位置情報で子どもの居場所をお知らせ

30代後半の妻が、大腸がんの切除をしました。
実際は卵巣にも転移しておりましたが、大腸および卵巣、リンパの目に見える部分の悪性部位はすべて切除したとのことです。(卵巣は両方とも全摘)
現在目に見える部分でのがん細胞は見つからないようです。
今後、FOLFOX治療と言う抗がん剤治療を2週間に1度(3日間単位)の割合で自宅で行います。(ポート?式)

約半年間続くのですが、免疫力が落ちるので風邪などには気をつけてくださいといわれました。

そこでお聞きしたいのですが、どういう生活をしていけばよいのでしょうか?
食べない方が良いもの(先生は特別ないが食べ過ぎないようにとだけ言われました。)
買い物や子供の学校(授業参観や個人面談)、子供の試合(屋外)などの外出
子供たちとの接触
夫婦間の夜の生活(キスも)
(この件については、無理強いはするつもりはありませんが、妻が体調が良かったとして)

わからない事だらけです。
なにか上記以外での注意点も含め宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今年年はじめに胃の三分の二を切除しましたが、再発防止にお薬と二週間に一回点滴注射をしておりますが二.三日後に食欲不振、口内炎等副作用に苦労しましたが10ヶ月経過の現在は点滴もなく食事も普通の半分ぐらい食べれるようになりました


1年間は養生に尽くし無理をなさらず回復を待ちましょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答また経験談ありがとうございます。
2,3日後ですか・・・
薬の副作用で口内炎はきついですね。私も以前ありました。
今のところ(といっても2日目ですが)食べることは出来ているようです。
失敗したのは先に美容院に行かせてあげられれば良かったと・・・
美容院はまずいですよね・・・

お礼日時:2008/01/09 07:54

抗がん剤治療すると白血球、特に好中球が減少しますので他の方もおっしゃるとおりカゼ等に注意ですよね。

とにかくうがい手洗いしか予防はありません。あと、マスク!
年末まで入院していましたが医者の先生や看護婦さんは何かするたびに、ほんの数分間の内に2回も3回も手を消毒したりします。カゼなどの感染も手から感染することが多いそうですのでうがい手洗いでしょうね…。
あと、吐き気や倦怠感が強く出る方もいると思います。これは妊娠中のつわりのような感覚らしいです。(男なのでつわりが分らない…)抗がん剤治療で私の場合は味覚障害がありました。治療終了後1ヶ月程度で元に戻りましたが…。

食べて良いもの悪いものは確かにありますが主治医の先生が特に制限ナシと言うのであれば従ったほうが良いです。精神的な負担や体力的なストレス・負担は相当なものですから医者が良いと言うものを食べずにストレスをためるのも馬鹿らしい話です。
注意するのは生もの類(刺身や生肉、魚)の加熱をしっかりする。まな板は清潔にして乾燥させる…。赤ちゃんに食事を与えるような感覚がよいと思います。

夜の生活は止めた方がいいですよ。いろんなバイ菌類がたくさん付いている部分ですから白血球の低い免疫力の弱い時にそんなことして細菌感染なんかしたらバカ見たいですよ→私で~す(笑)
しかも白血球(ってか好中球)少ないから2週間もクスリを飲めば治るような雑菌が完治に7ヶ月もかかり、最後は1日3回も点滴されるハメになりましたので…(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

生ものやまな板などもそうですね。
>赤ちゃんに食事を与えるような感覚がよいと思います。
わかりやすい表現でありがとうございます。

夜の方は1年ほどお休みですね・・・(ToT)/~~~

お礼日時:2008/01/09 07:48

まず、抗がん剤治療に副作用はつきものです。


どの抗がん剤でも白血球の値の低下や吐き気、倦怠感などは必ずあるようですね。

ということは、とても気持ち悪いので、食事なども作るなんてことは
考えられません。(私はできませんでした。見たくもありませんでした。)
そして、だるくて何もする気になれなくて、寝てばかりいました。

買物は生協など配達してくれるもの、ご主人やお子さんが中心となって
家事をうまくこなしてください。
もちろん気分がいいときは普段どおりして全く問題はないです。

外出時は必ずマスク着用、外出から帰ったら必ずうがい・手洗い。
これで、風邪のウイルスからある程度は守れますが、できるかぎり人が
多いところへはいかないほうがいいと思います。
(絶対ダメということではありません)

そんな状態ですから、夜の生活なんて考えられませんよ。
奥様が体調がよさそうだとしても、しばらくは誘わないほうが無難です。
私がそんな状態で誘われたら、間違いなく怒りまくって蹴りが入るでしょう。

とにかく周りのサポートが大切なので、家事全般はご主人が中心となって、
家族で力を合わせて乗り越えてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

買い物は極力私が行こうと思います。
実際に治療が始まってからではないとどれくらいの副作用が出るのか家族はもちろん本人もわからないので、暫くは手探りだと思います。

義母が来てくれていますが、年齢の問題や仕事の問題もありすべて頼る訳にも行かないので、出来る事は私と小学生の息子でやっていこうと思います。(未就園時が居るのでそこが・・・)

お礼日時:2008/01/08 07:37

私の周りのガン患者(複数)から。



・奥様以外のインフルエンザの予防接種はしてありますか?
 まだなら…風邪やインフルエンザを持ち込まないように厳重注意。
 予防接種をしていても注意してください。
 患者本人はマスクなどで予防。

・買い物は 開店時間や夜間のお客さんの少ない時間帯に行けば
 インフルエンザなどを貰う確率が減る(と看護師からのアドバイス)

・授業参観、面談は~寒い時期・人が集まる場所ということだと
 お父さんが行かれるほうが良いと思います。
 往復すること・1時間程度立ったまま・寒い場所で待つことなどを考えるとちょっと無理です(私は無理でした)。夏も無理でした。

・子供の試合(屋外)などの外出
 抗がん剤によって違うので私とは違うと思うのですが-
 日に当たると色素沈着を起こす(→皮膚がんになりやすいとか?)ので、
 直射日光には当たらないようにする。日傘・帽子などを使う。
 + 人が集まる場所へ行かない となると
 行かないほうが良いかもしれないですね、、
 トイレのことを考えると、どこへ行くにも不便で行きたくないです。

・夫婦間の夜の…
 奥様の体調が良くても、その気になるでしょうか…
 私はまったくその気になれません。
 抗がん剤治療中は粘膜のトラブルが増えますし
 粘膜に限らず、とにかく体調不良が続きますから
 その気になるほどの元気は無くなると思います。

 いろいろ考えるとやめておいたほうがいいと思います…
 

風邪以外にも、怪我などからの感染も考えられますから
生活のすべてで注意深くするしかありません。
いろいろな可能性(こういう場面でこういう事故が起きるかもしれない)を想定して生活するしかありません。

ただ、制限ばかり気にしてもしょうがないので、
出来そうならやる、どこまで頑張るか・頑張れるか→何か悪い症状が起きた場合にどうするか、本人が自己責任でしたのか・医者のせいにするのか…
患者本人が意識して生活するしかありません。
勿論家族も協力してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

インフルエンザの予防接種は私だけやっておりません。
やっておいた方がいいのでしょうか?

買い物など行く際はマスクはした方がいいと言われたようです。
学校は、子供のスポーツの関係で比較的顔を出しているので、私が行こうとは思っております。
ある意味学校って、最近の宝庫のような感じですから・・・

義母が来てくれていますが、年齢の問題もありあまり頼るのもどうかなぁとは思いますが、
本人が無理しない程度にできる部分、家族でフォローする分、義母に頼る部分暫くは手探りですが頑張りたいと思います。

やはり風邪や怪我には気をつけた方が良いようですね。

夜の方は、私もないと言えば嘘になりますが、妻の方が私の浮気を心配して言っております。(信用ないのでしょうか?苦笑)

お礼日時:2008/01/08 07:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗がん剤投与期間中は何も出来ない?

実際に抗がん剤を服用された方にお聞きしたいです

55歳の母が乳癌になり、手術をしました
抗がん剤を打つ予定です

母は太っています。
なんとかやせてもらいたいので、スポーツクラブで歩くなり自転車なりしてほしいと思ってます
ただ、抗がん剤の服用期間中は、何も出来ないくらいつらいのでしょうか?
それともつらいなりに、料理、友達とお茶するなどといったこともできないほど落ちこんでしまうのでしょうか?
「抗がん剤=鬱でずっと寝たきり」
というイメージがなくもありません
どうなのでしょうか?嘔吐とかも1時間に1回というイメージがなくもありません。
もちろん、個人差があると思うのですが、大体平均的な目安として知りたいです。
むしろ、お友達や人と話す機会をたくさん設けてあげようと思ってるのですが、抗がん剤患者さんにとって、それは逆効果なのでしょうか?
患者さんにしてみれば、「私、すごい鬱で食欲もないのに、なんで、友達とかくるのよ!」的なことはないでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

抗がん剤治療中です。
太っています…汗

手術後の注意でやってはいけないことの指導があったと思います。
要はリンパ浮腫に注意とか、感染症に注意と言うことですが…
運動の内容も↑この状況でできる範囲が決まってしまいますが…

何も出来ないくらい辛いかどうかは 人によって違います。

ただ、もう治らないんだ…と勝手に思い込んでいると、
かなり副作用が辛いのいは確かですよ!


>お友達や人と話す機会をたくさん設けてあげようと思ってるのですが

抗がん剤を打つたびに…1回目と2回目では副作用の出方が違うことがあります(全く同じということは多分ないです)

何日目に楽になるというのも そのたびに違います。

ヘタに先の約束をしてしまうと…しかも本人の意思ではなく~予定を入れられるのは辛いと思います…

その日になって 体調と相談して参加を決められるイベントなら、
用意してみる価値はあると思いますが…

料理もねぇ…食欲はあっても、料理の最中のニオイがダメとかいうのが
結構あるんですよね…(つわりのような)

ただ、主治医とナースの説明だと
「吐き気は出るけど、吐いたという話は聞いたことない」そうです。
あまりにも酷ければ、吐き気止めを処方してもらうなり、
吐き気の出る薬を減らすか期間をあけるか、辛いことはどんどん申告して
方法を考えてもらってください。
我慢する必要はありません。

それと手術の加減によって違うでしょうし、
抗がん剤の副作用でシビレや関節痛が出てくると
炒め物を混ぜるのとかが出来なくなったり… 皿洗いが不自由になったり…

私は2~3キロの散歩を気が向いたらしています。
週に1~4回。義務化すると辛くなってしまうので
天気と体調と相談して決めます。

性格と病状次第だとおもいますけど、
他人に押付けられるような予定って辛いです。
まずは患者本人が 何かしたいなぁ って気持ちにならないと
何をやっても逆効果です。
しかも本人の意思とは関係ない予定なんて最悪…
他人が関わってくる予定も…(相手によりけり)

術後1年位は 落ち込んで当然かな…って思います。
あとは、腫瘍マーカーなどの検査結果を 他人のブログなどで比べてみて
悪くない数字なのだったら「これだけ良くなっている」とか
情報があったほうが励みになると思います。
(結果が悪い場合はなんともいえないですけど…)

抗がん剤治療中です。
太っています…汗

手術後の注意でやってはいけないことの指導があったと思います。
要はリンパ浮腫に注意とか、感染症に注意と言うことですが…
運動の内容も↑この状況でできる範囲が決まってしまいますが…

何も出来ないくらい辛いかどうかは 人によって違います。

ただ、もう治らないんだ…と勝手に思い込んでいると、
かなり副作用が辛いのいは確かですよ!


>お友達や人と話す機会をたくさん設けてあげようと思ってるのですが

抗がん剤を打つたびに…1回目と2回目で...続きを読む

Q癌患者は温泉入れない?

去る3月24日に7cmの直腸がんと周囲のリンパ節を開腹手術で切除しました。
4月10日に退院しましたが、現在は再発や転移を予防するための補助化学療法として、内服での抗がん剤治療を続けています。
両親が兄弟会で温泉1泊することになり、そのパンフレットを幹事役の方が送ってくれたのですが、「肺結核や心臓病、高血圧や悪性腫瘍などの病気の方は入浴ご遠慮下さい」と書いてあります。
結核は伝染するし、心臓病や高血圧も危険があるのは分かるんですが、癌だとどうして温泉入れないんですか?

ちなみに自分は自宅では毎日普通に入浴出来てますし、趣味で公園などに写真を撮りに出かけますが、1日1万歩以上歩いても何ともないです。
抗がん剤の副作用も目立ったものはありません。
それでも癌患者だと温泉入れないのでしょうか?
どのような科学的根拠があるのか知りたいです。

というのも、秋ごろに家族で出雲大社にお参りに行く計画があり、その時温泉宿に宿泊しようと考えていますので。
温泉に入れないとなると、計画そのものの意味がなくなります。

癌患者であることを隠して入浴しようとした場合、手術痕などで断られてしまいますか?

どうも納得出来ないので、ご回答よろしくお願いします。

去る3月24日に7cmの直腸がんと周囲のリンパ節を開腹手術で切除しました。
4月10日に退院しましたが、現在は再発や転移を予防するための補助化学療法として、内服での抗がん剤治療を続けています。
両親が兄弟会で温泉1泊することになり、そのパンフレットを幹事役の方が送ってくれたのですが、「肺結核や心臓病、高血圧や悪性腫瘍などの病気の方は入浴ご遠慮下さい」と書いてあります。
結核は伝染するし、心臓病や高血圧も危険があるのは分かるんですが、癌だとどうして温泉入れないんですか?

ちなみに自分は自...続きを読む

Aベストアンサー

同じ疑問を持った「温泉宿」の人が、関係先に問い合わせた内容をブログに記載されていました。
http://ameblo.jp/sumiyo1962/entry-10912398676.html

結論からいうと、ご自分の判断の上という前提で、問題無く入れるようです。


「気分よく入ってこそ」の温泉だと思いますので、手術痕などを気にされるようでしたら家族風呂や温泉付きのお部屋にされてはどうでしょうか。
医学的または法律的に根拠が無いのに理不尽な指摘を受けたり拒否されてしまうと、結局は楽しめませんので、そのような無用なトラブルは回避されたほうがいいかもしれません。

癌に関わらず多くの方が術後の療養に温泉を利用されています。良いご旅行となりますように。

Q乳がんのしこりの大きさと悪性度に関係がありますか?

54歳になる母が乳がんになりました。
初診(画像・触診・穿刺)ではステージ2だという話でした。
しこりの大きさは約2.5センチで自覚症状は乳首のへこみとしこりです。
しかし、今日主治医に詳しい話を聞いたところ、しこりの大きさは約3.8センチでその横にもう一つ1.5センチのしこりがあり、その2つがエコー画像で見る限りつながっているので、ステージ3だといわれました。
CTなどのくわしい画像検査はまだ結果がでていないのに、どうして初診とこんなに所見が変わってしまうのでしょうか?
しこりが大きいということは、深刻度も数倍になると思うのですが、大きさと悪性度の関係について教えてください。
あとリンパ節への転移ですが、最初は感じられないと言われたのに、今日は少し脇のリンパに触れるので転移の可能性が大きいといわれました。転移していたら、全身に遠隔転移している可能性が大だと思うのですが・・・
もうどうしてよいのかわからないです。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するというのは、乳腺に腫瘍ができやすいのかもしれませんが、乳腺の腫瘍ができやすいからといって、別の部位に癌ができやすい、あるいは転移を起こしやすいということはありません。乳癌とほかの癌は、とりあえず別のものと考えていいでしょう。もう一方の側で再発しても、やはり手術によって完治します。実際、乳癌を多く手術している病院では、両側乳房摘出などはめずらしいことではなく、経過も良好な人が多いです。また、腋の下のリンパ節に転移しているからといって、全身に転移しているかはわかりません。一般に、腋の下にはリンパ節が20個近くあります。そのリンパ節を一つ一つ輪切りにして顕微鏡で見て、転移しているリンパ節の数で全身転移を予想します。一概にはいえませんが、転移しているリンパ節10個以下の転移なら、全身転移の可能性は少ないと思います。もちろん、ゼロとは言い切れませんが。全身への転移というのは、もしあったとしてもわからないことが多く、あとになってからわかる、というのが現状です。もし将来全身への遠隔転移があった場合、もうすでに小さな癌の赤ちゃんともいうべきものが転移巣では存在しています。(現在の医学では、それを見つけることはできません)その将来を予想するものとして腋の下のリンパ節を切り取って調べるのです。

乳癌の場合、生命に危険が及ぶ場合はどういう時かといいますと、stage4、つまり全身に転移している場合です。この場合どうするかというと、まず癌細胞に女性ホルモンレセプターというものがあるかどうかを調べます。女性ホルモンレセプターというものが存在すれば、ホルモン療法という効果が高く副作用の少ない治療法が選択できます。また、そのほかに、タキソテール、CEFなどという薬を使った治療法があり、これも副作用があるものの治療成績はよいです。

というように、乳癌は、簡単にいって8割もの人が治っている病気です。手術ができれば多くの人が助かっています。確かに、乳房全摘は女性にとってデリケートで深刻な問題です。私のように文章が拙いものでは「乳房を切れ切れ」と書いていて、少し無神経ではないかとお感じになるかと思うのですが、いいたいことは
・悪性度は生命予後に直結しないということ
・乳腺に腫瘍ができやすいだけであって、ほかの部位にできやすいとは限らないということ
・従って乳腺さえとってしまえば再発は起こらないということ
・反対側に腫瘍ができる可能性はあっても手術の回数は増えますが同じように治すことができるということ
・手術ができるということは予後のよい部類であること
(手術によって治すことができる!)
・手術ができなくても、全身に転移していても、打つ手はまだあるということ
・実際に手術をしてリンパ節をとるまでは全身への遠隔転移について確実なことは言い切れないこと

以上です。悪性度と転移について、わかっていただけたでしょうか?不安を和らげる内容とは言い難いかもしれませんが、知識、理性が支えになってくれることをお祈りいたします。

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するという...続きを読む

Q「ガン患者、これだけはしてはいけない!」■ガンに詳しい人希望■

「ガン患者、これだけはしてはいけない!」

事はなんでしょうか。
タバコは絶対に駄目なのは承知していますが、
他の事になると色々あってわからなくなってきます。

温泉は行っても構わないのですか?

あと、食事に関しては
牛乳を飲んだり、少量のアルコール、市販のソーセージ、パン、チーズ、豚の角煮、煮魚
を食べても大丈夫なんでしょうか。

Aベストアンサー

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメントによる事故は相当あります。詳しく書けませんが関係する仕事をしています。
飲んでいることを医者には隠しがちですが、これ、ものすごく危険なことなので、必ず医者と相談してください。
いまさらながらの発癌物質の摂取をご心配のようですが、癌というものは10年単位で進行するものなので、今そんなこと気にしていても始まりませんし、添加物などの発癌力はそれほど強くありませんので、今考えなくて良いと思います。
基本的に、きちんと食事をすること。
あと、癌になるとあちこちから「これはいい」というものを薦められると思いますが、安易に飛びつかないで。
わらにもすがりつきたい気分のときは、期待もあるので、飲むと一時はいいような気がするものです(プラセボ効果というやつね)でも、データを見てると飲んでもやめても変わらないし、何よりも一時は良かったと思うと止められなくなるんです。
大体薦めてくる人は最初の一瓶しか持ってこないでしょ。後を買うのは自分ですからね。
健康食品は異常に高いです。
また、高いほど効くような気がするものらしいです。ただでも医療費のかかるときに、健康保険も利かず、効果もよく分からないようなものに多額のお金を費やすのはどうかと思います。
主人のときも雨あられとその類のものや話が来まして、片っ端から断っていたのですが、やっぱり私や医者に隠して内緒で飲んでいまして…
わがままな人でしたから、「これ飲んでるから飯は食べなかった」なんて、サプリには糖分やカフェインみたいに一寸さっぱりするものが結構入っているので三種類も飲むと食欲なくなってしまうんです。本末転倒ですよね。
主人の時には飲みすぎて心筋梗塞に似た状態まで副作用が出まして(危険情報の論文が出ていました)、大喧嘩の末止めさせたのですが、見舞いに来た客に「うちは貧乏だから健康食品も飲ませてもらえない」と愚痴ったそうで… とても悲しかったです。
健康食品は他人に薦めてはいけないと思います。
独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページに健康食品の情報サイトがあります。参考にしてください。
癌に効くといわれているもので、明確な根拠の証明されているものは今のところないはずです。

主人が大腸がんで亡くなりました。
サプリを飲んでおられるようですが、治療中は、また、治療後も体調が完全に回復するまでやめたほうが良いです。
基本的にサプリメントのように特定の物質を異常に濃縮したものは肝臓に負担がかかります。
抗がん剤を使っているときは猛烈に肝臓に負担がかかりますから、さらに足を引くような真似は大変危険です。
基本的にサプリメントとは飲むならば健康なときに飲むもので体調の完全でないときに飲むものではありません。
表ざたにはなかなかなりませんが、サプリメント...続きを読む

Q抗がん剤治療中の生活について

こんにちは。7

自分の恋人が、現在、悪性リンパ腫という病気になっていて、
抗がん剤治療中です。

いま丁度、次の抗がん剤投与を、少し先する予定の時期です。
本人的には、とても体調が良いと言っています。
(結構痩せてしまったし、体毛も無いし、体力(筋力)は落ちていると思います)

生の状態の食べ物や、
納豆やヨーグルトなどの「菌」のある食物は禁止されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでが、現状なのですが、

彼がエッチしたいと言うのですが、大丈夫なのでしょうか?
医者は何も言わなかったから、大丈夫だと思うと、彼は言います。
「しちゃいけなかったら、言うだろう?」と言います。

食事の菌に制約が有るのに、こういった接触行為を持って大丈夫なのか、
私の方としては、彼の事が心配です。
キスするのも、心配なんです・・・。
人間って常駐菌が居るって聞いたので、私のを彼に移してしまうんじゃないか、、、と
不安です。

ご存じの方がいらっしゃいましたら、お願いします。

Aベストアンサー

質問者さんの彼氏さんは抗癌剤の影響で免疫力が弱い状況でしょう。
体の中にある悪い菌をやっつける、血液の中の「好中球」が少ないのでしょうね。
風邪菌などもらおうものなら即風邪ひきます。
本来なら、無駄な外出も許されないでしょう。止むを得ず外出するならマスク必須でしょうね。

で、そんな状況下での性交渉ですが
先生が何も言わないからといって勝手にしてもいいと考えるのは早急です。
もしそれで雑菌が体の中に入って熱が出たとか何とかになっても
自己責任になりますよ(質問者さんが雑菌持ちだと言うつもりはないですが)。
彼氏さんご本人は何故自分が生ものや菌類が禁止されているか理解しているのでしょうかね?

主治医の先生に相談するよう彼氏さんに話をして下さい。
抗癌剤を使用している時は「先生は何も言わない」じゃなくて
「分からないことは自分で納得するまで聞きなさい」なんですよ。

好中球が正常になるまで待つべきではないかと私は思いますが。

Q乳がん治療中に転移することはあるのでしょうか?

現在妹が乳がんの治療中なのですが、先日下腹に乳がんと似たような手触りのシコリ(3~4cm)を見つけたようです。
位置は右下腹(卵巣の上辺り?)です。
治療の経過は、8月に初めて乳腺クリニックを受診し、9月から抗がん剤を投与し始め、12月初旬で7回目の投与が終わったところらしいです。
そこで質問なのですが、抗がん剤はがん細胞を小さくして手術しやすくするものだと聞きましたが、その治療中に転移→再発などという可能性はあるのでしょうか?
心配したってしょうがないから早く外科を受診しなさいと言ってあるのですが、妹は『もう助からないんだ・・・』とひどく落ち込んでしまいました。
可能性があるかどうかだけでも良いので、ぜひご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です
抗がん剤の同時投与をするかどうか… 今どういう薬をつかっているのか?
術前ならCEとかCAFとかいう~2~3種類の薬を投与する方法を取るのが普通かな?と思うのですが。
ただ、、一般的に効果が高い組み合わせであるというだけで、必ず全員に効果があるわけではない ってことです。全員に効果があるのなら、ガンで死んでしまうなんてことは聞かないはずです。昔よりは効果が上がる方法が出てきた、早期発見で早めに手が打てるetc.
必ず治る方法が出来たわけじゃないんです…

どういった薬を投与されているのかご本人はご存知なのでしょうね?
説明されずに治療しているのでしょうか?(信じられません!)

100%の効果がないかもしれない と言う話も説明されてないとおかしいのですが。

どういう薬の組み合わせにするのかは、病院のやり方もあるようですし、ガン細胞の顔つきや、どこの原発のガンか?で患者によってちょっとずつ変更したりしますから…
全員に同じ治療ということではないので、患者本人か担当医にしっかり話しをしてもらうことをオススメします。

#1です
抗がん剤の同時投与をするかどうか… 今どういう薬をつかっているのか?
術前ならCEとかCAFとかいう~2~3種類の薬を投与する方法を取るのが普通かな?と思うのですが。
ただ、、一般的に効果が高い組み合わせであるというだけで、必ず全員に効果があるわけではない ってことです。全員に効果があるのなら、ガンで死んでしまうなんてことは聞かないはずです。昔よりは効果が上がる方法が出てきた、早期発見で早めに手が打てるetc.
必ず治る方法が出来たわけじゃないんです…

どういった薬...続きを読む

Q抗がん剤を使っている人でも、車を運転してもいい?

ごく最近、すい臓がんのステージ4Iと診断されて、
抗がん剤TS-1とジェムザールの治療を始めた方がいます。
その方は、がんだと診断される前まで、元気に働いていらして、
今のところ気力も体力もそうは衰えていないみたいです。
ただ、抗がん剤治療を受けられていますから、微熱、疲労感、白血球の減少といった副作用はあるそうです。
でも、その方は、ご自分の判断で、今なお、車の運転を続けていらっしゃいます。
私的には、副作用で運転に支障がでて、危険なのでは、心配してしまうのですが、
どなたか、抗がん剤について、教えていただけたら、うれしいです。

Aベストアンサー

抗癌剤と言っても様々です、投与量や、薬の種類、投与タイミングでも変わってきます。概して外来で出来る化学療法でしたらそれほどきついものではありません。自動車を運手できるか否かは本人の体調次第ではないでしょうか。また、白血球減少が自動車運転に与える影響(支障や危険性)は直接的には何もなさそうに思うのですが、如何お考えなのでしょうか。

Q乳がんで、ステージ4。 何でもいいので情報ください

45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

Aベストアンサー

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。
質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になって...続きを読む

Qガン告知後に入れる保険を教えてください。

義父が胃ガンと告知されました。手術を控えています。生命保険にはなにも入っていなかったらしく今になって、焦っています。
小さな保険でもいいので入れる保険を教えてくださいませんか??お願いいたします。

Aベストアンサー

アリコジャパンの『はいれます』と言う保険があります。
どなたでも加入できるのですが、ただ一つだけ条件があり
加入年齢が50歳から80歳までです。
ただし、この保険は死亡保障のみで入院保障はありません。
ただ、ガンの告知を受けられているとなると入院の加入は
できないですけど。

参考URL:http://www.alicojapan.com/servlet/Plan?BannerCode=00000001&ReqPage=CNT6

Q乳癌が5箇所ほど骨転移しています〈30代)

5年前に左乳房全摘後ホルモン療法を中心に治療し、1年程前に骨転移し始めてからは放射線治療、最近抗癌剤もしています。でも、かなり元気なんです〈普通に歩いて家事もすべてやっています。)自分ではまだまだ大丈夫だと思っているのですが、親戚や友人の夫など、あまり親しくない人にかぎって、「残り少ない人生なんだから、子どもと沢山過ごすべきだ」とか、「骨にまでいってるんだからいずれ、歩けなくなる。風呂にも一人じゃ入れなくる。」と、もうすぐ寝たきりになるような、あと1~2年以内には死んでしまうようなことをいいます。気にしない!と思っても、若いから進行が早いのかな・・ある日突然ガクッとくるものなのかな・・と不安にもなります。癌が骨転移している30代の方の色々な状況を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進行も遅くなるそうですよ。乳がんの進行は、非常に個人差のあるもののようですから生存率何パーセントだとか、一般論は妻も全く気にしてません。
ちょっと痛みがあるので激しく体を動かしたり、掃除機のような重いものを運べないだけで、お出かけもしますし、海外旅行にも行きます。
先のことは分かりませんが、できるだけのことはしていますし、何より毎日を二人(と一匹)で楽しく過ごしています。今の医学では根治は難しいのかもしれませんが、このまま癌と共存しながら、あともう少し長く頑張っていれば、医学も発達して根治できる技術が生まれる日が来るかもしれない、と期待してます。
一般論や周りの人の意見は、気にしなくて良いのではないでしょうか。自分の気持ちが一番大事です。毎日の生活が楽しいのであれば、それがなにより一番大事な事だと思います。がんばってくださいね。私と妻もがんばります。

こんにちは、お元気に過ごしているとのこと、なによりです。私自身ではありませんが、妻が31才で同じように左乳房全摘し、3年半前から再発治療を受けています。最初は骨転移でしたが、1年ほど前に肝転移と肺転移が見つかっています。
ですが、元気にしてますよ。自分ひとりで全ての家事ができるほどの状態ではありませんが、週に2回ほど親に家事を手伝ってもらいながらも、元気に毎日過ごしてます。ぜんぜん寝たきりなどではありません。
骨転移は比較的進行が遅いですし、何よりもポジティブな気持ちでいると進...続きを読む


人気Q&Aランキング