私の祖父・祖母が眠っている墓についてです。宜しくお願いします。
お墓には祖父・祖母・その子供たち(3人)が入っています。跡継ぎの長男が永代供養をすると言い出しました。
お墓を掘り起こす費用と、永代供養の費用はいくら位かかりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

寺です。


ココで聞いても、墓の大きさ・形状、原状回復工事のための立地条件、重機搬入可否の別、離壇の有無による離壇費用、永代供養料などさまざまなことがあり、条件により数十倍は異なるので参考になる答えは得られませんよ。
現状の墓所の使用条件のこともありますので、墓地管理者の寺院に聞かないといて見積もってもらうしかありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
回答有難うございました。費用は土地や寺によって違うんですね。

お礼日時:2008/01/19 15:40

墓の掘り起こしは、墓石屋さんとの話し合いになります。


永代供養は、お寺さんとの話し合いになります。
問題は、貴方のおっしゃる通り費用になるわけですが
それは、普通は寺院に相談するべきなのですが
それを、しにくいところに現代の寺院の
問題は、あると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
回答有難うございました。

お礼日時:2008/01/19 15:41

掘り起こしは市区町村によって値段はちがうし、永代供養も寺によって値段がちがいますんでそれぞれに問い合わして下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
回答有難うございました。

お礼日時:2008/01/19 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお墓を掘り起こすのですが、、、

お墓のことで質問です
今展開が急になり非常に困っています。ある方部落の知り合いの方が骨壷や墓石を掘り起こし新しいお墓を建て直すんです。ですがその墓は我が家の墓で江戸時代くらいにご先祖さまが建てられたようでそれ以降管理がなされずその「ある方」という人のご先祖さまが誰も管理されていないので管理していこうとなり途中自分の家の骨壷も入れたらしくだいぶ古くなり水の流入もあり立て直すということらしいです
ですがその方があんまり細かい性格ではないようでそれらを掘り起こすといっても重機や知識等がない部落の方々の協力を仰ぐようなのです。わたくしたちはご先祖の骨壷や墓石を丁寧に処置していただきたく話し合いにいったのですがなかなかそうはいかないようなのです。実際に管理しているのはその方の兄の方でお墓がいままでおろそかになっていたからここで建て直すと決心なされたみたいでこれを弟に任せ「骨壷や墓石は丁寧に扱うように」と最後伝えてあるみたいなのですがこの部分だけがおろそかになりつつあります。その方の性格が「死んだら骨だろうが石だろうが一緒」という考えがあるみたいで話し合いでもやはりどんどん作業を進めようとあるみたいです
われわれとしてはどうしても丁寧に扱ってほしくいま話し合いが続いております。その方はその墓が我が家のご先祖のお墓とは知らないみたいで骨壷があると伝えたとしても受け合ってもらえないです
どうしても掘り起こすようなら骨壷や墓石がなるべく傷つかないようにしていただきたいと思っております

なにかいい方法はないでしょうか

お墓のことで質問です
今展開が急になり非常に困っています。ある方部落の知り合いの方が骨壷や墓石を掘り起こし新しいお墓を建て直すんです。ですがその墓は我が家の墓で江戸時代くらいにご先祖さまが建てられたようでそれ以降管理がなされずその「ある方」という人のご先祖さまが誰も管理されていないので管理していこうとなり途中自分の家の骨壷も入れたらしくだいぶ古くなり水の流入もあり立て直すということらしいです
ですがその方があんまり細かい性格ではないようでそれらを掘り起こすといっても重機や...続きを読む

Aベストアンサー

>どうしても掘り起こすようなら骨壷や墓石がなるべく傷つかないようにしていただきたいと思っております

質問者様のご先祖が埋まっている墓だけど、今までは、一切管理されていなかったんでしょうか?お彼岸やお盆のお墓参りもしていなかったのでしょうか?
その際、管理されている人や、お寺へのご挨拶もしてこなかったのですか?
しかも、質問者様ご一族は、現在、その土地にも住んでいないと言うことですか?
もし、そうならば、質問者様ご一族が、今になって何か注文を出すのも変だと思います。

「私たちのご先祖の遺骨は、区分して掘り出して、こちらでその遺骨は供養するので、私たちに返してほしい」と、言っても、江戸時代までさかのぼるなら、骨壷も遺骨も、区別のしようがないのではないでしょうか。

ここは、あきらめて、今現在、質問者ご一族の檀那寺になっているところで「○○家先祖代々の霊」として、位牌でも作って、お経を上げてもらい、以後は、ご自宅のお仏壇で供養されていけばよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報