実は次の役員会議で「次世代携帯とシルバーライフ」と言う題で重役のおじいさん達に約1時間話す事となりました。もう後1週間と迫ってますが、今だ手付かず状態です。
誰か僕を助けた下さい!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

携帯電話とは少し違いますがPHSを利用した老人向け


サービスが具体化し実用化されつつあります。広い意味で
携帯電話の可能性を言及する場合この領域も説明に加えて
良いのではないでしょうか。PHSは、携帯電話に比べて基
地局のサービス範囲が狭いので、どの基地局に当該端末が
接続されて居るかを検出すれば、徘徊老人の居場所が、基
地局のサービス範囲(半径200m~以上)で検出出来るもの
です。英国の論文には、携帯電話の基地局(到達距離3km)
3局で当該携帯電話の位置を検出すると言った、手法もあ
り、最近日本でも同様な方式が開発されており、実用化さ
れてPHSと同じサービスが実現するでしょう。緊急救命シ
ステムは、データ通信の1種ですので、第3世代の携帯電話
によって、同じようなサービスが可能となるでしょう。

PHSを使い徘徊高齢者を早期発見
http://community.goo.ne.jp/certify-cgi/mail_logi …

NTTドコモ PHS位置情報サービス専用端末を発売
http://community.goo.ne.jp/certify-cgi/mail_logi …

PHSを使った心疾患者の緊急救命システム
http://community.goo.ne.jp/certify-cgi/mail_logi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます。本当に助かりました。

お礼日時:2001/02/06 04:03

初めまして。


どういう背景で、「次世代携帯とシルバーライフ」というテーマがきまったのかということと、hidanobuさんの会社がどういう会社なのかわからないので、漠然とした推測でしか申し上げられませんが、、、。
介護という観点と老後の楽しみ、いきいきライフ的な範疇での活用ということで話されてはいかがでしょうか。
ドコモの次世代携帯は以下のような新サービスがあります。
・次世代版iモードサービス
・TV電話サービス
・高速インターネット/イントラネット接続サービス
・映像配信サービス
・音声通信とパケット通信を同時に行えるマルチコールサービス
特にTV電話というところで、介護とつながっていくだろうし、携帯電話を使っての遠隔監視というのもありそうですよね。
また、これは孫さんと竹中先生が、森総理にIT先進会議で話されたことですが、
「これからのITとは、地方に住むおじいちゃんたちが、ITでいつでも、孫の様子を知ることができるようになるんですよ。孫の様子をデジカメやビデオで撮ったものを自分のHPにアップする。で、おじいちゃんたちは、そこにアクセスすれば、毎日のように孫に会っているのと同じように孫の成長記録が見られるようになる。」こんなことが可能になっていくんですよ。と森総理にお話しになったそうです。
次世代携帯では、それが携帯でも、、、。
で、重役の方のウケを取るなら、この話をそっくり引用した後で、森総理が記者に、何の話だったか聞かれた時に、い「いやあ、きょうはためになる話しだったよ。孫の話を聞いたんだ」と答えたというのを付け加えては、、、。
ちょっと脱線しましたが、これは、シルバーライフでのコミュニケーションということにもつながるでしょうし、サークル活動というのにも、つながるでしょうね。で、ドコモの次世代携帯については、
http://www.nttdocomo.co.jp/release/services.html
というアドレスで、ニュースリリースのページが出てきますから、そこの中の「第三世代移動通信システムのブランド名を決定」というのを見てみて下さい。
また、そこから、ドコモの取組みにも飛べるようになっていますね。
それと、ハードの話もされたらいかがでしょうか。
確か、ボタンや液晶表示が大きくなったらくらくホンというのが出ていたはずです。今CMやってますよね。
こんなところで、いかがでしょうか。
ドコモの人間ではないんですが、ドコモのことしかわからなかったので、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。本当に助かりました。

お礼日時:2001/02/06 04:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング