痔になりやすい生活習慣とは?

尿試験紙を使用した際、各箇所(四角いマス)に複数の色が現れますが、
試験紙の各箇所の色はそれぞれ、何を示しているのか教えてください。

例えば尿試験紙の、指でつまんでいる方面から見て、
一番端のマスには潜血、その右のマスが蛋白・・という風にです。

お礼は休み明けになってしまいますが、どうぞお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

潜血:腎・膀胱・尿道・前立腺の炎症、腫瘍、結石など      


   発作性夜間血色素尿症、溶血性貧血など
   心筋梗塞など

この検査は赤血球内にあるヘモグロビン(血色素)をみる検査です。
したがって、腎・膀胱・尿管などの尿路にキズがついたり、炎症・
腫瘍などによって尿中に赤血球が出現すると潜血は陽性を示します。
 溶血性貧血のように、血管内で赤血球が壊れてヘモグロビンが
尿中に出現しても尿検査で潜血は陽性となります。
 筋肉中にあるミオグロビンというタンパクもこの検査で反応する
ので、筋肉が壊れるような疾患(心筋梗塞など)でも陽性となります。

蛋白:腎炎、心不全、発熱、過労など
 尿タンパクは健康な人でもわずかに出現しています。
健康な人でも、タンパク質を多く摂取したり、激しい
運動や過労などによっても一時的に出現します。

病的タンパク尿は大きく分けて腎前性、腎性・腎後性に分けられます。

腎前性とは、腎以外の臓器の疾患によってタンパク尿が出現することです。
腎性とは、腎疾患によって出現するタンパク尿です。
腎後性とは、腎盂、尿管膀胱などの炎症や腫瘍によって血液などが尿
に混ざることによって出現するタンパク尿です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なご回答ありがとうございます。
遅れたお礼でもうしわけございません。
原因はこんなにあるのですね。自分がどの症状であるのか特定して、早く病院に行かなくてはいけませんね。
過労や臓器にキズがついているのかなぁと思っていますが、腎臓系統も疑うことを視野に入れたいと思います。感謝いたします!

お礼日時:2008/01/17 23:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝いたします!返事が遅くなってすみません。
このような系統のサイトに行くとあるんですね。
検索してもなかなかわかりにくものばかりだったので、勉強になりました。
ありがとうございます!^^

お礼日時:2008/01/17 23:17

ご使用になっている尿試験紙は何でしょうか?


もしTERUMOのウリエースKcでしたら参考URLを
ご参照ください。
端から鮮血、尿たん白、尿糖になっています。

参考URL:http://www.terumo.co.jp/healthcare/products_shik …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

休み明けと記載いたしましたが、本日は時間ができたので、
お礼させていただきます。明確なご回答ありがとうございます。
市の健康診断での試験紙になるので、メーカーはわかりませんが、マスが4個か5個あったと思います。
でも結果を記入されるのは毎年、潜血、蛋白、糖の3つです。

お礼と記載しましたが、今一度補足質問させてください。
糖は糖尿病予備軍を指すのだと思いますが、潜血、蛋白に関しては、どういう病気が考えられるのかいまいちわかりません。

お暇な時で結構ですので、ご教授お願いいたします。

お礼日時:2008/01/13 00:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿検査試験紙の色が変わったけど結果が分からない!

今日集団での尿検査がありました。
紙コップに尿を取り、細長いスティックに色がついたやつを浸すと異常があれば色が変わるやつです!
今日やったものは、手で持つ方(試験薬のついてない方)を上にして、下から「黄色」「ピンク」「オレンジ」だったと思います。
それで「オレンジ」のところが「青」に変わったんですが、尿糖も尿タンパクも「-」と書かれました。
黄色とピンクが尿糖、尿タンパクの担当だったのかと思うんですが、オレンジのところは何を検査するものだったのでしょうか??
どうか教えてください。よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

下から「黄色」「ピンク」「オレンジ」ですか

多分 オレンジの部分は「PH」ではないかと
思われます。

すなわち、尿が酸性、アルカリのどちらに有るかを
調べています。
オレンジから青に変化するということは、PH値は8辺りだと思われます。すなわち アルカリ側です。

植物性の食物を多く取られる方に多いです。

Q尿試験紙でヘモグロビンが検出されました、不安です。

私はよく膀胱炎になるのですが、最近尿試験紙で結果をみたら
いつもなら赤血球が壊れない状態で潜血が出るのですが、
今回はヘモグロビンを検出してしまいました。
潜血自体は僅かです。
ヘモグロビンに疑問を持ちネットで調べました。
溶血性貧血の可能性がある事が分かりました。
先天性と後天性があり、私はきっと後天性だと思いました。
黄疸はまだないです。
例え僅かだとしてもヘモグロビンが検出される事が異常で
至急病院を受診するべきなのか、少ししか検出されていないから
膀胱炎の治療に専念するべきなのか分からないのです。
膀胱炎が治れば一緒に治ってくれるものではないのですか?

こうして書かせていただいているのが週末の為、今病院に行って
血液検査をしても結果は平日になりますよね。
そんな事はどうでも良いから今すぐ急患で行くべきか
ゆっくり平日に行っても大丈夫なのか・・・・・
身体に何か辛い状態(貧血気味や倦怠感など)がある訳では
無いのにネットでは溶血性貧血を調べると不安な事ばかり書いてあるので
戸惑っています。
ご存じの方がいたらどうか教えていただけませんでしょうか。
読み辛い文章ですみません、どうぞ宜しくお願いいたします。

私はよく膀胱炎になるのですが、最近尿試験紙で結果をみたら
いつもなら赤血球が壊れない状態で潜血が出るのですが、
今回はヘモグロビンを検出してしまいました。
潜血自体は僅かです。
ヘモグロビンに疑問を持ちネットで調べました。
溶血性貧血の可能性がある事が分かりました。
先天性と後天性があり、私はきっと後天性だと思いました。
黄疸はまだないです。
例え僅かだとしてもヘモグロビンが検出される事が異常で
至急病院を受診するべきなのか、少ししか検出されていないから
膀胱炎の治療に専念するべき...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身で検査紙の色調を見ての判断のお話ですね

溶血性貧血とは血管の中で赤血球が壊れるものです
その結果、赤血球が壊れた中身のヘモグロビンが尿中にも流れ出てくるものです

膀胱炎など尿路の炎症に伴って出血をすることはよくあることです
出血した赤血球はそのままのこともありますが、
水分が充分な場合など薄い尿などでは尿中で溶血することは普通におこることです

試験紙での色調で赤血球なのかヘモグロビンなのかの判定が表示されていることがありますが、
多くの場合にはその取扱いについての差はほとんどありません


溶血性貧血を疑う必要があるのは
あらかじめ血液検査で貧血の存在が明らかで
LD上昇など血管内での溶血を考える必要がある場合に
尿中のヘモグロビンが参考にされる程度です

尿試験紙の結果だけから溶血性貧血を考えるのは飛躍しすぎです
前回の健診結果などでの貧血の有無を確認してください

Q尿蛋白が陽性になりました

尿蛋白が出ています。心配です…。

こんにちは。20歳の大学生、女性です。
去年の4月の学校検診で、尿蛋白が±でした。(潜血、糖は-でした)
再検査しても同じ結果なので、要経過観察でした。
今年の1月に糖尿病が疑われ、尿検査を含む検査をしました。(結局糖尿病ではありませんでした)

そのときの結果が蛋白2+、糖・潜血は-でした。
この結果を見て、腎臓病じゃないかと不安です。
検査の際に37.5度の発熱と、強い精神的ストレスと不安・就職活動や卒論などによる、長期のたまった疲れなどがありました。月経後でもありました。お医者様には、「脱水症状を起こしている、尿がとても濃い」といわれました。何かの話で、尿が濃いと蛋白が降りることがあると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?
お医者様(内科)は「蛋白が2+出てるね」とおっしゃっただけで、ほかには何も言わないで、私が「蛋白が出ているということですが…」と聞いたとき初めて「そんなに気になるんだったら腎臓内科に行ったら?」と言われただけでした。

また、先日、内定先に健康診断書を出さなければいけないので、健康診断を受けました。同時に膀胱炎の症状も出てたので尿検査も受けました。健康診断の項目に尿検査は入っていなかったので、診断書には載らなかったのですが、尿検査の結果を待たずして、「異常がないから健康診断書、発行するね」とおっしゃって、発行してくださいました。

母親は、「異常がないことが明らかだから診断書を発行してくれるのよ。何か異常の可能性があったら即日発行してくれない」と言っていますが、自分が何かの病気なんかじゃないかと思うと不安で仕方がありません。

最近では自分が腎臓病だと決めつけて、インターネットの医学辞書を調べてしまう始末です。

お医者様がなにも言わない以上、だいじょうぶなのでしょうか?

尿蛋白が出ています。心配です…。

こんにちは。20歳の大学生、女性です。
去年の4月の学校検診で、尿蛋白が±でした。(潜血、糖は-でした)
再検査しても同じ結果なので、要経過観察でした。
今年の1月に糖尿病が疑われ、尿検査を含む検査をしました。(結局糖尿病ではありませんでした)

そのときの結果が蛋白2+、糖・潜血は-でした。
この結果を見て、腎臓病じゃないかと不安です。
検査の際に37.5度の発熱と、強い精神的ストレスと不安・就職活動や卒論などによる、長期のたまった疲れなどがありまし...続きを読む

Aベストアンサー

Iga腎症と言う腎臓病を患っているものです。

尿蛋白が出ている症状から言って、腎臓病があるのかないのかは、よく分かりません。

万一腎臓病だったとしても、一刻を争うようなモノではないと思いますが、時間を見つけて腎臓内科を受診される事をおすすめします。
尿潜血や尿蛋白が出ているだけでは、腎臓病かどうかの診断は難しいので、腎臓内科に行っても最終診断は出ないことが多いです。

質問者さんの場合、自覚症状はなく、尿検査をした時点で異常が出ているだけなので、この程度の、症状であれば、しばらく腎臓内科に月1位のペースで通って尿の状態を確認して、常に蛋白が出ているようであれば、腎臓病の可能性が疑われるので、腎生検(腎臓の細胞の一部を取り出して顕微鏡で調べる)をすると言う事が多いと思います。

+-位なら、健康な人でもよく出ますが、蛋白2+はちょっと多いので心配ですね。

腎臓病の怖い所は、自覚症状が全くないので、気づかないまま(何十年も放置しておくと)進行して、いつの間にやら、尿毒症の自覚症状が表れた時には、もう手遅れで、即、透析導入と言うことが多いらしいです。

万一、腎臓病なら早いところ発見して、対策をすれば透析になる可能性をグンと減らせます。
そうでない事が分かれば安心もできる事ですから、是非腎臓内科を受診されることをおすすめいたします。


腎臓病は初期は自覚症状のないものです。また、自覚症状が出たときには、治療が出来ませんので、透析なしでは生きていけません。
また、腎臓病は、(消化器や循環器系に比較すると)マイナーな病気なので普通の内科の先生はほとんどの場合詳しくは知りません。ですから、やはり腎臓内科を受ける事をおすすめいたします。慌てて病院行く必要はないですが、くれぐれも放置なさらないように。

Iga腎症と言う腎臓病を患っているものです。

尿蛋白が出ている症状から言って、腎臓病があるのかないのかは、よく分かりません。

万一腎臓病だったとしても、一刻を争うようなモノではないと思いますが、時間を見つけて腎臓内科を受診される事をおすすめします。
尿潜血や尿蛋白が出ているだけでは、腎臓病かどうかの診断は難しいので、腎臓内科に行っても最終診断は出ないことが多いです。

質問者さんの場合、自覚症状はなく、尿検査をした時点で異常が出ているだけなので、この程度の、症状であれ...続きを読む

Q尿潜血+++

はじめまして。
22歳男です。

私の彼女(22歳女)が先日の健康診断で尿潜血3+と
判定されました。
1年前の検診では1+だったのに結果が悪くなって
2人で心配しています。

近いうちに病院に連れて行きますが、
彼女はその検診のときちょうどツキイチのものが
来ていました。これは関係あるのでしょうか?

病院に連れて行く際は泌尿器科でよろしいのですよね?

重い病気に罹っている可能性はあるのでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

先天性の体質で潜血が伴っても全く心配ないケースもあります。

仕事を抜けて病院へ行く時間も取り難いでしょうから
薬局で市販されているまずは「ウリエース」で確認されては
いかがでしょうか?
http://www.terumo.co.jp/healthcare/products_shikenshi/kc.html

Qもう1年間も尿蛋白+1が続いています

もう1年も尿蛋白+1が続いていて、顔がむくんだり尿の泡が消えない状態です ただ、前の写真と見比べたりしない限り、「元々そういう顔なんじゃないの?」とか一応そういうレベルではあるそうです(以前の写真と見比べると全然違うが…) +1程度ということもあり、治療も受けずに過ごしています 腎臓は一度悪くなると治らないといいますが、治す方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

もしかすると今の主治医が内科全般の先生じゃありませんか?
腎臓内科の専門でなければ、内科の先生でも腎臓病に対する知識に乏しい可能性があります。また慢性腎炎てのは急激に悪化するわけではないので、質問者さんのように、『+1位だから大丈夫』と無責任に断言されてしまうような事も多いのです。
お医者さんには申し訳ないですけど、大事をとってちゃんと自分の専門外だからと腎臓専門医を紹介してくれるいいお医者さんばかりではありません。

血清クレアチニンの数値が正常値でないような結果が出れば、そういった先生がたもあわてられるのでしょうが、そうなった時は腎機能が50%程度になってからです。これといった自覚症状もないので、手遅れになるまで放置してしまわれる事も多い病気です。

で、質問にもありますが腎機能は基本的にいったん下がってしまうと(腎臓移植を除いて)回復はしません。

しかし早期発見して必要な治療を受ければ、腎機能の低下を遅らせる方法はたくさんあります。もともと進行の遅い病気ですから治療によってさらに進行を遅らせ、別の病気で死ぬまで透析が必要ない慢性腎炎患者も多いのも事実です。

ですから、もし今の主治医が腎臓専門の先生でないのなら是非、腎臓専門医にかかることをオススメします。今の主治医に『腎臓専門医にかかりたいので紹介状を書いてほしい』と言えばいいと思います。
血液検査や、24時間蓄尿検査、場合によっては腎生検など必要な検査をしてくれるでしょう。

早期発見なら、進行を遅らせる事ができるものを、みすみす見過ごしてしまうのはもったいないです。

しかし、+1程度なら、病的なものでない可能性もあります。
また+1程度なら、仮に病的なものだとしても軽症の可能性も十分あります。


ちなみに、むくみと尿の泡はあんまりアテになりません。本人の主観的な判断になりますし、むくみは特に女性なら腎炎に関係なく出るんで・・^^;
僕も最近えらく泡立ってるなぁ・・・て思っててもマイナスだったりします。

もしかすると今の主治医が内科全般の先生じゃありませんか?
腎臓内科の専門でなければ、内科の先生でも腎臓病に対する知識に乏しい可能性があります。また慢性腎炎てのは急激に悪化するわけではないので、質問者さんのように、『+1位だから大丈夫』と無責任に断言されてしまうような事も多いのです。
お医者さんには申し訳ないですけど、大事をとってちゃんと自分の専門外だからと腎臓専門医を紹介してくれるいいお医者さんばかりではありません。

血清クレアチニンの数値が正常値でないような結果が出れば...続きを読む

Q尿検査でよく潜血反応があるのですが

40代女性です。
尿検査でよく潜血反応があり、検査を受けに行くことが
あっても、たいてい「異常なし」です。
では(生理以外に)何故尿に血液が混ざるのでしょうか?

食事には気をつけている方ですが、痩せ型で疲れ易い
体質ではあります。 
何か生活習慣を変えた方がいいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
突然ですが回答させてもらいます。

>何故尿に血液が混ざるのでしょうか?
尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。
この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけで
も陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしま
います。
特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。また、
生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となりま
す。

痩せ型の方は、ナットクラトカー(くるみわり)現象(先天的に動脈が挟
まれて血管から赤血球が染み出しておしっこに混ざってくる) が多い
です。これは、あっても問題ないです

尿潜血反応が陽性になる原因には、非常に多くのものがあります。
健康診断で陽性となり、二次検査にまわった方は、尿検査のほか、
血液検査、超音波検査、レントゲン検査など、非常にたくさんの検査
をおこなった記憶があるかもしれません。
その結果、「原因がはっきりしないので、このまま様子を見ましょう」
という結論になった方も少なくないでしょう。

>何か生活習慣を変えた方がいいのでしょうか?
尿潜血が陽性となる病気の多くは、ほかにこれといった症状がみら
れません。
したがって、健康診断などでたまたま見つかることが大半です。

腎臓病などでは、以前から健康診断のたびに 尿潜血をいわれてい
たが症状もないため放っておいて、気がついたら腎不全で透析をし
なくてはならなかった、ということもありますので、原因がはっきりわ
からない場合でも定期的な健診が有効になります。

塩分の摂りすぎに注意して、疲労を貯めない生活を心がけましょう。

こんにちは。
突然ですが回答させてもらいます。

>何故尿に血液が混ざるのでしょうか?
尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。
この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけで
も陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしま
います。
特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。また、
生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となりま
す。

痩せ型の方は、ナットクラトカー(くるみわり)現象(先天的に動脈が挟
まれて血管から...続きを読む


人気Q&Aランキング