【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今日の田舎に泊まろうで秋田の1月1日は秋田の人お雑煮て食べないのかな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

だいぶ前の質問ですが、目に留まったので回答します。



秋田県中央部では元旦に雑煮を食べます。
秋田県は、隣接する青森・岩手・山形の影響を受け、県内でも場所によって文化が微妙に異なります。
しかし雑煮においては角餅を焼いて醤油仕立てで食べるのが共通していると思っていましたので、「元旦に食べない」というのは初耳でした。

放送の内容を調べると「秋田県横手市旧山内村地域」という岩手県に隣接する地区が舞台でした。北上市との結びつきが強い雪深い所です。
参考URLは岩手の雑煮事情をまとめたサイトですが、いちばん下に「奥羽山系、西和賀町は、岩手県で唯一、元旦にお雑煮を食べなかった地区」と記述があります。したがって、元旦に雑煮を食べないのはおそらく、この周辺の文化と言えそうです。

ちなみに、我が家では、お節料理に大晦日に年越し蕎麦を食べながら手を付けます。「年越しの料理」と言った方が正しいでしょう。文化として根付いているのか、我が家だけのものか不明ですが、青森県の津軽地方でも同じような家庭があると聞きました。

参考URL:http://www.chiikeys.jp/kikaku/tokusyu/0801a/inde …
    • good
    • 0

秋田に住んでいる者です。


我が家では、お雑煮は、七草のの時に食べます。
元旦は、晦日からの御馳走が有り余っていて、そいつを胃袋に納めない事には、せっかく作った物がダメになると、いわば強制的に詰められています。
正月早々災難だってか?(爆笑)
早い家ですと、3日目に食べている方もいるようですが、我が家は、七草の日です。
我が家の雑煮は、醤油仕立てです。
場所によっては、味噌味の所もあります。
ご参考まで
    • good
    • 0

その番組を見てませんが、


お正月に食べる餅は、あんこ餅だな。おしるこっていうか、ぜんざいとも言うか。あんこと煮るタイプです。
あるいは、きなこ餅か。
野菜等が入っているお雑煮は、食べません。(我が家はね)
なぜかっていうと、たら汁か あんこう汁が
おせちとセットになっていて、そっちがおいしいもん。
餅はどっちかっていうと、甘い物が食べたくなる時のデザートというべきか?メインじゃぁないんです。
「餅」くうか?と聞かれると、あんこにする?きなこにする?
この2種類しかありませんです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆さんの地方のお雑煮について教えてください

皆さんの地方のお雑煮の具について教えてください。丸餅、角餅、仕立て方、出しの取り方、具などについて知りたいです。ついでに御節の内容や、地域で伝統的なお菓子・食べ物についても教えてください。私は福岡市東区の出身なのですが、昆布だし、鰤??、鰹菜(壬生菜とかとは少し違う気がする)、人参、大根、柏(鶏肉)を入れます。すまし汁仕立て、御餅は年末に祖母の家でついた餡無しの丸餅です。筑後地方の祖母の家では「くずかけ」と言っていましたが、お正月には柏たっぷりの筑前煮を食べます。あとは盆・正月に馬刺しも食べます。くずかけは盆・正月だけでなくお祝い事や近所・親戚の寄合いでちょくちょく食べます。日常食でもあります。各地方の食文化に興味があります。差し支えない範囲で貴方の故郷のお正月料理や郷土料理を教えてください。

Aベストアンサー

東北が続きますが、実家が岩手(内陸)のものです。
同じ町内でもさまざまですから、「岩手は」というか「我が家では」なのですが。

お雑煮は醤油のおつゆです。(昔は多分煮干かな?今は手を抜いてだしの素・・・)
のし餅(焼かない)、大根・にんじん・ごぼうの引き菜、鶏肉、せり、いくら
で1日に食べます。(2日の朝は、とろろご飯)

かわったところではあずき餅に、胡桃をすって砂糖醤油で味付けしたのを小さいスプーンで1~2杯掛けて食べたりします。
まぁ、今となってはそうやって食べるのは私だけなのですが・・・。

あとお盆には、煮しめやきゅうりなどをお供えすると思うのですが、うちではところてんも天草から作って供えます。
固まった後に使う押し出す器具がないので、包丁で板状に切るのですが、
それを味噌漬けにして食べるのも大好きです。

昔ながらの岩手のおやつでは、『きりせんしょ』というのが子供のころから大好きです。
祖母が節句などの祝い事のときに必ず作ってました。
うる粉やもち粉などと砂糖、醤油などをまぜて蒸したものです。
他には『がんづき』とか『みょうがの葉やき』『かますもち(?)』とかをよく食べました。
みょうがの葉やきは、小麦粉と玉砂糖と重曹、味噌、水を合せたものをみようがの葉にのばして焼いたものです。
かますもち(名前が違うかも)は、小麦粉を練ったものに甘いみそを入れて熱湯でゆがいたものです。

多分、今のコはほとんど食べることが無いおやつです。
あ、すみません。古過ぎですね。

東北が続きますが、実家が岩手(内陸)のものです。
同じ町内でもさまざまですから、「岩手は」というか「我が家では」なのですが。

お雑煮は醤油のおつゆです。(昔は多分煮干かな?今は手を抜いてだしの素・・・)
のし餅(焼かない)、大根・にんじん・ごぼうの引き菜、鶏肉、せり、いくら
で1日に食べます。(2日の朝は、とろろご飯)

かわったところではあずき餅に、胡桃をすって砂糖醤油で味付けしたのを小さいスプーンで1~2杯掛けて食べたりします。
まぁ、今となってはそうやって食べるのは私...続きを読む


人気Q&Aランキング