柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

4月に決算なのですが、
2月に請求書を発行した売掛がありまして、
税務署へ確定申告が済んだ後の6月に代金を回収しました。

この2月の売掛金を計上し忘れたまま確定申告を済ませてしまいました。
この売掛を仕分けで今期の会計に計上しようと思うのですが、
どのように仕分けしたらいいのでしょうか?
摘要にどのように説明を記載すればいいのでしょうか?

6月に回収した代金は、6月に領収書を切っているので、
通常通り6月の日付で計上すれば問題ないとは思うのですが。

また、追徴課税についてなのですが、
このような計上し忘れを税務署で指摘される前に、次期の会計にでも
計上すれば、追徴課税は請求されないのでしょうか?

ご教授よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>この売掛を仕分けで今期の会計に計上しようと思うのですが…



前期の納税額に影響しない程度の金額なら、5月ごろにでも売り上げたとしておけばよいでしょう。
5/1【売掛金/前期計上漏れ/売上】
6/30【現金/○○社/売掛金】

>このような計上し忘れを税務署で指摘される前に、次期の会計にでも…

前期の納税額に影響する額なら、前期分の修正申告をしなければいけません。
税務署で指摘される前とはいえ、勝手に期をまたがせては、前期分の過少申告となります。

>追徴課税は請求されないのでしょうか…

まあ、税務署から指摘される前に自主的に修正申告をすれば、利息分としての「延滞税」だけで済むでしょう。
指摘されたあとなら、延滞税はもちろん、「過少申告加算税」をはじめいくつものペナルティが科せられます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

>貴法人自体で判断されるのは、リスクがあると思います。


>確かに法人税や消費税の問題からすると小額であれば・・・とも考えられがちでしょうが、本来仕訳は会社法で定められた決算書を作成するために行うものです。異なる決算期の売上を計上しないことは、その期の正確な損益が表現されないと思います。
>また、その計上し忘れた売上に対応する経費はどうされましたか?
売上も経費も計上していないのであればまだしも経費だけ計上すると、なおさらに問題があると思います。

>自主的に修正申告をした場合の過少申告加算税は税務署から調査等で指摘を受けて修正申告をした場合と異なるとききます。
 加算税⇒徴収されません
 延滞税⇒徴収されますが、延滞税額が1千円未満なら徴収されません)
>もしも税理士が関与されているのであればその税理士に、関与していないのであれば所轄の税務署に相談されたほうがよろしいと思いますよ。
>それこそ金額が小額だからと言われるかも知れませんし(?)、修正申告を提出してくださいと言われるかも知れませんが、後々の税務調査において発覚した場合、金融機関にこの矛盾を指摘された場合、不利になるのは御社だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期をまたがった売掛金を取り消したい時

前年度から繰り越していた売掛金が、
実際はなかったものだと気付きました。
今年度のものならばその分の仕訳を削除すれば
いいのですが、
前年度のものなのでいじれません。
これを取り消すためには、
どのように記帳すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、商業高校の教師をしております。
 前期分は、締め切っておりますので、触れません。
 帳簿には、期首に前期繰越×××(借方)
が記載されていると思います。
 前期に仕訳したもの
 売掛金/売上

 今回は、売上/売掛金
に反対仕訳をして打ち消す方法をしたらどうですか。

Q過去の売掛金の記載ミスを修正するには

個人事業で毎年青色申告を行っている者です。前期と前々期の売掛金の記載内容にミスがあり困っております。

まず、前々期に売掛金10,000円の回収を行った際に、銀行口座に10,500円が振り込まれていました。この500円は売掛金とは別の報酬として合算されて振り込まれていたのですが、それに気づかず「普通預金10,500/売掛金10,500」と処理をしてしまいました。そのため売掛金の残高が500円分少なくなっています。また、前期も同様に2,000円多く振り込まれていたことがあり、売掛金の残高が合計で2,500円少ない状態です。

過去2年間で2,500円分の売上を申告していないことにもなると思うので、修正申告しようと思い調べてみたのですが、少額であれば修正申告ではなく、当期の売上として計上すればよいという意見がありました。

そこで質問なのですが、対処法としては2014年度分の確定申告を行う際に年末調整で修正を行い、この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?どうしたらよいのかわからず困っております。ご回答いただけると助かります。

個人事業で毎年青色申告を行っている者です。前期と前々期の売掛金の記載内容にミスがあり困っております。

まず、前々期に売掛金10,000円の回収を行った際に、銀行口座に10,500円が振り込まれていました。この500円は売掛金とは別の報酬として合算されて振り込まれていたのですが、それに気づかず「普通預金10,500/売掛金10,500」と処理をしてしまいました。そのため売掛金の残高が500円分少なくなっています。また、前期も同様に2,000円多く振り込まれていたことがあり、売掛金の残高が合計で2,500円少ない状...続きを読む

Aベストアンサー

計上漏れになった所得については、税法に厳密に従うならば、平成24年の25年について、それぞれ修正申告を行って所得税を追加納付することになりますが、計上漏れの額が小さいですから、平成26年の所得に含めて確定申告すればOKです。

その際の仕訳ですが、

>・・この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?

違います。売掛金元帳の残高が実際よりも少ないのですから、

平成26年1月1日または平成26年12月31日の日付で、
〔借方〕売掛金 500/〔貸方〕雑収入 500
【摘要欄】平成24年分売上計上漏れ

平成26年1月1日または平成26年12月31日の日付で、
〔借方〕売掛金 2,000/〔貸方〕雑収入 2,000
【摘要欄】平成25年分売上計上漏れ

と仕訳して下さい。

《注》金額が多ければ前期損益修正益としますが、少ないですから雑収入で充分です。

計上漏れになった所得については、税法に厳密に従うならば、平成24年の25年について、それぞれ修正申告を行って所得税を追加納付することになりますが、計上漏れの額が小さいですから、平成26年の所得に含めて確定申告すればOKです。

その際の仕訳ですが、

>・・この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?

違います。売掛金...続きを読む

Q売掛金の申告漏れについて

個人事業で毎年青色申告(65万円)を行っている者です。

売掛金として処理すべきものを、預金口座に振り込まれた時点で売上高として処理していたミスが判明し困っております。

取引先から毎月いくらかの報酬が発生します(源泉徴収なし)。11月分の報酬額は翌月12月にわかり、翌々月の1月に預金口座に振り込まれます。この場合は12月に売掛金として処理すべきですが、1月に売上高として処理しておりました。そのため11月分の売掛金が申告漏れとなっている状態です。

さらに開業した2011年から毎月このように計上しており、毎年申告漏れが発生している状態です。金額は、2011年(5千円の漏れ)、2012年(1万円)、2013年(2万円)、2014年(6万円)です。

自分なりに処理の仕方を考えたところ、前年度に申告すべきものを翌年に計上するといったことを繰り返しているので、2014年度分の6万円の申告漏れを2015年度分に計上すればよいという認識でおります。

〔借方〕売掛金 60,000/〔貸方〕前期損益修正益 60,000
【摘要欄】平成27年分売上計上漏れ
(※2015年度分の記帳ミスについても、年末調整で逆仕訳して正しく記帳しなおす。)

果たしてこれでよいのでしょうか?申告漏れの金額が少額と言えるかの判断もつきません。修正申告すべきでしょうか?どうすべきかわからず困っております。ご回答いただけると助かります。

個人事業で毎年青色申告(65万円)を行っている者です。

売掛金として処理すべきものを、預金口座に振り込まれた時点で売上高として処理していたミスが判明し困っております。

取引先から毎月いくらかの報酬が発生します(源泉徴収なし)。11月分の報酬額は翌月12月にわかり、翌々月の1月に預金口座に振り込まれます。この場合は12月に売掛金として処理すべきですが、1月に売上高として処理しておりました。そのため11月分の売掛金が申告漏れとなっている状態です。

さらに開業した2011年から毎月このように...続きを読む

Aベストアンサー

修正申告をする必要はありません。

売上計上漏れ金額6万円は少額です。ですから、正規の簿記の原則により、

〔借方〕売掛金 60,000/〔貸方〕前期損益修正益 60,000

と仕訳して、過年度の売上を当期において「前期損益修正益」に計上するのが正しいやりかたです。
※前期損益修正益」は、確定申告の時に、青色申告決算書の「売上(収入)金額」にまとめてしまって下さい。

=====

質問文を読むと、青色申告者の質問者が簿記会計を正しく勉強しておられる様子が良く分かりますね。なお一層、頑張って下さい。

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Qコーヒー代はどんな経費科目?

コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。

2人以上で仕事の商談すれば、交際費でしょうが、
1人で、仕事で使う場合は何費になるのでしょうか?

最近、会社ではなく、喫茶店などで仕事をする人が
増えておりますが、今回、特定のカフェで、月に
10回以上使用して、事務所のような感じで使用してます。

そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」の類は「(福利)厚生費」

○社員が勝手に買って来て飲んだ飲み物や、喫茶店を作業場にして居る際に頼んだ飲み物は、会社の経費ではない。
 それを会社の経費として処理するのであれば御社の勝手ですが、ルール作りが必要ですし、金額が張れば税務署から個人への給与として課税される可能性が考えられる。

> そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?
誰に認めてもらうのかが不明。
・経営者や上司:あなたが判断することではない。
・税理士や会計士:会計士の勉強の際に講師に来た会計士が言っていましたが、企業がどのような勘定科目名を使うのかは自由。有価証券報告書等を作成する際に、法律等に従った表示にするだけ。
・税務署:「交際費の損金不算入」絡みを想定していると思われますが、『交際費』出計上した者だけが損金不算入ではない。勘定科目名で悩むのではなく、取引内容が交際費の範囲に該当するかどうかを適切に区分して、申告書を作成することが必要。

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」...続きを読む

Q売上げの全額を返金したときの仕訳について

個人事業主で、青色申告します。

複式簿記での、仕訳についてお教えください。


(仮に下記のような場合)
売上げの入金が、5月12日に、事業用口座へ、15000円あったのですが、

諸事情により返金することになり、2日後の14日、事業用口座から全額15000円返金として支払いました。


当方にはめったにない事例で、この場合の仕訳はどのようになるのかわからず、困っています。
どなたかお詳しい方、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業ということですので、売掛金勘定を使用せず経理をしているとすると

5/12  普通預金 / 売上 15,000円
5/14  売上 / 普通預金 15,000円

ということになります。
売掛金勘定を使用しているとすると

5/12 普通預金 / 売掛金 15,000円
5/14 売上  / 普通預金 15,000円

こんなところでどうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報