生録音をしているのですが、その際使うオーディオインターフェースを探しています。
接続の流れは、コンデンサマイク→オーディオインターフェース→パソコン です。

今のところ候補としてはUSBだとUA-25, FastTrackPro, US-144, 0404USB、FirewireだとFirewire410, Konnekt8, Link.USBあたりかなと思うのですがネットで色々調べてみるとものによってはコンデンサマイクとの相性によるノイズ、またノートブックとの相性によるノイズがひどい、という話を聞きます。実際それが鑑賞に堪えうるほどのものなのか気になっています。相性の問題を考えるとUSBやFirewireを使わずに単純にアナログ接続した方が音質は良かったりするのでしょうか?
また、FirewireとUSBの音質の差はどのようなものでしょうか?

マイクと接続するだけの用途なので、オーディオインターフェースのI/O数は少なくて全く問題なしです。但し、付属のマイクケーブルの仕様がXLRコネクタx2のYケーブルなので、オーディオインターフェース側にXLRコネクタx2が必要になります。(XLRが2つあればステレオで入力されますよね?)
ちょっと上手く言えずに分かりにくくなってしまいましたが、要は、ステレオ録音したものをステレオのままパソコンに取り込み、その際のノイズが低い、というオーディオインターフェースを探しています。

パソコンはMacbook(ノート)を使っています。質問ばかりですみませんが、補足があれば付け足していきますので何卒宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下すべて、一般論と私の個人的な経験の話になりますが…



>コンデンサマイクとの相性によるノイズ
コンデンサマイクへの電源供給(ファンタム電源)に起因するノイズ…という面のトラブルは、無いこともないのですが、その場合はどちらかというとコンデンサマイク側の出来の悪さに起因するものも多いので、インターフェースばかり悪者にするのもどうかという面があります。
ネットの口コミ情報では、悪い話を出す人が果たしてどの程度のコンデンサマイクを使っての話か? そもそも、その人がコンデンサマイクの正しい使い方をわかっているのか? という疑問が湧くものも多いです。
ただ単に、自分の宅録の環境が悪かったりコンデンサマイクの使い方が悪くてノイズを拾っているだけなのに、それにまったく気が付いてもおらず悪い評価を書く人はめちゃくちゃ多いですね。
一応、候補に上げられているインターフェースはKonnekt8, Link.USB以外は使ったことがありますが、基本的には問題ないと思います。私は、相性話の過半数は、そのような使用上の問題に対する勘違いと、実際に機器に不具合が発生しているケースだと思います。

>ノートブックとの相性によるノイズがひどい
ノートブックの場合、最近の機種は大丈夫だと思うんですが、ひところ、内蔵のUSBコントローラとインターフェースのデバイスドライバの相性の関係で、録音が上手くできないとかノイズが乗るとかいう話が多発したことがあります。古いノートでは、今でも引きずっている人も居られるかもしれません。私もそのような経験はあります。
ただ、このようなPCハードやデバイスドライバの不出来によって出るノイズと、インターフェースやマイク側で出るノイズはちょっと音としても違うのですが、確かにノイズには違いないのと、どういう種類のノイズなのかを聞いて区別のできない人が、すべて「相性」で片づけていた…というケースも多々ありました。
もっとも、そういうノイズが乗ってしまうと鑑賞に堪えない…のは事実なので、注意は必要です。

>USBやFirewireを使わずに単純にアナログ接続した方が
今お使いのPCが、高音質のアナログ入力を持っているならお好きなように…という言い方はできるのですが、オンボードのサウンドデバイスか汎用のサウンドカードしか搭載していないなら、一般的にはインターフェースを使った方が音は段違いによいです。
あと、コンデンサマイクは電池内蔵式でなければ普通はファンタム電源が必要ですから、使うにはファンタム電源付きのXLR端子のマイク入力が必要です。候補のインターフェースはファンタム電源付きのXLR端子がありますが、PCにはそのような端子は搭載されていないのでは?

>FirewireとUSBの音質の差はどのようなものでしょうか?
原則論で言えば、FirewireであろうがUSBであろうが、流れる信号は音ではなくてインターフェース側でデジタル化されたデータですから、接続が方式がFirewireかUSBかで大きく音質は変わりません。
むしろ、アナログ→デジタル変換の性能で音質は決まると言い切れますから、接続方式ではなく「インターフェースそのものの音質」で音質が決まると言えます。
その意味では、比較的高価な機器ほどアナログ部分に良い部品を使い高音質化を図っている…という傾向はあります。そして、Firewire製品の方が高価ですから、結果的にFirewire製品の方が音質に定評のある物が多いです。
といっても、音には人の好みもあるところですが、私の個人的な意見では、候補インターフェースの中ではFirewire410がダントツに音が良いと思います(ただしKonnekt8とLink USBは音を知りませんが)。

ここで、今さらですが…
>付属のマイクケーブルの仕様がXLRコネクタx2のYケーブル
ということは、ワンポイントステレオマイクを使うという意味なんでしょうかね? それもXLR×2となると、RODE NT-4とかShure VP88みたいな奴でしょうかねぇ?

もちろん、お考え通りXLR入力2チャンネルあるインターフェースなら、ステレオ収録は可能です。
ただ、野外録音が前提でしたら、これは個人的見解ですが、私ならノートパソコン+インターフェース環境より、録音に特化した専用機で録音してきて、自宅で音源データをPC編集…というスタイルを選びますね。

ノートパソコン+インターフェースというのは、一見手軽なようでも現場での組立は意外と煩雑ですし、機器が分離して居る上にノートは画面を開かないと使えませんから、どこか適当な場所で据置して録音せざるを得ず、機動性に欠けます。また、インターフェースはバスパワーで動くものを使うとしても、意外と電気を食いますので「ここぞ」という時にPC電源の残容量があやしくなることもあり、さらに言えばノートパソコンでの録音というのは、かなり使い込んで機材の癖を熟知できるまでは、結構不安定です。よって、野録に適した専用機の方が「録りっぱぐれ」は無いです。(放送関係のプロが、野録ではサブシステムとしてしかPC録音システムを持って行かないのも、それが理由です。)

プロ仕様の物なら
http://www.tascam.jp/list.php?mode=99&mm=9&c2cod …
http://www.korg.co.jp/Product/DRS/MR-1000/
という世界になってしまいますが、最近では
http://www.roland.co.jp/products/jp/R-09/index.h …
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/h4/index …
といった小型製品が、外部マイクも使えるし、USBでPCにもインターフェースとして接続できるし…で、便利良いです。
野録優先なら、こういった製品も視野に入れる価値はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただき、誠にありがとうございます。
大分、視界が明瞭になって来ました。

やはり高音質で録音するには高性能のコンバーターの搭載された機器が必要、というところが大前提となるのですね。オーディオンターフェースとマイクの相性によるノイズばかり考えてしまっていて、他の機器に起因するノイズを目落としておりました。これは単純に機器を購入する順序も関係ありそうですね。(例えば最初にマイクを購入し次にオーディオインターフェースを購入し使用したらノイズがひどい、という状況などは後に登場したオーディオインターフェースが悪者にされがちな状況なのかと思います)

マイクはNT4を使っています。
今までポータブル録音についてはノーチェックだったのですが、調べてみるとパソコンと同じ無圧縮のフォーマットでの録音もできるようで、持ち運びも簡単ですし使い勝手が良さそうですね。
パソコンにダイレクトに録音する利点は、ポータブルからパソコンへ転送する手間が省ける、ということだけでしょうか?もしパソコンと同じ無圧縮のフォーマットで録音できるのであれば、オーディオインターフェースの購入を考え直して、機動性のあるポータブルの録音機を購入する方向へ転換しようと思います。プロ用のはちょっと手が出ないので、R-09やH4のような・・・。

ポータブルの録音機について多少調べてみたところ教えていただいたR-09, H4の他にもHi-MDというものも気になっています。キャノン入力のついているH4が今のところ有力です。
もうちょっと調べてみようと思います。

お礼日時:2008/01/07 03:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q録音機とマイクにおける 入力 及び 出力 インピーダンス について。

録音機とマイクにおける 入力 及び 出力 インピーダンス について。

ハンディーレコーダー  ( zoom H4n :入力インピーダンス 1KΩ) 
マイク         ( RODE NTG2 :出力インピーダンス350Ω )

電気の知識が乏しいのでお尋ねしたいことがあります。

ネットに、入力インピーダンスはより大きい方が、
出力インピーダンスはより小さい方が良いとありました。

一応クリアしていますが、差があまり無いのが気になります。

この二つは使っても大丈夫なのでしょうか?
値の差が小さいと機器には負担が多くかかり故障し易かったり、
不具合が起き易かったりするのでしょうか?

また音質に影響などあるのでしょうか?

私は電気の知識が殆どありません。
詳しい解説は理解できないと思いますので、分かり易くお願いできればありがたいです。
少し急いでいます。

わがままで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、結論を言えばマイク350Ω→XLRマイク入力端子1KΩは、全くもって楽々許容範囲内で、問題はありません。
実務上ですが、XLRタイプのマイク端子を使うマイクと録音機器間なら、マイク150Ωくらい(そういうのはザラにある)録音機器側5KΩ以下(5KΩはさすがに高めで少数派だけど)程度は、十分に許容範囲です。

ちょっと理論的には「正確ではない」言い方なんですが、これも実務上の判断としては、入力と出力のインピーダンスの差は「引き算した数値」ではなく「倍数」で見ます。
大きい方を小さい方で割り算して、値が10を切っていたら大抵は楽勝に問題ないです。
質問者の方の場合は3弱ですからもっと楽勝。値20くらいまでならまぁなんとかOKという感覚ですね。

エレキギターなんかだと、出力インピーダンスが200~300KΩというのがザラなので、ギターアンプは少なくとも500KΩ~1000K(1M)Ωくらいの高インピ-ダンスになります。
差の値は300~500Kくらいになりますから、マイクの場合と比べて桁が違いますが、両方の割り算(比)なら2~3倍なので、まぁちょうど良い…という小理屈です。

まず、結論を言えばマイク350Ω→XLRマイク入力端子1KΩは、全くもって楽々許容範囲内で、問題はありません。
実務上ですが、XLRタイプのマイク端子を使うマイクと録音機器間なら、マイク150Ωくらい(そういうのはザラにある)録音機器側5KΩ以下(5KΩはさすがに高めで少数派だけど)程度は、十分に許容範囲です。

ちょっと理論的には「正確ではない」言い方なんですが、これも実務上の判断としては、入力と出力のインピーダンスの差は「引き算した数値」ではなく「倍数」で見ます。
大きい方を小さい方で割り算して...続きを読む

Qオーディオインターフェースを通してマイク録音。。

オーディオインターフェースを通してマイク録音で録音が。。。できません

使っているものは
☆録音ソフト - RadioLine free
☆I/F - Creative SB-DM-PHD
☆マイク - audio-technica AT-X3

インターフェースは録音ソフトに認識しますしドライバも入っています。
(RadioLineの再生・録音デバイス共にI/Fの表示が出る)

インターフェースを通してヘッドホンに音楽は流れます。
しかしマイクだけが反応せず、しかもコントロールパネル>サウンドとオーディオデバイスでは
録音のところだけ音のパラメータが動かせません・・。

原因がわかるかたがおりましたら教えてください!

Aベストアンサー

>しかしマイクだけが反応せず、しかもコントロールパネル>サウンドとオーディオデバイスでは
録音のところだけ音のパラメータが動かせません

サウンドドライバに問題があると思われます。

Qマイクのインピーダンス整合方法

KTEL(ケテル)というヘッドセットを販売しているメーカーから出ているマイクをアルインコのハンディ無線機に接続しようとしています。

ケテルのメーカーに聞いたところ、使用しているマイクは入力インピーダンスが600オームの機器向けに調整されていることがわかりました。

また、ハンディ無線機の入力インピーダンスは2Kオームと記載がありました。

そのまま接続するとどうも音が小さいようで、インピーダンス整合をとりたいと考えております。

ネットをいろいろ見てみて「トランス」によるマッチング方法が簡単そうだなとは思ったのですが、小型(1cmくらい)で安いトランスが見つかりませんでした。

そこで、「他の方法でインピーダンス整合を取る方法」もしくは「小型で安いトランスを販売している場所」がありましたらご教授いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

600Ωと2KΩにマッチングする、ちゃんとしたトランスを使えば、電圧レベルは数倍程度は上昇しますけど、入手性や取り付け方式で難点があります。
抵抗でインピーダンスマッチをしても、信号レベルは落ちるだけです。この方法はレベルを上げるには、全く意味はありません。

早く言えば、マイクのゲインが無線機には不足しているのですから、もう少しゲインのあるマイクに取り替えるのが、一番簡単です。
通常はこの程度のインピーダンスの違いなんて気にする必要はありません。

Qオーディオインターフェースにマイク端子がないのですが、録音は可能でしょうか?

最近、ネット上での声の活動を始めて、ノイズを減らして録音するためにオーディオインターフェースを購入しました。
とあるサイトでネット声優さんにオススメのもの、と上げられていてbehringer社のu-control uca202

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EUCA202

を購入したのですがマイク入力端子がありません。
input outputのライン入力端子、ヘッドフォン端子、opticaloutputと書かれた表示しかなく、ライン入力端子に何かケーブルを繋げば録音できるのかな?と思って購入したのですが、実際届いて見てみるとさっぱり分かりません。

マイク入力端子がないことは分かっていたのですが、ネット声優にオススメと書かれていたので、声の録音は可能なものだと思っていたのです。

もしかして他のオーディオ機器からの録音しか無理なのでしょうか?

色々調べてもみたのですが、素人で分からないことが多すぎてお手上げ状態です。

声を録音することは可能なのか、また、可能であればどうすればいいのか、何か必要なものがあれば何なのか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?

最近、ネット上での声の活動を始めて、ノイズを減らして録音するためにオーディオインターフェースを購入しました。
とあるサイトでネット声優さんにオススメのもの、と上げられていてbehringer社のu-control uca202

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EUCA202

を購入したのですがマイク入力端子がありません。
input outputのライン入力端子、ヘッドフォン端子、opticaloutputと書かれた表示しかなく、ライン入力端子に何かケーブルを繋げば録音できるのかな?と思って購入...続きを読む

Aベストアンサー

マイクをマイク入力のあるアンプに接続し、そのアンプのline出力をオーディオインターフェースのline入力に接続すればOKです

マイクの出力はline出力の1/10~1/100しかありません、PCは雑音発生源の塊です、マイクレベルの信号をPCで直接取扱うのはノイズを拾ってしまう可能性が大きいです
外部で増幅してからPCに入力したほうが音質上有利です

Qマイクの推奨インピーダンス

MDラジカセを使用して自分の声を録音したいのですが、その取扱説明書には「推奨インピーダンス:600Ω」とあります。もし使用するマイクのインピーダンスが150Ωだとするとこの違いによってどのような問題点がありますでしょうか?私としては、なるべく大きな音で録音したいと思っています。小声でもしっかり録音されていることが理想です。ご回答をお待ちしております

Aベストアンサー

気にしなくて良いです。

マイクロフォンは大きく分けて2種類のインピーダンスが
あります。
一つは600Ω付近のローインピーダンスマイク
もう一つは10KΩ付近のハイインピーダンスマイク
です。

で、600Ωと書かれていると言うことは
ハイインピーダンスマイクを使うなという意味
なのですが、
今挙げた数値はいずれも実際のマイクロフォンの
インピーダンスでは無く、
このインピーダンスの回路で受けたらちょうど良い
総合特性になります。という意味でしかありません。

マイクの特性表を見るとわかりますが、
周波数でもインピーダンスは大きく変わりますから、
インピーダンスそのものの整合を取るような
使い方はできません。(音に色が付きます)

実際のローインピーダンスマイクロフォンの
インピーダンスはもっと低く
ご質問文の通り、100~150Ωあたりにあります。
少々高いインピーダンスの回路をつなぐことで
振動板にブレーキを掛けずに自由に振動させるのです。

たとえば、シュアーのSM-58は150Ωですが、
だれも150Ωでは使っていません。
600Ωの回路で使用するのが普通です。

なお、マイクのインピーダンスが極端に低いと
(8Ωとか、32Ωとか。普通は売ってませんが)
音量が不足します。
また、マイクのインピーダンスが高すぎると
音量が不足すると共に音の抜けも悪くなります。

気にしなくて良いです。

マイクロフォンは大きく分けて2種類のインピーダンスが
あります。
一つは600Ω付近のローインピーダンスマイク
もう一つは10KΩ付近のハイインピーダンスマイク
です。

で、600Ωと書かれていると言うことは
ハイインピーダンスマイクを使うなという意味
なのですが、
今挙げた数値はいずれも実際のマイクロフォンの
インピーダンスでは無く、
このインピーダンスの回路で受けたらちょうど良い
総合特性になります。という意味でしかありません。

マイクの特性...続きを読む

Qパソコンのマイク端子で録音します。(ラジオドラマを作ります。)オススメのマイクはありますか?

こんにちは。先日、サウンドカードについて質問したものです。

おかげ様で、Realtek High Definition Audioが僕のパソコンのサウンドカードと言うことが分かりました。

もう一つ質問させてください。

『パソコンのマイク端子につないで(ラジオドラマを作るための)僕らの音声をマイクで録音する場合、
オススメのマイクはありますか?予算は1万円以内でお願いします。』

少しでも良い音で声を録りたいと思っています。
よかったらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

音質を気にするなら、サウンドボード変えたほうがいいですよ。

まぁ、それはおいといて、、、

録音機材ならここが豊富です。マニア御用達の店?
http://www.soundhouse.co.jp/

ダイナミックとコンデンサーがありますが、前者は近づけてとるボーカル向けで安いです。後者は高感度でレンジが広くなり楽器に向きます。

指向性の高いほうが周囲の音を拾いにくいですが、近づけは近づくほど少し口がずれただけで音量が変わって使いづらいです。無指向が使いやすいと思います。

Qオーディオ一般知識(インピーダンス整合?)について

お世話になります。
アンプにウーハーを接続しようとしておりますが、このウーハーはアンプのオーディオ出力(ピン端子)から取るようになっております。通常のアナログは問題ないのですが、デジタル信号(dts等)の場合はアナログ出力されません。
アンプにはウーハー端子もあるのですが、ここにつないでも出力が弱いのか音は聞こえません。もちろん信号は出ております。
デジタル信号の時にこのアンプからアナログ信号を取り出そうとすると、スピーカー出力かウーハー端子しかありません。
この場合、インピーダンス整合など良く分かりませんが変換が必要だと思われますが、この件について詳しい解説や解決方法が分かるヒントやホームページを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

アンプのウーファー端子の形状はRCAピンジャックですか? もしそうであれば、ご質問のタイプのウーファーにピンコード1本で接続できるはずです。

一般的なAVアンプのサブウーファー出力は、数KΩ,1V程度になっています。そして一般的なアンプ内蔵サブウーファーの入力は数十KΩ,1Vになっています。出力インピーダンス<入力インピーダンス ですのでインピーダンスマッチングは必要ありません。

アンプの設定で、サブウーファー端子のレベルが絞られていないか確認してみてください。また、サブウーファのターンオーバー周波数やアッテネーターなども(あれば)点検してみてください。

ご質問のように家庭用機材を一般的な使い方で接続する場合に、インピーダンスマッチングなどの難しい理屈は考えなくてよいようになっているはずです。

Qオーディオインターフェースでうまく録音できません

ご覧いただきありがとうございます。
音声録音の初心者が、こちらで教えていただいたノイズ軽減の機器を使ってみようと入門用に先日べリンガーの「PODCASTUDIO」を購入しました。
マイク→ミキサー→IF→PCで接続できるセットなのですが、いざAudacityで録音してみると、非常にか細い音しか録れませんでした。
IFの不良かと思い(ミキサー以下は直繋ぎのヘッドホンで正常に聞こえている為)、メーカーに新品を送って貰いましたが、現状が変わらず、PC内部の問題も疑ってこちらに質問している次第です。

ソフトやPCの設定、接続など前質問でお付き合い頂いて何度も確認しましたが、原因が分からず非常に困っています。

か細い音というのは蚊の鳴くような音量の、とてもミキサーのボリュームをMAXにしたとは思えない音で、当然ソフト側でボリュームを上げるとノイズだらけになる音です。

そこで、これらを使った事がある方、また同メーカー単体販売のUSBIF「UCA202」をお使いの方、録音にお詳しい方にお聞きしたいと思います。
これが性能なのでしょうか?
それともPC側に問題がありそうでしょうか?あるとすれば何が原因と考えられますか?
どうかヒントなど些細な事でも結構ですので、正常に録音出来る方法をご教授下さい。よろしくお願いします。

OS:winXP(デスクトップ知人の自作機)/市販周辺機器のUSB不具合は今までなし/マイク端子入力の所謂PCマイクの録音は正常/
書ききれないのでご参照下さい(前質問):http://okwave.jp/qa3620061.html
PODCASTUDIO: http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EPODCASTUDIOUSB%5E%5E
試した他のマイク:http://www.audio-technica.co.jp/products/mic/at-x3.html

ご覧いただきありがとうございます。
音声録音の初心者が、こちらで教えていただいたノイズ軽減の機器を使ってみようと入門用に先日べリンガーの「PODCASTUDIO」を購入しました。
マイク→ミキサー→IF→PCで接続できるセットなのですが、いざAudacityで録音してみると、非常にか細い音しか録れませんでした。
IFの不良かと思い(ミキサー以下は直繋ぎのヘッドホンで正常に聞こえている為)、メーカーに新品を送って貰いましたが、現状が変わらず、PC内部の問題も疑ってこちらに質問している次第です。

ソフト...続きを読む

Aベストアンサー

「ドライバー不要」とは言っているが、一応はメーカーサイトのASIO2KS-Driverなど入れてみる。
http://www.behringer.com/05_support/u-control-downloads/u-control-downloads.cfm?lang=eng

その後に、コントロールパネル→サウンドとオーディオデバイス など開いて、録音音量の設定とかがどうなっているか調べてみる。

ちなみに、UCA202のドライバはよく知らないんですが、「サウンドとオーディオデバイスではなく、別のアプリ形式か、あるいはコントロールパネル内にUCA202の設定画面を出すアイコンが追加されるタイプかも。その場合は、そのUCA202の設定画面で、録音音量の設定とかできるんじゃないかなと…
UCA200とUCA202は、インターフェースドライバについては同じ物と考えて大丈夫です。

全部異常なしなら、ちょっとわかんないです。

Q私もヘッドセットのマイクが機能しません

NECのVALUESTARにaudio-technicaのヘッドセットを接続しましたが、マイクが機能しません。
「アクセサリ」のマイクの設定は済みました。

そこで、NECのHPを見たところ、「弊社のPCは入力インピーダンスが10kΩ」と記載されていました。
しかし、ヘッドセットのテクニカルデータには「マイクロホンのインピーダンス2kΩ」と記載されています。

ということは、このインピーダンスの違いのためにマイクが機能しないのでしょうか?

そして、10kΩのインピーダンスを有するヘッドセットを購入するしか解決方法はないのでしょうか?

お分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

マイクのインピーダンスの違いと、機能が働かないことに関連はありません。
お持ちのヘッドセットが機能しないのは、単にオーディオの設定の可能性が大きいと思います。「コントロールパネル>サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」で設定を確認してみてください。

また、その程度のインピーダンスの違いなら通常の使用では差し支えないと思います。よって、新たにヘッドセットを購入する必要はないでしょう。

Qオーディオインターフェース経由のベースの録音がオンボの端子再生で別物になってしまうのですが・・・

オーディオインターフェースのDTMへの録音についての質問です。

現在USB Sound BLASTER Digital Music SX というオーディオインターフェースを使ってエレクトリックベースの録音をしております。

今までに何回か録音しているのですが、インターフェース経由のヘッドフォン端子ではミックスダウン後の録音したベースの音がとても鮮明に聴こえる一方、PCのオンボードのイヤホン端子から再生して聴くと、録音した音がすごいエコーがかかったようになり、ベースが非常に小さく再生されてしまいます。

サウンドカードによって再生される音が変わるとは思うのですが、他の人に聴かせることを前提にミックスダウンを行っているので、これでは音作りもどちらに合わせて調整すればよいかわからず困っております。
できればインターフェース経由で再生されている音でミックスダウンを完成させたいのですが、どうしたらよいでしょうか。どなたか教えて下さい。

ちなみに楽器からの接続は

ベース⇒POD(D.I.output)⇒インターフェース(line in)⇒PC上DTMソフトウェア

という接続です。DTMソフトはMAGIXのMusic Makerを使用して録音を行っております。

よろしくお願い致します。

オーディオインターフェースのDTMへの録音についての質問です。

現在USB Sound BLASTER Digital Music SX というオーディオインターフェースを使ってエレクトリックベースの録音をしております。

今までに何回か録音しているのですが、インターフェース経由のヘッドフォン端子ではミックスダウン後の録音したベースの音がとても鮮明に聴こえる一方、PCのオンボードのイヤホン端子から再生して聴くと、録音した音がすごいエコーがかかったようになり、ベースが非常に小さく再生されてしまいます。

サウン...続きを読む

Aベストアンサー

そのPCで、他の音楽ファイルを再生した場合はどうでしょう?それでもおかしいようなら、バーチャルサラウンドとかの変なエフェクトがかかっているかも知れません。オンボードの場合は特に、そういう飛び道具的変態エフェクトが充実してたりしますので。(参考URL)

後はその録音したものをCDに焼いて、CDプレーヤで聞いてみれば、どっちの問題なのかがよりはっきりします。これで正常だと、悪いのはオンボードで確定なので、「俺が正義だ」ミックスでいいんじゃないですか?

参考URL:http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070205/dal268.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報