利用規約の変更について

はじめまして。GENZOU21といいます。
私は、高校は進学校に通っていたのですが、大学受験に失敗し、浪人生活に入ったときに、鬱病みたいなものにかかりました。その原因はたぶん他人からの批判だと思います。
部活をやっていた私は、卒業後もOBとして部活に参加していたのですが、そのとき後輩から「この学校で●●大学にも受からなかった人がいるらしいんですよ。やばいですよね」といわれました。それはまさしく自分のことでした。そのようなことが学校中に知れ渡っているのかと考えた瞬間から、他人の目が怖くなり、自分には価値がないと考えるようになり、受験勉強自体が恐怖になってしまい、予備校も休むようになり、このとき何回か自殺をしようともしました。
そのときは、何とか踏みとどまれたのですが、その後は何もやる気がおきなくて、受験もこの状況をやめたいという一心から勉強をしなくても入れるところに入りました。
その後、人に会うこと、特に、中学や高校など自分を知っている人と会うのがいやになり、携帯を変え、連絡をしないということをしました(今ではそのことを本気で後悔しています)。
大学に入ってからは、このままではだめだ、昔の友達とまた連絡を取りたい、と考えるようになり、自己啓発や成功哲学の本を読んでいろいろとその方法を試したのですが、一時的にはよくなっても何かをしようとすると(例えば資格を取る)必ず昔の恐怖がよみがえってきてブレーキがかかってしまいます。そして、勉強をしなくなるという循環が3年ぐらい続いています。もし、同じような体験をしたことがある方がいらっしゃいましたら、自分はどのようにそれを克服したのかを教えてはもらえないでしょうか?正直、今の自分がしんどくてしょうがないです。

ちなみに、医者には通ったことがありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No3です。



>他大学へ行って、自分の本当の実力を知りたいのです。
これは、私の傲慢なのでしょうか?

まったく違います。あなたは過去3年間のうちにすごいトラウマができてしまったのですね。もう気にしなくていいんですよ、そんなことは。

もともと進学校に通っていた方。勉強は得意(もしくは好き)なはず。そんな人がより上を目指すことのなにがいけないことでしょうか。
むしろ人間として当たり前のことです。
向上心があるというだけのことです。
あなたはもう乗り越えています。振り向かずにがんばって道を開いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何回も返信をありがとうございます。cat333さんには本当に勇気付けられています。上の質問は、その後、インターネットで編入や大学院ということを調べていると、必ず出てくる“行っても意味がない”などという否定的な文章から出てきた気持ちだと思います。

でも、やっぱり私はもっとよい環境で勉強をし、多くの友人を作りたいです。だから、がんばろうと思います。

本当にありがとうございました。
もう振り向かずにがんばりたいと思います!!
他人を見下すことなく、誰であろうとも、その人のいいところを見つけ、学び取っていこうと思います!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/07 21:48

NO3です。


調子に乗るか乗らないかは自分次第です。
もしかしたら大学院へいく、もしくは名の通った大学へ行くことで
過去の優越感を思い出し、調子に乗った人に戻ってしまうかもしれません。
でも私の推測では、あなたは3年も苦しんでいるので、もう挫折もしないだろうし、人から何かを言われても平気な心も身についている。
あとは「自分より学歴がない人を馬鹿にしない」と言うことだけを誓っていれば大丈夫ではないでしょうか。

大学院や有名大学は世間一般でそれほど評価されているものではありません。私の前の会社には東大・早稲田・慶応卒しかいませんでした。
私の前の彼氏は東大の大学院を主席で卒業しています。弟の婚約者は明治の大学院を出ています。親友は東大の博士号を持っています。
でもそんなこと、だからなに?っていう感じです。
世間一般でそんなことで人は判断されていないということがわかれば
調子にも乗らないのではないでしょうか。(これは私にも言い聞かせる言葉でありますが)
受験がんばってください。いい大学へ行ってたくさん学んでください。大学名を自慢するためでなく、充実した中身の深い時間をすごすために。

この回答への補足

二回も回答、本当にありがとうございます。

自慢はできないのですが、私は、今の大学で成績上位3名の中に入っています(たぶん1位だと思うのですが・・・。)
でも、自分的には”がんばって勉強した結果がこれでうれしい”というよりも
”どうしてこの勉強量でこんな成績なのだろう?”と感じてしまうことが多いのです。
だから、他大学へ行って、自分の本当の実力を知りたいのです。
これは、私の傲慢なのでしょうか?
cat333さんが言うように大学編入と大学院への進学、両方を考えてがんばっていきたいと思います。

今回は回答をいただいて、本当に感謝しています。こんなこと、大学の友人には相談できないし、親にもなんだか悪いのでまだ言ってません。
でも、cat333さんのおかげで、少し自分の進路が見えてきた気がします。
本当にありがとうございました。

補足日時:2008/01/06 19:25
    • good
    • 1

はじめまして


文章読まさせていただきました。
私は似たような経験といいますか浪人経験者です。県立高校受験に落ち浪人しました。翌年の試験で受かる保証などもなく精神的においやられ、友達はみんな楽しそうな高校生活をおくっていてうらやましく感じる。周りからは高校浪人と言う事で笑われました。この様な事から試験と言う事に抵抗ができました。
自分の立ち直り方ですが、参考にはなるかわかりませんが趣味がきっかけです。浪人時代に見つけた自分の趣味を突き進めていくとこの趣味の資格が欲しいと思いました。やはり最初は試験に抵抗があり国家資格だったので正直ビビリました。だけど資格が欲しい、もし落ちても経験になるし、やらないよりはちょっとでも勉強しようと思いやりました。やはり最初はほんのちょっと勉強しただけなので落ちましたが、勉強をちょっとでもしたと言う充実感みたいのが沸き次の年もやろうと思い受けました。それで合格して自分に凄い自信がでました。
ほんのちょっとした自分の趣味から国家資格を取るなんて思っていなかったのでビックリです。好きな事を勉強するので嫌いな勉強より苦になりません。勉強と思うと構えちゃうので知識をつけよう程度でもいいと思います。
趣味でなくても興味、疑問がある事をどんな小さな事でも調べると言う事だけでもいいかもしれません。調べる=勉強(知識をつける)ですから、ここから少しでも勉強という事に慣れてくというのも悪くはないかもしれません。
浪人の経験がなければ資格を取ろうなんて思わなかったし、今の自分もないと思います。
高校の時は本当に嫌で自分の汚点としてとらえていた浪人が、今は友達などに笑い話として話せるようになり、浪人してよかったなと思うのでgenzou21さんもそんな時がくると思います。
何年後かに就職したとして同じ学歴の同僚などがいると思います。しかしgenzou21さんは(不謹慎な言葉ですいません)人が味わっていない経験を耐え、人の痛みがわかり他の人よりも何倍も素晴らしい人間になっているので同僚よりも差がついてるはずです。
No2の方も言われている通り、出来事を貴重な体験ととらえれば大きな人間になれるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私はyasu_33さんはすごい人だと思います。
私もこの経験がいつか笑い話にできるようにがんばりたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/05 19:06

私も進学校へ行っていました。

そして人を学歴や職業で判断するアフォ(No1さん参照)です。
自分が人を学歴や職業で判断するため、人から自分も学歴や職業で判断されていると思い込んでいます。まさに質問者さま同様「妄想という現実」状態です。
大学を卒業し、希望の会社で希望の職に就きました。のどから手が出るほど欲しかった肩書きが自分のものになった瞬間でした。
その頃から、私の悪い考え方(職などで人を判断する)に拍車がかかり、自分はもっと上をもっと上をと上を目指すようになりました。上を目指すことそのものは悪いことではないのですが、そもそも根底にある考えが「人から賞賛されたい」という現実問題として苦しいものです。
上を目指さんがために無理な行動をして無理な考え方をしてがんばった結果、うつ病になりました。そしてあっけなく仕事も退職です。上を目指そうとしたやり方を間違えて、その物自体を失ったのです。
そして今も闘病中。悲惨です。
質問者さまは人を学歴で判断していません。何より、そうされて辛かったのはあなたなのだから。私のような考え方をする人間に心無いことをいわれて落ち込んだのだから。そしていま、あなたはその落ち込みを乗り越えようとしています。がんばってください。
私はこの考え方を治さない以上、今の病気は治らないと自分で思っています。こういう考え方の人にはバチがあたるのですよ。

答えになっていなくてすみません。ただあなたに害を与えた人間と同じ側にいるもの(考え方)の境遇として書き込みをさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。たぶん私も高校時代はcat333さんと同じ考えだったんだと思います。たぶん学歴で判断したり、「尊敬されたい」と思っていたんだと思います。だから私は今その罰があたっているのでしょう。

そこで、もうひとつお聞きしたいのですが、今、私は大学を編入しようか、大学院に進学しようか迷っています。これは今の環境以外の場所で勉強をしたい、ほかの人と勉強をしてみたいということもありますが、やはり心のどこかで「学歴がほしい」「他人からよく見られたい」と考えているのではないかとも考えてしまいます。

これは自分を高めるためにこれを目指したほうがよいのでしょうか?
それとも、もし受かっていってしまったら、また昔の自分(高校時代に調子に乗っていたとき)に戻ってしまうでしょうか?

お時間があり、回答していただけると光栄です。

お礼日時:2008/01/05 09:42

一番辛い時期ですね


恐怖や不安を無くす方法は1つだけあります。
それは恐れていることを実行すること、立ち向かうことです。
「それが怖いから取り除く方法を聞いているんだ」と思うでしょうが残念ながら恐怖は立ち向かわなければ消えません。
恐怖に立ち向かうことを勇気と言います。
恐怖は「逃げる」や「悪いイメージ」といった餌を与えることでどんどん大きくなります。恐怖を消すのも大きくするのも自分自身なんです。

また自分が質問者さんと同じような恐怖心に駆られているときは恐れていることを実行しました。
ただしとても怖いです。
なので自分は自己暗示という方法で自分をコントロールすることにしました。
例ですが
「失敗を恐れて何もしない人間なんて最低だ」
「辛いときこそ次の階段に上がれるか試されているんだ」
「傷つく勇気をもたなきゃ」
などと自分に言い聞かせなんとか克服する(耐え抜く)ことができました。

「どんな出来事に意味は無い、あなたがその出来事にどんな意味を持たせるかだ」
この言葉のようにすべてを+に考え、すべてを人生において貴重な体験と考えていくことができれば人生はもっと楽しくなるかもしれません。

なんか文法おかしいような意見ですが参考になればと思います。

この回答への補足

返信ありがとうございます。私は今まで恐怖から逃げてきました。それは大学受験からずっとです。kateranさんのように実行した人がいるなら、私もがんばってみようと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2008/01/03 18:31
    • good
    • 0

進学校出身の者です。

筑波大学附属駒場ですので、おそらく現在でも、関東一の進学校でしょう。

「この学校で●●大学にも受からなかった人がいるらしいんですよ。やばいですよね」などというアフォは無視しましょう。人間の価値は学歴で決まるものではありません。高学歴の馬鹿は多いのです。そもそも、今問題となっている政官財の癒着構造を作ったのは、東大と早稲田の出身者でしょう?こういう後輩は、学業では優秀かもしれませんが、人間として重要なことを忘れているとしか思えません。また、世の中には本当に受験勉強しかしてこなかったのだろうと想像がついてしまうような薄っぺらな人格の高学歴者もいます。それと比べたら、あなたの体験は長い人生のなかでは無駄ではなかったのだと考えましょう。うつ病を克服すると、人間としての奥行きが増すのです。

他人の目も無視すべきです。あなたは今、正常な判断が出来ない状態にいるわけですから、「学校中に自分のことが知れ渡っている」というのが被害妄想でしかないという現実に気づかないでいます。トップ高の筑波大学附属駒場でも大学入試で不本意な成績しか出せなかったり、そもそも高校を中退してしまう人がいるのですよ?考えすぎです。自分の感覚では、私の高校でも浪人からの再挑戦を含めても、2~4割くらいは、第1志望の大学に進学できずにいます。

これが大学1年なら、仮面浪人で第1志望に再チャレンジする手もあるのですが、3年となると厳しいところです。そろそろ、将来の社会人生活にむけて進路を決めなくてはいけません。これは日本社会の良くないところのひとつで、いったんルートからはなれた人間は、再び本流に戻ることが出来ないのです。安倍前総理の数少ない共鳴できる主張として、日本を再チャレンジの可能な社会に作り変えようというのがあったのですが、これはもう、当面、実現されることはないでしょう。

自己啓発書や成功哲学は、きっぱり止めるべきです。あの手の本は、マルチ商法の洗脳用教科書と、中身に大差がありません。「で?お金たくさんもうけて?マルチの崩壊とともに金だけではなく友人も失って?それがあなたの成功体験だったの?」というような本と、基本的に同じなのです。頭が悪くなる前に、あの手の本とは手を切るべきです。

精神科には必ず行ってください。自殺願望が消えきっていないうちに、就職活動を始めるのはストレスを増やすことになり、非常に危険です。本来はあなたは潜在力の高い人間なのですから、例えば理科系であれば、ランキングの高い大学の修士課程を目標にすることも出来るでしょう。また、企業就職しても、株式交換による合併・買収が解禁されている今、「一流校を出て大手企業に就職すれば、一生安泰」という法則は成り立ちません。私の会社など、何度買収され、そのたびに会社名が変わり、組織がえやリストラがあったか分かりません。今はそういう時代なのです。あなたの潜在力なら、国際的な厳しい競争と労働市場の流動化(要は、しょっちゅうクビになったり、自発的に転職したりするケースが増える)という新時代の環境を生き抜いていけるでしょう。

勇気を持って生きてください。あなたの人生はあなたのものです。無神経でアフォな後輩の言葉など、若気のいたりだと思って笑い飛ばしてください。

この回答への補足

返信ありがとうございます。harepandaさんの回答を見て、思わずないてしまいました。自分は今までの3年間はまったく無駄なものだと考えていたのですが、それにも価値があると考えられるようになりました。本当にありがとうございます。
病院へも行こうと思います。

それで、私はこれから大学(私は文系です)を編入(3年次)するか大学院へいこうと考えているのですが、これはまだ私が学歴主義から逃げられていないのでしょうか?早めに社会へでて、社会人としての経験をつんだほうが用意のでしょうか?
もし、お時間がございましたら返信していただけるとありがたいです。

補足日時:2008/01/03 10:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Q鬱で勉強に集中できません。

こんばんは。最近困っています。

高校中退後、フリーターをしていましたが、
いつかは学校に行きたいとずっと考えていました。
高校を中退して摂食障害から鬱になってしまい引きこもったり、働いたりの繰り返しです。

今は認定試験を受けて大学に行く為に自宅で参考書やNHKの高校講座、オンライン授業などで勉強しています。認定試験の方は高校が進学校だったこともあり
あと何科目か勉強すれば十分受かるレベルだと思います。
大学の方は私立に行きたいので3科目だけなのですが
自宅での勉強に限界を感じています。しかし金銭的な問題もあってケーブルTVで予備校の授業を見るという方法しか今後、余地はないようです。

決意してからの3ヶ月集中して勉強できていましたが、
最近鬱が酷くて本を読むのも辛いです。
毎日頭痛がして頭痛薬が手放せないんです。
頭の前の方が締め付けられるような感じで、気分転換に
散歩をしても依然集中できません。
また学費のことなど先のことばかり考えてしまいます。

勉強できないでいると焦ってしまい余計に不安な気持ちになってしまいます。どうしたらいいのでしょう?
最近ダイエットを始めたせいかなとも思っているのですが、必要な食事はしているし、勉強前にバナナを食べて糖分も補給しています。
体調が悪い時、皆さんはどのように勉強していますか?またしていましたか?

こんばんは。最近困っています。

高校中退後、フリーターをしていましたが、
いつかは学校に行きたいとずっと考えていました。
高校を中退して摂食障害から鬱になってしまい引きこもったり、働いたりの繰り返しです。

今は認定試験を受けて大学に行く為に自宅で参考書やNHKの高校講座、オンライン授業などで勉強しています。認定試験の方は高校が進学校だったこともあり
あと何科目か勉強すれば十分受かるレベルだと思います。
大学の方は私立に行きたいので3科目だけなのですが
自宅での勉強に限界を...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、yuさんの置かれている状況は、閉鎖的な環境が起因する精神不安定だと思います。この状態ですと、私の経験から判断すると、勉強どころではありませんよね。自分が無期懲役刑を宣告された囚人状態です。当然ですが、散歩などでは、絶対に解決不能だと思います。落ち込んだ気分が回復しません。精神面を安定させるには、複数の人間との安定的なコミュニケーションが、必要かと思います。問題は、コミュニケーションする人間をどう見つけ出すのかという事ですが、これが本当に難しいです。良いアドバイスはできません。現在私も一番良い解決方法を模索中ですが、私の場合は、区でやっている英会話のサークルに入りました。(英語は多少出来ます)会社などでは、なかなか心を許せる友人を見つけ出すのが困難だからです。一週間にたったの2時間ですが、気持ち的には、相当楽ですよ。自分なりに友人と連絡を取ったり、食事に行ったり、どっかのサークル的な集団に属したりすれば、精神的にも開放されてくるのではないでしょうか?最初、わたしは、こんな事はムダだ!人間一人で強く生きていくべきだ!と思い込んでいましたが、人間はやっぱり社会的な生き物だと認識する昨今です。

はじめまして、yuさんの置かれている状況は、閉鎖的な環境が起因する精神不安定だと思います。この状態ですと、私の経験から判断すると、勉強どころではありませんよね。自分が無期懲役刑を宣告された囚人状態です。当然ですが、散歩などでは、絶対に解決不能だと思います。落ち込んだ気分が回復しません。精神面を安定させるには、複数の人間との安定的なコミュニケーションが、必要かと思います。問題は、コミュニケーションする人間をどう見つけ出すのかという事ですが、これが本当に難しいです。良いアドバイ...続きを読む

Qうつ病が治るきっかけってありましたか?経験者の方のお話聞きたいです!

友達にうつ病の人がいるのですが、もう1年半くらいになるのですが、なかなか治りません。。。少し元気になったかと思っても、またすぐに落ち込んでしまったり。。。何かきっかけがあれば治ると、うつ病経験者の知り合いが言っていました。何かきっかけがあって、パッてよくなるものなのか、それともジワジワ治っていくのかとか、私には全くわかりません。経験者の方の、これがきっかけでうつ病に勝った等のお話を聞かせてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。
下記のサイトにいろいろと情報が出ております。うつ病のかたが
実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。
効果はいろいろみたいですが。

http://sleep.lighttherapy.jp/
http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、
散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを
整えることができたと実感しています。調子が良い時に
使用するとさらに調子が良くなる感じでした。

少しでも参考になれば。

参考URL:http://sleep.lighttherapy.jp/,http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報