痔になりやすい生活習慣とは?

2ヶ所から給料をもらいました。
・A社は 給料合計約7万円 所得税約2千円引かれており 源泉徴収票をもらっています。
・B社は 給料合計約50万円 税金は一切引かれておらず、時間給まるまるもらっていました。所得税が引かれていないので源泉徴収票も有りません。
この場合の確定申告の方法を教えてください。

(1)年間所得が103万未満なので申告する必要はないのか? (申告しないとA社の所得税が還付されない)
(2)A社の源泉徴収票(所得金額約7万円)のみで申告してもいいものなのか?
(3)A社の源泉徴収票とB社の給料明細書で合計した所得で申告するのか?(しかし給料明細書では申告出来ないと聞いたことがあります)

初歩的な事が分からなくて困っています。どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

B社が源泉徴収票を発行してくれない理由は不明ですが、それ自体は違法になります。


どうしても発行してくれないようなら、A社の源泉徴収票だけ持っていって税務署に相談してみましょう。B社の給与明細を持って相談して下さい。
あまり良いことではありませんが、結果としてB社の源泉徴収票はあってもなくても変わりないと判断されて、必要ありませんとなる可能性も若干あります。
    • good
    • 3

還付申告されることを前提に書きます。



申告書(A様式)の二表の所得の内訳欄に、A社とB社の給与収入額及びA社の源泉徴収税額を記入し、A社の源泉徴収票を添付します。収入額からみて所得税はかかりませんのでA社での源泉徴収税額が還付されます。
B社の源泉徴収票はできれば添付が望ましいですが、交付が困難であれば、源泉徴収税額がないので、添付なしだからといって申告を受けつけないなどといったことはありません。

所得税は申告納税制度ですから、収入があるというものをつっぱねることはありません。還付の場合に源泉徴収税額の証明(源泉徴収票)が必要となるだけです。(給与所得者の場合)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。B社の源泉徴収票をもらうようにしてみます。もらえない場合、税務署に相談してみます。

お礼日時:2008/01/14 19:51

いくらいくらの給与を支払ったと言う証明と、所得税を引いていないと言うことを証明するために源泉徴収額0の源泉徴収票の発行は必要です。



追加の回答です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/14 19:48

(1)申告する必要はないです。

ただし還付請求は出来ますので申告することも出来ます。

(2)(3)B社の源泉徴収票をもらって申告します。

この回答への補足

ありがとうございます。もう少し教えてください。
A社のみの所得金額だけで申告はできない(しないほうがいい)のでしょうか?
B社に源泉徴収票の発行をお願いしたところ何か難しそうなことを言われました。所得税を引いていない場合でもお願いすれば徴収票は発行してもらえるのですか?

補足日時:2008/01/12 14:45
    • good
    • 1

B社の源泉徴収票を貰って下さい。

そしてA社の分と合算して、申告してください。そうすれば、A社の所得税2千円が還ってきます。申告する義務はないと思いますが、申告しないとA社の税金が還付されません。

この回答への補足

ありがとうございます。すみませんもう少し教えてください。
B社の源泉徴収票ですが、所得税が引かれていない場合でも発行してもらえるのでしょうか?源泉徴収税額0円の徴収票を発行してもらえるのですか?(今まで勤められている人に聞けば発行してもらったことが無いと聞きました。)

補足日時:2008/01/12 14:37
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルバイトの所得税が引かれていないのですが・・

本職(会社員)とは別に6月よりアルバイトを始めました。

6月分の給与を7月中旬に振込でいただいていたのですが
支給明細書を先日確認したところ所得税が0でした。

支給された給与は33,250円だったのですが
少額なので所得税がかかっていないのでしょうか?
その場合、今後支給額が上がれば天引きされるのでしょうか?

アルバイトの契約のときに「扶養親族等申告書」を提出するように言われたのですが
本職のほうで提出していることを告げると出さなくていいとのことでした。
そのせいでしょうか?

本職側にはバレたら困るので来年には確定申告をして
アルバイトの収入にかかる住民税だけを普通徴収にできることは
市役所で確認をとりました。

所得税も何かしないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>少額なので所得税がかかっていないのでしょうか?
いいえ。
所得税の給料天引きは「源泉徴収税額表」に記載されている額です。
その表は「甲欄」「乙欄」があり、本業のほうは「甲欄」で88000円未満なら所得税は0円ですが、副業分は「乙欄」なので金額にかかわらず引かれるはずです。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2007/data/02.pdf

>アルバイトの契約のときに「扶養親族等申告書」を提出するように言われたのですが本職のほうで提出していることを告げると出さなくていいとのことでした。
そのせいでしょうか?
いいえ、逆です。
「扶養親族等申告書」を出すと「甲欄」適用になります。
出さなければ会社は「乙欄」を適用しなければいけません。

>所得税も何かしないといけないのでしょうか?
どうせ貴方は確定申告するようですから確定申告すれば問題ありません。
本業分とバイト分の所得を合算して所得税を計算します。
そこで、所得税を精算し納めればいいです。
なお、副業が20万円以下なら申告の必要がない、というのは源泉徴収されていることが前提です。

>少額なので所得税がかかっていないのでしょうか?
いいえ。
所得税の給料天引きは「源泉徴収税額表」に記載されている額です。
その表は「甲欄」「乙欄」があり、本業のほうは「甲欄」で88000円未満なら所得税は0円ですが、副業分は「乙欄」なので金額にかかわらず引かれるはずです。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2007/data/02.pdf

>アルバイトの契約のときに「扶養親族等申告書」を提出するように言われたのですが本職のほうで提出していることを...続きを読む

Q所得税を引かれる人、引かれない人の差は?

私は毎月5%の所得税を引かれていますが、職場の同僚は引かれていません。その差は何なのでしょうか?
会社側にも聞いたことはあるのですが、いまいち理解できず(^_^;)

私は現在、親の扶養に入っており、アルバイトで年収は103万以下。
毎月の給料は、5万~14万ですが、毎月所得税引かれてます。
扶養控除等申告書は未提出(他社で提出したので)→乙扱い?

同僚は扶養に入っておらず、年収は同程度。
毎月所得税引かれておらず!
扶養控除等申告書は・・・どうだろう?(^_^;)

甲と乙の違いで毎月引かれる引かれないってあるのですか?
また、去年はそこのバイト先以外にも働いていたので「乙」扱いになるのはわかったような気がするのですが、
今年に入って仕事をしているのはそこのバイト先だけなんです。平成15年度分の扶養控除等申告書もそこで提出しました。それでも「乙」扱いです。
会社に尋ねたところ、乙から甲への変更手続き(?)もできるようなのですが、5月にそこのバイトを会社都合で辞めるので、「次の会社で甲扱い」にしてもらえばいいようなことを言われたのです。
そういうこともできるのですか?
「甲」扱いになったら「乙」の時と何が違ってくるのでしょうか?

聞きたいことは山ほどあるのですが。とりあえずここまでで。
稚拙な文章で失礼致しました。

私は毎月5%の所得税を引かれていますが、職場の同僚は引かれていません。その差は何なのでしょうか?
会社側にも聞いたことはあるのですが、いまいち理解できず(^_^;)

私は現在、親の扶養に入っており、アルバイトで年収は103万以下。
毎月の給料は、5万~14万ですが、毎月所得税引かれてます。
扶養控除等申告書は未提出(他社で提出したので)→乙扱い?

同僚は扶養に入っておらず、年収は同程度。
毎月所得税引かれておらず!
扶養控除等申告書は・・・どうだろう?(^_^;)

甲と乙の違いで毎月引...続きを読む

Aベストアンサー

扶養控除等申告書を退出していれば「甲欄」を、提出していなければ「乙欄」が適用になります。

扶養家族がいない場合で、甲欄の場合は給与の月額87000千円までは源泉税は引かれず、乙欄の場合は給与の月額87000千円までは5%の源泉税が引かれます。
87000千円を超える場合も、乙欄の方が源泉税が高くなります。
なぜかというと、扶養控除等申告書はメインの勤務先1ケ所しか提出できず、2ケ所以上で働いている場合は、サブの勤務先は乙欄が適用になります。
2ケ所以上で働いている場合は、収入が多いという考えから源泉税も多く引かれるのです。

源泉税は、1年間の収入を予測して、暫定的に所得税を納付する制度ですから、いずれにしても、年末調整や確定申告をすることで、1年間の所得税の精算がされますから、甲欄でも乙欄でも、最終的には、収入に応じた所得税を納めることになります。

現在の会社で乙欄が適用になっていても、最終的には調整されますから心配は有りません。

お友達の場合は、扶養控除等申告書を提出しているのでしょう。

Qバイト代から所得税引かれないのは?

去年の10月からAでバイトをしています。

Aでの収入は月7万~10万。

88000円超えても所得税とられていません。
(個人事業者なので?申告していない?)

今年からB会社に派遣登録をして
1日5000円~7000円ぐらいの仕事を
月5回~ぐらいしていますが
Bでは1回ごとに所得税が500円~700円ぐらい
引かれます。

これはどういう状態なのでしょうか。
Aで引かれるべき所得税が
合算して?Bで引かれているのでしょうか?

確定申告など、どのようになるのか…

B社ではAに言って何か証明書を出してもらえば
(すみません、名称忘れました)
税金返ってくるからと言われ、
Aのオーナーに聞きましたが
わからないと言われました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

給与から天引きする源泉所得税というのは、支払い者がかってに「この人はいくらで」と決めてるのではないのです。
「源泉徴収税額表」に基づいて徴収額を算出して、天引きします。
この天引き額を決定するのには、方法があって、そのうち「扶養控除申告書を出してる人」と「扶養控除申告書を出してない人」の算出額が違います。
詳細にいうと扶養控除申告書を出してる者は「甲」という欄で計算します。ここでは月に88,000円以下の額だと源泉所得税が「ゼロ」です。
扶養控除申告書を出してない者は「乙」という欄で計算します。88,000円の支給額だと「社会保険料を引いた額の3%」とされてますので、2,640円(最大)天引きする額が計算されます。
甲欄摘要とか乙欄摘要とかいう、言い方をします。

甲欄摘要だと、税額が「ゼロ」ということもあるわけで、個人事業主だから源泉徴収をしてない、だから申告もしてないと話を進めてしまってはいけません。

ご質問者のばあいは「10%」天引きされてますね。
これは、上記の源泉徴収税額表に基づいての算出による天引きではなく「報酬支払いに対する税額」です。
つまり、給与ではなく報酬として支払われてるということです。

給与は「給与所得」ですが、報酬は「事業所得」です。
貰う者にとってはどっちでも同じだと思いますが、実は税法上は違うものです。

給与収入ですと一年間の合計から給与所得控除額という法定控除額を引いて「給与所得」を計算します。
これに対して報酬だと、事業収入ですから、経費を実額で引いて、事業所得を計算します。
行ったり来たりするガソリン代や、服飾費、文具代などが経費になるということです。

A社からは「源泉徴収票」を貰います。
B社からは支払い調書を貰います(発行しない場合もあり)。

これを元にして確定申告書を作成します。
源泉徴収票は申告書に添付します。支払い調書は申告書に添付不用ですが「収支内訳書」を添付します。
収支内訳書とは、簡単にいうと「小遣い帳の親玉」のようなものです。
何に幾ら使ったから、経費として引いてね、という内訳ですね。

給与から天引きする源泉所得税というのは、支払い者がかってに「この人はいくらで」と決めてるのではないのです。
「源泉徴収税額表」に基づいて徴収額を算出して、天引きします。
この天引き額を決定するのには、方法があって、そのうち「扶養控除申告書を出してる人」と「扶養控除申告書を出してない人」の算出額が違います。
詳細にいうと扶養控除申告書を出してる者は「甲」という欄で計算します。ここでは月に88,000円以下の額だと源泉所得税が「ゼロ」です。
扶養控除申告書を出してない者は「乙」と...続きを読む

Q派遣(単発)の確定申告について

いろんなパターンで検索したのですがまだ不安なので教えて頂けますか。
現在浪人中の無職フリーターです。親の扶養で実家暮らしです。

つい先日二日間にわたり派遣の単発バイトをしました。今年に入って初めてのバイトで、二日間で2万程度でした。これには交通費を含めてます。
源泉徴収はされていません。こちらの会社には、月に88000円以上で源泉徴収されると言われました。

そして明日から一ヶ月間だけ、派遣バイトをします。
一ヶ月間で25万程稼ぐつもりですがいくつかの派遣会社にお世話になります。掛け持ちです。

そこで質問ですが、
(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?(先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…)

(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?どういうことでしょうか。

(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?

(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?間違いないならば、確定申告は面倒なので掛け持ちをしても103万以内に抑えるつもりです。

いくつか分からないことありましたがとりあえず5つ質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

いろんなパターンで検索したのですがまだ不安なので教えて頂けますか。
現在浪人中の無職フリーターです。親の扶養で実家暮らしです。

つい先日二日間にわたり派遣の単発バイトをしました。今年に入って初めてのバイトで、二日間で2万程度でした。これには交通費を含めてます。
源泉徴収はされていません。こちらの会社には、月に88000円以上で源泉徴収されると言われました。

そして明日から一ヶ月間だけ、派遣バイトをします。
一ヶ月間で25万程稼ぐつもりですがいくつかの派遣会社にお世話になります...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

細かい部分を除いてざっくり説明しますと、

○20万円の話

「給与所得」+「その他の所得20万円以下」→ 申告不要

○103万円の話

収入が給与だけの場合、税金(所得税)は、

(給与-給与所得控除-所得控除)×税率 なので、

=(給与-65万円-38万円)×税率
=(給与-103万円)×税率

ここで出てくるのが「103万円」です。
つまり、給与が103万円以下ならそもそも税金がかからないので「確定申告」も不要ということです。

>(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?

はい、「確定申告するなら」すべての所得を申告しなくてはなりません。

>源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?

はい、「確定申告」は「1年間のすべての所得を合算して」、正しい(正確な)税額を「確定」して「自己申告する」というものだからです。

>先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…

はい、所得を低く申告すれば必ず税金が安くなります。
それを意図的に行うと「脱税」です。

>(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?どういうことでしょうか。

鋭いですね。
85,834円(≒103万÷12)未満とするほうが辻褄が合いますが、なぜ88,000円未満を0円(源泉徴収不要)としたのかはよくわかりません。

ただ、たくさんアルバイトを抱える事業所(雇い主)などは、出来れば源泉徴収事務は無いほうがありがたいので、本来は「自己申告」で納めるべき「税金」を事業所に代行させている(押し付けている)ことへの配慮なのかもしれません。(源泉徴収税がなければ「年末調整」事務もまた楽です)

差額の20,000円にかかる所得税は1,000円ですから、源泉徴収を事業所に任せるための費用と考えても差し支えない額と言っていいと思います。

それに88,000円(+1円)の月が8ヶ月あれば1,040円の源泉徴収税が発生してトントンになります。

また、いわゆるフリーターやパートタイマーは面倒臭がって「確定申告(還付申告)」しないケースが非常に多いので、国としては充分プラスになっているはずです。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/data/02.pdf
※事業所は税務署(国)が用意したこの表を使って源泉徴収しています。
※「甲」「乙」の説明は直接関係なので割愛します。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していると「甲」です。ちなみに重複勤務の場合は1ヶ所にしか提出できません。

>(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?

普通は含めません。(脱税に使われるおそれがあるので、金額が大きくなるとまた違います。)
具体的には「源泉徴収票」の「支払金額」が給与収入となります。
※交通費が支払金額に含まれている場合は課税対象になります。

>(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?
>確定申告は面倒なので掛け持ちをしても103万以内に抑えるつもりです。

「給与所得だけ」ならば合計で「150万円」までは「確定申告不要」です。
「103万円」はあくまで「税金がかからない最低ライン」ということです。

『No.1900 サラリーマンで確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
>>…給与所得の…金額が150万円以下…の人は、申告の必要はありません。
※当然ですが、税金が納めすぎになっていた場合は戻ってきません。

なお、住民税は源泉徴収はされていません。
ではどうやって徴収されるかというと、

「源泉徴収票」が「給与支払報告書」と名を変えて従業員の住所地の市区町村役場(役所)へ送られています。

市区町村は送られてきた「給与支払報告書」を元に「住民税」を計算して翌年の6月に納付書を送付します。(つまり後払いです。)
サラリーマンは会社が依頼を受けて天引きすることも多いです。

「給与支払報告書」は原則全ての従業員のものが個別に提出されます。
ただし、短期雇用や途中退職で、なおかつ年間の支払額が30万円以下の場合は事業所(雇用主)に提出の義務はありません。

しかし、全ての雇用者の提出を促す自治体も多いので、提出しているかどうかは勤務先で直接確認しないとわかりません。

ちなみに、住民税に申告不要の所得ラインは【存在しません】。
その代わり、「勤務先から市へ給与支払報告書が提出されている人は住民税の申告不要」としている自治体が多いです。

住民税申告の「要・不要」の基準は市区町村ごとに違います。
なかには「(税金の)控除対象扶養親族になっている場合は不要」「課税最低限の所得以下は不要」などの基準を示しているところもあるので、お住まいの自治体に確認が必要です。

『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』(多摩市の場合)
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003807.html
『都留市役所>給与支払報告書の提出』
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=2926
>>…公平公正な課税の観点から、支払金額が30万円以下の方の分につきましても提出のご協力をお願いいたします。…

※所得税の「確定申告」をすると「申告書に記載の住所地」へ申告データが送られるので改めて住民税の申告をする必要はありません。

--------------
なお、103万円以下にするつもりとのことなので問題ないですが、親御さんの税金に影響するラインも所得38万円(給与収入なら103万円)です。

endruさんの年間所得が38万円を超えると、親御さんが「扶養控除」というものを使えなくなります。
所得税・住民税ともに38万円が基準です。

『No.1180 扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

------------
最後に、以上の説明は全て税金関係の話しなので、親御さんの会社の「健康保険」の「被扶養者」というものの認定基準とはまったく関係がないのでご注意下さい。

健康保険の被扶養者の認定を取り消された場合は、自分で市区町村が運営する「【国民】健康保険」に加入します。(強制加入です。)

認定の取り消しは、「月収が108,333円(12ヶ月で130万円)以上になる見込み」が「一つの基準」で、交通費も収入に含めるなど基準自体が税金とは違います。
また、加入されている健康保険の運営元によっても独自基準があります。

※取り消しは自己申告が原則で、資格再確認の時に発覚するとさかのぼって取り消されることがあります。

さらに、親御さんが「家族手当」のようなものの支給を受けている場合は当然ながら企業ごとの支給基準があります。

(参考)

『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『No.1410 給与所得控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『[PDF]平成23年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成23年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/leaflet2011.pdf

『被扶養者認定(リクルート健康保険組合の場合)』
http://kempo.recruit.co.jp/life/20202.html
※あくまで一例です。

※不明な点がありましたら「補足する」からご質問ください。。

長いですがよろしければご覧ください。

>(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

細かい部分を除いてざっくり説明しますと、

○20万円の話

「給与所得」+「その他の所得20万円以下」→ 申告不要

○103万円の話

収入が給与だけの場合、税金(所得税)は、

(給与-給与所得控除-所得控除)×税率 なので、

=(給与-65万円-38万円)×税率
=(給与-103万円)×税率

ここで出...続きを読む

Q所得税がひかれていない給料

今年途中退職をしたけど
それまでの給料は所得税がひかれてません。(源泉徴収なし)
と、いうことは確定申告しなくていいんですよね?
金額は合計で60万程度。
その後夫に扶養されてます。
このたびの夫の年末調整の為に出す届け出書に
配偶者として私の名前等記入するだけでいいんですか?
細かい記入方法は後で調べようと思いますがざっと流れを教えてください。

Aベストアンサー

質問者は、今年の収入は給与だけであり、しかも、給与をもらった会社が1社だけであるとの前提で回答します。


>・・ということは確定申告しなくていいんですよね?

給与収入が103万円以下の場合は、文句なしに税務署へ確定申告する法的義務はありません(根拠:所得税法第120条)。また”自ら”市町村役場へ住民税の申告をする義務もありません。質問者は60万円ですから確定申告しなくていいです。

給料から所得税が源泉徴収されていないときは確定申告しなければならない、という法令は見当たりません。安心して良いです。


>このたびの夫の年末調整の為に出す届け出書に配偶者として私の名前等記入するだけでいいんですか?

はい。ご主人の「平成21年分扶養控除等(異動)申告書の控除対象配偶者の欄に質問者の名前などを書くだけでOKです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔注〕
投稿者(hinode2007)は私ではありません。別人ですのでご注意下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問者は、今年の収入は給与だけであり、しかも、給与をもらった会社が1社だけであるとの前提で回答します。


>・・ということは確定申告しなくていいんですよね?

給与収入が103万円以下の場合は、文句なしに税務署へ確定申告する法的義務はありません(根拠:所得税法第120条)。また”自ら”市町村役場へ住民税の申告をする義務もありません。質問者は60万円ですから確定申告しなくていいです。

給料から所得税が源泉徴収されていないときは確定申告しなければならない、という法令は見当た...続きを読む

Q日雇いバイトの確定申告、源泉徴収について

現在、会社員として勤務しているものです。

一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、
確定申告は必要でしょうか?

今回アルバイト先は、日給4000円ほどで、
源泉徴収も給与明細も出さないそうなのです。

どのようにすればよいのか、税金に詳しくなく、困っています。
ご教授ください。

Aベストアンサー

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」を役所に提出し、役所は本業分の「給与支払報告書」と合わせて所得を把握し、住民税を計算し本業の会社にバイトの分の住民税も合わせて通知し、担当者がそれを見て気がつけばバレるのです。

源泉徴収票も給与明細も出さない会社なら、「給与支払報告書」を役所へ提出するとは思えません。
この「給与支払報告書」は30万円以下で単発のバイトなら提出提出しなくてもよいことになっています。
ちゃんとした会社の場合はたとえ4000円でも提出しますが…。
万が一、バイト先が「給与支払報告書」を役所に出せばバレます。

それから、バイトが20万円以下の場合申告不要というのは、所得税の場合であって住民税にはそのような規定はありません。
前にも書きましたが、所得税は源泉徴収の制度がありますが、住民税にはないためです。
でも、通常はバイト先から「給与支払報告書」が出されますので、申告しなくても問題はありませんが…。

>どのようにすればよいのか
貴方の場合、バイト分の所得税天引きされていませんので所得税の確定申告をするのが本来だと思います。
そして、申告書で住民税は「自分で納付」にチエックを入れておけば会社にもバレません。
そして、バイト分の住民税も納めることになります。

だまっていれば、税務署にも役所にもわからないでしょう。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」...続きを読む

Q源泉徴収が引かれていないことについて

私は昨年の4月から9月まで、業務委託としてある会社に勤めておりました。そこでの給料は日割り計算でいただいており、その月の働いた分だけ翌月の15日に振り込まれていましたがその間、一度も税金は引かれず振り込まれていました。そして会社からは、支払調書として、「支払金額870,750円 源泉徴収額0円」というものが送られてきました。この度、自分で確定申告を始めてすることになり、いろんなサイトで自分が支払わなければならない源泉徴収額を調べてみたのでが、その当時私は親の保険証の遠隔地に入っていたため、社会保険等控除後の給与金額の表には該当しないと思われ、計算の仕方がわかりません。どうか教えていただけたら。。と思います。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

業務委託で、支払調書の形で発行されていますので、少なくとも会社としては給与扱いにはしていませんので、報酬・料金等の源泉徴収の対象になるかどうかで判断すべきものと思います。

個人の業務委託に関しては、全て源泉徴収の対象になるかというと、実はそうではなく、下記サイトのいずれかに該当する場合に限定されています。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/1913/05/01.htm

いずれにも該当しない場合は、例え個人であっても源泉徴収の必要はありませんので、源泉徴収に関しては大丈夫です。

しかしながら、確定申告においては、事業所得又は雑所得として申告すべきですので、収入金額870,750円から、必要経費となるものを引いた後の金額が所得金額となりますので、もし必要経費が全くなければ、それがそのまま所得金額となり、後は、所得控除の社会保険料控除・生命保険料控除・損害保険料控除・扶養控除・配偶者控除・基礎控除等で該当するものを控除して、その控除後の金額に対して税率を乗じて所得税を求める事となります。
ですから、必要経費や、所得控除額によっては、所得税を納付しなければならないかもしれません。

給与所得であれば、必要経費代わりで最低でも65万円の給与所得控除額が引けますので、最低限控除できる所得控除額の基礎控除額38万円をプラスして、103万円までは所得税はかからないものとなります。
(ただ、103万円であれば非課税と言うわけではなく、毎月の源泉徴収は、それには関係なく発生する可能性はあります。)

それと、源泉徴収税額は自分で支払わなければならないものではなく、報酬・料金等や給料の支払の際に、支払者から天引き(源泉徴収)されて、結果的に前払いしているようなものですので、確定申告の際には、不足分があれば、源泉徴収税額ではなく、単に所得税を支払う、という事になります。

業務委託で、支払調書の形で発行されていますので、少なくとも会社としては給与扱いにはしていませんので、報酬・料金等の源泉徴収の対象になるかどうかで判断すべきものと思います。

個人の業務委託に関しては、全て源泉徴収の対象になるかというと、実はそうではなく、下記サイトのいずれかに該当する場合に限定されています。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/1913/05/01.htm

いずれにも該当しない場合は、例え個人であっても源泉徴収の必要はありませんので、源泉徴収に関しては大丈夫です...続きを読む

Q確定申告(所得税引かれてません)

グラフィックデザイナーの仕事をしています。
いい加減な社長(苦笑)で、所得税も引かれてなく、明細書などもなく、
給料は現金手渡し、月に15万、年間では180万円です。
ガソリン代や雑費、国民健康保険・国民年金は自分で支払いしています。
(社長本人は確定申告もしていない様子…)
去年は、その前の年が休職中で所得も少なかったのですが、
保育所の証明書類のため市県民税の申告をしました。

私の場合、個人事業主として確定申告を行った方が良いでしょうか?
税務署から給与の源泉徴収票をもらい社長に記入してもらいます。
(生命保険・国民健康保険・国民年金・雑費&ガソリン料金の領収書
携帯電話の支払い領収書などは一応用意しました)
所得税を払っていないので、すごくいっぱい引かれるのではと心配ですが…

Aベストアンサー

>税務署から給与の源泉徴収票をもらい社長に記入してもらいます…

「給与」かどうかは、あなたの勤務形態にもよります。通常は一定時間拘束され、仕事も会社の名前でこなすなら、給与と言うことになるでしょう。その場合は、10%の源泉徴収が義務づけられます。

一方、雇用契約はなく、任意の時間勤務しているなどでしたら、会社からは「外注」、あなたは「請負」という形態になるでしょう。この場合は、個人事業主として確定申告の義務が発生します。源泉は引かれません。一部の回答者の中に、
「個人事業主に対する報酬の支払いは10%の源泉徴収がされているはず」
と誤解されている方がおられますが、これは原稿料や講演料など特定の職種だけであって、個人事業主なら何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。

>生命保険・国民健康保険・国民年金・雑費&ガソリン料金の領収書…

給与で間違いなければ、「給与所得控除 65万円」が認められる代わり、「雑費&ガソリン料金」は経費とはなりません。
事業所得であれば、「雑費&ガソリン料金」を経費にできる上、青色申告をすれば最大 65万円の「青色申告特別控除」が認められます。
いずれの場合も、生命保険は「生命保険料控除」、国民健康保険・国民年金は「社会保険料控除」として認められます。

>所得税を払っていないので、すごくいっぱい引かれるのではと…

【給与の場合】
・収入 180万
・基礎控除 38万円
・給与所得控除 65万円
・生命保険料控除 10万円 ?
・社会保険料控除 20万円 ?
・扶養控除 (子供1人 ?) 38万円
-----------------
差引課税所得 9万円
納税額 7,200円

【事業所得の場合】
・収入 180万
・経費 10万円 ?
・基礎控除 38万円
・青色申告特別控除控除 65万円 (ただし今年は無理)
・生命保険料控除 10万円 ?
・社会保険料控除 20万円 ?
・扶養控除 (子供1人 ?) 38万円
-----------------
差引課税所得 -1万円
納税額 0円

以上、きわめて大ざっぱな概算です。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2792.htm

>税務署から給与の源泉徴収票をもらい社長に記入してもらいます…

「給与」かどうかは、あなたの勤務形態にもよります。通常は一定時間拘束され、仕事も会社の名前でこなすなら、給与と言うことになるでしょう。その場合は、10%の源泉徴収が義務づけられます。

一方、雇用契約はなく、任意の時間勤務しているなどでしたら、会社からは「外注」、あなたは「請負」という形態になるでしょう。この場合は、個人事業主として確定申告の義務が発生します。源泉は引かれません。一部の回答者の中に、
「個人事業...続きを読む

Q給与から所得税が天引きされない場合

こんばんは。
私はパートで働いている主婦なのですが・・
今の会社で一昨年の7月から働き始めたのですが、一度も所得税を引かれません。給料は5万円の時もあれば10万の時もあります。
前の職場も同じような規模の小さな会社(というより作業場といった感じですが・・)でしたが所得税は天引きでしたし、年末調整もやってもらえました。
去年は6ヶ月だけで、結局は還付されるから引かないの?と思っていたんですが、どうも違うようです。
もっと早くに会社に聞けばよかったのでしょうけど、聞く時期を逃してしまった感じになって聞けないので質問させて下さい。
このような場合、所得税はどうやって払うのでしょうか?
確定申告ですか?
私の去年の”支払い金額”は102万9888円となっております。
所得税とは103万を超えなければ年末調整で戻ってくるもの、と思っているのですが、これで間違いなければ払わなくていい?と思ってよいのですか?
同じパート仲間には103万を超える人もいます。
うろ覚えな私の考えが正しいとも思っていません。
どうすれば良いのか教えて下さい。

こんばんは。
私はパートで働いている主婦なのですが・・
今の会社で一昨年の7月から働き始めたのですが、一度も所得税を引かれません。給料は5万円の時もあれば10万の時もあります。
前の職場も同じような規模の小さな会社(というより作業場といった感じですが・・)でしたが所得税は天引きでしたし、年末調整もやってもらえました。
去年は6ヶ月だけで、結局は還付されるから引かないの?と思っていたんですが、どうも違うようです。
もっと早くに会社に聞けばよかったのでしょうけど、聞く時期を逃...続きを読む

Aベストアンサー

>所得税とは103万を超えなければ年末調整で戻ってくるもの、と思っているのですが、これで間違いなければ払わなくていい?と思ってよいのですか?

正しい考えです。質問者の場合は給与収入が102万9888円ですから給与所得は37万9888円であり、基礎控除の38万円を考慮すると課税所得は0円となります。所得税は発生しないので、所得税法第百二十条第一項の規定に該当せず、税務署長への確定申告義務はありません。

また、地方税法第四十五条の二第一項但し書き、及び第三百十七条の二第一項但し書きに拠り、住民税に関して区市町村町長へ申告する義務もありません。

つまり質問者は何もしなくて良いのです。安心していいです。

Q源泉徴収は絶対に出さないといけませんか

9月に退職しました。今別の会社に勤めています。
いまの会社から前の会社の源泉徴収票をもらってきて出すように言われています。

前の会社にお願いしていますが、忙しいのか、邪魔くさいといわんばかりの返事で、いまだいただいていません。

もし、最終いただけない場合、出さなくても私には罪が発生しますか?

もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが、それでは税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

今の会社の人が「できればもらってきて」くらいの言い方だったので、なければないで、いいのかなと思った次第なのです。

回答よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

 >もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが


  そういうお考えであるのであれば、無理して前職の源泉徴収票を出す
  必要はありません。
  現在お勤めの会社に、「前職分が出してもらえないので、年末調整は
  しなくても結構です。後で自分で確定申告します」とでも言えば、
  それ以上、請求されることはないでしょう。

  
 >税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

 
  前職分の源泉徴収票がなければ、今の会社で年末調整はできません。
  結果、本来であれば確定申告しなければならない事となりますが、
  あなたが、今の会社でかなりの高給取りでない限り、還付額が
  発生すると考えられますので、税金を納め過ぎているものを、
  申告しなっかったからと、咎められることはありません。

  ただし、万が一、前職分と現職分の給与総額から計算される
  所得税の年税額が、源泉徴収税額の総額(二社分)よりも
  多かった場合は、申告・納付の必要が出てきますので、
  それを申告していない事が発覚すれば、申告するよう指導されます。
  その場合、本税と無申告加算税、後に利子税を納めることとなります。
 

  申告するしないは、あなたの考え方次第(日本は自主申告制ですので)ですが、
  きちんとするのであれば、前会社より源泉徴収票をもらい、現会社で
  年末調整してもらうのがベストです。

 >もう、払い過ぎの所得税が返ってこなくても、いいのですが


  そういうお考えであるのであれば、無理して前職の源泉徴収票を出す
  必要はありません。
  現在お勤めの会社に、「前職分が出してもらえないので、年末調整は
  しなくても結構です。後で自分で確定申告します」とでも言えば、
  それ以上、請求されることはないでしょう。

  
 >税務署から私が何か罰せられることはありますでしょうか?

 
  前職分の源泉徴収票がなければ、今の会社で年末調整はできません。
  結果、本...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング