ホテイアオイは、通常の気温では日本では越冬できませんが、種を採って越冬させる方法を聞きました。具体的な採種方法や、翌年の育苗方法などご存じの方は教えて下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

以下のサイトは参考になりますでしょうか?



専門のBBSなようなので、そちらのBBSで質問されてはいかがでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://news.dinf.ne.jp/news/fj/rec/gardens/msg00 …
    • good
    • 0

hiwaさんのお住まいの地域が東北地方などの寒い地域であれば、自然条件での越冬は困難かもしれませんが、少なくとも大阪では放置しておくだけで、種子の越冬は認められ、多数の自生株が存在します。


ちなみに、ホテイアオイは多くの水田などで、水路を詰まらせる有害植物として駆除されています。
我が家でも屋外の水槽のホテイアオイは放置しているだけなのに、毎年芽を出し、増殖し続けています。
ですから、少量の苗を確保されるだけなら、霜の降る時期に屋内へ移動するだけで十分であると思うのですが‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ちなみに私は栃木県です。今年などは真冬日が何日も続き、やはり野外での越冬は難しそうです。ご回答のとおり、数株を室内で越冬させる方法も試行してみようと思います。どの程度確保すればどの程度まで増やせるのかも試してみます。

お礼日時:2001/02/05 21:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホテイアオイのような浮草の繁殖力について

ホテイアオイのような浮草の繁殖力について
昔、ホテイアオイを小さな池に入れたら、いつの間にか池一杯に繁殖していて驚いた記憶があります。
大規模にホテイアオイを繁殖することができればCO2の削減に有効ではないかと思い以下質問です。
1.仮に波がなければ琵琶湖一面にホテイアオイを短時間で繁殖させることは可能ですか。
2.海で繁殖するホテイアオイのような浮草は存在しますか。

Aベストアンサー

 ホテイアオイの繁殖力は良いことばかりではないのです。ウイキの解説の中の「人間との関わり」をお読みください。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A4

Qホテイアオイの根は人体に有害?

「ホテイアオイの根は人体に有害なので触らない方がいい」と祖母が近所の人に言われたそうです。
祖母は水槽で金魚を飼っており、その水槽にホテイアオイを浮かべています。
水槽の掃除などで触れる事があると思います。

インターネットで調べたところ「増えすぎると金魚によくない」の文章は目にしたのですが、
人体の影響については見つける事ができませんでした。

ご存知の方がおられましたら、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

ホテイアオイは毒草です。
毒物の成分は彼岸花と同様の「アレロパシー」と言います。

毒草とはいえ、「アレロパシー」を特別な機械で濃縮しない限り、人間(や魚などの生物)に被害が出るには、トンでもなく大量に摂取する必要があります。
一日3食、毎食毎に1kgくらい食べれば、暫くして中毒症状が出る程度です。
したがって、気にする必要はありませんよ。

「ホテイアオイ アレロパシー」で検索すると沢山ヒットします。
http://plaza.rakuten.co.jp/tanosiiheya/diary/200809150000/

参考URL:http://ligustrum.blog21.fc2.com/blog-entry-77.html

Qショウリョウバッタの越冬

今、向かいの家の壁にショウリョウバッタがとまっています。
体長は7~8センチほどありますのでメスかと思われます。
3月16日の今日いるということは、成虫で越冬したということでしょうか?
ネットで調べたものの、バッタの類で越冬するのはツチイナゴ以外解りません。
なぜ今、ショウリョウバッタがいるのか?
昆虫に詳しい方、解説をお願いいたします。

Aベストアンサー

ショウリョウバッタは成虫越冬はしません。しかしクビキリギスはショウリョウバッタに似ていますからよく間違われます。クビキリギスは成虫越冬をするキリギリスです。下記URLを参考にしてください。
http://www.insects.jp/kon-kirigikubikirigisu.htm

Qミツバチの越冬について

今年の夏、近所の低山をトレッキングしているときに、偶然ミツバチの巣を見つけました。
11月の終わりに、もう一度巣のあった場所にいってみると、全くハチの出入りがないので、思いきって竹の棒で巣の中をつついてみたところ、かなりの量の蜂蜜が竹を伝って流れ出てきました(なめてみたら蜂蜜でした)

しかし、蜂蜜が出てから、数分後、竹を突っ込んだ巣の入り口から、今度はミツバチがモゾモゾと、大量に出てきました。これにはあわてて、急いで逃げました(^^;)

わたしは、ミツバチもスズメバチのように、一年ごとに巣を放棄するものとばかり思っていたのですが・・・。
ミツバチは、スズメバチのように越冬するのでしょうか? また、作った巣は、翌年も再利用されるのでしょうか?それとも、スズメバチのように翌年は新しい巣をつくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ミツバチは、他の昆虫にみられるように仮死状態で冬越しすることはありません。 春から秋にかけて蓄えておいた花粉や蜜を食べて、巣の中心部にかたまって互いに暖め合って過ごします。 (この様子を「蜂球」といいます。) そのため、寒い冬の間でも、巣の中心温度は30~35度に保たれています。

Qハエはどのような形で越冬するのですか。

ハエにもいろいろな種類があると思いますが、冬でも暖かいと飛んでいることがあります。しかしさなぎのような形で越冬するのが普通なのでしょうか。

Aベストアンサー

身近にいますイエバエやクロバエ等は成虫でも蛹でも幼虫でも環境に合わせて越冬します。
畜産関係では,豚舎や牛舎はあまり暖房しないですから,蛹で越冬する場合が多いようです。冬の越冬蛹の駆除が夏のハエの駆除よりも重要のようです。畜産関係の友人が冬の「蛹掘り」は寒くていやだと言っていました。しかし,暖房が発達してきましたので成虫越冬も増えているようです。それとも暖房ではなく温暖化が原因でしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報