新築マンションの購入を検討しています。
契約はまだなのですが、目当ての物件の建設会社の経営状態が、どうも思わしくないようです。
もし、購入後に建設会社が倒産してしまった場合、どういった問題が発生するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

riheiさん、間違えていたらごめんなさい。


まず、不動産会社がどの立場にいるかだと思います。ただ販売を委託されている場合は、不動産会社の力はありません。また、不動産会社が建て主のときでも、建設業者がその物件を請け負って、倒産したとき納入業者、二次下請け等に債権が発生してきて、よほど力がない限り建て主が買い戻すのは難しいはずです。私は倒産しそうな建築会社の建てる物件はやめたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
場合によって状況は異なるようですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/06 20:02

補足?です。


建て主がどこかというのは、パンフレット等々の下などに会社名が並んでいるところをみればわかります。
「売主」と表示されているのが建て主=物件所有者です。
「媒介」「販売提携」「代理」などは全て仲介など手続きにはいるだけですので、ここがつぶれても所有権には影響はありません。

あと、引き渡しと登記が両方済んでいれば、売り主が倒産しても買い主の所有権はなくなりません(権利証がまだきてなくても)

あと、不安でしたらそのマンションの底地の謄本をとってみてはいかがでしょうか。(契約前に提示されるとは思いますが、けっこう古い謄本を使うことも多いので最新のものをとります)
抵当権・根抵当権がついているようならやめたほうがよいかも。
引き渡し前に抹消してくれれば問題ないのですが保証はないですからね。
それに、経営に不安のない会社なら通常分譲予定の物件に抵当権なんてつけませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な補足をありがとうございます。
何をどう確認すればよいのかがよく分かりました。

回答はこれで締めさせて頂きます。
riheiさん、n_paperさん、Saeraさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/06 20:07

販売している不動産会社がしっかりしていれば問題無いと思います。


建設会社(ゼネコン)はあくまでも工事を請け負っているだけなので、倒産しても責任は不動産会社が見ます。ある程度以上のゼネコンであれば倒産(会社更生法適用)後であっても施工は続けます。問題はゼネコンよりも不動産会社の信頼性だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
建設会社よりも不動産会社が重要なのですね。
たいへん助かりました。

お礼日時:2001/02/05 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売主が倒産・倒産状態の新築戸建の購入リスクとは?

こんにちは、初めまして!マイホーム購入に奮闘中の主婦です。

教えていただきたいことは、最近見に行ったいくつかの物件の中に売主と全く連絡がつかず内見できず外観だけみたものがありました。
その後も仲介の不動産会社の人も売主は倒産かその状態にあってあまりお勧めは出来ないですと言われました。
内見はまだしてませんが、外観も金額的にもそこはいいと思ってます。
もし購入するとなる場合、入居後の瑕疵については保証されないとは思いますが、普通の購入と違いその他どのようなリスクがあるかわかる方教えてください。次の休みに良ければ家族で他を含めその物件も内見したいと考えてます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

売主が本当に倒産していたら、その売主から直接は買えないでしょうから、倒産一歩手前くらいの状況なのでしょうか。

>入居後の瑕疵については保証されないとは思いますが、普通の購入と違いその他どのようなリスクがあるか

住宅に限らずどんな商品でも、購入して自分の所有物になってしまえば後のことは基本的には所有者の問題ですから、質問者がお書きの保証リスク以外のものは特に思い付きません。

しかし、例えば1万円で買ったものが不良品で直すのに5千円かかることと、3千万円で買ったものが不良品で直すのに5百万円かかることとを比べれば、住宅という買い物に対して「保証されないリスクだけです」と簡単に言えるレベルかは疑問です。雨が漏ろうが床が傾こうが、誰も面倒を見てくれないリスクをあまり過少評価しないほうがよろしいでしょう。

あとは、検査済証まできちんと取れている適法な住宅かどうか、そしてリフォーム等の将来の為にも、見る人が見れば建物や配管・設備等のことが一通り把握出来るような図面関係一式揃うのであれば、売主が消滅することについて、あなたの生活上リスクは特にないでしょう。

あえて想像力を働かせれば、後々近隣関係のちょっとした紛争などが起きたときやその他、建築当時の経緯を確認したい局面が生じたとしても聞く相手は存在しないとか、そんなところです。

売主が本当に倒産していたら、その売主から直接は買えないでしょうから、倒産一歩手前くらいの状況なのでしょうか。

>入居後の瑕疵については保証されないとは思いますが、普通の購入と違いその他どのようなリスクがあるか

住宅に限らずどんな商品でも、購入して自分の所有物になってしまえば後のことは基本的には所有者の問題ですから、質問者がお書きの保証リスク以外のものは特に思い付きません。

しかし、例えば1万円で買ったものが不良品で直すのに5千円かかることと、3千万円で買ったものが不良品...続きを読む

Q購入したマンションの売主の不動産会社が倒産した場合

例えば、購入したマンションの売主の不動産会社が倒産した場合に
困ること、その他何かありますでしょうか。
また、購入前にその不動産会社が危ない場合に確認しておくと
よいもの等ありますでしょうか。
一番いいのは買わないことがいいとは思うんですが。。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私も不動産業界兼業者ですが、この時期倒産業者は当然多いことと思います。
 倒産してしまった後には、主体としての会社がなくなってしまいどうにもなりませんが、その前であれば、保証協会加入会社の場合そちらからの諸弁済が受けられます。一番よくあるのが、手付なり中間金を受けて倒産し代金も家も手に入らない、というケースですが、このような場合も保証協会が代弁してくれます。このような場合、意外にそこに気づかずにいる方が多いようです。
 したがって、不動産会社が危なそうで、かつ何かを支払ってもらわなければならないようなことが想定される場合には、極力早めに保証協会の助けを借りると損害を防ぐことができます。

Q大手の『不動産会社』・『建設会社』

課題学習で業界研究をする事になりました。
個々に分担して調べる事になったのですが私は全く自分の興味とは異なる『不動産会社』・『建設会社』担当になってしまったので、この分野に詳しい方是非お力を貸して下さい。

【課題内容】
大手(1000人以上)の『不動産会社』・『建設会社』を各3社調べる。
・企業名
・事業内容
・その会社の特徴(他の2社との違い)

企業名だけでも構いません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

3社に絞るのは難しいですね。

最大手ということでしたら、私だったら、#1さんの挙げている3社の他、不動産会社には三菱地所、建設会社には竹中工務店、清水建設も考慮します(この5社がスーパーゼネコンと呼ばれています)。

建設会社については私だったら竹中工務店と大成建設をまずピックアップします。

それは大きいと言うよりも特徴のある会社だからです。

竹中工務店は土木はほとんど行わず、建築に特化した会社で、創業は江戸時代の普請役からなるというもっとも古い組織です。特命受注(入札など行わないで直接仕事が依頼されるもの)の割合がかなり大きいことも特徴です。
また株式上場をしていない大企業の1つでもあります(だから日経新聞などでは竹中を除いて大手4社と呼ぶことが多いです)。

大成建設は他の4社が元々は同族会社だったのとは異なり、大倉土木(だったと思うがちょっと記憶が曖昧。自分で確認してみてください)を中心に建設会社が数社まとまってできたのが元だと記憶しています。

他の3社については際だった特徴が思い出せませんので、後は自分で調べてみてください。

スーパーとまで行かなくても大手でよいなら、三井住友建設や長谷工などもあります。
長谷工は主力がマンションに偏っている会社、三井住友はバブルの付けで破綻しかかった三井建設・住友建設が合併してできた会社という特徴があります。

それとちょっと規模が小さくなりますがマリコンといいわれる海洋工事を得意としてる会社を入れると比較がしやすいと思います。

3社に絞るのは難しいですね。

最大手ということでしたら、私だったら、#1さんの挙げている3社の他、不動産会社には三菱地所、建設会社には竹中工務店、清水建設も考慮します(この5社がスーパーゼネコンと呼ばれています)。

建設会社については私だったら竹中工務店と大成建設をまずピックアップします。

それは大きいと言うよりも特徴のある会社だからです。

竹中工務店は土木はほとんど行わず、建築に特化した会社で、創業は江戸時代の普請役からなるというもっとも古い組織です。特命受注(...続きを読む

Q建設会社や不動産会社の不自然な行動

今年の春にうちの前に新築の分譲住宅が建ちまして
不動産屋も売り出しているのですが

その物件の設計士の方から東京電力に以前からある電柱を新築の物件の邪魔になるからと
我が家の前に移動させたいとの相談がありました。

東京電力さんの対応は特に悪くは無く邪魔にならないよう時間を作って
相談していただけるようなのですが

こちらとしては、工期が終わっているのに何故か定期的に工事をしに着たり
こういったことを何の相談も無しにする建設会社や不動産会社の不自然な行動に
どちらがおかしいのかも分からず戸惑ってしまって・・・


こういった工事に関わるような部分を考えずに設計したり
こちら側に相談無しに移動させようとするものなのでしょうか?

Aベストアンサー

工期が終わっているのに定期的な工事に・・・

という点については、工期についての説明などあったのでしょうか?工期についての説明があったのにそれ以上に工事をしていて迷惑を被っているならば、苦情を言えばいいんじゃないですかね。

不動産屋も建設会社も、現場の近隣の住民とはできるだけ話したくないんですよ。どんな文句を言われるかわかりませんからね。ですから電柱の件は、東京電力がやってくれるならタッチしたくないんでしょうね。

Q中古物件の購入、坪を購入しなくては税金等とられる?

そういう、税金や物件購入等のことに全く無知なのですが

中古物件を購入した場合、そこの坪も購入しなくては、税金のようなもの(生活費以外のもの)ってかかるんですか?
管理費、維持費という仕組みがよくわかりません。
“管理費、維持費はかからない”、“かかるのは生活費だけ”という暮らしはあり得るのでしょうか?

それと、中古物件というのは土地も込みの中古物件購入なのでしょうか?
初歩的すぎるとは思うのですが、わからないので教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2 merciusakoです。
補足ありがとうございました。

失礼しました。
中古物件が戸建てということであれば、確かにマンションのような管理費などはかかりません。
固定資産税だけです。

ただし、「リゾート地」ということであれば、ちょっと違ってきます。
別荘という意味合いもあるからです。

おっしゃる通り、その地一帯のポンプ等共有設備の維持管理、雑草の除去を含む植栽の維持管理、道路の補修経費などもある場合があります。

つまり、そのリゾート地を開発・分譲するにあたり、地元自治体との協議で、そのリゾート地の維持管理は、そのリゾート地で行いなさい、という風になっている場合もあるということです。
道路なども私道ということもありますし。
そうなると、その経費はそのリゾート地の購入者が負担することになりますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報