最近釣りを始めたのですが、夜釣りに出かけようと思います。
ただ、かなりの寒がりで防寒ウェアを購入しようと思っている
のですが値段がピンきりで迷ってしまいます。
ネットで見るとダイワとシマノの定価9万位の物があるのですが
本当に9万を出して買う価値があるのか?シマノとダイワどっち
が良いのか???全く判断できません。
基本は「暖かさ」を重視したいのですが、シマノとダイワの
どちらがお薦めか??9万を出してももっと安価な物とそんなに
変わらないのか??ご存知の方いらっしゃったら教えて下さい。
ちなみに私がネットで見たのは下記の事です。
シマノ:RB-161F
ダイワ:PW-1012
決して安価では無いので、無駄な事したくなくて・・・
よろしくお願いします。
(初心者なのでブランドすら良く分かってません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

最も軽くて暖かいのはポリプロピレンなどの保温性のある高機能下着の


上下に質の良いフリースの上下、これにオールウェザータイプの1枚物の
薄手のGORE-TEX
これが風も通さず軽く動きやすい最高の組み合わせで、厳寒の夜中から
磯上がりして1日中ふきっさらしでグレ釣りをする磯釣りマンはほとんどこのスタイルです。

このスタイルですと道中はフリースの上下ですからどこによっても恥ずかしくないし
車の運転もとてもしやすく、オールウェザータイプのGORE-TEXは真夏以外は
最高のレインウェアとして3シーズン使えますから、高いコールドウエザータイプを
買うのは非常にもったいないですね。

シマノもダイワも2万円台のGORE-TEXで十分ですので、下着、フリースを
かなり良い物を買っても4万までかからないでしょう。
それと重要なのが靴下で足先が冷えたら全身に寒さを感じますから厚手の
暖かい良質の物を買いましょう。
安い物だとユニクロのヒートテックの厚手靴下(2足、1000円)これが
抜群に暖かくてかなりのコストパフォーマンスです。
リブもかなりしっかりしているので全然ずり落ちなく裾からの寒さも感じません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

具体的なアドバイスありがとうございます。

確かに釣具店には保温性(発熱?)のある下着もいっぱい
ありました。
やはり違うんですね。
ベテランの方が実際にされているスタイルなら安心できます。
フリースも探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/08 23:35

釣り用の防寒具の方がポケットの数が多いなどの違いはありますが、


基本構造は変わりませんので、登山用品店やスキー用品店で防寒具を探す方が、
その種類も豊富で比較して価格も安いので得ですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

釣りをするから釣具店!って考えでは無いんですね。
もっと色々と検討してみたいと思います。
検討しているうちに暖かくなるかもしれませんが・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/08 23:22

みんなが言う通り、ゴアテックスなどの高級素材だから高い。

防寒性能は大差ありませんから、1万位のスノボー用か登山用のウエアーが良い。防水だし、温かいし、カッコも良いし、初心者なら釣り自体止めるかもしれないし?まあ、どうしてもと言うなら、3万位の福袋に入ってる型落ちの定価10万位の防寒着も良いと思うけど、まだ売ってるかなぁ~。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

スノーボード用ならあるんですけど、海専用でまた検討してみます。

この前昼間に釣り行ったら波が高くて海水が結構かかったので乾
いて白くなって驚きました・・・

福袋に入っている事があるのは知りませんでした。
暖かければ全然型落ちでも良いんですけどね・・
きっと、毎年「進化しました」って感じでキリないでしょうし。

釣りは、当たりがあった時の「脳への刺激」が楽しいので
がんばりたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/08 23:47

私もかなりの寒がりですが、No.1の方に同感です。



私の場合は釣具店で特売で1万もしない上下を買いました。

上半身の保温も大事ですが、下半身をサロペットタイプの胸まで覆う物を買いました。胸までくるとかなり暖かいです!!

そして、それでも寒く感じる季節や、寒い釣り場に行くときは、パンストやタイツも併用しています、アンダーウエアーの重要性もありますね。

9万円も出して防寒着を買うくらいなら、私は冬の釣りは多分しないと思います(^^)ニコ
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

アンダーウェアの大切さ、だんだん分かってきました!
昔、真冬の仕事でジャージの上にズボンはいて暖かかった記憶も。

釣具店にもいっぱいアンダーウェアがあったのでそちらを検討
したいと思います。

冷静に考えると9万って高いですね。。
もっと他にがんばる所がありそうです。

私は(も?)本当に寒がりなんですが、釣具店で売値6万位の
防寒義を試着してたら「暖かいですよね?これが一番暖かいです」
って値段に比例するような口ぶりだったのですが、なんか信じられ
なくて悩んでました。

ありががとうございます。

お礼日時:2008/01/09 00:02

夜釣りって海ですよね?


値段の大半がゴアテックスという防水透湿性素材のフィルムを使っているからだと思います。
初心者であれば、ゴアテックスは、塩にも弱いですし、色々扱いが面倒くさいので避けた方が無難かと思います。

釣りは、動きの激しいものではありませんし、あまりにも高度な防水能力や透湿能力は重視する必要性が低いところです。
そして、ゴアに大枚を叩いたところで、保温性とは全く関係がありません。
だいたい、漁師さんって、こんな高級品、着ていませんよね?傷むから。

アウトドア用品店で、中空中綿繊維(ダウンは濡れるとアウト)を使ったインナーの防寒着を買って、
釣具店で、丈夫なレインウェアを買ったらどうか?と提案してみます。
安くしたいなら防寒着はフリースでも良いと思います。(嵩張りますが)
防寒の暖める機能自体は、空気の断熱効果を利用しているだけですし。

一体となったものよりも分けた方が良いのは、やっぱり上着は傷むものだからと、
重ね着なら季節によって体温調節できるからです。

防寒は舐めちゃいけませんが、個人的には9万というのは凄い価格だと思います。
価値が分かり、価格が納得できるようになってからで良いと思いますよ。

分けて買うのでしたら、先に下に着るものを買ってから、それを持って釣具屋さんに行ってください。
サイズが変わります。
失敗すると痛いので、ネットで物を見ずに買うのは危険です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

かなり具体的な回答ありがとうございます。

ゴアテックスと言う素材が塩に弱い事や取り扱いに関しては
全く知識が無くて、事前に知って助かりました。
ゴアと保温性は関係無い事も理解できました。
確かに商品にもゴア=防寒とは書いて無かったです。
他の方もおっしゃるようにアンダーウェアなど他に身に付ける
物でなんとかなりそうなのでコストパフォーマンスの良い方法
を考えたいと思います。

他でも書きましたが、お店の人は「高価だから暖かい」と言う
無茶振りの人もいましたし、そもそもお店で試着したところで
暖かいのは当然で、底冷えに関しては全くの未知数ですからね。
一番最初のご回答で、かなり詳しく教えて頂いて本当にありが
とうございました。

どうやら高い買い物をして後悔しなくてすみそうです!
他の方から「9万」と言う金額を言われると「高い!」と感じ
ますね。
(ネットでは9万の商品が3割引って書いてあった所があって
グラついてました。割引と、限定と言う言葉に弱いので・・)

色々と教えて頂いて大変助かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/09 00:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオールウェザースーツとレインスーツの違い

晩秋~初春の時期の防寒用としてオールウェザースーツを購入したいと思っています。
ダイワ、シマノのHPを見ても、今一2つの違いが分かりません。この2つに明確な違いはあるのでしょうか?
また、ヒートテックの下着にフリースのジャケットをインナーとして考えています。
「防寒はインナーで調節し、アウター(オールウェザースーツ)で防風と防水の対策」を考えているのですが、これで年中(関西地方)対応できるでしょうか?

Aベストアンサー

関西在住の釣歴30年です

オールウェザーとレインの明確な違い・・・
最近は各社・物によってかなり曖昧になっています。一昔前は裏地がなく一枚ものだったり、メッシュだったり、布地であったり、で分けていたようですが、ゴアテックスが出てきてからはレイン・オールウェザーほぼ同じで裏地がメッシュになり汗でのベタつきが抑えられて殆ど一年中着れる様になりました。
中にはゴアテックスをオールウェザーとして、そうで無い物をレインスーツを表記してる場合もございます。
今では高価なものですと統一されたインナーが付いて極寒期にも耐えられるようになっていますね。物と文字だけで表すと暑くても寒くても雨が降っても雪が舞っても大丈夫なのでコレがホントの全天候(オールウェザー)なんですが・・・なぜかほかの物にもオールウェザーの文字が並んでおります。

ご質問にあります「オールウェザースーツでインナーで調節」ですが、私はゴアテックスのオールウェザースーツにヒートテック+インナー重ね着で10度以下~5度程度まで、それ以下ですとインナーにダウンスーツを着て極寒期を乗り切っております。風と水に関しましてはゴアテックスですとまず問題はありません。因みに波が来て腰まで浸かってもインナーは濡れません。

極寒期はインナーより足元の寒さが気になるので保温性の高い靴下がかなり役立ちます。

関西在住の釣歴30年です

オールウェザーとレインの明確な違い・・・
最近は各社・物によってかなり曖昧になっています。一昔前は裏地がなく一枚ものだったり、メッシュだったり、布地であったり、で分けていたようですが、ゴアテックスが出てきてからはレイン・オールウェザーほぼ同じで裏地がメッシュになり汗でのベタつきが抑えられて殆ど一年中着れる様になりました。
中にはゴアテックスをオールウェザーとして、そうで無い物をレインスーツを表記してる場合もございます。
今では高価なものですと統一され...続きを読む

Q釣用 レインウエア のお勧め

今日釣りに行きましたが、防寒用のカッパをきて釣りをしていましたが、釣り終りに脱いだら、ほとんど服がびしょ濡れでした。特に下の方が、水を含みすぎて、長靴の中まで流れて行き、長靴の中が水だらけになってしまい、ポケットに入れていた携帯が使えなくなってしまう始末でした。
クーラーに座っていると尻のほうがびしょ濡れです。

買ったばかりの時はそんなことは無かったのですが、あまりにもカッパにならないものでした。

なので、もう少し高いレインウエアを買いたいと思っているので、お勧めのレインウエアを教えてください。 

Aベストアンサー

防水性能=耐水圧
透湿性能=透湿度

で数値化されています。


(1)まず、どの素材にするかを決めます。

耐水圧性能が低いと、座っているおしりのところ(水圧受けてる)からぬれて来ちゃいます。
これはもうゴアが一番です。
透湿性能についてもゴアは高いです。
高い次元で透湿・耐水圧を備えている素材は今のところゴアテックスだけなのです。
だからどこもかしこもゴアを使います。


お金あるなら3レイヤーゴアテックスが一番です。
お金ないなら(耐水圧が低いから)下手な透湿素材かうより、ビニールの雨合羽にしたほうがましです。
間違っても東レとか買わないように。


(2)次に、どのメーカーにするか決めます

釣りようのは高いだけで性能いまいちだから(無知な人相手にぼったくってる)、
(DAIWAとかSHIMANO5万もするのに防水ジッパーついてないとかざらにある)
防波堤釣り程度なら登山メーカーのやつが良いと思います。

モンベルなら安くて高品質ですよ。
高めだけどHAGLOFS(→ここのやつはヤフオクで安く買えますよ。)とかノースフェイスもおすすめです。


ということでオススメは、モンベルの3レイヤーゴアテックスですね。

参考URL:http://www.geocities.jp/chonai_yama/catalog/goretex.html

防水性能=耐水圧
透湿性能=透湿度

で数値化されています。


(1)まず、どの素材にするかを決めます。

耐水圧性能が低いと、座っているおしりのところ(水圧受けてる)からぬれて来ちゃいます。
これはもうゴアが一番です。
透湿性能についてもゴアは高いです。
高い次元で透湿・耐水圧を備えている素材は今のところゴアテックスだけなのです。
だからどこもかしこもゴアを使います。


お金あるなら3レイヤーゴアテックスが一番です。
お金ないなら(耐水圧が低いから)下手な透湿素材かうより、ビニールの雨...続きを読む

Q夏~秋の磯釣りの服装について

以前より磯釣りに行っておりましたが、上下ともジャージを着て行っておりました。
この度、釣りらしい服装になるものを購入しようと考えておりますが、
夏~秋に活躍する、上下のウェアは、どのような物を購入すればよいでしょうか?
予算は上下で10000円です。
できたら上をダイワにしたいのですが、秋のアウターとしてはどれが良いのでしょうか?
また、ズボンはどのような素材のものが良いのでしょうか。
ノーメーカーでも全くかまいません。おすすめ品や、素材、現在使ってらっしゃるもの、
色々と教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

 磯釣りで問題になるのは、突然の雨と、早朝と日中の温度差ではないでしょうか。
 出船時は寒くて厚着をしているが、磯上がりして日が昇ると途端に暑くてたまらない、というのはいつものことです。
 ですから私は、下はレインスーツのズボンを必ず着用し、上については普段着の重ね着の上にレインスーツを着ています。

 レインスーツと言っても、防寒性能のある奴ではなく、単なる大きめの雨合羽です。
 下は少々暑くても我慢できるし、上も前を開けるなどの工夫で、結構快適に過ごせます。
 季節に合わせて中に着込む服を変えればいいだけですし、厳寒期であっても、早朝の時間帯をカイロなどで乗り切れば、日が昇って少したてば暖かくなるはず。

 私の合羽はサウスフィールドの製品で、ゴアテックスでもなんでもないただのナイロン製、安売りで買ったので上下セットで3000円でした。
 釣りらしい、がまかつやダイワ、シマノの服も格好よくていいですが、手入れに気をつかうし、高いので敬遠してしまいます。
 ただの雨合羽であれば、セール品を探せば、有名メーカーのものも予算内であるかもしれませんね。
 撥水が弱ってきたら、釣行前日に撥水スプレーを吹き付けています。

 夜釣りをするなら話は別で、私も夜釣り用に防寒服を持ってますが、それも10年前に安売りで買ったやつです。
 安いもので十分ですよ。
 釣行回数が多かったり、こだわりがあるのなら、より高価なものを買えばいいと思います。

 磯釣りで問題になるのは、突然の雨と、早朝と日中の温度差ではないでしょうか。
 出船時は寒くて厚着をしているが、磯上がりして日が昇ると途端に暑くてたまらない、というのはいつものことです。
 ですから私は、下はレインスーツのズボンを必ず着用し、上については普段着の重ね着の上にレインスーツを着ています。

 レインスーツと言っても、防寒性能のある奴ではなく、単なる大きめの雨合羽です。
 下は少々暑くても我慢できるし、上も前を開けるなどの工夫で、結構快適に過ごせます。
 季節に合わせ...続きを読む

Q防寒着について

同じような質問がいくつかありますが、防寒着について
改めてお聞きします。
他の方の質問の回答から、防寒にはゴアテックスが
良いというのを拝見しました。
私なりにゴアテックスのウェアについて調べましが、
防寒用の物からレイン用の物まであり、防寒用はかなり
高額でレイン用の一番安価のもので25000円ぐらいです。
他の方の解答で見ましたが、下着やインナーをそれなりの
物(ミズノやヒートッテクなど)にすれば25000円ぐらいの
ゴアテックススーツで十分寒さはしのげるとありました。
信用しないというわけではありませんが、本当に大丈夫でしょうか?
いくら安いと言っても25000円は高額です。失敗しないためにも
慎重になってしまいます。
以前、ナイロン製の防寒上下(8,000円ぐらい)で蒸れ蒸れになり、
釣りどころではありませんでした。
でも、実際釣具店では防水透湿効果の防寒着が上下セットで7000円ぐらいであります。
(ブンブンという釣り具)ます。どれが良いのか本当にわからなくなりました。
私の釣りの条件は日の出から日中のみの釣りで、波止だけです。
ただ、風は強く、日の出の頃は風がなくても放射冷却でかなり冷え込みます。
贅沢な希望ですが、早朝や強風の寒さにも耐え、でも蒸れない防寒着はどれが
良いんでしょうか?
よろしくお願いします。

同じような質問がいくつかありますが、防寒着について
改めてお聞きします。
他の方の質問の回答から、防寒にはゴアテックスが
良いというのを拝見しました。
私なりにゴアテックスのウェアについて調べましが、
防寒用の物からレイン用の物まであり、防寒用はかなり
高額でレイン用の一番安価のもので25000円ぐらいです。
他の方の解答で見ましたが、下着やインナーをそれなりの
物(ミズノやヒートッテクなど)にすれば25000円ぐらいの
ゴアテックススーツで十分寒さはしのげるとありました。
信用し...続きを読む

Aベストアンサー

これまでの質問に回答した者です。

信じる、信じないはご自身にお任せしますが、実際に夜中3時などから
磯上がりして、最も気温の下がる5時、6時を何も防ぐものがない
沖磯で過ごして(岩陰で仮眠など)夕方4時、5時まで快適に釣りをしています。
蒸れに対する透湿、防水、防風に関してトータルでゴアテックス以上の素材はありません。

以前も書きましたが私はヒートテックのタートル(身体にぴったり:下着兼用)
ストレッチドライのニットトランクスにヒートテックのタイツ
その上にはノースフェイスの随分前に買った厚手のフリースの上下
ソックスは厚手のヒートテックかシマノの発熱ソックス、綿は汗を吸い
発散しにくく、繊維そのものが冷えますから絶対に1枚も着ません。
これにシマノの2万円台の薄手オールシーズンゴアのレインスーツ(友人も同じ)
(磯釣りですからヒップガード、フローティングベストも着ますが)

これで限りなく0度に近くなる夜明け前など寒さを感じるのはグローブの
先から出た指と耳ぐらいですが、フリースのネックウォーマー(1000円)を
耳まで上げればそれも完璧に解決できます。

それにゴム素材のブーツなどはゴム自体が非常に冷えますから、上を
いくら暖かくしても足下が冷えると体感温度は非常に寒いものになってしまいます。
波止なら安い磯シューズのフェルトやフェルトスパークシューズなら直接
下のコンクリートの冷たさが伝わらず足下の冷えを防げます。
ただフェルトはマキエなどを踏むとなかなか臭いが取れないので専用の
入れ物に入れて携帯した方が無難ですね。

あまり安い釣具店オリジナルのようなものでは結局お金を捨てることになるでしょうね。
それでやっぱり失敗して結局ゴアを買うようならそれこそ本末転倒ですね。
最低限でもシマノのドライシールドぐらいでしたらある程度快適に過ごせると思いますよ。
友人のひとりが磯釣りに着ていますが、極端に寒がって泣いているを見たことが
ないので多分そんなに寒くないんだと思います。これなら安いですね。
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=19004

これまでの質問に回答した者です。

信じる、信じないはご自身にお任せしますが、実際に夜中3時などから
磯上がりして、最も気温の下がる5時、6時を何も防ぐものがない
沖磯で過ごして(岩陰で仮眠など)夕方4時、5時まで快適に釣りをしています。
蒸れに対する透湿、防水、防風に関してトータルでゴアテックス以上の素材はありません。

以前も書きましたが私はヒートテックのタートル(身体にぴったり:下着兼用)
ストレッチドライのニットトランクスにヒートテックのタイツ
その上にはノースフ...続きを読む

Q防寒レインウェアについて

 新しく防寒レインウェアの購入を考えています。福井県で冬にヤリイカ釣りやルアーでのメバル釣りなどでの使用を考えています。いずれも冬の夜の釣りであり去年は安物のウェアで寒い思いをしました。寒さを苦にしながら釣るのは嫌なのでインターネットで暖かそうなウェアを探していたところ、ダイワ(Daiwa)PW-1311 PVゴアテックス大盛中綿VPウィンタースーツ、シマノ(SHIMANO)RB-152B ドライシールド-XTCMBエクストリームコールドウェザースーツに目がとまりました。ポイントは防水の性能と暖かさと値段(4万円程度まで)と考えています。生地はゴアテックスとドライシールドというものの様ですが、値段から考えるとゴアテックスの方がよいのかと思いますがかなり違う物なのでしょうか?その他おすすめのウェアなどはありますでしょうか?もし何か参考になることがありましたらご教授ください。

Aベストアンサー

磯釣りを本格的に20年以上しています。
防寒に関しては絶対にオールウェザーのレインスーツをオススメします。
裏地や中綿のない、いわゆる通常の薄手のレインスーツですね。
素材は絶対にGORE-TEXを選べれたほうがいいですね。
防水と蒸れの解消においてGORE-TEX以上の素材はありません。

もっとも暖かいのはポリプロピレンなどの保温、高機能下着に
フリースの上下、この上に上記のレインスーツを着るのがもっとも
暖かく身体の動きも大変身軽で、足場の悪い磯場で細かな動作が非常に多い
磯釣りマンはほぼ全員このスタイルで厳寒のふきっさらしでも快適に釣りをしているんです。

コールドスーツなどの中綿タイプは重く、腕の動きが良くないので
特にルアーなどには適していません。
それにフリースの上下ですと道中はずっとそのままで良く、現場に着いて
レインスーツを着るだけの身軽さですが、コールドスーツですと下に
あまり厚着が出来ないので現場で寒い中、動きに支障のないぐらいまで
脱がないと厚着にコールドスーツですと足も腕も動かず全く釣りができません。
持ち運び時もかなりかさばるのもネックになりますね。

GORE-TEXは2万円台のものでも性能的には十分で、その分スポーツ店などで
暖かい機能下着、上質のフリースの上下を買われるのをおすすめします。
オールウェザータイプのレインでしたら3シーズンは普通に使えるのも便利ですね。
http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=3255
http://fishing.daiwa21.com/index.asp?ItemID=3714
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=19003
http://www.naturum.co.jp/item/204824.html

磯釣りを本格的に20年以上しています。
防寒に関しては絶対にオールウェザーのレインスーツをオススメします。
裏地や中綿のない、いわゆる通常の薄手のレインスーツですね。
素材は絶対にGORE-TEXを選べれたほうがいいですね。
防水と蒸れの解消においてGORE-TEX以上の素材はありません。

もっとも暖かいのはポリプロピレンなどの保温、高機能下着に
フリースの上下、この上に上記のレインスーツを着るのがもっとも
暖かく身体の動きも大変身軽で、足場の悪い磯場で細かな動作が非常に多い
磯釣りマ...続きを読む

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Q釣りの防寒ウェアについて

相談させて頂いて、熟考した結果、ダイワのレインマックス防寒ウェア(DW-3203)を選びました。最後までモンベルのサンダーパス、ジャケット&パンツと迷いました。(本当はストームクルーザーの上下と迷いたかったのですが、価格的に無理なので)
ダイワは中綿の入ったタイプで、モンベルは軽量コンパクトのレインウェアです。
アウターに保温性を求めるか、ミドル、インナーに保温性を求めるか迷ったのですが、釣りにしか着用しないだろうと思い、ダイワを選びました。ただ、知識として防風透湿のレインウェアは体のサイズとぴったりのものを購入しないとせっかくミドルとインナーであたためた空気が外に漏れてしまうと聞いていたので、それを中綿のある防寒ウェアでも同じだと思いサイズがぴったしのLを購入しました。XLだとたしかに大きくて風などでウェアをあおられたらバタバタ揺れそうでした。その判断は正しかったのでしょうか? 防寒ウェアの場合は少し大きめのサイズを買う人が多いようです。実家の父親も自分より小柄なのですがXLを持っていました。磯釣り専門です。自分はルアーでランガンするので、スマートさを求めたのですが、テレビ番組でバス釣りのプロも父親のように大きめの防寒ウェアを着て、中にダウンジャケットのベストを着ているのを見て、あれれと思ってしまいました。レインウェアは体との密着度にこだわらないといけないようです。防寒ウェアの場合はそうでもないのでしょうか?

相談させて頂いて、熟考した結果、ダイワのレインマックス防寒ウェア(DW-3203)を選びました。最後までモンベルのサンダーパス、ジャケット&パンツと迷いました。(本当はストームクルーザーの上下と迷いたかったのですが、価格的に無理なので)
ダイワは中綿の入ったタイプで、モンベルは軽量コンパクトのレインウェアです。
アウターに保温性を求めるか、ミドル、インナーに保温性を求めるか迷ったのですが、釣りにしか着用しないだろうと思い、ダイワを選びました。ただ、知識として防風透湿のレインウェアは...続きを読む

Aベストアンサー

防寒用のパンツの裾がしゃがむと上がるのは構造上の特徴なので体型はあまり関係がありません。

例えばインナー、タイツ、フリースパンツにオールシーズンのレインパンツだと
フリースパンツまではすべて伸縮性がありますから、しゃがんでも一番外のレインパンツが
若干滑って曲がるだけですから、外も中も余り裾は上がりません。

しかし厚手の防寒パンツである程度ジャストフィットだと、全体に伸縮性のない厚手のパンツが
しゃがむことによって全体のレインマックスシェルが引っ張り合い通常より裾が上がってしまいます。

これは構造上仕方のないことですので、釣りの際はブーツを履くか、ハイカットの釣用シューズを履いて
対処するのが最善だと思います。

またパンツが厚手なので下に履いたジャージやフリースパンツなども一緒に引き上げてしまう可能性が
ありますから、足下を冷やさない為にもヒートテックタイツなどの上に保温性の高いジャージや
フリースパンツを履いて(あくまで上の防寒パンツに響かない程度で)ソックスだけはより
保温性が高いブレスサーモなどにして、必ずフリースパンツやジャージの上に上げて、
防寒パンツの下に履いたパンツ類のまくり上がりを防ぐことも忘れずに。
(私もこの時季は必ずそうしています。これだけでも足下の体感温度はかなり変わります)

#2さんの上に更に合羽を着るというのは、レインマンスシェル自体が防風機能もありますから
その上に着ても効果はないと思います。

またレインシェルを重ね着することによって、日差しなどによる中綿の温度上昇を妨げることにも
なりますから逆の効果になることもあり得ます。

防寒用のパンツの裾がしゃがむと上がるのは構造上の特徴なので体型はあまり関係がありません。

例えばインナー、タイツ、フリースパンツにオールシーズンのレインパンツだと
フリースパンツまではすべて伸縮性がありますから、しゃがんでも一番外のレインパンツが
若干滑って曲がるだけですから、外も中も余り裾は上がりません。

しかし厚手の防寒パンツである程度ジャストフィットだと、全体に伸縮性のない厚手のパンツが
しゃがむことによって全体のレインマックスシェルが引っ張り合い通常より裾が上がってし...続きを読む

Q地磯の口太40クラスに1.5号竿は太過ぎですか

20年位前にグレ釣りにハマり伊豆半島の沖磯渡船で口太メインに釣りを5年程し、その後パッタリご無沙汰してましたが、最近また釣りの虫が騒ぎ始め、近くの地磯を探して、いい場所を見つけましが、水深が2ヒロ程度で、根も結構あり、口太40クラスや尾長30クラスも来る様なので、大島磯クラスの1.5号を買おうかと思いますが、1.5号を使ったことがなく、また最近の竿の性能も知らないので、御意見を頂きたいのですが、1.5号では硬すぎで面白く無いでしょうか? 沖磯釣りをしていた頃はCWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号を使ってました。

Aベストアンサー

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬いから面白くないという表現は恐らく適しません。この僅かな差がタメを作りやすいか、止めやすいかのバランスの違いとなってくるのです。
現在主流になりつつある1.25号(私のはG社の1.2号強度)という竿なのですが、グレ竿の1.25号であれば50cm口太でも大丈夫な竿で私自身60cm尾長、70cmクラスのイスズミすらも取ってはいますが、磯竿となりますと同じ1.25号でもグレ竿ほど強いバネの印象は受けないのです。

大島磯は中間バランスの「磯竿」ですので誰でも使いやすく出来た竿です。私の考えですが、地磯で40cmクラスの口太、30クラス尾長対応ですがこういう潮が入る場所では「釣れるのはグレだけではない」のでそれらを考慮すると1.5号で丁度よいかとは思います。また沖磯へ・・・などもあるかもしませんしね。
魚の引きは昔とそう変わらないですが竿も糸も近年劇的によくなったので同じ魚を釣るのに従来の号数は必要なくなったという見方も出来ますが、あくまで細ハリスを使ったグレのトーナメント式での釣りであり一般釣行用とは少し違うとは思っています。

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬...続きを読む

Qシマノやダイワのゴアテックスのレインスーツは?

前に http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1470405 で質問したものです。その節はありがとうございました。
やはりゴアテックスのレインスーツが欲しいのです。ネットオークションでシマノやダイワが比較的安いですが、モンベル、ノースフェイス等のアウトドアメーカーが作るのと品質(性能?)に違いはありますか?特に透湿性や防水性に。
あとリョウビが格安でありましたが買っても大丈夫なんでしょうか?1万円以下で新品が出てるのでとっても魅力的ではあるんですが・・・。

用途は山ではなく、雨の中の作業に使います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ゴアテックスは各メーカーがゴアテックス社の厳しいシャワーテストを受けてそれに合格しないとゴアテックスのマークをつけられません。

つまり、ゴアテックスのマークが付いていればほぼ防水・透湿性能は保証されていると考えていいと思います。

あとはゴアテックスにも種類がいろいろあります。
使用用途に合えば、メーカーはどこでも大丈夫ですよ。

Q磯タモの柄のお勧めをお願いします。

数年使ったタモの柄が、
伸ばすと食いついてしまい縮まなくなってしまいました。
(それも正月休みの元旦です) ←(元旦に釣りに行ったのか!と言うお叱りは置いといて・・・・)
正月休みに釣具屋へ物色しに行ったのですが、気に入る物が有りませんでした。

今まで使っていた物は5mで500gほどです。
数年前に7000円ぐらいで購入しました。
今から思うと、とても安くて使い勝手も非常に良い物だったと思います。

そこで、皆さんのお勧めをおねがいします。

5mで500g前後・6mで600g以下(できれば6mで500g前後が良いです)で、6m希望
仕舞い寸法は110~125cmぐらい(竿ケース135cmです)
枠と網は別購入ですので要りません。
問題は値段です。予算は13000円で出来れば1万円以下
磯釣りですので、綺麗に伸びてくれないと意味ありません。

この商品が良いよ!って言う物があったら教えてください。

Aベストアンサー

1万円以下で6m、500gの玉網の柄はまずないでしょうね。
5mで500gというのもかなりの重量級になりますね。

6mで500g位なら5mなら300g代後半が中級以上の基準です。
1万円以下で6mだと無名メーカーか大型釣具店オリジナル商品などしかなく
重量も700g以上ぐらいのものしかないと思います。

玉網の柄というのは良い物を買えば10年は普通に使いますから、1万円以下で
また安い廉価玉網の柄を買っても、それぐらいの商品だと伸びが悪い、すぐに固着する(これが一番多い)
各セクションに口金補強がなく、大型の魚を掬っただけで継ぎ目が割れるなど
結局短命でまた買い直すようなことになってしまいますよ。

最低限大手メーカー品、それぐらいの価格ならシマノのホリデーXT玉網600がおすすめです。
http://takamiya.jp/html/item/001/109/item108955.html
重量もこの価格にしては軽量で、低価格ながらたわみも少なくコストパフォーマンスはかなり高いですね。

友人がこの500をグレ釣りに使用していますが、軽量でシャキッとして結構掬いやすそうですよ。
2万円以下の玉網の柄ではこれが一番お買い得でおすすめですね。
最低でも5年以上快適に使うのに予算より7000円ほど高くなるのと、7000円を我慢して重く使い勝手の悪い
低価格品を買って数年してまた同クラスを買うのと、どちらが得かですね。

玉網の柄やクーラーなどは価格によって性能に大きな差がありますから、メーカー品のしっかりした物を
買った方が長く快適に使え、結局安物を買うより得になると思いますよ。

1万円以下で6m、500gの玉網の柄はまずないでしょうね。
5mで500gというのもかなりの重量級になりますね。

6mで500g位なら5mなら300g代後半が中級以上の基準です。
1万円以下で6mだと無名メーカーか大型釣具店オリジナル商品などしかなく
重量も700g以上ぐらいのものしかないと思います。

玉網の柄というのは良い物を買えば10年は普通に使いますから、1万円以下で
また安い廉価玉網の柄を買っても、それぐらいの商品だと伸びが悪い、すぐに固着する(これが一番多い)
各セクションに口金補強がなく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報