譲渡制限会社を三人で経営していますが、うちの一人が抜けることになり、他の二人で株式を買い取ることにしたのですが、何か書面を作るなどする必要があるのでしょうか?定款には「当会社の発行する株式を譲渡によって取得するには、取締役全員の承認を要する。ただし,当会社の株主に譲渡する場合は承認をしたものとみなす。」としています。買い取る二人は株主ですので、単に会社に備え付けておく株主名簿を書き換えるだけでよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

取締役会を開催し、取締役会議事録に譲渡を承認する議題に関しての内容を記載する必要があります。



その後に、株主名簿を書き換えることになります。

正式には、
(1)株式譲渡承認請求書を取締役会に提出
(2)取締役会を開催し、議事録作成し、捺印
  ==>金銭の授受と株式の受け渡し、領収書発行が当事者間で実施
(3)譲渡承認通知書を代表取締役名で「譲渡相手方:新株主」が記載されたものを旧株主宛に発行
(4)株主名簿の書き換え
というステップになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
細かくて恐縮ですが、「取締役会非設置会社」ですが「取締役会議事録」になるのでしょうか?「取締役議決書」にするべきでしょうか?法務局が文句言わなければ、どちらでも良いような気がしますが。また、小さな会社なので実は「株主名簿」なるものを作っていません。これも問題ですね。(汗)
また、よろしければご回答お待ちしています。

お礼日時:2008/01/10 17:27

>買い取る二人は株主ですので、単に会社に備え付けておく株主名簿を書き換えるだけでよいのでしょうか?



 定款に株券を発行する旨の定めのある会社(その定めがある場合は登記事項でもあります。)でなければ、株式の譲渡人(株主名簿上の株主)と譲受人が共同して、会社に対して株主名簿の書き換えを請求し、会社が株主名簿の書き換をすればそれでよいです。(会社法第133条1項、2項)後々のトラブルを避けるために、株式の売買契約書と株主名簿書換請求書は作成した方がよいでしょう。

>定款には「当会社の発行する株式を譲渡によって取得するには、取締役全員の承認を要する。ただし,当会社の株主に譲渡する場合は承認をしたものとみなす。」としています。

 株主に株式を譲渡する場合は、会社が承認をしたものとみなす旨の定款の定めがありますので、会社に対して株式譲渡承認の請求をする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。お礼が遅れまして申し訳ありませんでした。

お礼日時:2008/01/25 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合同会社の電子定款を自分で作成した場合、電子定款である旨を定款内に記載する必要はありますか?

合同会社の設立を考えております。
電子定款の作成を行政書士等に頼むと1万円程度かかりそうなのですが、調べてみると、電子署名さえ出来れば作成するのは大したことなさそうなので(私はe-taxのために公的個人認証サービスを利用しています)、自分で電子定款を作ってしまうつもりです。
で、ネットで調べてみた電子定款の文例では、
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、社員○○○○、同○○○○及び同株式会社○○○○の定款作成代理人である行政書士○○○○は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名をする。」
と、電子定款である旨と、電子署名してある旨が記載されているのですが、これは個人で電子定款を作成した場合でも記載した方がいいのでしょうか。
また、記載する場合は
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、電磁的記録である本定款を作成し、これに代表社員○○○○が電子署名する」
のように社員名でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

合同会社は公証役場の認証が不用ですので、言葉は悪いですがそれなりの体裁が整っていれば、問題ないでしょう。

参考までに、以前私が合資会社を組織変更し合同会社となった際に、定款を作成したときの文章を書きます。

『以上、合資会社 ABCを組織変更し、合同会社 XYZ 設立のために社員 A、同 B の代理人である社員 C は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名する。』

このように表記し、社員A(代表社員)と社員Bから社員Cへの委任状を定款の最後に添付しています。
定款は社員全員で作成するものです。全員の電子署名が原則でしょう。例外的に委任での作成も可能ですので、このようにしましたね。私は法務局で言われなかったので用意しませんでしたが、委任状には印鑑証明が本来必要かもしれません。

Q株式会社の電子定款認証について

この度株式会社を設立しようと考えておりますが、ネットで調べていると電子定款認証というものをすると4万円安くなると書いています。

本当ですか?

それならば自分でできますか?業者に頼んだほうがいいのですか?

Aベストアンサー

本当です。

電子定款認証すると定款印紙代4万円が不要になります。
http://www.super-kaisha.com/teikan/kabu/

電子定款認証の設備を整えるのに4万円以上かかってしまうので自分でするのは無意味です。業者に依頼しましょう。

参考URL:http://www.super-kaisha.com/teikan/

Q■ 株式会社の会社員のまま株式会社を起業

 株式会社の会社員のまま株式会社を起業をする気でいる者です。
 就業規則には副業禁止とはありませんが、株式会社を起業する事が出来るのか教えていただけませんか?

 また、可能な場合、税金や保険等どのようにしたらいいのでしょうか?

 音楽のレーベル等の立ち上げですが、営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・・。


 未熟者に良きアドバイスをいただけると幸いです。

Aベストアンサー

会社員のまま起業することには他の方の回答のように特に問題はありませんが小資本で始めるなら初めは個人事業でいいと思います。株式会社の方が見栄えもいい!というのであっても会社の概要に資本金10万とかだと正直、取引先はまともに相手をしてくれないと思うので以前の有限会社最低資本金の300万を準備できないなら個人事業で始めるのがいいと思いますよ。(すでに1000万とかの資本があったら失礼なこと書いてすみません・・・)

>営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・
株式会社でないと著作権取れないんですか?私の友人はフリーですが普通にやってる気がします・・・。

個人事業であればあくまでも会社員が本業であるので個人事業の届出も不要です。ただ収入が逆転したり継続して事業として続けるなら個人事業の届出、またはその時点で法人とするのがいいでしょう。

そう考えると会社は会社、個人は個人なのでまったく別で考えていいですよね。

会社員が本業であれば社会保険、厚生年金ですから個人事業のほうでは特に気にすることはありません。

個人事業のほうで経費が出たらその領収書は個人名でとっておきましょう。交通費も出ますから電車で出かければ電車代、高速に乗れば高速代、ガソリン代は出ます。

確定申告で経費を申告すれば本業で支払った所得税が戻ってきますね。
ただそれによって収入が変わって翌年、会社で支払っている市県民税が変わってくるのでその時点で副業をしていることが会社にはわかってしまいますね。

1年の通じての利益が20万に満たなければ確定申告も不要ですがそれを越えると確定申告しないと脱税になるので確定申告によって会社にはわかってしまいます。

株式会社にする以前に個人で立ち上げて経営のことをちょっと勉強してから法人にするほうがいいですよ。影の支配人的なアドバイザーみたいな人がいればいいのですが、そうでなければとても無謀な気がします。。

会社員のまま起業することには他の方の回答のように特に問題はありませんが小資本で始めるなら初めは個人事業でいいと思います。株式会社の方が見栄えもいい!というのであっても会社の概要に資本金10万とかだと正直、取引先はまともに相手をしてくれないと思うので以前の有限会社最低資本金の300万を準備できないなら個人事業で始めるのがいいと思いますよ。(すでに1000万とかの資本があったら失礼なこと書いてすみません・・・)

>営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・
...続きを読む

Q株式会社を立ち上げる際に株主は最低で何人必要ですか? また、最高で何人ですか?

株式会社を立ち上げる際に株主は最低で何人必要ですか?
また、最高で何人ですか?

Aベストアンサー

会社設立に際して発起人が新会社の株式全てを引受するものを発起設立と言い、
一方で発起人が株式の一部を引き受け、残りの株式を他の出資者が引き受けするものを
募集設立と言います。
発起人は全部であれ一部であれ、少なくとも一株は新会社の株式を引き受ける必要があります。
つまり発起人は必ず株主ですが、株主は必ず発起人というわけではありません。

しかしながら一般的な起業においては、その方お一人が発起人となり、株式を全額引き受け、
代表取締役にも就任するという発起設立のパターンが大半です。
現実的には発起人=株主=社長とお考えいただいていいと思います。

Q譲渡制限のある株式会社とは

(株式の譲渡制限に関する規定)
第8条 当会社の株式を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。

という記載がある定款を有する株式会社は譲渡制限のある会社であって
取締役1名任期10年とすることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

取締役会承認による株式譲渡制限の定款規定は相当。
取締役会非設置会社なら取締役1名も可。
取締役の任期10年も可。正確には「取締役選任後10年以内の最終の決算期にかんする定時総会の終結のときまで」とすることが可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報