平洋戦争で硫黄島や沖縄では米兵も多数傷ついたのは分かるのですが、そのた日本軍が玉砕した島々での戦闘はどうだったのですか? 日本軍の銃器を見ているとその数、質ともに圧倒的に劣るため、攻撃されるだけされて、あれでは戦争では無い様に思えますが、実際はどうだったのですか?

Aベストアンサー

<米軍の圧倒的虐殺的攻撃><圧倒的に劣るため、攻撃されるだけされて、
あれでは戦争では無い様に思えますが、>と尋ねておられ様に思います。

根本的な点は、日本軍とその兵士には「降伏」と「捕虜」と成ることが
許されておらず「最後の一兵」まで戦わなければならなかったことです。
こう云う相手に対する米軍は、圧倒的な武力で最後の一兵を倒すまで
攻撃したのです。結果は<虐殺的>なものでした。

「降伏」と「捕虜」に成る事を禁じたのは、東条英機が陸軍大臣の時に
示達した「戦陣訓」です。戦陣訓には
<恥を知る者は強し。常に郷党(きょうとう)家門の面目を思ひ、愈々
(いよいよ)奮励(ふんれい)してその期待に答ふべし、生きて虜囚
(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず、死して罪過の汚名を
残すこと勿(なか)れ       
— 『戦陣訓』「本訓 其の二」、「第八 名を惜しむ」>
とあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E9%99%A3%E8%A8%93

この戦陣訓は1942年以降は各兵士の持つ『軍隊手牒』に「軍人勅諭」と
共に印刷され、周知徹底されました。*

太平洋戦争の捕虜第一号は、真珠湾に特殊潜航艇で出撃した酒巻大尉です。
出撃した10名から彼を除く9名は軍神として「靖国神社」に祀られ、
彼の家族は非国民扱いされました。当時出征した兵なら誰もが知っていた
事実です。

そういう状況下で、武器が有ろうが無かろうが戦わざるを得ず、
蹂躙される様に倒された兵士、恨みを呑んで餓死した兵士とその遺族に対して
国を免罪するのが靖国神社です。

*手元に亡き父の軍隊手帳が有ります。日華事変が始まる頃のもので
 軍人勅諭は印刷してありますが、まだ戦陣訓はありません。
*苦学生で土方のアルバイトをした時、ある現場で図体の大きな鼻を垂らした
 オッサンが昼休みに直立不動で何かをゴチョゴチョ呟いていました。
 知恵遅れの方で、皇居の方を向いて軍人勅諭か戦陣訓を暗唱しているのだ
 そうです。戦後25年以上経っていました。ちなみに、軍人勅諭は2700
 語です。
 後日、父に尋ねたところ、知恵遅れであろうが何であろうが、文字通り
 ビンタで叩き込む。それが軍隊だそうです。
 

<米軍の圧倒的虐殺的攻撃><圧倒的に劣るため、攻撃されるだけされて、
あれでは戦争では無い様に思えますが、>と尋ねておられ様に思います。

根本的な点は、日本軍とその兵士には「降伏」と「捕虜」と成ることが
許されておらず「最後の一兵」まで戦わなければならなかったことです。
こう云う相手に対する米軍は、圧倒的な武力で最後の一兵を倒すまで
攻撃したのです。結果は<虐殺的>なものでした。

「降伏」と「捕虜」に成る事を禁じたのは、東条英機が陸軍大臣の時に
示達した「戦陣訓」です。戦陣訓に...続きを読む

Q太平洋戦争を映像で学びたい

太平洋戦争のことを家族で映像で学びたいと考えています。そこで次のDVDのどちらかを購入しようとしています。「NHKスペシャル 太平洋戦争 BOXセット」、「秘蔵・太平洋戦争全史 前編、後編」。はなはだ稚拙な質問ですがどちらがおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

私は両方持っています。他に「太平洋戦争史(上)、(下)」や「ドキュメント第二次世界大戦の記録(全巻)」も買いましたが、「NHKスペシャル太平洋戦争」が映像の質の良さ、量の多さ、解説の分かりやすさ等で圧倒的に良いと思いました。特に日米双方からの映像が取り入れられ、画像も補正されているようで画質も良いです。

「太平洋史」「ドキュメント・・・」は米国防総省の撮影フイルムを監修しただけの映像が多く、事態を短く淡々と述べるだけのものでした。画質も相当悪いです。でもNHK(日本)では放送しないような戦場の悲惨な状況の映像が入っていたりします。

どれが良いかは個人の見方、受け止め方によると思いますが、家族で学ばれるのでしたら先ずは「NHK・・」をお勧めします。更に個人的に勉強されるのでしたら、他のものも有用と思います。

Q太平洋戦争時の日本軍司令官で

皆さんが素晴らしいというか優秀な司令官は誰だと思いますか?陸海軍問いません。エピソードと一緒に教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

私の尊敬する人物は海軍軍人「工藤俊作」です。
彼は1942年3月にスラバヤ沖海戦で日本艦隊に撃沈された英国艦船の漂流乗組員422名の救助したという人です。
敵兵といえども無抵抗のものには手を差し伸べるという「武士道精神」を持っていた人なのでとても尊敬しています。

Q太平洋戦争関係の博物館

先日,サイパンのアメリカンメモリアルパークを訪れました。
寄付で運営されているとは思えない展示で,大変勉強になりました。

真珠湾の博物館は訪ねたことがありますが,太平洋戦争における日本兵の足取りがたどれるような海外の史跡・博物館などどなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

太平洋戦線といえばソロモン諸島、パプアニューギニアあたりではないでしょうか。

私も一度は行ってみたいのですが、なかなか難しいです(笑)
http://www2.gizo.net/solomon/travel/info/gatoushoukai.html

参考URL:http://www.png-japan.co.jp/kanko/rabaul.html

Q自存自衛の戦争【太平洋戦争】

経済制裁もハルノートも、柳条溝以降の日本の中国侵略に対する欧米からの数々の警告を無視しつづけた結果だと思います。つまり封鎖されるべくして経済封鎖され、突きつけられるべくしてハルノートを突きつけられたのに、なぜ自存自衛だったといえるのでしょうか。

Aベストアンサー

thisaway さんの言わんとするところは正鵠を得ていると、私も思いますよ。
なぜなら、米国と戦争すれば、日本の自存自衛もあり得なかったからです。実際に1941年夏(真珠湾攻撃前)、日本の若手エリートを結集した「総力戦研究所」(内閣直属の機関)は、「日本必敗、(米国と)戦うべからず」という秘密報告書を出しています。日米の国力差を冷静に考えれば、当時の日本人にとっても明らかでした。
つまり、「自存自衛のため」と称して真珠湾攻撃に踏み切ったのは、自己矛盾にほかならないということです。「やってみなければ分からない」と言ってる場合ではありません。

従って、thisaway さんのおっしゃるように、ハルノートを突きつけられる前に、日本は対外政策を転換するべきでした。「歴史に if はない」とは言いますが、「欧米からの数々の警告を無視しつづけ」、事態がハルノート(日本にとって飲めない条件)に至った後では、遅かったのです。

「自衛戦争か、侵略戦争か」がクリティカルな(決定的な)意味を持つ理由は、第二次大戦当時、すでに(自衛戦争以外の)戦争は違法だったからです。
不戦条約(戦争放棄に関する条約。1928年パリで調印、日本も参加)により、戦争は非合法化されました。同条約と国際連盟規約(1919年締結)により、従来の戦争観(戦争は国家の権利、宣戦布告すれば戦争するのは自由)は制限を受けるようになりました(なお、同条約は期限の定めがなく、今日も効力を有しており、約60の国が当事国となっている)。
しかし、その後の歴史を見るまでもなく、この条約の実効性は疑わしいものでした。条約参加国の多くが自衛戦争の権利を留保したし、違反に対する制裁規定もなかったからです。いわば同条約は「ザル法」でしたが、それでも、それ以後戦争をする国は、周到に「自衛戦争」を自称するのが常でした。

つまり、「すべての戦争は当事国にとって自衛戦争」という、詭弁競争の状況になったのです。そういう経緯がありますから、「日中戦争も日米戦争も、日本にとって自衛戦争」と主張するような輩(やから)と、議論しても無駄でしょう。ややこしいことを言えば、侵略戦争の中にも自衛戦争の要素はありますし。
それよりも、次の冷徹な認識が重要です。
「米国と戦争すれば日本必敗。日本の自存自衛は図れない。つまり、米国相手の自衛戦争はあり得なかった。そこまで追い込まれる前に、対外政策を転換しなければならなかった」

ただし、この論理だけでは、日中戦争を自衛戦争と言い募る余地が残ってしまいます。もちろん私は、中国に対する侵略だったと思っていますが、いまだに反省しない連中と論争するまでもなく、「自存自衛を不可能にしていく自衛戦争は、自己矛盾。日中戦争も日米戦争もそうだった」と述べておきます。


【マッカーサーの上院証言について】
マッカーサー証言をコピペ(コピー&ペースト)しても、その意味が分かってない人がいるようです(No.1回答でしょうか)。どんな質問に対する証言だったのか、確認しておこうとは思わないんでしょうか? 長文ですが引用します。

対訳 マッカーサー証言(1951年5月3日、米上院軍事外交合同委員会)
http://www.chukai.ne.jp/~masago/macar.html
(ヒッケンルーパー上院議員)
5番目の質問です。赤色中国に関する海と空からの封鎖という貴官の提案は、太平洋において米国が日本に勝利を収めた際の戦略と同じではありませんか。
(マッカーサー将軍)
そうです。
太平洋では、米国は日本を迂回しました。そして閉じ込めたのです。
日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。
このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。
これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。
Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。
(引用終り)

長々とコピペしました。
マッカーサーがこの証言を行った1951年5月は、朝鮮戦争で「中国に原爆を落とせ」と主張し、トルーマンに解任された後のことです。
ヒッケンルーパー上院議員の質問と照らし合わせ、マッカーサーの代弁を勝手にしてみると、次のようになるでしょう。

「中共を封鎖しろ。太平洋戦争前に日本を経済封鎖したように。あの戦略は成功だった。封鎖された日本は、自らの security の必要に迫られ、戦争に打って出た。そこを我々が撃滅したのだ。(中国と日本は資源の有無など状況が異なるにせよ、)中共を封鎖せよ。奴らは(ジリ貧に陥るか、)勝てない戦争に打って出てくるだろう。(日本と同じ罠にはめろ)」

マッカーサーは、一見日本に同情しているようで、実は日本を見下しているんですよ。分かりきった話です。
鬼畜米英が合言葉だった日本人は、敗戦後、掌を返すように占領軍(進駐軍)に擦り寄り、おべっかを使いました。マッカーサー宛に、おびただしい日本語のファンレターが届いたそうです。
そのギブミーチョコレート根性が、いまだに抜けないんでしょうね。「あの元帥様が、自衛戦争と認めてくださった!」と、虫のいい解釈に浸っているわけですか?
麾下の将兵を幾千万と殺されつつ、容赦なき大戦を戦い抜いた闘将マッカーサーが、いくら御役御免になった後でも、「日本が行った戦争は侵略戦争ではなく自衛戦争」と認めるはずがありませんよ。そういう、まともな解釈力が働かないんでしょうか。

付け加えておくと、このマッカーサー証言を「発掘」して世に喧伝したのは、田中正明、渡部昇一、小堀桂一郎という、お決まりの怪紳士の面々です。
http://members.jcom.home.ne.jp/t-masami/zakki-02-7-12/hp-02-08-20.html
> この話は昭和47年発行の『日本無罪論』で田中正明先生が
> 言ってられたのですが、聞くと、原典と突き合せてないということで、
> 渡部昇一さんと話合って原典を突き止めることになり、ニューヨーク・
> タイムズに記事が出ていることが窺え、そこで現物を学生に
> 探してもらうと見付かりました。
> 東京裁判を開くための条例を制定した最高責任者マッカーサー自身が
>「侵略戦争でなく自衛戦争だった」と証言です。どんどん使って
> 宣伝しようと渡部さんと喜び合ったものです。

thisaway さんの言わんとするところは正鵠を得ていると、私も思いますよ。
なぜなら、米国と戦争すれば、日本の自存自衛もあり得なかったからです。実際に1941年夏(真珠湾攻撃前)、日本の若手エリートを結集した「総力戦研究所」(内閣直属の機関)は、「日本必敗、(米国と)戦うべからず」という秘密報告書を出しています。日米の国力差を冷静に考えれば、当時の日本人にとっても明らかでした。
つまり、「自存自衛のため」と称して真珠湾攻撃に踏み切ったのは、自己矛盾にほかならないということです。...続きを読む

Q顔文字!

パソコンなので、ほとんどの人が顔文字を使ってらっさっしゃると思いますが、僕はぜんぜん顔文字を知らないので、顔文字をたくさんのせていただけないでしょうか?
特に、おもしろい顔文字でいいので教えてください
顔文字をのせていただくだけでよろしいです。
オネガイします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「言語バー」の「般」を左クリックし、「話し言葉」選びます。すると「般」が「話」に変わります、 あとは、ワープロソフトを起動して「かお」と入力して、変換してください。いーーぱい「顔文字」が出て来ますよ。  \(^o^)/ (^^)/~~~

Q太平洋戦争はやはり自衛戦争だった

太平洋戦争はやはり自衛戦争だったと最近確信するようになりました。


あらかじめお断りしておきますが、僕は歴史に関してはド素人です。初めは学校で習った通り日本は悪の帝国で侵略戦争を仕でかしたと普通に思ってました。


しかし、元はと言えば、アメリカが国際連盟設立時に人種差別を目論んだり、その後排日移民法を制定して日本に敵意を剥き出しにしたり、更に経済封鎖をしたりして日本を追い詰めていった事を考えると、完全にアメリカが仕掛けた戦争だったとしか思えなくなりました。


マッカーサーも戦後、米議会で「あれは日本の自衛戦争だった」と証言したくらいですから、議論の余地はないと思います。僕のこの結論に間違いはありませんか?

Aベストアンサー

まず、個別の事例(人種差別や排日政策や敗戦やどちらから始めたか、避けられなかったのか)を否定しても、大東亜戦争が自衛戦争であったことの否定にはなりません。
(それらと全く関係がない自衛戦争であったという可能性もありえます。)

この問題では、↓のような意見がよくでますが、それらは今回の質問とは関係のない事だと思います。

避けられなかったか?という意見については、何故か同様にアメリカにも言っている意見を聞いたことがありません。(そういう意見の方は、相手がどのような横暴であっても、日本だけは可能な限り誠実に対応するのが当たり前だと思っているようです)

「勝てば官軍」とか嘯いている人は、国際法に無知であり戦争に言及する資格がないと思います。

自分と違うアメリカの行為への評価を「陰謀論」として、それを否定してみせることで対日政策自体を正当化する意見もよく見られますが、陰謀以前に中立国としての義務を逸脱している事を語った意見はないようです。
(事実にあからさまな嘘を混ぜることで、全てを嘘だと誤認させるのは詐欺師の常套手段です)


>僕のこの結論に間違いはありませんか?

質問者の「結論」と質問の焦点が「大東亜戦争は自衛の為の戦争だった」ということだとしたら、総論としてはそうだと思います。

しかし、「大東亜戦争は自衛の為の戦争だった」というのは、「日本は無罪である」と言うのと同じであるので、証明は不可能に近いと思います。(ヒント:悪魔の証明)
そもそも、「大東亜戦争は自衛の為の戦争だった」という主張自体が、連合国の「侵略戦争だった」という主張への反論です。

なので、自衛戦争であることの証明ではなく、(不可能ですし)侵略戦争であることを否定すればOKです。
そして、本来は「侵略戦争である」と主張する側がその証拠を出す義務があるのですが、この質問は立場が逆になっているので、よくある主張(他国の領内に行って戦闘をした=侵略である)について説明します。

私の考えは、
【当時は、日本軍の行為を侵略と断定できる国際法の条文はありません】
ということです。

この場合、侵略の定義(=どのような行為か)が問題になります。
私は、時代と人の数だけある正義感とやらでそれを考えたり、全てを知っている(と思っている)現代人の立場から、過去の暗中模索で苦悩していた当事者の行為を評価して愚かと嗤って、ごりっぱな人間 を気取る趣味はありません。

当時の国際法では侵略の定義は明確ではありませんでした。

侵略戦争が国際法で違法とされたのは、WW1後のパリ条約によるものですが、
その条約では加盟国の様々な事情で、侵略か否かの決定が

【当事国の裁量権に任せる】

となっており、これでは当事国が 「私は侵略をしました」 と言わない限り侵略にはなりません。

しかし、それでも侵略が違法となった以上、正当な戦争の条件である「自衛権」も問題になりましたが、
当時のアメリカは、↓のように言っています。

【この条約は自衛権を制限するものではなく、その内容と範囲は各国が判定できる】
【当事国が決定するものであり、その自衛の範囲は海外への軍隊の配備まで含む】

↑は、他国に軍隊を出して戦闘を行っても、侵略の十分条件にはならないということで、
侵略の定義など存在しないのと同じであり、事実上ザル法です。



当時の北東アジアの情勢ですが、
よく勘違いしている方がいますが、↓のような状態で当時の満州の領有権は確立していません。

日清戦争で日本は遼東半島を獲得しましたが、その後三国干渉によって返還させられています。
その後、ロシアは義和団事件に乗じて満州を占領したため、日露戦争がおこります。

日本は日露戦争の勝利により、ロシアから満州鉄道を譲り受け、旅順、大連の租借権を得ました。
同時に、これらの防衛や現地邦人保護のため、満州へ軍隊を置く権利も得ています。
(当時の満州は、清国の政策に拠って住人のいない空白地帯で、更にモンゴルの領有権は中国ソ連も主張しており、日本は国防上の理由から満州を放置できませんでした。)

↑のように日本は、南満州の特殊権益は国際的に認められていました。
アメリカも1917年の「石井・ランシング協定」により、これを認めています。

満州鉄道に関しては、行き違いからアメリカが経営に参加できず、それが反日の一因となっていることは事実ですが、その後の反日政策(中国への支援や資源の禁輸)自体は、後述するように戦争行為であり、それに対抗した日本の行為は自衛であると思います。

一方で、当時の中国は清が滅亡し複数の政権(馬賊や地方軍閥など)が争っている内乱状態で、彼等にはまともな行政・司法・警察等の能力は無く、国際条約の知識や理解も薄く、それらの遵守は期待できませんでした。(実際何度も一方的に破棄されています。)
当時の中国領には多くの国が投資しており、在中外国人(日本人も含む)も多かった為に、日本政府は彼等の保護を中国に要請してもいました。

中国の軍閥政権は大陸の日本領内にも侵入して、破壊活動やテロなどの挑発を行っており、現場の緊張は極限状態に達していました。
当然治安も悪く、テロも多発しており、日本人の大尉が中国兵に惨殺される事件も起きています。
これらの結果、現地の部隊が暴発し、独断行動による戦闘が発生してしまい、それが満州事変に発展します。

これを侵略とするなら、その原因となった中国軍の行為も侵略であるはずです。

満州の領土化は、以上のように国防上の為のものでありましたが、
同時に南満州鉄道を守る為でもありました。
満州事変以前の国境線のまま中国と接した場合、テロや破壊活動を阻止できませんでした。

その後、満州国は日本が治安を維持した為に各地から人口が流入し繁栄した為に、再びそれを狙った中国によるテロ活動が起りました。
日本軍は前回と同様、領土内で対応していましたが、そうすると彼らは中国内に逃げて、その後また侵入して同じ事を繰り返しました。
日本は中国奥地にある彼等の本拠地(南京、重慶)を叩かなければ、根本的な解決にならないと判断し、中国領内に攻めていきました。
これが日中戦争に発展します。

アメリカは、中国の市場を日本から奪う為に、日中戦争では国民党(蒋介石)を支援しました。
【義勇軍】という名目で兵士も派遣し、大陸で日本と戦闘もしています。

国際法では、この時点でアメリカは中立ではなく、日本と戦争状態にあると見做されます。
ということは、真珠湾以前から日米は戦争状態であり、(宣戦布告もなく)先に仕掛けたのはアメリカということになります。

「日中戦争」について日本が「戦争」としなかったという意見もあるようですが、どちらかが宣戦布告さえすれば「戦争」にはなります。
中国が宣戦布告しなかった理由ですが、
アメリカには「中立法」というものがあり、「戦争」になった場合アメリカの中国支援はこれに違反している事になるからです。
(「戦争」になったのは真珠湾攻撃の後(1941年12月9日)に中国から宣戦布告をしたからです)

中立法:戦争状態や重大な内乱状態にある外国に対して武器・弾薬類を輸出することを禁止するアメリカの法律。


その後のABCD包囲網とハルノートが日本に開戦を決意させました。

この経済制裁についても、東京裁判で日本の弁護についたローガン弁護人が↓のように言っています。

【自衛権は経済封鎖にまで及ぶ。一国の生存に必要な物資を奪う行為は、国民の士気・福祉の破壊を目的としている分、武力による殺人以上に激烈な 戦争行為 といえる。】


以上から、人種差別や排日政策などとは関係なく、
日中戦争の原因が中国のテロ(侵略)であり、
大東亜戦争の原因が日中戦争への、アメリカやその他の連合国の介入に対するものである以上、日本の戦争は侵略目的のものではないと思います。


日本がアジア諸国を植民地にしようとしたという意見もありますが、そう言っている人が根拠を出したのを見たことがありません。
そのアジア諸国ですが、「アレは侵略ではない」という認識から連合国が認めた賠償請求権を放棄してくれています。(しかし、日本はそれに対しても「準賠償」という名目で経済援助をしています)

【日本が支払った戦争賠償金】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=euNuLLDSWTI

戦中に開かれた「大東亜会議」では、アジア諸国の独立を認めています。(動画も参照)
(日本は占領後のフィリピンを「フィリピン共和国」として独立させています)

http://www.youtube.com/watch?v=LgmCsWEq_bk

まず、個別の事例(人種差別や排日政策や敗戦やどちらから始めたか、避けられなかったのか)を否定しても、大東亜戦争が自衛戦争であったことの否定にはなりません。
(それらと全く関係がない自衛戦争であったという可能性もありえます。)

この問題では、↓のような意見がよくでますが、それらは今回の質問とは関係のない事だと思います。

避けられなかったか?という意見については、何故か同様にアメリカにも言っている意見を聞いたことがありません。(そういう意見の方は、相手がどのような横暴であっても...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報