左奥から二番目の上の歯が一年前から徐々にしみて、ずっと同じ歯医者に通っていて、しみるといいつづけてました。知覚過敏だから、歯磨き粉とかをそれようにして、どうしても耐えられなくなったら神経を抜くとのことでした。
で、先月、突然、その上の歯と、それが当たる下の歯がものすごくしみるようになって、慌てていつもの歯医者に行きました。
そしたら、上の歯のかぶせている銀歯(そこの歯医者で数年前にかぶせたもの)が下の歯に一部ひどく当たっているからということで、いまさらながらかぶせてる銀歯を削りだして驚きました。
先生はあくまで知覚過敏だということで、神経を抜くしかないといわれましたが、銀歯が一部ひどく当たっていたからしみるようになったのではと疑問がわいていて、とりあえず治療はしてません。
思えば、その当たる歯のせいで上の頬骨と下の顎の骨も痛い気がします。
(今は削ってもらってだいぶ落ちつきましたが、まさかそんなことがあると思わなかったので、今は噛み合わせが気になって今の噛み合わせが本当に良い状態なのかも自分ではわかりません。)
もし神経を抜いたら、噛み合わせが悪くて痛い場合、気づかなくなって余計問題じゃないかと思ってしまいます。
歯医者に問題があるのか、私の歯が悪いのか良くわからなくて困っています。詳しい方、どうかアドバイスをよろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

詳しくはないのですが、神経を抜く前に、評判のいい他院でセカンドオピニオンをされた方が良いかと思います。

神経を抜くと、歯がもろくなります。できるだけ抜かないに越した事はないので、他の病院でも、見てもらってはどうでしょう。

痛い状態で我慢してたら、痛くなくなって、その時には神経がしんでいた事があります。痛かった状態が、銀歯を削ったら痛くなくなったのであれば、もしかすると、まだ大丈夫なのかもしれません。他院で確認してみてはいかがですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。ありがとうございます。今週他院で見てもらおうと思います。

お礼日時:2008/01/07 21:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知覚過敏にならずに歯を白くする方法は?

歯を白くしたいです。歯を削ったりはしたくありません。それ以外の方法で知覚過敏になる負担が少ない、もしくはその心配がない治療法というのはあるんでしょうか?知っている方いましたら回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんはTerr1yさん

>歯を白くしたいです。歯を削ったりはしたくありません
気持ちはよくわかります。歯医者である僕としても削りたくはありません。ミニマムインターベーション(出来るだけ削らない)の考え方もあります。

で、質問の内容ですが、歯が滲みる(つまり、熱いもの、冷たいもの、なんか歯に当たったなど)事等によって歯が刺激を受けて何らかの情報を得ます。今回、歯科医師に勧められた治療は、多分ラミネートベニアではないでしょうか?勿論、その方法で上の前歯は綺麗になりますがその方法hだと、結局歯は削っちゃいますよね。それではさんの要望にあいませんので違う方法の1例としてはホワイトニングがあります。
人の歯は生まれ持った色・生まれてきた後の環境や食事、薬によって色が変わってきます。しかしながら現代の科学はそれを超えよううとして人の歯を白くする方法もあります。それをブリーチ(ホワイトニング)といいます。要は洗濯物を漂白するように歯も白くしちゃえ!という意味なのですが、これがご指摘のようにこいつが曲者なのです。と、言うのは、ご存知だとは思いますが、歯形を取ってマウスピースを作ってそこに薬を入れる所を作ってはめてもらうのです。が、その漂白剤が結構強力で歯にしみます。ここで意外な、かつ、有名な物を使います。シュミテクト(例の歯磨き粉です)を薬と混ぜてマウスピースとの間に入れると(100%とは言いませんが)往々にして滲みなくなります。
歯を白くする事(ホワイトニング)をはじめたらぜひ試してみてください。

こんばんはTerr1yさん

>歯を白くしたいです。歯を削ったりはしたくありません
気持ちはよくわかります。歯医者である僕としても削りたくはありません。ミニマムインターベーション(出来るだけ削らない)の考え方もあります。

で、質問の内容ですが、歯が滲みる(つまり、熱いもの、冷たいもの、なんか歯に当たったなど)事等によって歯が刺激を受けて何らかの情報を得ます。今回、歯科医師に勧められた治療は、多分ラミネートベニアではないでしょうか?勿論、その方法で上の前歯は綺麗になりますがその方...続きを読む

Q歯医者との不仲が原因でストレスが溜まりすぎて歯医者に行きたくありません。 現在歯を矯正中で、装置はと

歯医者との不仲が原因でストレスが溜まりすぎて歯医者に行きたくありません。
現在歯を矯正中で、装置はとれたのですがリテーナー期間中です。



2週間ほど前歯医者に行った際に私が多忙であることと、同じ県ではありますが引っ越しを理由に歯の矯正を終わろうと思っていると伝えました。「見た目はもう満足しているので噛み合わせがおかしくなければとってください」と言いました。先生は「ではこれでよしとしよう」と言っていました。

器具をとったあと、前に7回治療したぶんの金額が出ましたと言われ(計算が出来てないので待ってて下さいと言われていた)メモ用紙に16万と書かれていたので、ビックリして内訳を教えて下さいと言うと受付の方と口論になりました。(装置除去代とリテーナー代は別で払っております。)

この間も電話などで口論に…治ったんだからもういいでしょ、お金はもう要らない等

次にリテーナーをもらいに行く日になると、「君の場合は途中で矯正を終わっているのだから1ヶ月に1度は来なさい。(他の人は1ヶ月、から3ヶ月くらいに間が空いていくそうです。)それをしたとしても途中で終わっているからもう一度矯正をしなければいけない。今は治ってないところに無理矢理ギブスをはめているようなものだ。引っ越しをするなら転院するなり好きにしろ。責任は持てないから。もうどうすることもできない。」と怒られました。

きっと何度も口論になっているので嫌になったのでしょうか。
金額はお支払いしますが、親に説明できないから内容を教えて下さいと言ったのですが…うちは信用でやっているし、安い方だと完全にクレーマーだと思われてしまいました。
もう疲れました。前にも別のことで先生の言うことがあまりにもしつこいので泣いてしまいました。
転院するにもまた100万用意することは厳しいです。
しかし歯医者に行くことが恐怖でどうして良いかわかりません。

長文失礼致しました。

歯医者との不仲が原因でストレスが溜まりすぎて歯医者に行きたくありません。
現在歯を矯正中で、装置はとれたのですがリテーナー期間中です。



2週間ほど前歯医者に行った際に私が多忙であることと、同じ県ではありますが引っ越しを理由に歯の矯正を終わろうと思っていると伝えました。「見た目はもう満足しているので噛み合わせがおかしくなければとってください」と言いました。先生は「ではこれでよしとしよう」と言っていました。

器具をとったあと、前に7回治療したぶんの金額が出ましたと言われ(計算が...続きを読む

Aベストアンサー

内訳くれないの?

「詳細もわからない物に金など払えない」って言いな!払ったら終わりだよ。

Q殆ど削ってしまった歯を抜くことになりましたが・・・。

こんにちは、いつもこちらでお世話になっているものです。
現在、歯科であちこち治療中なのですが、とうとう先生から抜歯を宣言されてしまいました。左下の奥歯が最も酷い状態で、先生は最初『抜歯は最後の手段だからね。できれば抜きたくないなあ』と言ってくださったのですが、残して置くと隣の歯にも影響を及ぼしそうとのこと。来週抜くことになりました。
先生はベテランで市内でも名医と言われている方なので余り心配はしていませんが気になることが一つ。
それはその歯がもともとボロボロだったのですが、さらに削ったこともあり殆ど器具がはさむ部分が残っていない、ということです。舌で触ると完全にぼこっとへこんでいます。
普通はペンチのような器具ではさんで抜きますよね?でもはさむ所がない場合どうやって歯茎から引き剥がすのでしょうか??


よろしければ専門家の方のアドバイスがいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、先日、同じような歯を抜歯したので経験談を。私の場合も歯がボロボロになってしまい、真ん中に大きな穴があき、歯茎のふちに、1、2ミリ?くらいの歯がある状態でした。

私も心配で、「もしかして、歯茎を切開するのですか?」と恐る恐る聞いたところ、「いや、そんなことしなくても簡単に抜けます」との答え。実際の抜歯は、本当にあっけないくらい簡単でした。麻酔が効いたのを確認してから5秒くらい?だったでしょうか。いや、10秒くらいかかったかな。抜いた直後は出血がありましたが、ガーゼを30分ほど噛んだあとは、全く出血なし。全く痛みなし。麻酔後の唇のしびれなどもなしで、本当に歯を抜いたの?という感じでした。私の場合は上の歯だったのですが、下の奥歯はちょっと大変らしいです。抜いたのは大学病院でした。

Q銀の詰め物をした歯がしみます…

下の奥歯にわりと大きな虫歯ができてしまいました。

2日前に銀の詰め物をしました。
けっこう深く削ったところに銀をつめているので冷たいものがしみます。

しばらくすると慣れてしみなくなると聞いたのですが、早く慣れるために敢えて冷たいものを飲むというのはしても良いのでしょうか?
今は白湯や温かい牛乳やコーヒーなどを飲んでいます。歯磨きの時だけ冷たい水なのですが、体がぞわっとするほどしみるので、冷たい物は遠慮したいです。
しかし、親が温かい物ばかり飲んでるといつまでたっても慣れないんじゃない?と言うので…

温かい物ばかり飲んでいると慣れるのに時間がかかるのでしょうか?
あと、普通は何日くらいでしみなくなるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論、1週間経っても全く変化しない、あるいは痛みが少し残るような気がする、あるいは痛みが強くなったなど悪化傾向にあるなら再治療を申し出ましょう。あるいは下記の如くであるなら転医も考える必要が出るかも知れません。

通常は、深い虫歯であれば、逆に深い所まで金属を入れる事などしません。熱伝導の良い金属を神経近くに置けば沁みるのが当たり前ですからね。
それで暫くすれば治るとか慣れるというのは嘘っぱちです。近年多いのがこの手の歯医者です。
これは慣れるのではなく、神経が死んでしまうのです。我が家にもそういった患者が急増しています。

神経に近いような深い虫歯の場合、まず神経を保護する薬を置いて経過を観察します。
神経に過度の刺激を加えると、神経が興奮状態を解消できなくなり、歯髄炎という悪化した病状になってしまうので、暫くは痛みが出るような事はできるだけ避けてください。
三日、あるいは一週間後に経過を観察し(保険で認められているのは最長半年)、症状が軽減してきたり、痛みがなく、歯が生きていれば型を取って詰め物をします。つまり神経と金属の間に断熱材的な材料を置いて沁みるのを防ぎます。

ただし、現行の保険ではこの方法を全て保険で賄うと全部冠を被せなければなりません。これには医学的な根拠など全くありません。単に当時の総理が打ち出した医療費削減の大号令による削減計画です。つまり冠であれば2年間は出費がなくなるので医療費が抑えられるからなのです。
従って、全部金属冠ではなく一部だけの処置(インレーなど)を依頼するなら、この場合の歯髄保護処置は自費となります。冠を被せるならこの処置の全てを保険で出来ます。

神経保護処置をしても一時的にしみる事はあります。これは虫歯によって神経が炎症を起こし、過敏になっているからです。早くて数日、遅くても一週間以内にが次第に症状が軽減し始め、長くても1-2ヶ月程度で消えます。その後に再度検査して歯が生きていれば完治となります。
またその後神経は内側から歯質を作り出します。これを二次象牙質と言います。これができる事によって神経と金属との距離があき、沁みる事はなくなります。

ちなみに詰め物で沁みるのは深い虫歯だけではありません。歯には痛みを感じる場所が二つあり、浅い虫歯の治療でも痛みが出る事があります。

結論、1週間経っても全く変化しない、あるいは痛みが少し残るような気がする、あるいは痛みが強くなったなど悪化傾向にあるなら再治療を申し出ましょう。あるいは下記の如くであるなら転医も考える必要が出るかも知れません。

通常は、深い虫歯であれば、逆に深い所まで金属を入れる事などしません。熱伝導の良い金属を神経近くに置けば沁みるのが当たり前ですからね。
それで暫くすれば治るとか慣れるというのは嘘っぱちです。近年多いのがこの手の歯医者です。
これは慣れるのではなく、神経が死んでしまうの...続きを読む

Q噛み合わせの調整の抜群にうまい歯医者さんを教えてください。

今、M歯科医院でクラウンの作り変えをしている最中なのですが、
セラミッククラウンをはずす前に歯医者さんから
「作ったものがきちんと噛めるものになるかどうか
はっきり断言できません。それでも外してよろしいですか?」と聞かれました。
これはどう受け取ったらいいのでしょうか?
それほど自信がないのか、初めから責任回避するような発言にとまどってしまいました。
でも、よく説明してくれるし
とにかく噛めない状況から早く抜け出したかったので
お願いしました。
現在仮歯をつけているのですが、噛みにくいです。

<<大阪市内で噛み合わせの調整の抜群にうまい歯医者さんを教えてください。>>

4年前から、衛生士さんのやさしさが気に入って
定期的に通っていたW歯科医院で奥歯のクラウンを作り変えしました。
ところが、じわじわと、その上の歯に痛みを感じるようになりました。定期健診のたびに訴えるのですが
「レントゲンで見ても虫歯はない」の一点張りで自分が入れたクラウンの噛み合わせを見ようともしません。
信頼して通院していたのにほんとうにガッカリでした。
裏切られた感じで以後行かなくなりました。

ほんとうにいい歯医者さんってどこにいるんでしょう?

今、M歯科医院でクラウンの作り変えをしている最中なのですが、
セラミッククラウンをはずす前に歯医者さんから
「作ったものがきちんと噛めるものになるかどうか
はっきり断言できません。それでも外してよろしいですか?」と聞かれました。
これはどう受け取ったらいいのでしょうか?
それほど自信がないのか、初めから責任回避するような発言にとまどってしまいました。
でも、よく説明してくれるし
とにかく噛めない状況から早く抜け出したかったので
お願いしました。
現在仮歯をつけているのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

 返答を読ませていただきましたが、一つ引っかかることがあります。最後のM歯科医院さんでされた咬合紙を「スー」と引き抜かれたテストに関してです。

 おそらくこれは「引き抜き試験」と呼ばれる奴で、通常噛んでいない歯に対してやるものです。これが引っかかり無く引き抜かれたなら完全に噛んでいません。通常は入れ歯とかの最終調整でやることです。

 ここで、一つの仮説が立ちます。「最初の調整ですでに歯が噛んでいなかった。」と言うことです。

 つまり、最初の歯医者さんで咬合調整をやった時にすでにやりすぎるぐらいやりすぎてしまった。しかし、咬合痛がありレントゲンでも引っかからない。歯肉を見た感じ綺麗だしお手上げ。

 次の歯医者さんでも同様。咬合痛を訴えてくるが、患歯は噛んでいない。緊急事態で仕方ないから歯髄抜いて、痛みを消す方向に。でも説明足りず。

 次のマイクロサージャリー歯医者さんではレントゲンで骨欠損を発見。歯の軽い動揺を見つけて固定。痛みは寛解。そして、レジン除去して一度確認。しかし説明が足りず。

 次の歯医者さんでは「主訴は咬合痛だが、咬合していない。そして固定している」と言う状態に。噛んでいない歯を咬合調整するわけにもいかず、とりあえずパノラマレントゲンで全体を見ようとするが断念。デンタル撮ろうとするがそれも失敗。

 そして問題のM歯科医院・・・。

 本当にすみません。二回に分けます。

 返答を読ませていただきましたが、一つ引っかかることがあります。最後のM歯科医院さんでされた咬合紙を「スー」と引き抜かれたテストに関してです。

 おそらくこれは「引き抜き試験」と呼ばれる奴で、通常噛んでいない歯に対してやるものです。これが引っかかり無く引き抜かれたなら完全に噛んでいません。通常は入れ歯とかの最終調整でやることです。

 ここで、一つの仮説が立ちます。「最初の調整ですでに歯が噛んでいなかった。」と言うことです。

 つまり、最初の歯医者さんで咬合調整をやっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報